Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/01
Update

映画『ザ・レセプショニスト』あらすじとキャスト。女性監督がアジア移民の現実を提示する

  • Writer :
  • 石井夏子

台湾出身の女性監督が描く衝撃作『ザ・レセプショニスト』。
10月全国劇場公開へ。

迫りくる現実、移民の闇とそこにある痛み、移民大国日本への警鐘…。

2018年の第1回熱海国際映画祭でインターナショナルコンペ部門グランプリを受賞した映画『ザ・レセプショニスト』の劇場公開が決定しました。

自らも移民である、台湾出身のジェニー・ルー監督が、アジア移民の現実を描き出した本作。

映画『ザ・レセプショニスト』は2019年10月25日(金)から、イオンシネマ板橋・名古屋茶屋・茨木をはじめ、順次全国の劇場で公開されます。

スポンサーリンク

映画『ザ・レセプショニスト』について


(C) Uncanny Films Ltd

台湾出身・イギリス在住の女性監督ジェニー・ルー。彼女の中国人の友人がロンドンのヒースロー空港で自ら命を絶ちました。

後にジェニー・ルー監督は、その友人が英国でセックスワーカーとして働いていたことを知ります。

アジア移民の現実を映画として世の中に提示するため、ジェニー・ルー監督はクラウドファンディングで資金を集め、7年の歳月をかけて本作『ザ・レセプショニスト』を製作しました。

イギリス・台湾合作の本作は、第1回熱海国際映画祭(2018年開催)でインターナショナルコンペ部門グランプリを受賞したほか、ソチ国際映画祭、アジアン・アメリカン国際映画祭、ダーバン国際映画祭、エディンバラ国際映画祭、レインダンス映画祭など数多くの映画祭で受賞・選出されました。

現在、そしてこれから先に日本でも起こるであろう移民の闇や悲しみを描いた本作は、移民大国日本に暮らす我々に対しての警鐘となるかもしれません。

これまでの受賞歴

ジェニー・ルー監督近影


(C) Uncanny Films Ltd

ジェニー・ルー監督が初めて制作した長編作『ザ・レセプショニスト』。

グランプリ受賞を果たした熱海国際映画祭のほかに、数多くの映画祭で受賞・選出・上映されてきました。

これまでに受賞と上映された映画祭の一部をご紹介します。

受賞歴
・熱海国際映画祭 インターナショナルコンペ部門グランプリ
・ソチ国際映画祭 ベストフィルム賞
・第40回 アジアン・アメリカン国際映画祭 ベスト・エマージング・ディレクター賞

上映歴
・ダーバン国際映画祭 オフィシャルセレクション
・エディンバラ国際映画祭 オフィシャルセレクション
・レインダンス映画祭 オフィシャルセレクション

世界各国の映画祭で注目され、高い評価を受けていることがわかりますね。

映画『ザ・レセプショニスト』キャスト紹介

(C) Uncanny Films Ltd

異国の地で身ひとつを支えにして生きて行くヒロインたち姿は儚くも力強く、観客の心に訴えかけてきます。

この説得力は監督の手腕はもちろんのこと、体当たりで本作と向き合った女優の力があってこそ。

本作を彩ったふたりの女優、テレサ・デイリーとチェン・シャンチーをご紹介します。

テレサ・デイリー(紀培慧)

(C) Uncanny Films Ltd

本作で主演を務めるテレサ・デイリーは、1989年6月1日アメリカ生まれの女優です。

アメリカ人父と台湾人の母を持つハーフで、台湾で育ちました。

台湾の映画やドラマで活躍。『ハロー、グッドバイ。』(2016)『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)などに出演しています。

本作では、卒業したばかりの台湾人ティナを演じます。

チェン・シャンチー(陳湘琪)

(C) Uncanny Films Ltd

脇を固めるチェン・シャンチーは、1969年11月27日台湾生まれの女優です。

台湾ニューシネマを代表する映画監督エドワード・ヤンに見いだされ『牯嶺街少年殺人事件』(1992)で映画デビュー。

その後、ツァイ・ミンリャン監督の『河』(1997)に出演以降、同監督の全長編作品に出演。絶大な信頼を得ています。

台湾のアカデミー賞とも言われる、2014年の第51回金馬奨では、最優秀主演女優を受賞した名女優です。

本作では、違法マッサージ店で働くササ役を演じます。

スポンサーリンク

映画『ザ・レセプショニスト』の作品情報

(C) Uncanny Films Ltd

【日本公開】
2019年(イギリス・台湾合作映画)

【原題】
THE RECEPTIONIST

【監督】
ジェニー・ルー(Jenny Lu・盧謹明)

【キャスト】
テレサ・デイリー(紀培慧)、チェン・シャンチー(陳湘琪)、ジョシュ・ホワイトハウス、アマンダ・ファン

【作品概要】
自身もアジア出身の移民で、ロンドン在住のジェニー・ルー監督が、クラウドファンディングで資金を集め、7年の歳月をかけて製作しました。

本作がジェニー・ルーの長編映画初監督作になります。

主演は『ハロー、グッドバイ。』(2016)『トランスフォーマー/ロストエイジ』(2014)などのテレサ・デイリー。

共演するチェン・シャンチーは、第51回金馬奨にて最優秀主演女優を受賞した名女優です。

映画『ザ・レセプショニスト』のあらすじ

(C) Uncanny Films Ltd

ロンドンの不法風俗マッサージパーラー。

客とアジア出身の女性たち、女経営者が家族の様な人間関係を装っていますが、実態はお金とセックス、暴力に縛られた、虚構の世界でした。

そこで働く女性たちは、移民であるが故に危険と隣り合わせの中、生き延びるのに必死です。

大学を卒業したばかりの台湾人ティナ(テレサ・デイリー)もロンドンで職にありつけずにそこで受付嬢として働いています。

周囲のイギリス人や恋人からまで白い目で見られるティナは…。

スポンサーリンク

まとめ

(C) Uncanny Films Ltd

自身もアジア出身の移民で、ロンドン在住のジェニー・ルー監督が、移民受け入れに舵を切った日本人に、移民する側の闇を問いかけます。

世界第4位の移民大国となった日本。英国で暮らすアジア系女性移民の現実と悲しみを描いた本作は、現在の日本の移民状況を鑑みると、とても絵空事ではありません。

映画『ザ・レセプショニスト』は2019年10月25日(金)より、イオンシネマ板橋・名古屋茶屋・茨木をはじめ、順次全国の劇場で公開

世界で絶賛された問題作をお見逃しなく。

(C) Uncanny Films Ltd


関連記事

新作映画ニュース

『鈴木家の嘘』キャストがレッドカーペットにハイヤーで登場!東京国際映画祭2018開催

©松竹ブロードキャスティング 突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』は11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほ …

新作映画ニュース

注目の映画『ハニーボーイ』日本公開日/上映館/予告動画。感動作に主演のノア・ジュプはネクストブレイク美少年俳優!

サンダンス映画祭ほか世界の映画祭 絶賛&賞レース席巻。 愛くるしい表情にときめき、切ない眼差しに胸が詰まる。 圧倒的な魅力と存在感を放つ新世代の美少年スター、ノア・ジュプ主演の感動作がついに …

新作映画ニュース

りりりが出演者としてダンス!映画『踊ってミタ』予告編とメインビジュアル紹介

注目の若手実力派俳優・岡山天音主演 地方再生型ヒューマン・ダンスムービー。 主演:岡山天音×監督:飯塚俊光の3度目のタッグ作品は“町興し”と“踊ってみた”異色のテーマを融合した完全オリジナル新作! 岡 …

新作映画ニュース

【お知らせ】大阪アジアン映画祭2020の取材について、関係者各位のご提案・ご相談をお待ちしております。

第15回大阪アジアン映画祭は2020年3月6日〜15日に開催! 国内外から多くの映画監督やキャストが招待され、春の祭典として注目のアジア映画や、優れた日本映画を上映する「大阪アジアン映画祭」。2020 …

新作映画ニュース

映画『のさりの島』あらすじ。キャストは藤原季節で天草を舞台にオレオレ詐欺と地方の課題を描く

映画『のさりの島』は2020年秋に渋谷ユーロスペースにて公開。 京都造形芸術大学映画学科が、プロの映画製作スタッフと学生の混成チームで劇場公開映画を製作する【北白川派】プロジェクト。 これまで『カミハ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP