Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/07/07
Update

『凪待ち』生中継舞台挨拶。香取慎吾を前にデニム姿の音尾は「つよポン?」白石監督は「吾郎ちゃん⁈」と盛り上がった全国78館イベント

  • Writer :
  • 河合のび

映画『凪待ち』は2019年6月28日より絶賛公開中!

監督・白石和彌。そして、俳優・香取慎吾。両雄が初のタッグを組んだ映画にして、震災後の宮城県石巻市を舞台に描かれる重厚なヒューマン・サスペンスドラマ

それが、2019年6月28日にとうとう劇場公開を迎えた映画『凪待ち』です。


©︎Cinemarche

このたび2019年7月6日、TOHOシネマズ六本木ヒルズをはじめ、全国78館での生中継舞台挨拶付き上映イベントが開催されました。

「私たちの暮らす地域でもイベントを行ってほしい!」という全国の映画『凪待ち』ファンの熱い要望に応えるために今回の企画。

中継会場となったTOHOシネマズ六本木ヒルズには、主演を務めた香取慎吾、共演者の音尾琢真、そして白石和彌監督がゲストとして登壇。イベントを盛り上げました。

本記事では、映画『凪待ち』全国78館生中継舞台挨拶付き上映イベントの模様をお届けいたします。

スポンサーリンク

映画『凪待ち』全国78館生中継舞台挨拶付き上映・イベントリポート


©︎Cinemarche

リポート①:登壇者陣が実感した劇場公開後の反響

生中継用のカメラが回る中、香取慎吾、音尾琢真、白石和彌監督が登壇。

香取はTOHOシネマズ六本木ヒルズに駆け付けた人々に挨拶をした後、ライブビューイングという形でイベントに参加しようと全国77館の劇場にそれぞれ訪れた人々に向けてカメラ越しに挨拶しました。

そして、映画『凪待ち』が劇場公開された現在、「映画を観ました!」という感想を人に出会うたびにいただけることが日課になりつつあると告白。これから全国78館に訪れた人々が同時に観ると思うと楽しみで仕方ないとコメントしました。


©︎Cinemarche

一方、これまでのPRイベントで見られたファッションとは異なるデニム姿で登壇した音尾は、香取の隣に並び立ったことも相まって「自分がつよポン(草彅剛)になった気分です」とコメント。さらに「そうなると、白石和彌監督は稲垣吾郎さんということになりますね」と音尾が言い加えると、会場は笑いに包まれました。


©︎Cinemarche

そして最後に、白石監督は香取と同様に多くの感想を周囲の方々からいただけるようになったことへ感謝の言葉を伝えた上で、香取の盟友である草彅剛からTwitterを通して映画『凪待ち』の感想をもらえたことへの喜びを露わにしました。

リポート②:映画『凪待ち』ファンからの質問コーナー


©︎Cinemarche

今回のイベントでは二つのトーク企画が登場。その一つ目の企画として、映画『凪待ち』Twitter公式アカウントでの募集によって寄せられた『凪待ち』ファンからの質問コーナーが行われました。

用意されたタブレットで質問の載せられた無数の投稿をじっくりと見る三人。

特に質問投稿の記入必須条件だった「劇場名」を見た香取は、改めてその劇場に映画『凪待ち』を観ようと訪れた人々が存在することへの感慨深さに浸り、回答する質問のピックアップも忘れ次々と映画館の名前を読み上げてしまいました。

やがていくつかの質問投稿が取り上げられ、「香取から見た、音尾と白石監督の可愛いと思ったところは何か?」という質問に香取は回答。

音尾の可愛いと思ったところには、彼がクランクアップの日に「香取と一緒に写真を撮りたい」雰囲気をそれとなく醸し出した時のエピソードを暴露。恥ずかしい撮影の思い出を明かされてしまい、「バレていたんですね」と音尾は照れ臭そうに笑いました。

また白石監督については、そもそも普段の人柄や行動が可愛い人だとコメント。音尾もそれに大いに賛同しました。

白石は「全国に生中継されているのだから、発言に気をつけた方がいいですよ」と困惑したものの、音尾も、自身が『凪待ち』にて演じた村上が再婚相手ジェニファーの名を呼ぶ際の発音を指導された撮影の思い出を暴露。


©︎Cinemarche

当時その様子を目撃していた香取は、自身の演じる主人公・郁男として、香取慎吾として絶対に笑うまいとしていたと明かしましたが、「笑うまいと我慢していた顔をしていましたよ」という音尾の返答に思わず笑っててしまいました。

次に上げられたのは、「物語が終わったその後、香取演じる郁男と、音尾演じる村上は互いに許し合えたのか?」という質問。

「『写真とってください』と言ったのでは?」という音尾の冗談を挟みながらも、香取と白石監督は許し合えるか否かはともあれ、二人はその後何らかの関係を築けただろうと答えました。

そして最後に上げられた質問は、吉田健が演じた勝美の姿に感動された方からの「登壇者陣は30年後、どのようなお爺さんになりたいか?」というもの。

白石監督は、現在のユルユルな性格を踏まえた上で「頑固でいたい」とコメント。また勝美というキャラクターは監督自身が「そういうお爺さんになりたい」という願望の表れでもあると、勝美のキャラクター形成にまつわる秘話を語りました。

一方、「自分は監督に厳しくされた」とボヤきつつも、音尾は「髪をもう少し伸ばしたい」と告白。白石監督作品への出演をきっかけに坊主刈りでの出演依頼が多くなったと、白石監督が自身にもたらしてくれた嬉しい悲鳴について明かしました。

質問コーナーのシメを任されることになった香取は、これまでのダイエットに振り回されてきた生活を振り返り、「ダイエットを気にしない生活をしていたい」と回答。

しかしその回答に対し、音尾は「どのような体型になっているのかは気にした方がいいですよ?」と一言。

何とも言えない空気が流れる中、映画『凪待ち』ファンからの質問コーナー企画は無事終了しました。

リポート③:登壇者陣の七夕にちなんだ“願い事”


©︎Cinemarche

二つ目のトーク企画では、イベントが開催された7月6日の翌日、すなわち七夕にちなみ、登壇者陣の現在の「願い事」について語ってもらいました。

音尾は白石監督と自身の愛娘の夏風邪が治ることを祈願。イベントに訪れた人々にも十分注意するしてほしいとメッセージを送るという父親っぷりを見せました。

香取はこれまでにも発言してきた「白石組にもう一度入りたい」が願い事。「監督が『本当に香取慎吾が必要だ』と思った時だけでもいいので、ぜひ呼んでほしい」と白石監督に伝える一方で、白石組の常連俳優である音尾への羨望の思いを明かしました。

最後に回答した白石監督の願い事は二つ。一つは、監督曰く「撮り足りない」という映画をもっと撮ること。そしてもう一つは、映画『凪待ち』をより多くの方に観てほしいことでした。

リポート④:100回を迎えた映画『凪待ち』PRイベント


©︎Cinemarche

イベント終盤、MCはこれまでに行われたPRイベントは計22回であり、今回全国78館で同時に行われた生中継舞台挨拶付き上映イベントによって、ついに映画『凪待ち』PRイベントは計100回に到達したと発表。

それに対し、白石監督は7月12日に自身が登壇するkino cinéma 立川髙島屋S.C.館での舞台挨拶付き上映をはじめ、今後もPRイベントを続けていきたいとコメント。

また香取も、お忍びでもいいからPRイベントや劇場に自身も足を運びたいと白石監督の思いに賛同しました。

さらに香取の「お忍び」という言葉に、音尾は今回のイベント前、TOHOシネマズ六本木ヒルズにてお忍びで映画を観てきたことを告白。「やはり大画面で観るべき映画ですよ」と、映画『凪待ち』を劇場で観る価値をアピールしました。


©︎Cinemarche

そしてイベントの最後、香取は映画『凪待ち』が劇場公開を迎えたことで多くの人々に観ていただけたものの、「まだこの映画を知らない方、劇場に来れていない方がいる」とコメント。

だからこそ「より多くの人々に見ていただけるように、この作品を羽ばたかせてください」と、全国78館の劇場に訪れた映画『凪待ち』ファンに向けてメッセージを送りました。

映画『凪待ち』の作品情報

【公開】
2019年6月28日(日本映画)

【監督】
白石和彌

【脚本】
加藤正人

【キャスト】
香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー

スポンサーリンク

映画『凪待ち』のあらすじ


(C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

ギャンブル依存症を抱えながら、その人生をフラフラと過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)。

彼は恋人の亜弓(西田尚美)が故郷である石巻に戻ることをきっかけに、ギャンブルから足を洗い、石巻で働き暮らすことを決心します。

郁男は亜弓やその娘・美波(恒松祐里)と共に石巻にある家へと向かいますが、そこには末期ガンを宣告されてからも漁師の仕事を続ける亜弓の父・勝美(吉澤健)が暮らしていました。

郁男は小野寺(リリー・フランキー)の紹介で印刷工の仕事を。亜弓は美容院を開業。美波は定時制の学校へ。それぞれが、石巻で新たな生活をスタートさせました。

けれども、郁男は仕事先の同僚に誘われたのがきっかけとなり、再びギャンブルに、それも違法なギャンブルに手を染めてしまいました。

やがて些細な揉め事から、美波は亜弓と衝突してしまい、家を出て行ってしまいます。

その後、夜になっても戻らない彼女を郁男と亜弓は探しに行くものの、二人はその車中で口論となってしまい、郁男は車から亜弓を降ろしてそのままどこかへと去ってしまいました。

そして、ある重大な事件が起こります…。

まとめ


©︎Cinemarche

全国78館での同時生中継を敢行した今回の上映イベントによって、ついに計100回を迎えた映画『凪待ち』のPRイベント。

香取慎吾、音尾琢真、そして白石和彌監督の意欲的な姿勢は、今後も映画『凪待ち』PRイベントが継続されることを予感させるものでした。

果たして、映画『凪待ち』は今後どのような展開を見せてゆくのでしょうか。

その動向に、ぜひともご注目ください。

映画『凪待ち』は2019年6月28日より絶賛公開中!

映画『凪待ち』公式サイトのNEWSページはコチラ→

石巻市役所では映画『凪待ち』石巻市ロケ地マップを配布!


©︎石巻市観光課

映画『凪待ち』公開に併せて、石巻市役所・観光課では『凪待ち』のロケ地巡りマップを作成いたしました!

宮城ふるさとプラザ、石巻市役所本庁および各総合支所、イオンシネマ石巻などをはじめ、市内各所で随時配布中です!

また石巻市公式ホームページではデータ(PDF)のダウンロードも可能です!

映画『凪待ち』石巻市ロケ地マップ・ダウンロードページはコチラから→

石巻市公式ホームページはコチラから→




関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『安市城 グレート・バトル』あらすじとキャスト。公開日決定と予告映像解禁!

戦え、命尽きるまで。 ©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Rese …

新作映画ニュース

草凪優映画『どうしようもない恋の唄』あらすじ。藤崎里菜の画像解禁

圧倒的な筆力と流麗な官能描写で熱狂的ファンを持つ人気作家の草凪優。 彼の代表作との呼び声も高い傑作ラブストーリー『どうしようもない恋の唄』がついに映画化! 8月4日(土)よりシネマート新宿、シネマート …

新作映画ニュース

新海誠新作『天気の子』あらすじと主題歌。RADWIMPSの映画音楽が作品と調和する

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)全国公開 (C)2019「天気の子」製作委員会 新海誠監督の3年ぶりの映画となる最新作『天気の子』。 2019年7月19日の公開に先駆けて、本編映像を使用し …

新作映画ニュース

映画『めんたいぴりり』あらすじとキャスト。江口カン監督のエンタメ性の高さに博多華丸と富田靖子が挑む

博多華丸と富田靖子がダブル主演を務めた映画『めんたいぴりり』が、2019年1月18日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開。 日常で何気なく食べている「明太子」。そこには、成功の陰にあった知られざる家族 …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』あらすじと作品情報。孤高のアニメ作家と未完の作品を見つめる

アニメーションの神様ユーリー・ノルシュテインの深部に迫る! ドキュメントタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』は、2019年3月下旬にシアター・イメージフォーラムほかで全国順次ロードシ …

映画『天気の子』特集
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP