Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/03/26
Update

映画『燕 Yan』あらすじ/キャスト/公開日。水間ロンと山中崇が中国語で演技力を披露!

  • Writer :
  • 石井夏子

若きトップカメラマン今村圭佑、映画長編監督デビュー作。

第19回高雄映画祭に正式出品され、第15回大阪アジアン映画祭にて日本初上映された映画『燕 Yan』(読み:つばめ イエン)。

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

映画『新聞記者』など数多くの話題作で撮影監督を務め、若きトップカメラマンとして活躍している今村圭佑の長編映画デビュー作です。

映画『燕 Yan』は2020年6月5日(金)より新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開となります。

映画『燕 Yan』について

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

本作は、離れ離れになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱えてもがき成長する姿を、印象的な映像と音楽に乗せて描いています

監督は、本作が映画長編監督デビューとなる今村圭佑。映画では『星ガ丘ワンダーランド』(2016)、『帝一の國』、『ユリゴコロ』、『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017)、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』(2018)、『ホットギミック ガールミーツボーイ』、『新聞記者』(2019)、『サヨナラまでの30分』(2020)など数多くの話題作で撮影監督を務め、31歳ながらトップカメラマンとして活躍

撮影を手掛けた米津玄師のMV『Lemon』は再生回数5億回を突破し話題となっています。

映画『燕 Yan』のキャスト紹介

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

主演・早川燕役を演じるのは、映画・テレビで幅広く活躍する中国・大連出身の実力派俳優、水間ロン。映画では、『きみの鳥はうたえる』(2018)、『パラレルワールド・ラブストーリー』、『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(2019)など話題作に出演し、テレビドラマにも活躍の幅を広げています。

本作では、母に捨てられた複雑な思いを20年以上抱えながらも、母の故郷・台湾に住む兄を訪れ次第に変化していく内面を繊細に表現。さらに劇中では、作品に彩りを添える流暢な中国語も披露しています。

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

燕の兄・林龍心役は、確かな演技力で幅広い役柄を演じ、映画・テレビでは欠かせない存在となった山中崇。近年公開の映画に、『閉鎖病棟-それぞれの朝-』、『ヒキタさん! ご懐妊ですよ』(2019)、テレビドラマでは、『悪党~加害者追跡調査』『サウナーマン』(2019)などに出演。

本作では、弟との再会に戸惑いつつも、自らの生き方を貫き、強い意志と優しさを持ち合わせた兄役を熱演猛特訓して撮影に挑んだ中国語も見どころとなっています。

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

兄弟の母・林淑恵役は、歌手・俳優としても第一線で活躍する一青窈が演じ、透明感溢れる佇まいで作品に華を添えました

また、龍心と共同生活をするトニー役をテイ龍進、燕の継母・早川里美役を長野里美、兄弟の父親・早川修一役をベテランの平田満が務めるなど豪華な布陣が脇を固めています。


映画『燕 Yan』の作品情報

(C)2019「燕 Yan」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・撮影】
今村圭佑

【脚本】
鷲頭紀子

【音楽】
堤裕介

【キャスト】
水間ロン、山中崇、テイ龍進、長野里美、田中要次、宇都宮太良、南出凌嘉、林恩均/平田満、一青窈

映画『燕 Yan』のあらすじ

28歳の早川燕は、埼玉の父から台湾・高雄に住む燕の兄・龍心に、ある書類を届けてほしいと頼まれます。

燕を中国語で「イエンイエンー燕燕」と呼んだ台湾出身の母は、燕が5歳の時に兄だけを連れていなくなってしまいました。

母はどんな思いで自分を捨てたのか?なぜ手紙すらくれなかったのか?

あれから20年以上の月日が流れ、燕は様々な思いを抱えて台湾へと旅立ち…。

まとめ

 (C)2019「燕 Yan」製作委員会

公開に先立ち台湾で開催された第19回高雄映画祭TRANS-BORDER TAIWAN部門に正式出品された本作。ジャパンプレミアとなった第15回大阪アジアン映画祭でも好評を博しました。

劇場公開にあたり、今村圭佑監督は以下のように思いを語っています。

「この映画は大半を台湾の高雄というところで撮りました。
撮影現場で台湾と日本の両キャストスタッフが言葉も通じない中で一緒になって作品作りをしていく姿にこの映画の一端を見ました。
少しでも感じていただけたらいいなと思います」

作品世界とリンクする撮影現場が本作に説得力を与えました。主人公・燕とともに異国の街角を彷徨ってみませんか?

映画『燕 Yan』は2020年6月5日(金)より新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次ロードショーです。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ダーク・アンド・ウィケッド』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。トラウマ級ホラー映画が日本上陸!

“それ”は邪悪で、私たちを屠るもの……。 見事なストーリーテリングと巧みな演出により、観るものに深い絶望と、背筋も凍る恐怖を与えるホラー映画の傑作が誕生しました。 Copyright (C) 2020 …

新作映画ニュース

映画『アミューズメント・パーク』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ジョージ・A・ロメロ未発表作品が日本上陸!

故ジョージ・A・ロメロ監督が1973年に手掛けた幻の未発表映画が半世紀を経てついに解禁! 『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)『ゾンビ』(1978)などゾンビ映画の第一人者であり、ホラー映 …

新作映画ニュース

「小原徳子映画祭」鶴田法男監督コメント×ポスター解禁!横浜シネマノヴェチェントで2024年3月20〜24日に開催決定

その女性(ひと)は、得体が知れない。 けど艶やかで、悲しげで、愛おしい── 『幸福な囚人』(2019)『窮鼠はチーズの夢を見る』(2020)『卍』(2023)などで知られ、2023年には『いずれあなた …

新作映画ニュース

【シッチェス映画祭2019】上映作品とイベント情報。10月より全国順次公開の祭典予告編が解禁!

震えて、怯えて、泣き叫べ! 1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。 SF、ホラー、サスペンスなどのジャン …

新作映画ニュース

TK from 凛として時雨『スパイダーマン:スパイダーバース』日本語吹替版主題歌ティザー映像公開!

2019年3⽉8⽇(金)ロードショーの映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本語吹替版主題歌、『P.S. RED I』ティザー映像がYouTubeにて解禁されました。 TK from 凛として時 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学