Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『未来を乗り換えた男』あらすじとキャスト。ぺッツォルト最新作公開ポスター解禁

  • Writer :
  • 大窪晶


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

名匠クリスティアン・ぺッツォルト監督による映画『未来を乗り換えた男』が2019年1月12日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となることが決定しました。

ナチスによる悪夢的史実と現代の難民問題を驚くべき発想で重ね合わせた野心作です。

また、映画『未来を乗り換えた男』公開決定にあわせてポスタービジュアルが解禁となりました。

スポンサーリンク

映画『未来を乗り換えた男』のポスタービジュアル


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

作家アンナ・ゼーガースが1942年に亡命先のマルセイユで執筆した小説『トランジット』を、名匠クリスティアン・ぺッツォルト監督が現代に置き換え映画化しました。

ユダヤ人がナチスの理不尽な迫害を受けた戦時中の悲劇と、祖国を追われた難民をめぐる問題が深刻化している今の状況を重ね合わせるという大胆な試みを実践した野心作です。

映画『未来を乗り換えた男』の作品情報


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

【公開】
2018年(ドイツ・フランス合作映画)

【原題】
TRANSIT

【原作】
アンナ・ゼーガース著『トランジット』

【監督】
クリスティアン・ぺッツォルト 

【脚本】
クリスティアン・ぺッツォルト

【キャスト】
フランツ・ロゴフスキ、パウラ・べーア

【作品概要】
監督はべルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した『東ベルリンから来た女』や『あの日のように抱きしめて』など、歴史に翻弄された人々の数奇な運命を描き出す、ドイツを代表するクリスティアン・ぺッツォルト。

別人に成りすますことで新たな未来へ乗り換えようとする元レジスタンスの青年と、夫を捨てた過去に縛られている謎めいた美女。船による国外出航のタイムリミットが迫りくるなか、運命の悪戯でめぐり合った男女の危うい恋の行方をサスペンスフルに描き出します。

主人公ゲオルクを演じるのは、ドイツ映画賞6部門を制した『ヴィクトリア』、巨匠ミヒャエル・ハネケの『ハッピーエンド』といった話題作に相次いで出演し、2018年ベルリン国際映画祭にてシューティング・スター賞を受賞したフランツ・ロゴフスキ。

そしてファムファタール的なマリーには、フランソワ・オゾン監督作品『婚約者の友人』にて、セザール賞やヨーロッパ映画賞にノミネートされたパウラ・べーアが扮しています。

スポンサーリンク

映画『未来を乗り換えた男』のあらすじ


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

現代のフランス。

祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れてきた元レジスタンスのゲオルクは、パリから港町マルセイユにたどり着きました。

偶然の成り行きから、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立ちます。

そんなときに一心不乱に人を捜している黒いコート姿の女性マリーと出会い、美しくもミステリアスな彼女に心を奪われていきます。

しかしそれは決して許されず、報われるはずのない恋でした。

なぜなら、マリーが探していた夫は、ゲオルクが成りすましているヴァイデルだったのです…。


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

クリスティアン・ぺッツォルト監督


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

1979年に高校を卒業した後、地元のYMCAの小さな映画館で働き、1981年からベルリン自由大学で演劇の勉強をし、1988年から6年間、ドイツ映画テレビアカデミー (DFFB) で学びます。

生と死の狭間を扱った『治安 Die innere Sicherheit』(2000)、『幻影 Gespenster』(2005)、『イェラ Yella』(2007)の3本は「幻影三部作」と呼ばれています。

『Yella』では主演のニーナ・ホスがベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。

参考映像『東ベルリンから来た女』(2012)

2012年、ニーナ・ホスと5度目のタッグを組んだ『東ベルリンから来た女』ではベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞) を受賞し、同年のアカデミー外国語映画賞ドイツ代表にも選ばれました。

他にも強制収容所から生還した元歌手のユダヤ人女性と、容貌の変わった彼女に気付かない夫の関係を描いた心理サスペンス映画『あの日のように抱きしめて』(2014)など、歴史に翻弄された人々の数奇な運命を描いた作品を生み出しています。

スポンサーリンク

まとめ


(C) 2018 SCHRAMM FILM / NEON / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma

ドイツ軍の侵攻が近づき、ビザ発給を待つ難民であふれかえる現代のマルセイユ。

故郷を追われた人々が希望のありかを求める姿を、べルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した『東ベルリンから来た女』や『あの日のように抱きしめて』のドイツを代表する名匠クリスティアン・ぺッツォルト監督がサスペンスフルに描いた、今観るべき物語です。

映画『未来を乗り換えた男』は2019年1月12日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

ぜひ映画館でご覧ください!

関連記事

新作映画ニュース

村上虹郎&武正晴監督の代表作となった映画『銃』。東京国際映画祭で監督賞とジェムストーン賞の快挙!

11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショーされる映画『銃』が、第31回東京国際映画祭の2部門にて受賞に輝きました。 モノクロームの映像表現により、人間を追及していく純文学性をもった質の高い …

新作映画ニュース

『宵闇真珠』映画監督クリストファー・ドイルをオダギリジョーらキャスト語る。世界的巨匠の映画制作の舞台裏は⁈

『ブエノスアイレス』『恋する惑星』など、映画史に燦然と輝く傑作を多数撮ってきた世界的撮影監督クリストファー・ドイル。 彼が監督を務めた映画『宵闇真珠』(よいやみしんじゅ)が12月15日(土)にシアター …

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』上映館は2019年6月公開シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次に決定

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画『AMANDA』(原題)。 日本公開に向けて邦題を『アマ …

新作映画ニュース

映画『ともしび』あらすじとキャスト。シャーロット・ランプリング最新作【ヴェネチア映画祭主演女優賞】

2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films シャーロット・ランプリング …

新作映画ニュース

岸井ゆきの&成田凌『愛がなんだ』画像解禁!角田光代原作の新作映画化ポスタービジュアルも

直木賞作家、角田光代の同名小説を主演・岸井ゆきので映画化した『愛がなんだ』。 一途過ぎるアラサー女子の全力片思いラブストーリーを描いた本作の監督は“正解のない恋の形”を模索し続けてきた恋愛映画の旗手、 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP