Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/11
Update

『私をくいとめて』原作文庫のネタバレあらすじと結末。綿矢りさの小説を映画化したキャストも劇場公開前に紹介!

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『私をくいとめて』は2020年12月18日(金)より公開。

2017年に発刊された綿矢りさの著書『私をくいとめて』。

間も無く33歳を迎える主人公・みつ子と、彼女の脳内の相談役“A”、そしてみつ子を取り巻く人々を描いた、すこし不思議な日常のお話。

2020年12月18日(金)には、のんを主役にした映画化作品も公開を控えている、本著『私をくいとめて』のストーリーを最後までご紹介します。

スポンサーリンク

小説『私をくいとめて』の登場人物

黒田みつ子
32歳の独身女性。ミニチュア集めと製作が趣味。恋や深い人間関係には及び腰。

多田くん
みつ子が勤めている会社の取引先の営業マン。みつ子と同い年で、近所に住んでいます。体が大きく無愛想。

ノゾミさん
みつ子と仲が良い会社の先輩。カーターを目の保養にしている、38歳の独身女性。

カーター
みつ子の会社の営業マンで、本名は片桐直貴。容姿端麗ですが、性格に難あり。

皐月
みつ子の大学時代の親友。イタリア人の男性と結婚し、イタリアに住んでいます。

A
みつ子の頭の中に住んでいる「もう一人の自分」。相談役として、みつ子はAを頼りにしています。

小説『私をくいとめて』のあらすじとネタバレ

黒田みつ子、32歳、一人暮らし。

恋人がいなくても、一緒に遊ぶ友人がいなくても、おひとりさま生活をゆるやかに楽しんでいます。

休日に夜更かしをしていると、彼女の頭の中で誰かが話しかけてきました。中性的で冷静なその声の主を、AnswerのAと名付けたみつ子は、ことあるごとにAにアドバイスを求めるようになります。

みつ子の分身であるAが話しかけるのは、みつ子がひとりの時。誰かといるときはほとんど出てくることはありません。

みつ子には、多田くんという、不思議な関係の男性がいます。もともとはみつ子の勤めている会社の取引先の営業マンとして出会った彼と、近所のコロッケ屋で遭遇。

めったに自炊しないみつ子ですが、その日はたまたまスーパーで食材の買い出しをした帰り道でした。手作りの料理のことを羨ましそうに語る多田くんに、ご飯を食べにおいでとつい誘ってしまいます。

その日は断った多田くんでしたが、後日「余り物でもいいから分けて欲しい」とメールを送ってきます。それ以来、時々みつ子の家にお皿を持ってやって来て、ご飯をよそって持って帰るようになったんです。

そんなふたりの仲が進展しないかと見守っているのが、Aと、みつ子の職場の先輩のノゾミ。ノゾミは同じ会社の営業マン、カーターを観察するのが生きがいです。

カーターは、見た目は良いものの、性格は自分勝手でナルシスト、おまけに仕事もできない問題児。それすらノゾミには可愛く思えるようです。

Aは部屋や服のコーディネイト、他人との接し方など、あらゆることに的確なアドバイスをしてくれる存在ですが、ひとつだけ大きな失敗をしたことがありました。

2年前、つまらない人生に嫌気がさし、恋がしたいと思ったみつ子に、Aは行きつけの歯科医を勧めます。やけに情熱的なAに押され、治療の時にはすこしおめかしをしたみつ子。

