Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/17
Update

韓国映画『安市城 グレート・バトル』あらすじとキャスト。公開日決定と予告映像解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

戦え、命尽きるまで。


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

韓国映画『安市城 グレート・バトル』の公開が2019年7月5日(金)に決定

あわせてポスタービジュアルと予告映像が解禁されました。

韓国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の製作陣が手がける大作アクションということもあり、公開初週から多くの映画ファンが詰めかけ、興行収入ランキング第1位を記録。

最終的には観客動員数500万人を超える大ヒットとなった本作についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

映画『安市城 グレート・バトル』について


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

西暦645年、大国・唐の皇帝太宗がアジア全土を支配すべく大軍を率い、時の朝鮮半島・高句麗へと侵攻。

各地の武将たちが次々に降伏していく中、たった一人その大軍に反旗を翻し、戦って国を守ろうと決意した男がいました。

それが、伝説の武将にして安市城の城主ヤン・マンチュン(楊萬春)その人です。

本作はそんなマンチュンと安市城の勇敢な戦士たちの、20万人もの無謀と言われた「偉大な戦い」を圧倒的スケールで描いた歴史アクション大作。

主演を務めたのは『ラブストーリー』(2003)『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』(2008)『ザ・キング』(2017)などの映画から「バリでの出来事」「大丈夫、愛だ」などのドラマまで数々の大ヒット作に主演してきた、韓国を代表するトップ俳優チョ・インソン

そのカリスマ性あふれる魅力と演技で、実在した伝説の武将ヤン・マンチュンを見事に現代へと蘇らせました。


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

他にも「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」「ハベクの新婦」などのドラマで日本にも沢山のファンを持つ人気若手イケメン俳優ナム・ジュヒョク

彼は今回の演技で韓国のアカデミー賞と言われる青龍映画大賞を始めとする数々の新人賞を総なめにし、名実ともに映画スターとしての地位を確立しました。

更には韓国映画界に欠かせない名バイプレーヤー『新しき世界』(2013)のパク・ソンウン、『スウィンダラーズ』(2017)のペ・ソンウ、『密偵』(2016)のオム・テグ、「探偵なふたり」シリーズのソン・ドンイルら、実力派が勢ぞろい。

そして『江南ブルース』(2015)で映画女優として鮮烈なデビューを飾ったK-POPガールズグループAOAのソリョンが、歴史大作に華を添えます。


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

映画『安市城 グレート・バトル』の予告編

今回到着した予告映像に収められているのは、20万人もの圧倒的兵力を率いた唐の皇帝・太宗が進撃していく姿。

「ここを落とせば都は目前だ」と、確信を持って安市城に挑む太宗。

押し寄せる大群を見つめる安市城城主・ヤン・マンチュンの瞳は、どこか哀しげな印象です。

戦うことを反対する妻と、鼓舞する部下。

民たちの笑顔を見たヤン・マンチュンは迷いを振り払い、戦うことを決意します。

唐の大群をを迎え撃つ、陸の孤城“安市城”のわずか5,000人の戦士たちとの熾烈な戦いが繰り広げられます。

大勢の犠牲を出しながら、最後は「安市城は落ちぬ」と強く囁くヤン・マンチュンのセリフで終わる予告編。

それぞれに個性的な兵士たちと、最後まで命を懸けて戦うことを決意するマンチュンの姿は、静かに観る者の胸を熱く、そして心を揺さぶります。

スポンサーリンク

映画『安市城 グレート・バトル』作品情報


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
안시성(英題:THE GREAT BATTLE)

【監督・脚本】
キム・グァンシク

【キャスト】
チョ・インソン、ナム・ジュヒョク、パク・ソンウン、ペ・ソンウ、オム・テグ、ソリョン(AOA)、ソン・ドンイル、パク・ビョンウン、オ・デファン

【作品概要】
『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)の製作陣が手がける歴史大作です。

監督は『私のチンピラな彼氏』(2010)『ゴシップサイト 危険な噂』(2014)のキム・グァンシクが務めます。

主演は数々のドラマや映画で主役を飾ってきた、『ザ・キング』(2017)での演技が印象に新しい、韓国を代表するトップ俳優チョ・インソン。

共演する若手俳優ナム・ジュヒョクは、本作での演技で、韓国のアカデミー賞と言われる青龍映画大賞を始めとする数々の新人賞を総なめにしました。

そのほか、パク・ソンウン、ペ・ソンウ、オム・テグ、ソン・ドンイルら実力派俳優と、K-POPガールズグループAOAのソリョンが出演しています。

映画『安市城 グレート・バトル』あらすじ


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

西暦645年。

唐の皇帝・太宗(パク・ソンウン)は朝鮮半島をも支配下に置くべく、自ら20万人を超える大軍を率い高句麗の都・平壌へと進撃を続けました。

高句麗諸城の城主が次々と降伏・敗走する中、安市城の城主ヤン・マンチュン(チョ・インソン)は、国を守るため立ち上がります。

高句麗の民を守るためたった5,000人の兵を率い、無謀とも言える孤立無援の戦いを挑むことを決意し…。

スポンサーリンク

まとめ 


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

国と命を懸けた戦いに、観る者は血湧き肉躍ること間違いなしの本作。

また、実在した伝説の武将ヤン・マンチュンを演じるチョ・インソンの、静かながら強い意思を持った眼差しと佇まいは、この人になら命を預けてもいいと納得のカリスマ性です。

話題の歴史アクション大作『キングダム』(2019)や『レッドクリフ』(2008)を想起させる、壮大なスケールで描かれた映像は「圧巻」の一言。

映画『安市城 グレート・バトル』は7月5日(金)シネマート新宿ほか順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』あらすじ。ジャーナリスト堀潤が監督した世界の5年間とは

ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、「分断」された世界。 ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追ったドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』が、2020年早春よりポレポレ東中野ほか全 …

新作映画ニュース

映画『スピリッツ・オブ・ジ・エア』あらすじ。公開日は2020年2月8日と決定のアレックス・プロヤスのデビュー作

“日本人の心に残り続けた”幻のファンタジー映画。 アレックス・プロヤス監督の“失われた傑作”が30年の時を越えてデジタル・リマスター版で日本に帰ってきます。 ©1988 COMPANY BIZARRE …

新作映画ニュース

映画『鈴木家の嘘』キャストの木竜麻生(きりゅうまい)が特技を披露。新体操で魅了する特別映像解禁

突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作。 映画『鈴木家の嘘』は、11月16日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開です。 第 …

新作映画ニュース

映画『パラサイト』キャストの貧困息子ギウ役はチェ・ウシク【演技評価とプロフィール】

第72回カンヌ国際映画祭“最高賞”パルムドール&第92回アカデミー賞作品賞受賞作『パラサイト 半地下の家族』は2020年1月10日より全国公開! 第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドール受賞に加え、 …

新作映画ニュース

韓国映画『トラップ劇場版』あらすじとキャスト。予告編と上映スケジュール情報【のむコレ2019】

国民的キャスターに仕掛けられた非情な罠 イ・ソジンが愛する家族の為に戦う本格ミステリー。 国民的キャスターの愛する家族が消え、仕掛けられた巨大な罠に挑む! この度、『完璧な他人』のイ・ソジン主演最新作 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP