Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/10/15
Update

映画『エポックのアトリエ』公開日/上映館。ドキュメンタリーでデザイナー“菅谷晋一がつくるレコードジャケット”を追う!

  • Writer :
  • 大塚まき

好きになる。夢中になる。生き方になる。
新しい生き方のヒントがあるドキュメンタリー映画

ザ・クロマニヨンズ、OKAMOTO’Sなどのレコードジャケットを手がけるデザイナー“菅谷晋一”の、一風変わった制作過程を追ったドキュメンタリー映画が完成しました。

映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』が、2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテほかにて劇場公開されることが決定しました。

劇場公開に寄せて菅谷晋一本人ならびに本作の監督・南部充俊からのコメントや劇中写真、また菅谷晋一ご自身のデザインによるポスタービジュアルも同時解禁となります。

スポンサーリンク

映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』について


(c)2020「エポックのアトリエ」製作委員会

菅谷晋一と聞いてピンと来ないかもしれません。それではザ・クロマニヨンズを象徴するイラストや、あの毎回どこからやってきたのか分からないジャケットをデザインしている人と言ったら「あぁ!」となる方も多いでしょう。

本作は、そんな菅谷晋一の制作過程に密着したドキュメンタリー映画です。

さぁ、問題はここからです。この人の生き方が少し変わっているのです。いわゆるデザイナーと言うと美大や専門学校で学び、まずはデザイン事務所に所属して、そこで才能を見出されて独立し、自分の名前で作品を残していく…。

そんな姿をイメージしませんか?ところがこの人、大学では建築を学び、卒業後は家業の町工場で働いていました。

でもやっぱりデザインしたくて、手探りで学び、どこにも所属せずに人脈ゼロから仕事を手にします。

そして、今もたった一人で、本当に一人で、もう20年も楽しそうにものをつくって生きています。


(c)2020「エポックのアトリエ」製作委員会

好きなことを追いかけて、気がついたら楽しいことが仕事になっていた”なんだか嘘みたいだけど本当の話。

そんな菅谷晋一の姿を記録したのは彼の作品だけでなく生き方にも共鳴した映像作家の南部充俊でした。

自らの会社のロゴマークもデザインしてもらうほどの愛情で謎に包まれたその制作過程を記録しました。

このドキュメンタリーは音を聞きヒラメキを集めてレコードジャケットを作り上げる作業を通して、“新しい生活を求められている私たちに、ただ好きなことに夢中になれば良いんだよ。”という簡単アナログなことを教えてくれるはずです。

それではアトリエの扉を開けてレコードに針を落としましょう。

菅谷晋一(すがや・しんいち)のプロフィール


(c)2020「エポックのアトリエ」製作委員会

菅谷晋一は、1974年3月30日生、東京都出身。絵を描き、オブジェを作り、版画を刷り、写真を撮り、コラージュをし、映像のディレクションまで、ビジュアルをあらゆる手段で表現

エポックのアトリエでは、音楽関係、装丁、ファッション、コーポレート・アイデンティティ、ビジュアル・アイデンティティなどジャンルを問わず、日々ひとりで作り出しています。

菅谷晋一のコメント


(c)2020「エポックのアトリエ」製作委員会

暑かった日。絵の具とキャンバス。頭の中にボルト2つが落ちてきた日たちの記録です。

スポンサーリンク

監督:南部充俊(なんぶ・みちとし)のプロフィール

監督を務めた南部充俊は、1976年11月8日生、神奈川県出身。エイゾーラボ株式会社代表。企業のプロモーションや文化事業の映像にプロデューサーとして携わります。

会社員時代に制作した「パッション」がぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞。

阿部秀司プロデーサーより「これこそエンターテインメント」と評されエンターテインメントが持つ力に興味を抱きます。40歳を超えて映画、ドキュメンタリーに挑戦中。

菅谷晋一のコメント

ジャケット制作の様子を撮ったらおもしろそうだと思い、菅谷さんとお話をしてそこから小さなチームで制作がはじまりました。
菅谷さんのものづくりにはその職業にとどまらず、色んなヒントがあるとおもいました。「エポックのアトリエ」からも何かをみつけていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』の作品情報

(c)2020「エポックのアトリエ」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
南部充俊

【キャスト】
菅谷晋一、ザ・クロマニヨンズ<甲本ヒロト、真島昌利、小林勝、桐田勝治>、OKAMOTO’S<オカモトショウ、オカモトコウキ、ハマ・オカモト、オカモトレイジ>、青柳拓次、VLADO DZIHAN、DJツネ、佐藤有紀、石川明宏、森内淳、信藤三雄、佐々木進

スポンサーリンク

映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』のあらすじ


(c)2020「エポックのアトリエ」製作委員会

はじまりはとあるアトリエ。聴こえてくるのは切ったり貼ったりしている音。出来上がったのはレコードジャケット。

それは、想像していたのとはちょっと違う。四角い何かのつくり方を教えてくれる人。

少し変わった何でもひとりでつくってしまう菅谷晋一のお話しです。

菅谷晋一の新しい作品の制作に密着しながら、本人の言葉と、これまで菅谷晋一と仕事をしてきたミュージシャンや関係者のインタビューを織り交ぜながら、アートワークの「つくりかた」を紐解いていくドキュメンタリー。

まとめ


(c)2020「エポックのアトリエ」製作委員会

レコードジャケットと聞いて何を思い出しますか。

音とともに浮かび上がるのは四角い形の何でしょう?黄色いバナナ、横断歩道を渡る四人組、白いビーチパラソルが印象的な青空のプールサイド…。

思い出すものは人それぞれで、ふと音楽を聴いたときに思い出すのは、もちろんあの頃の思い出かもしれません。

そして、一緒に浮かび上がるのはその四角い何かかもしれません。

アーティストが思いをこめて作り上げた音楽を永遠に包む四角い包装紙。海の向こうアメリカでは40年振りにCDよりレコードを手にする方の数が増えたそうです。

レコードジャケットを手がけるデザイナー菅谷晋一の真摯な作品づくりに対する姿をぜひ、スクリーンでご覧ください。

ドキュメンタリー映画『エポックのアトリエ 菅谷晋一がつくるレコードジャケット』は、2021年1月8日(金)より新宿シネマカリテほかにてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『痛くない死に方』あらすじ。キャストに柄本佑を迎え高橋伴明監督が在宅医療と向き合う

映画『痛くない死に方』クランクイン! 現在宅医療のスペシャリストであり実際に尼崎市で在宅医として活躍をされている長尾和宏のベストセラー『痛くない死に方』『痛い在宅医』が、『禅 ZEN』(2008)『赤 …

新作映画ニュース

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。感動作にブルース・ダーンが主演!

人生最大の”嘘”が、2人にある”奇跡”を起こす。43年後にはじまる、最高のラブストーリー ヒッチコック、タランティーノなど数々の巨匠監督に愛されるハリウ …

新作映画ニュース

映画特集上映『ワールド・エクストリーム・シネマ2019』がヒューマントラスト渋谷にて10月25日から開催!

いよいよ今年で6周年。 ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演作から南米のモンスターパニックまで上映。 この度、「世界中のガツン!とくる映画集めました。」をテーマに東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて2 …

新作映画ニュース

シャーリズ・セロン映画『タリーと私の秘密の時間』。作品秘話と運命の出会い画像解禁

かつて夢見た〈未来〉とは違う〈今〉にため息をつく大人たちに、目の覚めるサプライズを贈る、ミステリアスな人生のリフレッシュ・ムービー。 映画『タリーと私の秘密の時間』は、8月17日(金)TOHOシネマズ …

新作映画ニュース

映画『初恋』キャストの武闘派マフィア・権藤役は内野聖陽【演技評価とプロフィール】

映画『初恋』は2020年2月28日より全国公開! 日本での公開に先駆けて、2019年9月27日から全米で公開されました映画『初恋』。 監督を務めるのは『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』『十三人の刺客』 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP