Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/07/02
Update

吉村界人映画『人』あらすじ/キャスト/特報動画。ファンタジーとして幽霊の青年と家族の3日間を描く

  • Writer :
  • 大塚まき

幽霊になった⻘年と残された⺟の、⼤切で不思議な3日間。

「家族とは何か」「生きるとは何か」を問いかけるファンタジー映画『人』。


(c)映画「人」制作チーム

主演に吉村界人を迎えた映画『人』が、2022年夏全国順次公開となります。

この度、作品情報と共にティザービジュアル、場面写真、特報、キャスト・スタッフのコメントが解禁となります。

スポンサーリンク

映画『人』について


(c)映画「人」制作チーム

本作は、不慮の事故によって死亡し、幽霊になってしまった⻘年・健⼀と、幽霊が⾒える健⼀の⺟・彩⼦、そして既に他界し同じく幽霊となっている父・拓郎が過ごす3日間を描いています。

主人公・健⼀を演じるのは、映画『ミッドナイトスワン』、ドラマ『左利きのエレン』などで知られる吉村界人

そして健⼀の⺟・彩⼦は、連続テレビ⼩説『あぐり』で主演を務めて以降、映画、ドラマ、舞台と幅広く出演している田中美里

父・拓郎は大河ドラマ『⻘天を衝け』など数々の作品への出演で知られ、第30回日本映画批評家大賞における主演男優賞受賞も記憶に新しい津田寛治が演じます。

ほか、ドラマ『全裸監督 シーズン2』などにも出演している冨手麻妙が健⼀の旧友の石川役、ドラマ『仮面ライダーW」』で照井⻯/仮面ライダーアクセルを演じて以降、舞台などにも幅広く出演している木ノ本嶺浩が彩⼦に淡い想いを寄せる⻘年・⾼橋役、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の五歩一豊が近所の幽霊・田中役を演じています。

東京喰種』や『来る』などの制作に携わってきた山口龍大朗が商業作品初監督を務めます。

そのほか、岩井俊二監督作品『ラストレター』、『チィファの⼿紙』などの撮影監督を務めた神⼾千⽊、映画『シン・ゴジラ』『ブラックパンサー』『メンインブラック:インターナショナル』『ムーラン』(実写版)などに参加しているCGコンポジター・大槻直貴ら豊富な実績を持つスタッフが多数参加しています。

映画『人』の特報映像

この度解禁された特報では、“ある日、息⼦が死にました。”という⺟目線からのテロップで始まります。

海へ向かう息⼦と、必死に名前を呼び掛ける⺟。

その後映像は幽霊の息⼦と父、そして残された⺟の、奇妙で独特な関係を映し出します。

スポンサーリンク

映画『人』キャスト・スタッフコメント


(c)映画「人」制作チーム

この度公開発表にあわせて、キャスト・スタッフからのコメントが届きましたのでご紹介します。

吉村界人のコメント

息⼦と⺟親の関係、そして父親との別れ際が理想でとても好きでした。
監督は人間という対象が本当に好きなんだと思う。
生きてんだから、寂しかったらその分泣いてもいいじゃん。という声が聞こえてくるような作品でした。
時には、笑えない所を浮かれてやったり、悲し過ぎて通り越して笑ったりする脚本や演出が山口さんの今作の心意気だった気がします。
とてもシンプルですが、だからこそ伝わる作品になっていると思います。

田中美里のコメント

大切な人を亡くした時、乗り越えるのはすごく時間がかかることです。
きっと彩⼦は不器用ながらも、喜怒哀楽いろんな感情をぶつけていきながら自分の気持ちと向き合っていったのだと思います。
何気ない息⼦との日常のやりとりのひとつひとつ全てが愛しく感じられた作品です。
是非たくさんの方に観ていただけたらと思います。

津田寛治のコメント

夏の海は賑やかで楽しいイメージがありますが、その反面シーズンオフは、静かに寄せては引いていく波にせつなさを感じたりします。
そんな寂しげな九⼗九⾥浜を舞台に、人生のシーズンオフを美しく優しく描いた映画「人」。
是非ご覧ください。

冨手麻妙のコメント

生きているうちに誰も絶対に経験もできず⾒ることもできないであろう死後の世界。主人公が死後の世界の人間であるこの映画を通して、生きてるって何だろう?と改めてゆっくり考え直す機会になりました。
出演者としても、ひとりの人間としても、〝ただただ流されるように生きて、生きてるのに死んでるみたいな人たち〟にこの作品をぶつけたいと思います。

木ノ本嶺浩のコメント

撮影に入る前、山口監督とお話させていただいた際「人に寄り添う映画にしたい」とおっしゃっていました。
その言葉に感銘を受け、残された人は何を思い生きているのか、自分の経験と照らし撮影に臨みました。
人との死別。その時しっかりと悼むことができ、心残りは無かったか。様々な思いを背負って人は生きています。
ただ悲しむだけでなく死は生を考えるきっかけだと考えています。この映画を通じ生を感じていただけたら幸いです。

五歩一豊のコメント

今回、田中義男(老人の幽霊)役で参加させていただきました。
映画は幽霊の息⼦と父、幽霊が⾒える⺟という⼀家族の物語で摩訶不思議な会話が繰り広げられます。
そして当の親⼦にしかわからない相⼿を思いやる機微や仕草には大変感動致します。
上演がとても楽しみです。

山口龍大朗監督のコメント

はじめまして、監督の山口龍大朗です。
この映画のタイトルは「人」です。タイトルの通り人に寄り添う作品になれたらと思ってつけました。
始まりは友人との死別でした。とても悲しい出来事ではありましたが、そこで感じた事をもとに別れに対して前向きに、夢や希望を持てるような作品が作れないかと考え、敦賀零さんと二人で脚本を作り上げました。
今回、映画「人」を彩るメンバーが発表になり、特報と合わせて映画の世界観が少しずつ皆さまに発表できていける事が嬉しく思います。キャスト、スタッフと全身全霊で挑んだ今作を楽しみにお待ち下さい。⾒たら必ず、大切な人に会いたくなると思います。
「家族とは何か 生きるとは何かを問いかける」
少し奇妙だけど人に寄り添う心温まるファンダジー作品になっています。応援よろしくお願いします。

映画『人』のポスタービジュアル


(c)映画「人」制作チーム

この度解禁されたティザービジュアルでは、⻘空をバックに佇む健⼀(吉村界人)と彩⼦(田中美⾥)が捉えられています。

“人”というたった⼀⽂字のタイトルと共に、⺟⼦の絆を感じさせる印象深いビジュアルになっています。

あわせて解禁された場面写真では、葬式会場にいる彩⼦や石川(冨⼿麻妙)、既に他界し同じく幽霊となっている健⼀の父、拓郎(津田寛治)らが登場しています。

スポンサーリンク

映画『人』の作品情報


(c)映画「人」制作チーム

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
山口龍大朗

【脚本】
敦賀零

【キャスト】
吉村界人、田中美里、冨手麻妙、木ノ本嶺浩、五歩一豊、津田寛治

映画『人』のあらすじ


(c)映画「人」制作チーム

千葉・九⼗九⾥浜。実家のサーフショップで働く⻘年・健⼀(吉村界人)は、不慮の事故で命を落とし、幽霊になってしまいます。

幽霊になった健⼀が実家に帰ると、そこには数年前に他界し、健⼀と同じく幽霊になった父・拓郎(津田寛治)の姿が。

さらに、⺟・彩⼦(田中美⾥)が幽霊が⾒えるということも発覚し…!?

幽霊になった父と息⼦、そして幽霊が⾒える⺟。家族三人と彼らを取り巻く人々が過ごす三日間のファンタジー。

まとめ


(c)映画「人」制作チーム

千葉・九⼗九⾥浜を舞台に少し奇妙だけど人に寄り添う心温まるファンタジー映画『人』。

家族とは何か 生きるとは何かをスクリーンを越えて問いかけます。

主演に吉村界人を迎えた映画『人』は、2022年夏全国順次ロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『名も無い日』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。永瀬正敏×オダギリジョー×金子ノブアキを3兄弟として日比遊一監督が描いた“現実”

3兄弟の圧倒的現実を描く映画『名も無い日』が6月11日全国公開決定! 5月28日より東海三県先行ロードショー! モントリオール映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した『健さん』、樹木希林が企画・出演 …

新作映画ニュース

映画『草間彌生∞INFINITY』あらすじ。ドキュメンタリーで前衛芸術家の人生を捉える!

世界が認める前衛芸術家、草間彌生の人生を アメリカ人女性監督ヘザー・レンズが捉えたドキュメンタリー! 11月22日(金)に開業する渋谷PARCO8階のミニシアター「WHITE CINE QUINTO」 …

新作映画ニュース

【シッチェス映画祭2019】上映作品とイベント情報。10月より全国順次公開の祭典予告編が解禁!

震えて、怯えて、泣き叫べ! 1968年に創設された「シッチェス映画祭」は、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭。 SF、ホラー、サスペンスなどのジャン …

新作映画ニュース

【一般試写会プレゼント】映画『ブレス あの波の向こうへ』5組10名様ご招待!7月10日(水)に「めぐろパーシモンホール」にて開催

オーストラリアで大ヒット!5週連続TOP10入りを記録! T・ウィントンが描いた伝説のサーフ文学を映画化! © 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath …

新作映画ニュース

『おかえり、ブルゴーニュへ』の映画感想を石丸幹二ほか評価コメント!豪華タイアップ情報紹介も

『猫が行方不明』『スパニッシュ・アパートメント』のセドリック・クラピッシュ監督4年ぶりの新作は、フランス・ブルゴーニュのワイナリーを舞台に描く珠玉のヒューマンドラマ。 映画『おかえり、ブルゴーニュへ』 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学