進展が無いように見えましたが、受付スタッフがみつ子の保険証を紛失するというトラブルが発生。Aはそれを逆手に取り、みつ子と歯科医のデートを計画、実行します。

しかし、歯科医には下心しかなく、ホテルへ誘って来たため、やんわりと断って別れました。しばらくAは意気消沈してしまい、歯科医との関係もそれきりです。

以来みつ子は、恋愛とは程遠い生活を送っています。

ある休日、みつ子は部屋をピカピカに掃除しました。夕飯の買い出しに商店街へ向かうと、コロッケ屋に多田くんが並んでいます。

みつ子は掃除したての部屋を思い出し、部屋で一緒に夕飯を食べないかと多田くんに声をかけると、彼はそれに乗りました。

多田くんより一足先に帰宅し、本来のメニューより華やかな夕飯を用意します。多田くんはお花の鉢植えを手土産にやって来ました。

久々に他人と過ごす休日、一緒に食べる夕飯は充実したものでした。ですが、多田くんへ好感は抱いているものの、恋愛に必要な情熱は無いと感じるみつ子。

彼女のおひとりさま生活は変わらず続くように見えました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『私をくいとめて』ネタバレ・結末の記載がございます。『私をくいとめて』をまだお読みになっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ある日、大学時代の親友・皐月からエアメールが届きます。皐月はイタリア人の男性と結婚し、イタリアで暮らしています。

冬休みにうちへ遊びに来ないかと言う誘いを、みつ子は喜んで受けました。

旅行の準備、仕事、予行演習の日帰り温泉と、忙しく過ごしているうちに、ついに旅立ちの日がやって来ます。

飛行機が苦手なみつ子にとって、拷問のような12時間のフライトでした。

イタリアの空港で皐月と再会し、彼女の家へ向かいます。親族やご近所との賑やかな交流、皐月の案内での観光で、Aと話す暇もありません。

ある日、多田くんからメールが。先日の手料理のお礼に、どこかの店で食事をしないかとのことでした。

彼のその気遣いに、さらに好感度が増し、会いたい気持ちが増していくみつ子。帰国したら日程を決めようと約束します。

帰りのフライトは、睡眠薬を飲んでやり過ごしました。

冬休み明けの職場では、ノゾミさんがカーターとの進展があったことを報告。ダメ元で誘ったイベントに一緒に行って来たと言うんです。

しかも、次はディズニーランドにも誘ったとのこと。ですが、2人きりで出かけるのは渋られたため、みつ子と多田くんも一緒に行って欲しいと頼んで来るノゾミ。

ディズニーランドでカーターに告白をしようと心を決めている彼女に押され、みつ子も一緒に行くことを快諾しました。

多田くんとは近所のフランス料理店で食事をしたみつ子は、彼をディズニーランドへ誘います。

ディズニーランド当日。ノゾミは甲斐甲斐しくカーターの我がままに付き合い、幸せそうな様子です。夜になり、みつ子・多田くん組と、ノゾミ・カーター組の二手に分かれることに。

ノゾミから電話があり、まずは期間限定で付き合うことをOKされたと伝えられるみつ子。合流しようとする彼女を多田くんは引き留め、「おれたちも、付き合ってみますか?」と告白して来ました。

突然のことに驚くみつ子でしたが、彼の真剣さに向き合い、ふたりのこれからを想像します。熱い盛り上がりはないけれど、楽しそうな日常が待っていそうと確信した彼女は、多田くんと付き合うことを決めました。

帰ってAに今日の出来事を報告しようとしたみつ子ですが、多田くんのことが思い浮かんで集中できなかったせいか、Aは出て来てはくれませんでした。

多田くんとのお付き合いは、はじめはぎこちなかったものの、次第に心が安らげる関係へ発展。

ある日、レンタカーで御殿場のアウトレットモールへデートした2人ですが、雪のため近くのホテルに泊まることになりました。

ホテルの部屋で抱きついて来た多田くんのことに、動揺のあまり笑いながら「今日はそんなつもりじゃない」と伝えてしまったみつ子。

多田くんは拗ねてふて寝。恋人を傷つけてしまったことで傷つくみつ子に、久しぶりにAが話しかけます。

起きて来た多田くんと向き合うのが怖くて、みつ子は製氷コーナーへ行くと理由づけて部屋を逃げ出してしまいました。

彼女は製氷コーナーで泣き出します。さっきの小競り合いだけでなく、些細な予想外の出来事でさえ、みつ子にとっては大きなストレスになっていたんです。

「だれでもいい、だれか私をくいとめて」

感情に押しつぶされそうになってしまったみつ子はうずくまります。顔をあげると、彼女は常夏の海辺に横たわっていました。

Aが、みつ子を救うため、彼の世界に引き込んだんです。初めて姿を表したAは、眼鏡をかけた色白で少し小太りな男性でした。

ふたりは、イタリアへの飛行機が怖かったこと、イタリア旅行のことなどを語り合います。

多田くんとの関係を経て、根本的に他人を必要としていない自分に気付いてしまったと落ち込むみつ子に、優しく諭すA。

「オレンジジュースを飲まないと死んでしまう人はいないが、オレンジジュースが好きなたくさんいる。根本的に必要じゃなくても、生活にあるとうれしい存在はたくさんある。彼の喜ぶ顔が見れたらうれしい。そんなささやかな実感が、愛であり、相手の心に自分の居場所をつくるのは楽しい」と。

自分の分身Aの言葉は、みつ子に染み込んでいきます。もう自分はいなくても大丈夫だと悟ったAは、海の向こうに姿を消しました。

気がつくと製氷コーナーに戻っていたみつ子。部屋に帰り、多田くんと謝り合い、手を繋いで眠ります。

翌朝、みつ子は脳内のAに話しかけてみましたが、彼女の頭の中からAは消えていました。

季節も変わり、暖かくなってきました。ノゾミとカーターは相変わらずの関係ながら社内でも付き合っていることを公表し、それなりに楽しそう。

みつ子と多田くんは、沖縄へお泊まり旅行を計画。

旅行当日。出発時間ギリギリに目覚めてしまい、玄関の鍵が見当たらず慌てるみつ子に、懐かしい声が話しかけます。

「鍵は、リビングのローテーブルの上にありますよ」

Aは鍵の場所を教えてくれた後、また消えてしまいました。みつ子はAにお礼を言い、多田くんと待ち合わせた羽田空港へ向かいます。

Aは私なんだから、いつも側にいる。そう思うと、みつ子は強くなれる気がしました。

スポンサーリンク

小説『私をくいとめて』の感想と評価

30歳を過ぎ、自分ひとりのペースで生きることに慣れてしまったみつ子の心情が、とてもリアルに書き込まれている本著。

彼女を取り囲む人物もどこかにいそうなキャラクターばかりです。

サバサバしているのにカーターに入れあげるノゾミ。愛想はないけれど誠実な多田くん。ぶっ飛んだ性格だけれど「いるいるこういう人」と思わせる説得力を持ったカーター。

カフェで会話をする二人組の女性や、マッサージ店のマッサージ師など、みつ子の人生に少しだけ交わったくらいの赤の他人ですら、生き生きと描かれていました。

綿矢りさの観察眼の鋭さと確かな描写力が、みつ子のユーモアのある語り口に繋がっています。

何も起こらないようで少しづつ変化する日常と、その変化を恐れながらも楽しんでいく勇気を手に入れるまでを、Aという存在を作り出すことでスリリングに活写。

そのおかげで、Aが出てくる場面も、ファンタジーではなく、日常の延長線にある出来事として受け入れられるんです。

本著を読み進めるまでは、タイトルの『私をくいとめて』とは、Aの存在で現実から戻れなくなってしまうことを恐れたみつ子のセリフなのかと考えていたんですが、まさかその逆で、現実に向き合うことが辛くなった彼女の心の叫びとは。

しかし、それまでのみつ子の心情がとても丁寧に積み重ねられているため、彼女の悲痛さに、読んでいて胸が痛くなりました。

きっかけは多田くんとの小さな行き違いだったものの、彼女はそこで自分の「人として欠けている」部分に気付いてしまったんですね。

歳を重ねたり、他者と交わることで、それまで隠されていた自分の嫌な面を自覚してしまうことがあります。みつ子にとってのそれは、「他人といるのは楽しいけれど、根本的に他人を必要としていない」ということでした。

その後のAとの対面は、常夏のビーチの精神世界という、非常に現実離れしたシチュエーションではあるものの、それまでずっと支えて来てくれたAに会えたという安堵感が勝り、感動的な場面になっています。

オレンジジュースの例えを使いながら、決して「人として欠けている」わけではない、それでいいんだと、みつ子を全面的に肯定してくれるA。

みつ子の作り出した存在ですから当たり前と言ってしまえばそれまでですが、彼女にとっては必要な言葉であり、自己肯定こそが戸惑う彼女を前に進ませてくれるものだったんです。

ぜひ映画公開を前に読んでいただきたい一作です。

映画『私をくいとめて』の作品情報

(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
綿矢りさ

【監督・脚本】
大九明子

【キャスト】
のん、林遣都、臼田あさ美、若林拓也、片桐はいり、橋本愛

【作品概要】
『勝手にふるえてろ』の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。

のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出します。

スポンサーリンク

まとめ

(C)2020「私をくいとめて」製作委員会

2020年12月18日(金)より、映画が公開される『私をくいとめて』。

ぼんやりとしながらもおひとりさま生活を堪能していたみつ子役を、のんが演じるのはぴったりなキャスティング。地に足がついているようで、浮遊感のあるみつ子を体現してくれることでしょう。

彼女の一人称で進んでいたストーリーが、大九明子監督によってどのように生まれ変わるのかもワクワクさせられます。

臼田あさ美のノゾミも、若林拓也のカーターも、小説からのイメージ通り。原作には登場しなかったバリキャリ上司・澤田役を片桐はいりが演じるのも、本作に新たなリズムを与えてくれる予感がします。(それらしき人物がかつて勤めていたことはみつ子の思い出として語られています)

意外だったのが、林遣都の多田くん。小説では、大柄、無愛想と、林遣都と真逆な設定の多田くんですから、映画は全く違うキャラクターとして、林遣都が新たな魅力を振りまいてくれそうですね。

また、みつ子の親友・皐月役が橋本愛というのもたまりません。のんと橋本愛の伝説のコンビ復活に期待が高まります。

そしてなにより、Aは誰が演じるんでしょうか。まだキャストは明らかになっていませんが、予告編では、柔らかな男性の声が確認できます。

今後のキャスト発表も要チェックですね。

綿矢りさの同名小説を原作とした映画『私をくいとめて』は2020年12月18日(金)より公開


関連記事

新作映画ニュース

インド映画『プレーム兄貴、王になる』あらすじ。キャストのサルマンカーンが踊るマサラムービー!

これぞ王道インド映画。 歌って!踊って!気分スッキリのハートウォーミング・マサラムービー。 2019年、日本でもスマッシュヒットを記録した『バジュランギおじさんと、小さな迷子』のサルマン・カーン主演作 …

新作映画ニュース

香取慎吾「人生最高レストラン」にテレビ出演!映画『凪待ち』の内容にも触れるか?

映画『凪待ち』は、2019年6月28日(金)よりTOHOシネマズ日比谷はか全国ロードショー! 『彼女がその名を知らない鳥たち』『虎狼の血』で知られる白石和彌監督と俳優にしてアーティストの香取慎吾が初の …

新作映画ニュース

『ともしび』映画女優シャーロット・ランプリングの渾身の一作。72歳の美しい背中を見せる水着写真解禁

映画『ともしび』は、2019年2月2日シネスイッチ銀座ほか全国順次公開。 2017 © Partner Media Investment – Left Field Ventures &#8 …

新作映画ニュース

映画『ホテル・ムンバイ』あらすじとキャスト。テロ事件に迫る実話の日本公開日は9月27日に決定!

2008年インドの5つ星ホテルで起きた無差別テロ。 惨状と化した“楽園”を救った、“5つ星”の勇気とは? 『ボーダーライン』製作陣が放つ、衝撃と感動の“実話”。 © 2018 HOTEL MUMBAI …

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2020情報】上映はスケジュール通り実施!舞台挨拶とQ&Aのみ中止のお知らせ

2020年の大阪アジアン映画祭は、すべての舞台挨拶を中止へ。 2020年3月6日から15日に開催の第15回大阪アジアン映画祭。 本映画祭は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を巡る昨今の状況 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学