Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

『カゾクデッサン』神戸・元町映画館にて今井文寛監督がリモート舞台挨拶。家族の思いが交差する関係性において“人間臭い温かみ”を感じる

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『カゾクデッサン』は2021年4月23日(金)より京都みなみ会館、4月24日よりシアターセブン(大阪)、元町映画館(神戸)にて公開! 

交通事故に遭い意識が戻らない妻の身を案じる夫とその息子。ある日息子が母の元夫を病室に連れて現れます。息子の出生には複雑な事情が隠されていました──。

「家族」のそれぞれの思いが交錯する様子を、魅惑的なカメラワークと、潤いのある光と影の映像美で描いた映画『カゾクデッサン』は、今井文寛監督の初長編監督作品です。

主人公・剛太に水橋研二、中学生の光貴に大友一生が扮したのをはじめ、瀧内公美、中村映里子、大西信満ら、個性あふれる実力派が顔を揃え、東京での公開時には大きな反響を呼びました。

このたび、待望の京阪神公開が始まり、4月24日(土)、25日(日)には京阪神の3劇場で今井文寛監督のオンライン舞台挨拶が行われました。

本記事では24日に行われた元町映画館でのオンライン舞台挨拶の模様をお届けします。

スポンサーリンク

照明部から監督へ


オンライン舞台挨拶でスクリーン上に登場した今井文寛監督

本編上映終了後、オンラインにて今井監督と元町映画館がつながり、映画館のスクリーンに今井監督が登場。元町映画館の支配人、林未来さんの質問に監督が応えるという形で進行し、充実したトークとなりました。

林さんの「今井監督は元々、照明のスペシャリストでいらっしゃるのですが、監督をしようと思ったきっかけはなんだったんでしょうか」という質問に今井監督は、次のようにコメント。

「映画監督になりたくて、上京したのですが、周りの人は、映画に精通している人ばかりで、もう僕に映画監督は無理かなと思い始めていたんですね。写真をちょっとやり出してCMの撮影スタジオで働いていた時に、成瀬巳喜男を映画館で観る機会があったんです。『乱れ雲』(1967)を観て、はまってしまって、そこから僕はもう映画監督になるしかないと思いこんじゃった。会社を辞めて映画の勉強をし始めたのですが、そんな中、知り合った方々から、照明の仕事を手伝ってよと呼ばれるようになりまして、生計を建てるために照明の仕事をしながら、映画の勉強をさせていただき、今に至っています」

『カゾクデッサン』が生まれた背景


(C)「カゾクデッサン」製作委員会

初長編監督作品として『カゾクデッサン』を撮るにいたった経緯については、「自分が尊敬できる魅力的な人物を描きたいという気持ちがまずありました。思い浮かべたのは照明部の先輩方の姿です。いわゆる“バンカラ”といいますか、言葉もきついし、荒っぽい面もあるんですが情が厚い方々なんですね。その先輩たちの良いところを自分が引き継いでいるかというとそうとも言えず、その申し訳無さもあって、映画のキャラクターに先輩たちへの思いを込めました。

また、“家族”をテーマにしたのは、結婚する人が周りで増えていく中で、 “家庭”というものを今の自分の立ち位置で描いてみたかった。そうしたことが合わさって、この物語が始まっていきました」と述べました。

スポンサーリンク

俳優同士の演技がもたらした生のリアクション


(C)「カゾクデッサン」製作委員会

キャスティングに関しては、映画『百円の恋』のプロデューサーである狩野善則さんの協力が大きかったそうです。応募してきた役者さんと面接して、キャスティングを決めていったといいます。

また、林さんから、思春期の難しい役柄を演じた大友一生さんの印象を聞かれた際は、「ガッツがありましたね。若い世代の眩しさに自分も惹きつけられてわくわくして映画を撮らせていただきました。ただ映画に出ていただく限りはしっかりいい演技をしてもらわなくてはいけないのでそこは一切妥協しませんでした。

水橋研二さんとの喧嘩のシーンは大変でしたが、水橋さんが大友さんの生のリアクションが欲しいということで、殺陣師の方にはもちろん確認を取ってのことですが、段取りになかったことをいろいろやって大友さんから本当のリアクションを引き出してくれました。監督としては、この表情いいなとにやにやしておりました(笑)」と撮影のエピソードなども混じえて語りました。水橋さんを始め、ベテランの俳優さんたちが、大友一生さんを支えてくれて監督として非常にありがたかったとも。

脚本と実際の撮影について


(C)「カゾクデッサン」製作委員会

会場からの質問に移り、これからシナリオの勉強をする予定だという方から、「ラストショットに置かれた人形や、光の使い方などは、脚本の段階で工夫しようと心がけていられたのでしょうか」という質問が出ました。

「脚本段階から考えていたものは多いです。海外の場合は、細かく脚本に書いて指定するようなのですが、日本の場合はあまり書き込まないんですね。僕自身、ここはこうしてやろうと思っていてもあえて脚本には書きませんでした。スタッフもいろいろアイデアを出してくるかもしれないし、皆、優秀な方なので意見も聞きたかったからです。

低予算の作品なので、セットでなくロケになります。そうするとロケ場所によって撮り方が変わってくるんですね。それに合わせることによって新しいことが生まれたり、その空間の中で役者が生きてくる。そんな中で柔軟にやらせていただきました。脚本段階であったものをあえてすっぱり消したものもあります。それこそが実際に撮影することの魅力でもあるなと感じています」と今井監督はコメント。

そして最後に「このような状況の中、この映画を選んで足を運んでくださり、誠にありがとうございます。この映画、予算は全部、自分の貯蓄から出しましたが、それだけでは足りず仲間たちの協力を得て映画を一本撮ることが出来ました。そのように完全なインディペンデント映画ではありますが、商業映画には負けないものを作ろうという強い思いを持って完成させた作品です。今後とも『カゾクデッサン』を応援してくだされば嬉しいです」という監督の言葉で締めくくられました。

スポンサーリンク

映画『カゾクデッサン』の作品情報


(C)「カゾクデッサン」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【監督・脚本】
今井文寛

【キャスト】
水橋研二、瀧内公美、大友一生、中村映里子、大西信満、SHIN、萩原護、岩﨑愛、ナガセケイ、山田諭、髙野春樹、河屋秀俊、坪内守、逢坂由委子

【作品概要】

映画『カゾクデッサン』のあらすじ


(C)「カゾクデッサン」製作委員会

剛太は、元ヤクザという過去を持ちますが、今はかたぎとなって恋人のバーで働いています。

ある日、剛太のところに元妻・貴美の息子、光貴が現れました。

「母が交通事故にあって意識が戻らないんです。よかったら声をかけてみてもらえませんか」という光貴の言葉に驚いた剛太は、光貴の案内で、病院へ向かいました。

病室には今の夫の義治が付き添っていました。剛太は貴美に声を掛けてみますが、反応はありません。

剛太が帰ると、義治は、「2度と会うな。あいつのせいで母さんはひどい思いをしたんだ」と息子に言い聞かせます。しかし光貴は剛太に魅力を感じ始めていました。

翌日、光貴と父は些細なことから親子ゲンカになり、そのことが引き金となり光貴は自分の出生の秘密を知ってしまいます。

動揺する光貴は、励ましてくれた友人や諭してくれた友人にまで暴力を振るい、病院でも暴れてしまいます。

剛太がバーで仕事をしているといつもと違った態度の光貴が店に入ってきました・・

まとめ


(C)Fumihiro Imai

2021年4月24日(土)に元町映画館(神戸)にて行われた、映画『カゾクデッサン』上映後オンライン舞台挨拶の模様をお届けしました。

オープニングの開け放たれたベランダのシーンの片隅に過去の映像が被さってくるという驚くべき画面構成や、病棟のワンシーンワンカットなど、大胆な映像表現で観る者の心をがっちり掴む映画『カゾクデッサン』。

役者陣の魂のはいった演技もなんとも魅力的です。とりわけ、水橋研二が演じた主人公の強面な佇まいの中にユーモラスな雰囲気も混じえた人物造形に、人間臭い暖かみを感じることでしょう。

本作で初長編映画監督デビューを果たした今井監督は、配給もご自身で担っています。

待望の京阪神公開は、緊急事態宣言直前のスタートとなりましたが、本作の上映館である元町映画館、京都みなみ会館、シアターセブンは、休館せず、十分な感染対策を取り、万全な体制で上映を続けることを発表しています。

状況によっては更なる変更の可能性もありますので、各映画館のスケジュールをチェックをしながら、感染予防のもと、映画館へ足をお運びください。

映画『カゾクデッサン』は2021年4月23日(金)より京都みなみ会館、4月24日よりシアターセブン(大阪)、元町映画館(神戸)にて公開!



関連記事

新作映画ニュース

「熱狂カフェ」六本木に近日オープン!映画『熱狂宣言』に応援企業が史上最多500社超え

若年性パーキンソン病を抱えながら、圧倒的な才気で会社を東証一部上場企業にまで押し上げた経営者・松村厚久。 プロデューサーとして数々のヒット作を生み出してきた奥山和由が監督を務め、苛烈な人生を全身全霊で …

新作映画ニュース

映画『ブルー・マインド』あらすじと上映劇場情報。予告編とポスタービジュアル解禁

スイス・アカデミー賞7部門ノミネート、作品賞ほか3部門受賞。恐ろしくも美しく、狂おしく淫らな、カミング・オブ・エイジ・ホラー。 映画『ブルー・マインド』は、10月13日(土)よりヒューマントラストシネ …

新作映画ニュース

映画『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』あらすじ/日本公開日/上映館。カナダの新鋭監督が描く長編アニメの予告動画紹介

レイモンド・カーヴァーの名作短編を現代的に蘇らせる長編アニメーション作品。 カナダの新鋭が、1995年のケベック州独立運動を背景に、ある(元)夫婦の過去・現在・未来の物語を詩的に描いた長編アニメーショ …

新作映画ニュース

『スピリッツ・オブ・ジ・エア』名作映画が30年ぶり日本劇場公開!デジタルリマスター版予告解禁

30年の時を経て、孤高のファンタジーが蘇る! 本作は、1990年開催の第1回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて上映され、審査員特別賞を受賞。 翌年には日本でも劇場公開され、レイトショーで12週間 …

新作映画ニュース

映画『ジーザス・イズ・キング』劇場追加上映が池袋グランドシネマサンシャイン決定!公開初日のイベントレポートも

542席の即完売を受けて、12月13日(金)~15日(日)に急遽追加上映が決定。 アメリカ時間10月25日(日本時間10月26日)にリリースされたカニエ・ウェストの最新アルバム『ジーザス・イズ・キング …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学