Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

映画『孤狼の血LEVEL2』キャスト主人公の日岡秀一役は松坂桃李。演技評価とプロフィール!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『孤狼の血LEVEL2』は2021年8月20日より全国ロードショー

白石和彌監督による『孤狼の血』の続編、松岡桃李主演の『孤狼の血LEVEL2』が2021年8月20日より全国公開されます。

『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の俊英・白石和彌監督が、広島の架空都市を舞台に警察とやくざの攻防戦を過激に描いた柚月裕子原作の『孤狼の血』の続編『孤狼の血LEVEL2』。

本作でも白石和彌が監督を務め、前作で新人刑事として登場した松坂桃李演じる日岡秀一を主人公に、オリジナルストーリーが展開します。

鈴木亮平をはじめ、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一らが豪華俳優陣が脇を固めます。

この記事では日岡修一役の松坂桃李について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『孤狼の血LEVEL2』の作品情報


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督】
白石和彌

【キャスト】
松坂桃李、鈴木亮平、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一

【作品情報】

日本アカデミー賞をはじめ数々の映画賞を獲得した『孤狼の血』の続編『孤狼の血LEVEL2』。

前作に続いて『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌が監督を務めます。

原作は、柚月裕子の『孤狼の血』シリーズ三部作。本作は原作では描かれていないオリジナルストーリーとなっています。

目的のためには手段を選ばない一匹狼の刑事・日岡を演じるのは、前作から引き続き松坂桃李。

『新聞記者』でアカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど活躍目覚ましい松坂が、前作の役所広司から主演を引き継ぎます。

共演には鈴木亮平、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一ら超豪華俳優陣が集結。

暴力と狂気がはびこる街を舞台に、刑事、暴力団ほかさまざまな人々による壮絶なバトルロイヤルが幕を開けます。

映画『孤狼の血LEVEL2』のあらすじ


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

暴力組織の抗争に巻き込まれ伝説のマル暴の刑事・大上がこの世を去ってから3年。

呉原市では彼の遺志を継いで、刑事の日岡が広島の裏社会を治めていました。

日岡の前に立ちはだかったのは、刑務所から出所してきた上林組組長・上林成浩。

悪魔のような上林によって、呉原の危うい秩序が崩れていき…。

スポンサーリンク

映画『孤狼の血LEVEL2』日岡秀一役は松坂桃李

参考映像:『新聞記者』(2019)

映画『孤狼の血LEVEL2』で主人公・日岡秀一役を演じる松坂桃李は1988年10月17日生まれの俳優、モデル。神奈川県出身。トップコート所属。妻は女優の戸田恵梨香。

2008年「チャレンジFBモデル2008オーディション」でグランプリ受賞。雑誌『FINEBOYS』専属モデルとなり、同時にトップコートの養成所「Artist★Artist」に入校しました。

2009年に、『侍戦隊シンケンジャー』の志葉丈瑠 / シンケンレッド役で俳優デビュー。また、同作の劇場版にて映画初出演にして初主演を飾ります。

2011年映画『アントキノイノチ』『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』で映画新人賞を受賞。

2012年、『梅ちゃん先生』でNHK連続テレビ小説初出演。

同年公開の映画『ツナグ』で数々の映画賞を受賞しました。

本作の第1作『孤狼の血』では数々の映画賞助演男優賞を総なめにしました。

2019年には『新聞記者』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞

そのほか映画『あの頃。』『蜜蜂と遠雷』『不能犯』『娼年』『キセキ-あの日のソビト-』、ドラマ『パーフェクトワールド』『この世界の片隅に』『視覚探偵 日暮旅人』など数々の作品で活躍。

2020年に人気女優の戸田恵梨香と電撃結婚し話題となりました。

映画『孤狼の血LEVEL2』日岡秀一はどんな役?


