Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2022/07/07
Update

映画『3つの鍵』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ナンニ・モレッティ監督最新作はスリリングに魅せる緊迫のドラマ

  • Writer :
  • 大塚まき

予告編解禁&カンヌ国際映画祭総代表コメント到着!

ナンニ・モレッティ監督、待望の最新作映画『3つの鍵』が2022年9月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、UPLINK吉祥寺ほかにて全国公開されます。


(C)2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

この度、予告編が解禁となりました。

併せて、カンヌ国際映画祭総代表ティエリー・フレモーから賞賛コメントも到着!

スポンサーリンク

映画『3つの鍵』について


(C)2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

イタリアが世界に誇る巨匠ナンニ・モレッティ監督、待望の最新作『3つの鍵』。

第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、「モレッティの大いなる帰還」「開かれた世界への招待」と海外メディアからも高い評価を受けました。

『息子の部屋』(2001)でカンヌ国際映画祭のパルム・ドールを受賞以来、カンヌの常連となったモレッティ監督。

本作では衝撃の事故をきっかけに、隣人たちの隠された素顔があらわになる様をスリリングな展開で描きます。

ナンニ・モレッティ監督の卓越した演出で見せる緊迫のドラマに日常が歪みだす…

映画『3つの鍵』の予告編

この度解禁になった予告編では、ローマの高級住宅街のアパートに暮らす3つの家族が、ひとつの事故をきっかけに、扉の向こうに隠している素顔があらわになる様を、スリリングな展開で描きます。

ある夜、アパートに車が衝突し、女性が亡くなります。幸せな家族らの日常に、歪みが生じはじめました。車を運転していたのは、3階に暮らす息子アンドレア(アレッサンドロ・スペルドゥティ)。

犯罪者となった息子のことで苦しむヴィットリオ(ナンニ・モレッティ)とドーラ(マルゲリータ・ブイ)夫妻。

一方、仕事場が事故で崩壊した1階のルーチョ(リッカルド・スカマルチョ)とサラ(エレナ・リエッティ)夫妻は、娘を隣の老紳士レナード(パオロ・グラツィオージ)に預けます。

しかし、レナードは壊れているという娘の言葉に耳を傾けずにいたために、娘とレナードは行方不明に。

公園で無事発見されるものの、ルーチョはレナードが娘に危害を加えたと疑い、「娘に何をした」と掴みかかります。

2階のモニカ(アルバ・ロルヴァケル)は、夫が不在でひとり育児をする孤独を吐露。部屋に現れる不吉なカラスを見つめ、怯えていました。

あの日、どこで道を見失ったのか……。

夫か息子かの選択を強いるなんてむごすぎる、でも私は選んだ」と力強く宣言する3階のドーラ。

人生の謎を解く鍵はいくつもある″のキャッチコピーとともに、アルゼンチンタンゴを踊る人々を、アパートの門の前で見守る3つの家族。

それぞれの選択がもたらす運命の行方、そして苦しみの末に、人生を切り開いていく未来を予感させる。巨匠モレッティ、熟練の演出で見せる緊迫したドラマに、期待が高まる予告編に仕上がっています。

スポンサーリンク

映画『3つの鍵』の作品情報


(C)2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

【日本公開】
2022年(イタリア・フランス合作映画)

【原題】
Tre piani

【原作】
エシュコル・ネヴォ「3つの鍵」(仮題)五月書房新社 

【監督・脚本】
ナンニ・モレッティ

【キャスト】
マルゲリータ・ブイ、リッカルド・スカマルチョ、アルバ・ロルヴァケル、ナンニ・モレッティ

映画『3つの鍵』のあらすじ


(C)2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

ある夜、建物に車が衝突し女性が亡くなりました。

運転していたのは、3階に住む裁判官夫婦の息子アンドレアでした。

2階のモニカは夫が長期出張中のため一人で出産のため病院に向かう最中で、1階の夫婦は仕事場が崩壊したので、娘を朝まで向かいの老人に預けることにしました。

小さな選択の過ちが、予想もしなかった家族の不和を引き起こし、彼らを次第に追い詰めていくのですが…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2021 Sacher Film Fandango Le Pacte

第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式上映作品『3つの鍵』。

ローマの高級住宅街の同じアパートに住む3つの家族。顔見知り程度の隣人の扉の向こう側の顔を誰も知りませんでした。

ある事故をきっかけに、それぞれの選択がもたらす運命の行方とは…。

カンヌ国際映画祭総代表ティエリー・フレモーは、「ナンニ・モレッティは存命する最も偉大な映画監督のひとりであり、俳優・作家・詩人でもある。全力で戦う方法を知っている、敗北を恐れないアーティストだ」と、賞賛のコメントを寄せました。

映画『3つの鍵』は、2022年9月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、UPLINK吉祥寺ほかにて全国ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

イ・ビョンホン映画『それだけが、僕の世界』あらすじとキャスト。兄弟の絆を描いた感動作品とは

母に捨てられ、拳だけを信じて生きてきた元プロボクサーの兄。母だけを信じて生きる、サヴァン症候群の弟。兄弟の思いがけない再会は、やがて家族の絆を紡ぎだす…。 韓国を代表する俳優イ・ビョンホンと、注目度N …

新作映画ニュース

映画『花と雨』あらすじ。キャストの笠松将がSEEDAの分身を演じる【東京国際映画祭スプラッシュ部門出品】

笠松将主演で日本のHip Hop界の寵児・SEEDAの歴史的名盤を映像化。 日本のHip Hop界で歴史的名盤と言われるSEEDAのアルバム「花と雨」を原案とし、新進俳優、笠松将が主演を務める映画『花 …

新作映画ニュース

映画『きみの鳥はうたえる』キャスト。柄本佑×石橋静河×染谷将太の画像解禁!

映画『きみの鳥はうたえる』は、佐藤泰志の小説をもとに、三宅唱が監督を務め、若手実力派俳優の柄本佑、石橋静河、染谷将太が出演した青春映画。 2018年9月1日(土)より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほ …

新作映画ニュース

インド映画最新作やおすすめを上映!「インディアンムービーウィーク2020」開催情報とラインナップ紹介

話題のインド映画を上映する、「インディアンムービーウィーク 2020」開催決定! 全ラインナップ発表&メインビジュアル公開! 2019年開催の第1回に続き、話題作を集めたインド映画祭「インデ …

新作映画ニュース

映画『楽園』キャストの田中紀子役は石橋静河【演技力の評価とプロフィール】

映画『楽園』が2019年10月18日より全国で公開。 『悪人』『怒り』など映像化が続くベストセラー作家・吉田修一。 その最高傑作と評される『犯罪小説集』が、『64-ロクヨン-』を大ヒットさせた名匠・瀬 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学