Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/17
Update

韓国映画『安市城 グレート・バトル』あらすじとキャスト。公開日決定と予告映像解禁!

  • Writer :
  • 石井夏子

戦え、命尽きるまで。


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

韓国映画『安市城 グレート・バトル』の公開が2019年7月5日(金)に決定

あわせてポスタービジュアルと予告映像が解禁されました。

韓国では『新感染 ファイナル・エクスプレス』の製作陣が手がける大作アクションということもあり、公開初週から多くの映画ファンが詰めかけ、興行収入ランキング第1位を記録。

最終的には観客動員数500万人を超える大ヒットとなった本作についてご紹介して行きます。

スポンサーリンク

映画『安市城 グレート・バトル』について


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

西暦645年、大国・唐の皇帝太宗がアジア全土を支配すべく大軍を率い、時の朝鮮半島・高句麗へと侵攻。

各地の武将たちが次々に降伏していく中、たった一人その大軍に反旗を翻し、戦って国を守ろうと決意した男がいました。

それが、伝説の武将にして安市城の城主ヤン・マンチュン(楊萬春)その人です。

本作はそんなマンチュンと安市城の勇敢な戦士たちの、20万人もの無謀と言われた「偉大な戦い」を圧倒的スケールで描いた歴史アクション大作。

主演を務めたのは『ラブストーリー』(2003)『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』(2008)『ザ・キング』(2017)などの映画から「バリでの出来事」「大丈夫、愛だ」などのドラマまで数々の大ヒット作に主演してきた、韓国を代表するトップ俳優チョ・インソン

そのカリスマ性あふれる魅力と演技で、実在した伝説の武将ヤン・マンチュンを見事に現代へと蘇らせました。


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

他にも「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」「ハベクの新婦」などのドラマで日本にも沢山のファンを持つ人気若手イケメン俳優ナム・ジュヒョク

彼は今回の演技で韓国のアカデミー賞と言われる青龍映画大賞を始めとする数々の新人賞を総なめにし、名実ともに映画スターとしての地位を確立しました。

更には韓国映画界に欠かせない名バイプレーヤー『新しき世界』(2013)のパク・ソンウン、『スウィンダラーズ』(2017)のペ・ソンウ、『密偵』(2016)のオム・テグ、「探偵なふたり」シリーズのソン・ドンイルら、実力派が勢ぞろい。

そして『江南ブルース』(2015)で映画女優として鮮烈なデビューを飾ったK-POPガールズグループAOAのソリョンが、歴史大作に華を添えます。


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

映画『安市城 グレート・バトル』の予告編

今回到着した予告映像に収められているのは、20万人もの圧倒的兵力を率いた唐の皇帝・太宗が進撃していく姿。

「ここを落とせば都は目前だ」と、確信を持って安市城に挑む太宗。

押し寄せる大群を見つめる安市城城主・ヤン・マンチュンの瞳は、どこか哀しげな印象です。

戦うことを反対する妻と、鼓舞する部下。

民たちの笑顔を見たヤン・マンチュンは迷いを振り払い、戦うことを決意します。

唐の大群をを迎え撃つ、陸の孤城“安市城”のわずか5,000人の戦士たちとの熾烈な戦いが繰り広げられます。

大勢の犠牲を出しながら、最後は「安市城は落ちぬ」と強く囁くヤン・マンチュンのセリフで終わる予告編。

それぞれに個性的な兵士たちと、最後まで命を懸けて戦うことを決意するマンチュンの姿は、静かに観る者の胸を熱く、そして心を揺さぶります。

スポンサーリンク

映画『安市城 グレート・バトル』作品情報


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
안시성(英題:THE GREAT BATTLE)

