Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』あらすじとキャスト。公開日は2020年2⽉28⽇に決定

  • Writer :
  • 大塚まき

作者不明で謎の肖像画。
年老いた美術商がたどり着いた“本当に価値のあるもの”とは?

「幻の名画」に込められた真実が明かされるとき、すれ違っていた家族の秘めた想いが絆を紡ぎだします。


© Mamocita 2018 lastdeal-movie.com

アカデミー賞のショートリストに選出され、ゴールデングローブ賞外国語映画賞にノミネートされた『こころに剣⼠を』のクラウス・ハロ監督作『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』が、2020年2⽉28⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて公開されます。

本作のポスタービジュアルも合わせて解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』について


© Mamocita 2018 lastdeal-movie.com

「幻の名画」を巡り、すれ違う家族の秘めた想いが絆を紡ぎだす『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』

国宝級の絵画を多く所蔵するフィンランド国⽴アテネウム美術館や現地ギャラリーの全⾯協⼒のもと、街とともに歳を重ねたオラヴィの⼈⽣を愛でるかのように、ひとりのプロフェッショナルの⽣きざまを丁寧に描き出しています。

⽣涯を美術品に捧げた男がたどり着いた、真に値打ちある⼈⽣とは?

胸を打つエモーショナルなラストに心震える感動作です。 

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』のポスタービジュアル


© Mamocita 2018 lastdeal-movie.com

解禁されたビジュアルポスターには、もの言いたげな表情をして、対面する美術商のオラヴィと孫息子のオットーに目が止まります。

二人の背景に老人と幼い子が手を引く絵画があり、「謎の肖像画がもたらす人生の真価―」という意味深げなキャッチコピーに興味をひかれます。

また、下部には、ある肖像画がオークションにかけられている会場の写真が。

「家族を捨て、仕事に生きた男が出会った「運命の絵」は作者不明。孫とともに挑む、すべてをかけた“最後の大勝負”がいまはじまる」という謎に満ちたキャッチコピーが期待を抱かせますね。

スポンサーリンク

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』の作品情報


© Mamocita 2018 lastdeal-movie.com

【日本公開】
2020年(フィンランド映画)

【原題】
ONE LAST DEAL

【監督】
クラウス・ハロ

【脚本】
アナ・ヘイナマー

【キャスト】
ヘイッキ・ノウシアイネン、ピルヨ・ロンカ、アモス・ブロテルス、ステファン・サウク

【作品概要】
本作は、⻑編デビュー作でベルリン国際映画祭クリスタル・ベア賞受賞、過去4作品がアカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表に選出され “フィンランドを代表する監督”と称賛されたクラウス・ハロ監督が2018年に製作。

アカデミー賞ショートリスト選出、ゴールデングローブ賞外国語映画賞にもノミネートされた前作『こころに剣⼠を』(2015)の脚本家アナ・ヘイナマーと再タッグした本作は、トロント国際映画祭へ正式出品。その後、世界各地の映画祭で上映され喝采を浴びました。

映画『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』のあらすじ


© Mamocita 2018 lastdeal-movie.com

年⽼いた美術商のオラヴィは、家族よりも仕事を優先して⽣きてきました。

ある⽇、⾳信不通だった娘から電話がきます。問題児の孫息⼦オットーを職業体験のため数⽇預ってほしいというお願いでした。

その⽮先、オラヴィはオークションハウスで⼀枚の肖像画に⽬を奪われます。

価値ある作品だと確信しましたが、絵には署名がなく、作者不明のまま数⽇後のオークションに出品されるといいます。

オットーとともに作者を探し始めたオラヴィは、その画⾵から近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品といえる証拠を掴みました。

どうしても「幻の名画」を⼿にいれたいオラヴィは資⾦繰りに奔⾛しますが、その過程で想像もしていなかった娘親⼦の過去を知ることになり…。

スポンサーリンク

イリヤ・レーピンとは?

参考:ロシアの絵画・美術のツイッター

本作で、作者不明だった絵画の真相を追うオラヴィは、その作者が画家のイリヤ・レーピンだと核心を抱きます。

イリヤ・レーピンとは、19世紀に⽂学のトルストイやドストエフスキー、作曲家のチャイコフスキーなどと並び、近代ロシア美術を牽引した国宝級と称される画家のひとり。

ロシア写実主義の旗⼿としても活躍し、⾵俗画や肖像画を数多く⼿掛けました。 

まとめ


© Mamocita 2018 lastdeal-movie.com

イリヤ・レーピンの名画かもしれない「幻の名画」の真相とともに明らかになる家族に秘められた想いとは一体なんでしょうか?

そして、年を重ねた美術商のオラヴィが見出した真に値打ちある⼈⽣とは?引退間際、人生のすべてをかけた“最後の大勝負” が、いまはじまります。

映画『ラスト・ディール 美術商と名前 を失くした肖像』は2020年2⽉28⽇(⾦)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『読まれなかった小説』あらすじとキャスト。ヌリ・ビルゲ監督作の公開日は11月29日に決定!

すべての気持ちを原稿にしたためた…。 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作。 カンヌ8賞の他、世界中で93の賞に輝く世界的巨匠監督ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督。   ヌリ・ビルゲ・ジ …

新作映画ニュース

映画『五億円のじんせい』キャスト明日香役の山田杏奈のプロフィール。演技力の高さに注目!

ちょっとだけボクの話を聞いてくれませんか! 映画『五億円のじんせい』は、2019年7月20日(土)よりユーロスペースほかにてロードショー。 オリジナル企画、出演者、ミュージシャンをオーディションで選出 …

新作映画ニュース

映画『君がいる、いた、そんな時。』舞台挨拶イベント。ロケ地広島にて迫田公介監督・坂本いろはが語る公開への喜び

映画『君がいる、いた、そんな時。』は2020年6月13日(土)より、新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開中! 心の奥底に大きな影を持つもの同士の心の触れ合いを通して、人との出会いの …

新作映画ニュース

【2019年8月2日〜3日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。すこしだけツウ好みな映画webマガジン「Cinemarche」 (C)しおしお 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載している最新情 …

新作映画ニュース

映画『メカニカル・テレパシー』あらすじ/キャスト/公開日。可視化する心たちの特報予告動画紹介!

「心を可視化する機械」を巡る3人の男女の物語。 「もしも心を可視化できたら?」という着想から始まり、SF的要素と恋愛感情を掛け合わせ、観客の認識を静かに揺らす、不思議な「心」の恋愛映画『メカニカル・テ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP