Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/09/09
Update

【コスメティックDNA×偽神】大久保健也×小川深彩ら新人映画監督が特別対談!インディーズ映画界の今を動画で語る

  • Writer :
  • 増田健

話題作を生んだ2人の新人監督のスペシャル対談が実現!

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020にて北海道知事賞を受賞した、大久保健也監督の長編デビュー作『Cosmetic DNA』

2021年10月9日(土)よりK’s cinemaほかにて全国順次公開を迎える本作は、ハンブルク日本映画祭2021でもジャンル作品特別賞を受賞するなど海外の映画ファンからも注目が集まっています。


『Cosmetic DNA』大久保健也監督/photo by 田中舘裕介

このたび大久保健也監督と、映画『偽神-GISHIN- The Second God』で知られる小川深彩監督の特別対談が実現。さらに対談の模様をまとめた特別映像が2020年9月9日(木)/YouTubeにて公開されました。

ともに日本のインディーズ映画界で活躍を続ける、新進気鋭の映画監督である大久保監督と小川監督。本記事では対談動画について、劇場公開を迎える両監督の作品の各情報を紹介いたします。

スポンサーリンク

特別対談:『偽神』小川深彩×『Cosmetic DNA』大久保健也

話題作を手がける期待の若手監督

14歳から映画制作を続け、長編デビュー作『Cosmetic DNA』はゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020にて北海道知事賞を受賞。さらに新作長編『令和対俺』も2021年のゆうばりファンタ映画祭に入選し、同映画祭での2年連続ノミネートを果たした大久保健也監督

このたび『Cosmetic DNA』の2021年10月9日(土)〜/K’s cinemaほかでの劇場公開を記念して、同じく日本のインディーズ映画界の第一線で活躍する新人監督である小川深彩監督との特別対談が実現。対談の模様をまとめた特別映像がYouTubeにて公開されました。

幼少時から女優やモデルとして活動し、17歳でテレビドラマ監督デビュー。監督・脚本・編集を務めた短編映画『偽神-GISHIN- The Second God』では2020年の第14回田辺・弁慶映画祭のコンペティション部門でキネマイスター審査員賞を受賞した小川監督。

『偽神』が「田辺・弁慶映画祭セレクション2021」にて2021年9月11日(土)〜13日(月)/テアトル新宿、9月27日(月)/シネ・リーブル梅田にて劇場公開される小川監督と、『Cosmetic DNA』が劇場公開を迎える大久保監督。両監督はまさに、才気あふれる若き映画監督たちといえます。

「インディーズ映画」の枠を超えた作風と想い

2020年9月9日(木)/YouTubeにて解禁された特別映像では、小川監督・大久保監督の対談の模様が収められています。

14歳から映画制作を続けてきた大久保健也監督が、撮影当時24歳の時に作り上げた長編デビュー作『Cosmetic DNA』。対する小川深彩監督も『偽神』を制作したのは17時の時と、互いにその早熟ぶりがうかがえます。

また現代を生きる女性たちを取り巻く社会の不条理と理不尽を、主演・藤井愛稀のもとヴィヴィッドな映像美でパワフルに描いた『Cosmetic DNA』と、小川監督自身が生まれ育ったアメリカで感じ取った宗教観に基づき「神」と「愛」の意味を描いたサスペンス・ホラー『偽神』。

異なるテーマを通じて、若き才能である2人がそれぞれに挑んだのは「ジャンル映画」。バイオレンス、サスペンス、ホラー……娯楽要素を重視しながらも、独特の映像美とメッセージ性を与えられた作品がそれぞれ注目を集めました。

「インディーズ映画」の枠を越えた作風が、共に高く評価されている2人の作品。動画内でも若き才能が映画に挑んだきっかけ、映画制作にかける思いなどを熱く語っています。

映画『偽神-GISHIN- The Second God』の作品情報

【日本公開】
「田辺・弁慶映画祭セレクション2021」にて2021年9月11日(土)〜13日(月)/テアトル新宿、9月27日(月)/シネ・リーブル梅田で上映(日本映画)

【監督・脚本・編集】
小川深彩

【キャスト】
多和田真騎、北川彩子、神崎英敏、北本桐宇、山本舞子、赤嶺かなえ、ロニー・マッギー、宮平理沙子、フェデリコ・ブライス

映画『偽神-GISHIN- The Second God』のあらすじ

神だけを信じ、幸せに暮らす正人とその家族の元に、ある日突然不気味な彫刻が現れる。愛する者の心臓を捧げるよう迫られ、追い込まれていく正人。

暗い過去を必死に隠そうとする正人とそれを知りたいと願う妻。ガラガラと崩れていく日常の中で、神の御心を必死に模索しつつ、正人は決断を迫られる。

スポンサーリンク

映画『Cosmetic DNA』の作品情報

【日本公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・撮影・照明・美術・編集】
大久保健也

【プロデューサー】
大久保健也、西面辰孝

【キャスト】
藤井愛稀、西面辰孝、仲野瑠花、川崎瑠奈、吉岡諒、石田健太

映画『Cosmetic DNA』のあらすじ


(C)穏やカーニバル

コスメを愛する美大生・東条アヤカ(藤井愛稀)は、ある時「自分の映画に出演してほしい」とナンパしてきた自称・映画監督の柴島恵介(西面辰孝)に薬物を盛られ暴行されてしまいます。

泣き寝入りせざるを得ない状況に追い込まれ精神的に病んでいくアヤカでしたが、大学院生のサトミ(仲野瑠花)、アパレル店員のユミ(川崎瑠奈)と出会ったことで少しずつ自身の心を取り戻していきます。しかし、柴島の次なる標的がユミであると知ったアヤカは突発的に柴島を殺害してしまうのでした。

愛と友情、そして破壊の先の未来とは?アヤカ・サトミ・ユミの「私たちの未来」のための革命が始まろうとしていました……。

まとめ

待望の劇場公開を控え『偽神』の小川深彩、『Cosmetic DNA』の大久保健也両監督の対談が実現いたしました。

映画祭にて高い評価を集めたこの2作品、それを手掛けた才能ある新人監督、日本のインディーズ映画に興味のある方、そして映画製作を目指す方に興味深い内容になっています。

どうぞふるって動画を視聴下さい。また劇場のスクリーンで鑑賞する機会を得た両監督の作品の応援をよろしくお願い致します。

映画『偽神-GISHIN- The Second God』は、「田辺・弁慶映画祭セレクション2021」にて2021年9月11日(土)〜13日(月)/テアトル新宿、9月27日(月)/シネ・リーブル梅田で劇場公開!

映画『Cosmetic DNA』は2021年10月9日(土)よりK’s cinemaほかにて全国順次公開!



関連記事

新作映画ニュース

『スピルバーグ!』映画監督の真実に迫ったドキュメンタリー独占日本初放送!

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ウエストワールド』などで知られるHBOが製作。 ドキュメンタリー『スピルバーグ!』は、BS10スターチャンネルにて独占日本初放送されますが、冒頭3分間の映像を特別 …

新作映画ニュース

ニコール・キッドマン&ラッセル・クロウの演技力を原作者も絶賛!映画『ある少年の告白』で見せる実力とは

オスカー俳優の演技力 俳優のジョエル・エドガートンが『ザ・ギフト』(2016)に続き監督を務め、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017)で一躍その名を世界に知らしめたルーカス・ヘッジズが初主演を …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト。林田沙希絵はスナックの女性ママ・安達真奈美役を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

新作映画ニュース

映画『おろかもの』キャスト主演女優の笠松七海は高校生の洋子役を熱演【演技評価とプロフィール】

映画『おろかもの』は2020年劇場公開予定 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、2020年「田辺・弁 …

新作映画ニュース

『眉村ちあきのすべて(仮)』映画上映館ホワイトシネクイントにて舞台挨拶!続編とキャスト・ファンへの感謝を伝える

眉村ちあき、漸く迎えた主演作の劇場公開初日に登壇! 一緒に作り上げた「自慢のファン」たちに感謝。 2020年7月17日(金)に、映画『眉村ちあきのすべて(仮)』が当初の4月公開予定から3ヶ月遅れで漸く …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学