Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/07
Update

映画『東京自転車節』あらすじ/公開日/上映館。ひいくんのあるく町の青柳拓監督が、非常事態宣言下にデリバリー宅配としてアメニモマケズ大奮闘!

  • Writer :
  • 大塚まき

2020年緊急事態宣言下の東京。
自転車配達員となった僕が駆け抜けた街から“新しい日常”は見えるだろうか?

2017年『ひいくんのあるく町』で爽やかなデビューを飾った青柳拓監督が、自らの自転車配達員としての活動を全編スマートフォンとGoProで撮影したドキュメンタリー映画が誕生しました。

映画『東京自転車節』は2021年7月10日(土)よりポレポレ東中野にて公開。以降全国順次公開となります。

スポンサーリンク

映画『東京自転車節』について


(c)2021 水口屋フィルム、ノンデライコ

2020年緊急事態宣言下の東京を自転車で駆け巡った臨場感と親近感あふれる本作の映像は、これまでのセルフドキュメンタリーの手法を踏襲しながらも、YouTubeやTikTokといったSNS動画に慣れ親しんだ感覚でまとめあげています。

またタイトルにもなっている主題歌「東京自転車節」(秋山周)のペーソス漂うメロディも強い印象を残します。

ゆとり世代といわれる監督自身と何かが欠けた“焼け野原”の様な東京、そして現代を取り巻く得も言われぬどん詰まり感とそこを突破せんとする活力をドキュメンタリーで見つめます。

ときに観客は映画と共に東京の街を駆け巡り、そこで監督と共に新しい日常とは何かを考え発見していくことでしょう。

映画『東京自転車節』の作品情報


(c)2021 水口屋フィルム、ノンデライコ
【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
青柳拓

【キャスト】
青柳拓

スポンサーリンク

映画『東京自転車節』のあらすじ


(c)2021 水口屋フィルム、ノンデライコ

山梨県で映像作家として活動していた青柳拓監督は、生活費を稼ぐために上京してデリバリーサービス「Uber Eats」の配達員(公式名称は「配達パートナー」)に登録。

2020年5月6日から、都内を自転車で行き来しながら配送する自分の姿を映像に残した『東京自転車節』と題した短い映像を自身のTwitterやFacebookで投稿し始めました。

まとめ


(c)2021 水口屋フィルム、ノンデライコ

勢いだけではない現代への批評性も兼ね備えた意欲作『東京自転車節』。

青柳拓監督が緊急事態宣言下にあった東京を映像作家として「今の東京の緊張感を記録しておきたいと思ったんです」と映し出された東京の風景とは?

青柳拓監督が、自らの自転車配達員としての活動を全編スマートフォンとGoProで撮影したドキュメンタリー映画『東京自転車節』は、2021年7月10日(土)よりポレポレ東中野にて公開。以降全国順次公開です。

ポレポレ東中野では好評を受けて、当初7月30日(金)まで3週間の予定だった本作の上映を大幅に延長!

それに加え、青柳監督のデビュー作『ひいくんのあるく町』『井戸ヲ、ホル』をポレポレ坐(ビル1Fのカフェ奥の上映スペース)にて特集上映します。

※スケジュール等詳細は『東京自転車節』公式サイトまたは上映劇場ポレポレ東中野HPをご参照ください。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ガール・イン・ザ・ミラー』あらすじとキャスト。美少女の復讐劇がカリコレ2019にて公開!

“永遠の美少女”オリヴィア・ハッセーの愛娘インディア・アイズリー主演! 凄惨にして官能的。美しくも悲しい、ガール・リベンジ・スリラーが日本公開。 ©2017 ACE IN THE HOLE PRODU …

新作映画ニュース

映画『湖底の空』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。⽇中韓合作でイ・テギョンが一人二役の双子を演じる

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020グランプリ&シネガーアワード受賞作 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020にて審査員の満場⼀致でグランプリに選ばれた、国境を超えてつながる、希 …

新作映画ニュース

映画『アボカドの固さ』あらすじ/キャスト/公開日。実話を基にフィクションの失恋物語へ昇華!

第41回 ぴあフィルムフェスティバル アワード入選(ひかりTV賞)。 第20回 TAMA NEW WAVE ある視点部門入選。 第41回ぴあフィルムフェスティバル コンペティション部門PFFアワード2 …

新作映画ニュース

映画『ラフィキ:ふたりの夢』あらすじとキャスト。11月に日本公開が決定も本国ケニアでは上映中止!?

ケニアのカラフルな最新カルチャーにのせて、 自由な恋愛と幸せな未来を夢見るふたりを描く感動作。 2018年カンヌ国際映画祭ある視点部門にアフリカ・ケニア作品として初めて出品され話題を呼んだ『Rafik …

新作映画ニュース

草凪優映画『どうしようもない恋の唄』あらすじ。藤崎里菜の画像解禁

圧倒的な筆力と流麗な官能描写で熱狂的ファンを持つ人気作家の草凪優。 彼の代表作との呼び声も高い傑作ラブストーリー『どうしようもない恋の唄』がついに映画化! 8月4日(土)よりシネマート新宿、シネマート …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学