Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『未来を乗り換えた男』あらすじとキャスト。ぺッツォルト最新作公開ポスター解禁

  • Writer :
  • 大窪晶


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

名匠クリスティアン・ぺッツォルト監督による映画『未来を乗り換えた男』が2019年1月12日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となることが決定しました。

ナチスによる悪夢的史実と現代の難民問題を驚くべき発想で重ね合わせた野心作です。

また、映画『未来を乗り換えた男』公開決定にあわせてポスタービジュアルが解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『未来を乗り換えた男』のポスタービジュアル


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

作家アンナ・ゼーガースが1942年に亡命先のマルセイユで執筆した小説『トランジット』を、名匠クリスティアン・ぺッツォルト監督が現代に置き換え映画化しました。

ユダヤ人がナチスの理不尽な迫害を受けた戦時中の悲劇と、祖国を追われた難民をめぐる問題が深刻化している今の状況を重ね合わせるという大胆な試みを実践した野心作です。

映画『未来を乗り換えた男』の作品情報


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

【公開】
2018年(ドイツ・フランス合作映画)

【原題】
TRANSIT

【原作】
アンナ・ゼーガース著『トランジット』

【監督】
クリスティアン・ぺッツォルト 

【脚本】
クリスティアン・ぺッツォルト

【キャスト】
フランツ・ロゴフスキ、パウラ・べーア

【作品概要】
監督はべルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した『東ベルリンから来た女』や『あの日のように抱きしめて』など、歴史に翻弄された人々の数奇な運命を描き出す、ドイツを代表するクリスティアン・ぺッツォルト。

別人に成りすますことで新たな未来へ乗り換えようとする元レジスタンスの青年と、夫を捨てた過去に縛られている謎めいた美女。船による国外出航のタイムリミットが迫りくるなか、運命の悪戯でめぐり合った男女の危うい恋の行方をサスペンスフルに描き出します。

主人公ゲオルクを演じるのは、ドイツ映画賞6部門を制した『ヴィクトリア』、巨匠ミヒャエル・ハネケの『ハッピーエンド』といった話題作に相次いで出演し、2018年ベルリン国際映画祭にてシューティング・スター賞を受賞したフランツ・ロゴフスキ。

そしてファムファタール的なマリーには、フランソワ・オゾン監督作品『婚約者の友人』にて、セザール賞やヨーロッパ映画賞にノミネートされたパウラ・べーアが扮しています。

スポンサーリンク

映画『未来を乗り換えた男』のあらすじ


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

現代のフランス。

祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れてきた元レジスタンスのゲオルクは、パリから港町マルセイユにたどり着きました。

偶然の成り行きから、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立ちます。

そんなときに一心不乱に人を捜している黒いコート姿の女性マリーと出会い、美しくもミステリアスな彼女に心を奪われていきます。

しかしそれは決して許されず、報われるはずのない恋でした。

なぜなら、マリーが探していた夫は、ゲオルクが成りすましているヴァイデルだったのです…。


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

クリスティアン・ぺッツォルト監督


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

1979年に高校を卒業した後、地元のYMCAの小さな映画館で働き、1981年からベルリン自由大学で演劇の勉強をし、1988年から6年間、ドイツ映画テレビアカデミー (DFFB) で学びます。

生と死の狭間を扱った『治安 Die innere Sicherheit』(2000)、『幻影 Gespenster』(2005)、『イェラ Yella』(2007)の3本は「幻影三部作」と呼ばれています。

『Yella』では主演のニーナ・ホスがベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。

参考映像『東ベルリンから来た女』(2012)

2012年、ニーナ・ホスと5度目のタッグを組んだ『東ベルリンから来た女』ではベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞) を受賞し、同年のアカデミー外国語映画賞ドイツ代表にも選ばれました。

他にも強制収容所から生還した元歌手のユダヤ人女性と、容貌の変わった彼女に気付かない夫の関係を描いた心理サスペンス映画『あの日のように抱きしめて』(2014)など、歴史に翻弄された人々の数奇な運命を描いた作品を生み出しています。

スポンサーリンク

まとめ


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

ドイツ軍の侵攻が近づき、ビザ発給を待つ難民であふれかえる現代のマルセイユ。

故郷を追われた人々が希望のありかを求める姿を、べルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した『東ベルリンから来た女』や『あの日のように抱きしめて』のドイツを代表する名匠クリスティアン・ぺッツォルト監督がサスペンスフルに描いた、今観るべき物語です。

映画『未来を乗り換えた男』は2019年1月12日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

ぜひ映画館でご覧ください!

関連記事

新作映画ニュース

IMAX版『パラサイト半地下の家族』が日本公開!ポン・ジュノ監督こだわりのモノクロバージョンも上映決定

感覚を、研ぎ澄ませ。 最高傑作を圧倒の臨場感で堪能できる新たな2バージョン上映決定! 第92回アカデミー賞で外国語映画として初めての作品賞を受賞、さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いた …

新作映画ニュース

【なら国際映画祭2020情報】 学生映画部門のコンペティション作品応募受付は5月15日まで延長!

NARA-wave2020/なら国際映画祭 ~学生映画・映像作品募集期間延長のお知らせ~ (c)なら国際映画祭 2020年9月18日(金)~22日(祝)に開催すべく準備中の「なら国際映画祭 2020」 …

新作映画ニュース

『ケイコ 目を澄ませて』あらすじ/キャスト/公開日。岸井ゆきのが視覚障害を持つプロボクサーを演じる感動作

視覚障害を持つプロボクサーの物語『ケイコ 目を澄ませて』が映画化に! 『ケイコ 目を澄ませて』は、第72回ベルリン国際映画祭エンカウンターズ部門に出品され、世界が熱視線を送る三宅唱監督の最新作です。 …

新作映画ニュース

映画『東京不穏詩』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月18日と決定しポスタービジュアルも解禁!

世界の映画祭で喝采! リアルと幻想が相成る未だ嘗てない青春の詩が待望の劇場公開 インド出身の新鋭アンシュル・チョウハン監督と最優秀女優賞3冠を獲得した飯島珠奈が抉り出す人の心にうごめく〝堪えきれない衝 …

新作映画ニュース

神戸・元町映画館にて女優しじみ×大塚信一監督が舞台挨拶。『横須賀奇譚』を熱く語る!

映画『横須賀奇譚』は2020年8月29日(土)より元町映画館(神戸)、シアターセブン(大阪)他にて全国順次公開! (速報)京都みなみ会館にて9月25日(金)に公開決定! 東日本大震災で亡くなったと思っ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学