Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/07
Update

映画『東京自転車節』あらすじ/公開日/上映館。ひいくんのあるく町の青柳拓監督が、非常事態宣言下にデリバリー宅配としてアメニモマケズ大奮闘!

  • Writer :
  • 大塚まき

2020年緊急事態宣言下の東京。
自転車配達員となった僕が駆け抜けた街から“新しい日常”は見えるだろうか?

2017年『ひいくんのあるく町』で爽やかなデビューを飾った青柳拓監督が、自らの自転車配達員としての活動を全編スマートフォンとGoProで撮影したドキュメンタリー映画が誕生しました。


(c)2021 水口屋フィルム、ノンデライコ

映画『東京自転車節』が、ポレポレ東中野にて2021年7月より公開されることが決定しました。

スポンサーリンク

映画『東京自転車節』について

参考:青柳拓監督のツイッター

2020年緊急事態宣言下の東京を自転車で駆け巡った臨場感と親近感あふれる本作の映像は、これまでのセルフドキュメンタリーの手法を踏襲しながらも、YouTubeやTikTokといったSNS動画に慣れ親しんだ感覚でまとめあげています。

またタイトルにもなっている主題歌「東京自転車節」(秋山周)のペーソス漂うメロディも強い印象を残します。

ゆとり世代といわれる監督自身と何かが欠けた“焼け野原”の様な東京、そして現代を取り巻く得も言われぬどん詰まり感とそこを突破せんとする活力をドキュメンタリーで見つめます。

ときに観客は映画と共に東京の街を駆け巡り、そこで監督と共に新しい日常とは何かを考え発見していくことでしょう。

映画『東京自転車節』の作品情報


(c)2021 水口屋フィルム、ノンデライコ
【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督】
青柳拓

【キャスト】
青柳拓

スポンサーリンク

映画『東京自転車節』のあらすじ


(c)2021 水口屋フィルム、ノンデライコ

山梨県で映像作家として活動していた青柳拓監督は、生活費を稼ぐために上京してデリバリーサービス「Uber Eats」の配達員(公式名称は「配達パートナー」)に登録。

2020年5月6日から、都内を自転車で行き来しながら配送する自分の姿を映像に残した『東京自転車節』と題した短い映像を自身のTwitterやFacebookで投稿し始めました。

まとめ


(c)2021 水口屋フィルム、ノンデライコ

勢いだけではない現代への批評性も兼ね備えた意欲作『東京自転車節』。

青柳拓監督が緊急事態宣言下にあった東京を映像作家として「今の東京の緊張感を記録しておきたいと思ったんです」と映し出された東京の風景とは?

青柳拓監督が、自らの自転車配達員としての活動を全編スマートフォンとGoProで撮影したドキュメンタリー映画『東京自転車節』は、ポレポレ東中野にて2021年7月よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

【2019年10月25日〜26日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

新作映画ニュース

『タイニー・ファニチャー』渋谷イメージフォーラムにて映画8月公開。2018年待望のロードショー!

大ヒットドラマ『GIRLS /ガールズ』の原点、レナ・ダナム監督の『タイニー・ファニチャー』待望の公開決定です! レナ・ダナムの劇場初監督作品の『タイニー・ファニチャー』が、8月よりシアター・イメージ …

新作映画ニュース

【年末のご挨拶】2020年もCinemarcheをご愛読くださりありがとうございました!

令和という新たな時代が到来したものの、新型コロナウィルスという思わぬ事態で多くの人々が苦境を味わった2020年も、ついに終わりを迎えます。 映画と映画館の在り方や価値を再考できた年でもあった2020年 …

新作映画ニュース

『私をくいとめて』原作文庫のネタバレあらすじと結末。綿矢りさの小説を映画化したキャストも劇場公開前に紹介!

映画『私をくいとめて』は2020年12月18日(金)より公開。 2017年に発刊された綿矢りさの著書『私をくいとめて』。 間も無く33歳を迎える主人公・みつ子と、彼女の脳内の相談役“A”、そしてみつ子 …

新作映画ニュース

実写映画化『リスタートはただいまのあとで』あらすじ/キャスト/公開日。竜星涼×古川雄輝がキス寸前の特報動画紹介!

ポスタービジュル&キス寸前の特報解禁。 佐野岳など追加キャストも発表! 古川雄輝×竜星涼のダブル主演映画『リスタートはただいまのあとで』が、2020年9月4日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学