Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/26
Update

映画『燕 Yan』あらすじ/キャスト/公開日。水間ロンと山中崇が中国語で演技力を披露!

  • Writer :
  • 石井夏子

若きトップカメラマン今村圭佑、映画長編監督デビュー作。

第19回高雄映画祭に正式出品され、第15回大阪アジアン映画祭にて日本初上映された映画『燕 Yan』(読み:つばめ イエン)。

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

映画『新聞記者』など数多くの話題作で撮影監督を務め、若きトップカメラマンとして活躍している今村圭佑の長編映画デビュー作です。

映画『燕 Yan』は2020年6月5日(金)より新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開となります。

スポンサーリンク

映画『燕 Yan』について

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

本作は、離れ離れになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱えてもがき成長する姿を、印象的な映像と音楽に乗せて描いています

監督は、本作が映画長編監督デビューとなる今村圭佑。映画では『星ガ丘ワンダーランド』(2016)、『帝一の國』、『ユリゴコロ』、『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017)、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』、『新聞記者』(2019)、『サヨナラまでの30分』(2020)など数多くの話題作で撮影監督を務め、31歳ながらトップカメラマンとして活躍

撮影を手掛けた米津玄師のMV『Lemon』は再生回数5億回を突破し話題となっています。

映画『燕 Yan』のキャスト紹介

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

主演・早川燕役を演じるのは、映画・テレビで幅広く活躍する中国・大連出身の実力派俳優、水間ロン。映画では、『きみの鳥はうたえる』(2018)、『パラレルワールド・ラブストーリー』、『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(2019)など話題作に出演し、テレビドラマにも活躍の幅を広げています。

本作では、母に捨てられた複雑な思いを20年以上抱えながらも、母の故郷・台湾に住む兄を訪れ次第に変化していく内面を繊細に表現。さらに劇中では、作品に彩りを添える流暢な中国語も披露しています。

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

燕の兄・林龍心役は、確かな演技力で幅広い役柄を演じ、映画・テレビでは欠かせない存在となった山中崇。近年公開の映画に、『閉鎖病棟-それぞれの朝-』、『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(2019)、テレビドラマでは、『悪党~加害者追跡調査』『サウナーマン』(2019)などに出演。

本作では、弟との再会に戸惑いつつも、自らの生き方を貫き、強い意志と優しさを持ち合わせた兄役を熱演猛特訓して撮影に挑んだ中国語も見どころとなっています。

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

兄弟の母・林淑恵役は、歌手・俳優としても第一線で活躍する一青窈が演じ、透明感溢れる佇まいで作品に華を添えました

また、龍心と共同生活をするトニー役をテイ龍進、燕の継母・早川里美役を長野里美、兄弟の父親・早川修一役をベテランの平田満が務めるなど豪華な布陣が脇を固めています。


スポンサーリンク

映画『燕 Yan』の作品情報

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・撮影】
今村圭佑

【脚本】
鷲頭紀子

【音楽】
堤裕介

【キャスト】
水間ロン、山中崇、テイ龍進、長野里美、田中要次、宇都宮太良、南出凌嘉、林恩均/平田満、一青窈

映画『燕 Yan』のあらすじ

28歳の早川燕は、埼玉の父から台湾・高雄に住む燕の兄・龍心に、ある書類を届けてほしいと頼まれます。

燕を中国語で「イエンイエンー燕燕」と呼んだ台湾出身の母は、燕が5歳の時に兄だけを連れていなくなってしまいました。

母はどんな思いで自分を捨てたのか?なぜ手紙すらくれなかったのか?

あれから20年以上の月日が流れ、燕は様々な思いを抱えて台湾へと旅立ち…。

スポンサーリンク

まとめ

 (C)2019「燕 Yan」製作委員会

公開に先立ち台湾で開催された第19回高雄映画祭TRANS-BORDER TAIWAN部門に正式出品された本作。ジャパンプレミアとなった第15回大阪アジアン映画祭でも好評を博しました。

劇場公開にあたり、今村圭佑監督は以下のように思いを語っています。

「この映画は大半を台湾の高雄というところで撮りました。
撮影現場で台湾と日本の両キャストスタッフが言葉も通じない中で一緒になって作品作りをしていく姿にこの映画の一端を見ました。
少しでも感じていただけたらいいなと思います」

作品世界とリンクする撮影現場が本作に説得力を与えました。主人公・燕とともに異国の街角を彷徨ってみませんか?

映画『燕 Yan』は2020年6月5日(金)より新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

齋藤飛鳥の可愛すぎるキミオイのウェディング画像!『あの頃、君を追いかけた』本予告映像解禁

誰の心にも眠る“あの頃”の記憶を呼び覚まし、アジアで歴史的ヒットを記録した同名台湾映画のリメイク作品。 多感な10代を送った全ての人にささげる、可笑しくて切ない恋の記憶の物語。 『あの頃、君を追いかけ …

新作映画ニュース

『台北セブンラブ』あらすじとキャスト。台湾の恋愛映画テーマした特集上映で日本公開へ

台湾映画『台北セブンラブ』は、「台湾巨匠傑作選 2019~恋する台湾~」にて日本初上映決定。 2018年末に日本公開に向けてのクラウドファンディングを実施していた台湾映画『台北セブンラブ』。 本作の上 …

新作映画ニュース

映画『サッドヒルを掘り返せ』あらすじとメインビジュアル解禁。名作西部劇のロケ地の現状は?

マカロニ・ウエスタンの名作『続・夕陽のガンマン』(日本劇場公開時の題名は『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』)の伝説的ラストシーンの舞台となったロケ地「サッドヒル」。 『続・夕陽のガンマン』のファンたち …

新作映画ニュース

森崎ウィン「東南アジア映画の巨匠たち」オープニングセレモニーに登壇!上映は7月10日まで開催

特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」は2019年7月4日から7月10日にかけて開催中! 国際交流基金アジアセンターと公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)が共催し、躍進が目覚ましい東南アジア映画界 …

新作映画ニュース

ロカルノ国際映画祭に『よこがお』が正式出品!深田晃司監督と筒井真理子が歓喜のコメント

歴史あるロカルノ国際映画祭へ正式出品決定! 東京と大阪では舞台挨拶も開催。 2016年『淵に立つ』で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞、世界から注目を集めた若き鬼才・深田晃司監督 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP