Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/11/13
Update

動画で見る映画『滑走路』寄川歌太&大庭功睦監督インタビュー|ロケ撮影やオーディションのエピソードを語る

  • Writer :
  • 儀保俊弥

動画で見る【寄川歌太&大庭功睦 監督 インタビュー】映画『滑走路』は2020年11月20日(金)より全国順次公開!

精神不調に悩まされながらも短歌を詠み続け、32歳の若さで亡くなった歌人・萩原慎一郎の遺作を映画化。いじめや非正規雇用などの苦難を経験しながら、生きる希望を託した萩原慎一郎の歌は、多くの共感を集め話題になりました。

映画『滑走路』は現代社会を生きる3人の男女が直面する苦悩と問題である、非正規、いじめ、過労、キャリア、自死、家族。それでも、希望を求めて生きる姿を描いています。

今回、本作に出演するで16歳の新人俳優・寄川歌太と、本作でメジャーデビューを果たした大庭功睦監督にインタビューを敢行。 撮影の裏話やオーディション時のエピソードについて語っていただきました

スポンサーリンク

寄川歌太&大庭功睦監督インタビュー:6分36秒

大庭功睦監督プロフィール

1978年生まれ。福岡県出身。2001年、熊本大学文学部卒。2004年、日本映画学校(現・日本映画大学)映像科卒。以降、『シン・ゴジラ』や『マチネの終わりに』など数々の映画・テレビドラマにフリーの助監督として携わる。

2010年に染谷将太主演『ノラ』を自主製作し、第5回田辺・弁慶映画祭にて市民審査員賞、第11回TAMA NEW WAVEにてベスト男優賞(染谷将太)を受賞。

2018年には『キュクロプス』を自主製作し、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018にてシネガー・アワード、北海道知事賞をダブル受賞。第18回ニッポン・コネクション&第15回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭の国内長編コンペティションでも正式上映された。


寄川歌太プロフィール

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で俳優デビュー。

テレビドラマ「宮本武蔵」(14/EX)、「ボーダーライン」(2014/NHK)、「死役所」(2019/TX)やWEBドラマ『青葉家のテーブル』(2018-19)などに出演。

映画『滑走路』の作品情報

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作】
萩原慎一郎「歌集 滑走路」(角川文化振興財団/KADOKAWA刊)

【監督】
大庭功睦

【脚本】
桑村さや香

【主題歌】
Sano ibuki「紙飛行機」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)

【キャスト】
水川あさみ、浅香航大、寄川歌太、木下渓、池田優斗、吉村界人、染谷将太、水橋研二、坂井真紀

【作品概要】
32歳の若さで命を絶った歌人、萩原慎一郎の遺作となった唯一の歌集を完全映画化。

年代の違う男女3人が、それぞれ抱えている問題と、苦しみながらもがき続ける姿を通して、その先にある希望を描いた人間ドラマ。

メインとなる若手官僚の鷹野を浅香航大が、切り絵作家の翠を水川あさみがそれぞれ演じる他、物語の中心となる学級委員長を、約500人のオーディションを勝ち抜き本作に抜擢された新人俳優、寄川歌太が演じています。また、染谷将太や坂井真紀など、実力派俳優も出演しています。

スポンサーリンク

映画『滑走路』のあらすじ


(C)2020「滑走路」製作委員会

シングルマザーの母親と暮らす中学2年生の学級委員長。彼は幼馴染の裕翔がいじめられている所を助けた事で、次は自分がいじめの標的になってしまいます。

エスカレートするいじめに苦しみながらも、母親に心配をかけたくない一心で、学級委員長は1人で全ての問題を抱え込みます。

また裕翔も家に引きこもってしまっていましたが、学級委員長は自分を裏切った裕翔への怒りを抱えていました。

ある時、学級委員長は女子生徒の天野と知り合います。天野は、絵画コンクールで入選するほどの才能がありますが、勉強が苦手な事から、厳しい両親に成績が下がれば絵を描く事を禁止されてしまいます。

学級委員長は天野に勉強を教えていく中で、2人は親密になっていきます。

一方で厚生労働省で働く若手官僚の鷹野。彼は日々の業務に忙殺されていましたが、上司に全く評価される事は無く、理想と現実の間で苦しんでいました。

また、同期も厚生労働省を去る事になり「何の為に仕事しているんだ?」という問いかけに鷹野は何も答える事ができませんでした。

ある日、非正規雇用の問題に取り組むNPO団体が持ち込んだ「非正規雇用が原因で亡くなったとされる人々のリスト」を手に取った鷹野は、自身と同じ年齢である、25歳で自死した青年の事が気になります。

鷹野は、自分が取り組んでいる仕事の実態を掴む為、NPO団体からの情報をもとに、青年の死の真相を探るようになります。

鷹野は、青年と交際していた元恋人に辿り着きますが、そこで意外な言葉を聞かされます。


(C)2020「滑走路」製作委員会






関連記事

新作映画ニュース

映画『ある殺人、落葉のころに』あらすじ/キャスト。三澤拓哉新作の限定公開は10月2日よりイオンシネマ茅ヶ崎にて!

大阪アジアン映画祭JAPAN CUTS Award受賞。 最も不可思議(ミステリアス)な湘南映画の誕生。 第15回大阪アジアン映画祭ではインディ・フォーラム部門のグランプリにあたるJAPAN CUTS …

新作映画ニュース

《動画視聴:奈緒インタビュー》映画『みをつくし料理帖』キャスト花魁野江役に角川春樹監督から目の演技と求められたと語る

映画『みをつくし料理帖』は10月16日(金)より全国ロードショー 豪華キャストによるインタビューリレー第2弾 時代を創った男“角川春樹”が、生涯最後となる演出を務め制作された映画『みをつくし料理帖』。 …

新作映画ニュース

シン仮面ライダー|キャストは池松壮亮と浜辺美波。サイクロン号・蜘蛛男などの“シン”の姿も発表

庵野秀明監督作『シン・仮面ライダー』 メインキャストと新プロモーション映像がついに解禁! 『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『シン・ウルトラマン』に続く新たな“シン”映画として2023年 …

新作映画ニュース

映画『水を抱く女』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。ペッツォルト監督が最新作でドイツ神話をモチーフに愛の叙事詩を描く

第70回ベルリン国際映画祭にて  銀熊賞(最優秀女優賞)・国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞受賞。 天才たちを惹きつけた魅惑的な”水の精“の神話について、名匠クリスティアン・ペッツォルトが、大胆 …

新作映画ニュース

《動画で見る川瀬陽太インタビュー》映画『横須賀綺譚』主人公ではない脇役でも皆んな幸せになりたくて生きている

映画『横須賀綺譚』は、いよいよ、2020年8月29日(土)より、大阪・シアターセブン、兵庫・元町映画館での公開スタート! 大塚信一監督の劇場デビュー作品となる映画『横須賀綺譚』は、7月に東京・新宿K’ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学