【監督・脚本】
キム・グァンシク

【キャスト】
チョ・インソン、ナム・ジュヒョク、パク・ソンウン、ペ・ソンウ、オム・テグ、ソリョン(AOA)、ソン・ドンイル、パク・ビョンウン、オ・デファン

【作品概要】
『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)の製作陣が手がける歴史大作です。

監督は『私のチンピラな彼氏』(2010)『ゴシップサイト 危険な噂』(2014)のキム・グァンシクが務めます。

主演は数々のドラマや映画で主役を飾ってきた、『ザ・キング』(2017)での演技が印象に新しい、韓国を代表するトップ俳優チョ・インソン。

共演する若手俳優ナム・ジュヒョクは、本作での演技で、韓国のアカデミー賞と言われる青龍映画大賞を始めとする数々の新人賞を総なめにしました。

そのほか、パク・ソンウン、ペ・ソンウ、オム・テグ、ソン・ドンイルら実力派俳優と、K-POPガールズグループAOAのソリョンが出演しています。

映画『安市城 グレート・バトル』あらすじ


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

西暦645年。

唐の皇帝・太宗(パク・ソンウン)は朝鮮半島をも支配下に置くべく、自ら20万人を超える大軍を率い高句麗の都・平壌へと進撃を続けました。

高句麗諸城の城主が次々と降伏・敗走する中、安市城の城主ヤン・マンチュン(チョ・インソン)は、国を守るため立ち上がります。

高句麗の民を守るためたった5,000人の兵を率い、無謀とも言える孤立無援の戦いを挑むことを決意し…。

スポンサーリンク

まとめ 


©2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & SOOJAK FILM & STUDIO&NEW. All Rights Reserved.

国と命を懸けた戦いに、観る者は血湧き肉躍ること間違いなしの本作。

また、実在した伝説の武将ヤン・マンチュンを演じるチョ・インソンの、静かながら強い意思を持った眼差しと佇まいは、この人になら命を預けてもいいと納得のカリスマ性です。

話題の歴史アクション大作『キングダム』(2019)や『レッドクリフ』(2008)を想起させる、壮大なスケールで描かれた映像は「圧巻」の一言。

映画『安市城 グレート・バトル』は7月5日(金)シネマート新宿ほか順次公開です。

関連記事

新作映画ニュース

映画『カーマイン・ストリート・ギター』あらすじとキャスト。公開日情報

数々の映画祭で上映された話題作がついにロードショー       ©MMXVⅢ Sphinx Productions.   第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門で上映され好評を博したニューヨー …

新作映画ニュース

永瀬廉映画『うちの執事が言うことには』あらすじとキャスト。キンプリメンバー初共演

人気アイドルグループ『King & Prince』のメンバー、永瀬廉が初主演を飾る映画『うちの執事が言うことには』が、2019年5月17日に公開が決定しました。 2014年に刊行された高里椎 …

新作映画ニュース

映画『タリーと私の秘密の時間』マッケンジー・デイヴィス魅惑のコスプレ姿披露!

『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞®に2度ノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン監督が、『ヤング≒アダルト』で主演に迎えたシャーリーズ・セロンと再びタッグを組んだ最新作『 …

新作映画ニュース

【試写会プレゼント】やまなみ工房の映画『地蔵とリビドー』を10組20名様ご招待(10/2・3 イメージフォーラム)

2018年11月、シアター・イメージフォーラムにてロードショーが決定している映画『地蔵とリビドー』。 上映に先立ち、10月2日(火)、3日(水)にシアター・イメージフォーラムにて行われるマスコミ試写会 …

新作映画ニュース

奥山和由映画『熱狂宣言』あらすじ。松村厚久の今に迫るダイレクトシネマ

日本映画界のレジェンダリープロデューサー奥山和由が苛烈な人生を全身全霊で生きる一人の男に迫った新しいドキュメンタリー映画が誕生! 映画『熱狂宣言』は、2018年11月4日(日)よりTOHOシネマズ六本 …

【Cinemarche独占】映画『小さな恋のうた』試写会プレゼント【5/16(木) よみうりホール】
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP