Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/11/15
Update

映画『子どもたちをよろしく』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月29日に劇場公開が決定!

  • Writer :
  • 大塚まき

子どもたちを取り巻く社会にはびこる闇を
見事にあぶりだした映画が誕生

企画プロデュースは寺脇研、企画協力に前川喜平の元文部科学省コンビが強力タッグを組み、『ワルボロ』(2007)の隅田靖監督によって描かれる、子どもたちの日常に潜む戦場を繊細に、そして鋭く描いた傑作が誕生しました。


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

子どもたちを取り巻く社会に瀰漫する闇を見事にあぶりだした映画『子どもたちをよろしく』が2020年2月29日より渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開されると決定しました。

また、メインビジュアルも合わせて解禁されましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『子どもたちをよろしく』について


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

主演はNetflixにて配信の園子温監督『愛なき森で叫べ』での熱演ぶりに話題になっていた鎌滝えりが抜擢されました。

文部科学省で長らく日本の子どもたちの実態と向き合ってきた企画・統括プロデューサーの寺脇研企画協力に前川喜平がタッグを組み、映画という形に仕上げたのは隅田靖。

脚本・監督の隅田靖は本作についての思いを以下のようにコメントしています。

オリンピック、カジノ、万博…世の中が浮足立つなかで、子どもを巡る事件が、毎日のように報じられる。しかし、子どもたちの世界に目が向けられることは少ない。いじめに苦しみ、そのために死を選んでしまう少年、性的虐待を受け自らを「汚れた存在」と思い込んでしまい風俗産業に身を沈める少女、そんな彼らに、われわれ大人は手を差し伸べることができるのか。いや、アルコール依存、ギャンブル依存、対人依存、同調圧力など、大人社会にはびこる闇こそが問題の源なのではないのか。その問いかけを、観客の皆さんに投げかけたい――。それがこの映画を作った一番の狙いだ。映画の中の子どもたちは、悩み、苦しみ、他人を追い詰め、自分を追い詰めていく。子どもたちの心の中の闇を振り絞るような叫び!この叫びがあなたの胸に届くだろうか。

映画『子どもたちをよろしく』のポスタービジュアル


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

解禁されたビジュアルポスターには、3人の少年、少女がそれぞれ悩みを抱えているような表情が印象的に映し出さています。

そして、「ぼくたちの叫びが聞こえますか」というキャッチコピーに子どもたちが抱えている闇の正体は一体何だろうかと想像を膨らませます。

また、製作者のコメントにもあった“子どもたちの心の中の闇を振り絞るような叫び!この叫びがあなたの胸に届くだろうか”と綴った言葉が本作の映画のすべてが込められているかのようです。

ぜひ、そのメッセージをスクリーンで見届けてください。

スポンサーリンク

映画『子どもたちをよろしく』の作品情報


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
隅田靖

【キャスト】
鎌滝えり、杉田雷麟、椿三期、川瀬陽太、村上淳、有森也実

【作品概要】
企画プロデュースには寺脇研、企画協力に前川喜平の元文部科学省コンビが強力タッグを組みました。

監督を務めたのは、『ワルボロ』(2007)の隅田靖。

主演に『愛なき森で叫べ』(2019)の鎌滝えりを迎え、椿三期、『半世界』(2019)『長いお別れ』(2019)の杉田雷麟、『ゴーストマスター』(2019)の川瀬陽太、『ある船頭の話』(2019)の村上淳、『いぬむこいり』(2017)の有森也実が結集。

映画『子どもたちをよろしく』のあらすじ


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

東京にほど近い北関東のとある街。デリヘルで働く優樹菜(鎌滝えり)は、実の母親・妙子(有森也実)と義父・辰郎(村上淳)そして、辰郎の連れ子・稔(杉田雷麟)の四人家族で暮らしています。

辰郎は酒に酔うと、妙子と稔には暴力、血の繋がらない優樹菜には性暴力を繰り返しました。

母の妙子は、まったくなす術なく、見てみぬふり。義弟の稔は、父と母に不満を感じながら優樹菜に淡い想いを抱いていました。

優樹菜が働くデリヘル「ラブラブ48」で運転手をする貞夫(川瀬陽太)は、妻に逃げられ重度のギャンブル依存症。

一人息子・洋一(椿三期)をほったらかし帰宅するのはいつも深夜。洋一は暗く狭い部屋の中、帰ることのない母を待ち続けていました。

稔と洋一は、同じ学校に通う中学二年生。もとは仲の良い二人だったが、洋一は稔たちのグループからいじめの標的にされていました。

ある日、稔は家の中で、デリヘルの名刺を拾います。

姉の仕事に疑問を抱いた稔は、自分も洋一と同じ、いじめられる側になってしまうのではないかと、一人怯えるようになります。

稔と洋一、そして優樹菜。家族ナシ。友だちナシ。家ナシ。居場所をなくした彼らがとった行動とは…。

スポンサーリンク

まとめ


(C)子どもたちをよろしく製作運動体

子どもたちはそれぞれの状況のなか、いかに傷ついて、なぜ〈いじめ〉をはじめ、くり返し、他人を追いつめ自分を追いつめて行くのか…。

その子どもたちが抱えている闇に目を背けることなく、本作は真っ直ぐな眼で映画のスクリーンに映し出されます。

映画『子どもたちをよろしく』は2020年2月29日より渋谷・ユーロスペースほか全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

藤原竜也映画『Diner ダイナー』あらすじとキャスト。蜷川実花が描く平山夢明原作の小説とは

俳優の藤原竜也と、写真家で映画監督の蜷川実花が初タッグを組み、殺し屋専用の食堂を描く異色サスペンス映画『Diner ダイナー』が、2019年7月5日(金)に公開されることが決定しました。 (C)201 …

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャスト廣田朋菜インタビュー動画。監督や共演者と過ごした舞台裏を語る

映画『クシナ』は2020年7月24日(金)よりアップリンク渋谷ほか全国順次公開。 鹿宮(カグウ)役の廣田朋菜インタビュー動画 女だけが暮らす山奥の集落を舞台へ、人類学者の女性が現れた事で、村に暮らす母 …

新作映画ニュース

【TBSドキュメンタリー映画祭2021】開催日/公開劇場/作品情報。先行上映会のイベントリポートも!

テレビで伝えきれないことがある。 2021年3月18日(木)より「TBSドキュメンタリー映画祭」がユーロライブにて開催されます。 映画祭開催に先駆け、3月8日(月)にLOFT9 shibuyaにて、『 …

新作映画ニュース

映画特集上映『ミシェル・ルグランとヌーヴェルヴァーグの監督たち』公開日は2月21日!シェルブールの雨傘など7作上映

巨星ミシェル・ルグラン没後1年、生誕88年特別企画。 アンナ・カリーナ主演『女と男のいる舗道 4Kデジタル・リマスター版』がスクリーンに初登場。 2019年1月26日に逝去したフランス音楽界の巨星ミシ …

新作映画ニュース

映画『君がいる、いた、そんな時。』舞台挨拶イベント。ロケ地広島にて迫田公介監督・坂本いろはが語る公開への喜び

映画『君がいる、いた、そんな時。』は2020年6月13日(土)より、新宿K’s cinemaほか全国にて順次公開中! 心の奥底に大きな影を持つもの同士の心の触れ合いを通して、人との出会いの …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学