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

松坂桃李演じる日岡秀一は本作の主人公。呉原東署の刑事二課の刑事で、目的のためには手段を選ばない一匹狼。

3年前に起きた暴力団抗争では手打ちを裏で仕切り、表向きに抗争を終結させました。

殉職したマル暴の刑事・大上に代わり、広島の裏社会を収めることになりますが…。

スポンサーリンク

松坂桃李の演技力の評価は

参考映像:『孤狼の血』(2018)

シリアスからコメディまで幅広い演技で魅了する日本トップクラスの実力を持つ憑依型俳優・松坂桃李。

2011年映画『アントキノイノチ』『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』で第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

2012年には映画『ツナグ』で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ数々の映画賞を受賞しました。

その後、『エイプリルフールズ』『彼女がその名を知らない鳥たち』『不能犯』『娼年』などでも高く評価され映画賞を続けて受賞。

本作の第1作『孤狼の血』では第42回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、第61回ブルーリボン賞助演男優賞はじめ、数々の映画賞助演男優賞を総なめにしました。

2019年には『新聞記者』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞という快挙を成し遂げています

2021年には本作を入れてなんと4本の映画が公開される、今もっとも世に求められている俳優です。

本作で3度目のタッグとなる白石和彌監督は松坂について、「本当に頭が良い。脚本の中の自分の立ち位置をしっかりと把握して、エゴを出さずに演じてくれる。昔の俳優のような無頼な雰囲気も好き。50、60歳になったとき、いまの役所広司さんのような立ち位置の俳優になると思う」と絶賛しています。

前作主人公だった役所広司も「松坂君のまっすぐな目には言葉以上に伝わってくるものがあった。印象的な表情をずっとしてくれて、良い役者さんだと思った」と松坂の魅力に太鼓判を押しています。

前作の役所広司から主演のバトンを受け取った松坂桃李。前作のクランクアップ時に役所から受け取ったライターを3年間お守りのように肌身離さず持っていたと言います。

前作を超えるものを作るという気概でキャストスタッフ全員で挑んだという本作への期待が高まります。

松坂桃李の公式SNSの紹介

松坂桃李の公式SNSをみつけましたのでご紹介させて頂きます。

まとめ


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

柚月裕子原作の大ヒット映画『孤狼の血』の続編となる『孤狼の血LEVEL2』。

前作に続いて『日本で一番悪い奴ら』『彼女がその名を知らない鳥たち』の白石和彌が監督を務め、オリジナルストーリーが展開します。

一匹狼の刑事・日岡を演じるのは、前作に続いて松坂桃李。前作で役所広司が演じた大上から主演を引き継ぎます。

鈴木亮平、吉田鋼太郎、村上虹郎、西野七瀬、中村梅雀、滝藤賢一、中村獅童、斎藤工、早乙女太一ら超豪華俳優陣が顔を揃える大作です。

注目の映画『孤狼の血LEVEL2』は、2021年8月20日よりロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『パリの家族たち』あらすじキャスト。マリー=カスティーユ・マンシオン=シャール監督が贈る女性賛歌

観ればきっと家族に会いたくなる幸せの映画  © WILLOW FILMS – UGC IMAGES – ORANGE STUDIO – FRANCE 2 CINÉMA 『奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ』 …

新作映画ニュース

韓国映画『安市城 グレート・バトル』あらすじとキャスト。公開日決定と予告映像解禁!

戦え、命尽きるまで。 ©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Rese …

新作映画ニュース

映画『CLIMAX クライマックス』日本公開日が決定!ギャスパー・ノエ最新作のポスタービジュアル解禁

鬼才ギャスパー・ノエ監督が放つ衝撃の最新作が公開! ©2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-A …

新作映画ニュース

映画試写会プレゼント限定20名『世界が愛した料理人』三ツ星シェフのバスク料理を満喫【エネコ東京9/19】

スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得した天才料理人エネコ・アチャが料理の真髄、魂とは何かを求めるため、「すきやばし次郎」をはじめとする日本の名店を巡る美食探求ドキュメンタリー。 映画『世界が愛し …

新作映画ニュース

映画『あなたの番です 劇場版』キャストの横浜流星は二階堂忍役!演技力の評価とプロフィール

映画『あなたの番です 劇場版』は2021年12月10日(金)ロードショー 日本中に考察ブームを巻き起こした大ヒットドラマを映画化した『あなたの番です 劇場版』が、2021年12月10日(金)に公開され …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学