Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2018/10/18
Update

ファンタビ最新作公開記念『ハリー・ポッターと賢者の石』4DX上映劇場情報。10/26(金)から7日間限定!

  • Writer :
  • かりごめあき


©HARRY POTTER characters, names and related indicia are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights © J. K. Rowling. © 2001 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開記念!

「ハリー・ポッター」シリーズの第1弾、映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の4DX上映が決定しました。

ホグワーツ魔法魔術学校で繰り広げられる数々の名場面を、魔法がかかった4DX劇場にて体験できるのは一週間だけ!

全国の4DX劇場にて、10月26日(金)から11月1日(木)まで限定上映です。

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』4DX版でリバイバル上映

日本での映画シリーズ興行収入史上NO.1となる、1,000億円超えを記録しているハリー・ポッター魔法ワールド。

最新作となる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)から全国ロードショーされます。

本作の公開を記念して、シリーズ第1弾『ハリー・ポッターと賢者の石』が10月26日(金)から11月1日(木)までの期間限定で全国4DXシアターで上映されます!

『ハリー・ポッターと賢者の石』では、史上初の4DX上映となり、主人公ハリーが魔法使いの世界で生きている人々と出会い、ホグワーツ魔法魔術学校に入学してから繰り広げられる様々な“初体験”を、絶妙な4DX演出で表現しています。

さらに、魔法の世界で最も迫力&臨場感あふれるスポーツ競技!クィディッチの場面では、4DXシアターでしか味わえない、遠慮なく動き回る「モーションチェア」「風」「光」など、4DXの立体的な演出が絶妙に駆使されています。

まるでハリーと一緒に箒に乗って空を飛んでいるような体験が満喫できます!

「ハリー・ポッター」シリーズこれまでの4DX版上映

日本では、2016年『ハリー・ポッターと死の秘宝』PART1&2が「ハリー・ポッター」シリーズ初の4DX上映を果たし、魔法ファンタジー映画と4DXのセンセーショナルなコラボが大人気となりました!

公開当初、各地の4DXシアターは、ほぼ満席となり、SNS上でも大絶賛の声が上がりました。

「4DXだから水出るし座席動くからホントに飛んでるみたいだった」

「4DXとか最高すぎる!part2は戦闘シーン多いから興奮しちゃう!座席数少ないからゆったりして観られるし!」

そして新たに4DX版に生まれ変わる『ハリー・ポッターと賢者の石』は、ホグワーツ魔法魔術学校で繰り広げられる数々の名場面をはじめ、魔法の箒に乗って空を飛び回る体験が4DXによって再現しています。

世界各地に熱狂的ファンをもつ大人気作を4DXで再び体験しましょう!

スポンサーリンク

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の作品情報

【公開】
2001年(アメリカ映画)

【原作】
J・K・ローリング

【原題】
HARRY POTTER AND THE PHILOSOPHER’S STONE

【監督】
クリス・コロンバス

【キャスト】
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、リチャード・ハリス、マギー・スミス、ロビー・コルトレーン他

【作品概要】

J・K・ローリングのベストセラー小説を実写映画化し、世界的大ヒットを記録した「ハリー・ポッター」シリーズの第1弾。

「ホーム・アローン」シリーズで知られるクリス・コロンバスが監督を務め、キャストは原作に忠実にイギリス人の俳優を起用し、リチャード・ハリス、マギー・スミス、アラン・リックマンら名優がホグワーツの教師役として出演。

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』のあらすじ

幼い頃に両親を亡くし孤独で誰からも愛されない日々を送っていたハリー。

11歳の誕生日を迎えた日、ホグワーツ魔法魔術学校への入学を許可されたことで人生が一変します。

額の傷に導かれるようにして運命の輪が廻り始め…。

スポンサーリンク

最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の作品情報

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の作品概要

監督は、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』「ハリー・ポッター」シリーズ後半4作品の監督を務めたデイビッド・イェーツ。

「ハリー・ポッター」シリーズ著者のJ・K・ローリングが脚本を執筆。

出演は、エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル他。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のあらすじ

ある日、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートは、魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知ります。

ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かいます。

パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていました。

そしてその手はついに仲間たちにまで…。

果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

まとめ

新作が発表されるたびに社会現象を巻き起こす大人気シリーズ「ハリー・ポッター」。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)から公開されることを記念して、「ハリー・ポッター」シリーズ第1作目、『ハリー・ポッターと賢者の石』が4DX上映で蘇ります

10/26(金)~11/1(木)の7日間限定で全国の4DX劇場にて上映!

ぜひ劇場へお出かけください。

映画『ハリー・ポッターと賢者の石』4DX上映劇場

※劇場により、対応している効果が異なります。
※上映劇場は変更となる場合があります。

ユナイテッド・シネマ/シネプレックス(18劇場)
シネマサンシャイン(3劇場)
USシネマ(5劇場)
109シネマズ (8劇場)
コロナシネマワールド (9劇場)
イオンシネマ (7劇場)
フォーラム那須塩原 

*上記に記載した情報は10月18日現在のものです。お近くの劇場をお探しの際は必ず公式ホームページをご覧ください。

関連記事

新作映画ニュース

ゴールデングローブ賞3部門ノミネートの映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』スポット映像紹介!

第77回ゴールデン・グローブ賞にて3部門ノミネートの快挙! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品『ナイブズ・アウト …

新作映画ニュース

『PARALLEL MOTHERS(パラレルマザーズ )』あらすじ/キャスト。アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作が第94回アカデミー賞にノミネート決定!

2022年(第94回) アカデミー賞ノミネート決定作品 アルモドバル監督×ペネロペ・クルス主演最新作による同じ日に出産を迎える二人の母の物語。 (C)Remotamente Films AIE &am …

新作映画ニュース

映画『君から目が離せない』劇場公開初日トーク&ライブイベント。山崎まさよしの生歌に聞き惚れる

映画『君から目が離せない』は2019年1月12日よりシネマート新宿にて2週間限定レイトショー。 青春時代に誰しもが体験したであろう甘酸っぱい想いが描かれている『君から目が離せない』は、冬・夏・秋の3つ …

新作映画ニュース

映画『リチャード・ジュエル』アカデミー賞2020年の最有力候補。イーストウッド監督最新作の劇中の場面写真解禁

2020年1月、私たちは衝撃の真実を知る。 イーストウッドの第40作、勇敢な警備員の身に起きた実話を描くサスペンスドラマ『リチャード・ジュエル』。 全世界待望、クリント・イーストウッドが放つ衝撃作『リ …

新作映画ニュース

映画『アンダードッグ』熊谷真実はベテランのデリヘル嬢をコミカルに熱演【演技評価とプロフィール】

東京国際映画祭「TOKYOプレミア2020」オープニング作品『アンダードッグ』 『銃』『全裸監督』『ホテルローヤル』の武正晴監督が、『百円の恋』以来6年ぶりにボクシングをモチーフに、森山未來、北村匠海 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学