Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/06/08
Update

映画『エンテベ空港の7日間』あらすじとキャスト。実話の事件をダニエル・ブリュール&ロザムンド・パイクが注目の演技で魅せる

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画『エンテベ空港の7日間』は、2019年10月より、TOHOシネマズ シャンテほかで全国順次公開!

ロザムンド・パイクとダニエル・ブリュール共演による映画『エンテベ空港の7日間』。歴史的なハイジャック事件と、奇跡の人質救出作戦を映画化した作品です。

2007年公開された『エリート・スクワッド』でベルリン映画祭の金熊賞受賞し、世界にその名を轟かせたジョゼ・パジーリャ監督の最新作

キャストにロザムンド・パイクとダニエル・ブリュールを迎え、海外での原題『Entebbe』を邦題が『エンテベ空港の7日間』と決定し、2019年10月より、TOHOシネマズ シャンテほかで全国順次公開されます。

スポンサーリンク

映画『エンテベ空港の7日間』とは

本作品『エンテベ空港の7日間』のストーリーは、実際の事件を基に3度も映画化されたハイジャックの裏側を描くポリティカル・ヒューマン・サスペンス

実際に起きたハイジャック事件と、イスラエル国防軍による“奇跡の救出劇”「エンテベ空港奇襲作戦(=サンダーボルト作戦)」。

なぜ作戦はまれにみる成功を収めたのか?

これまで「サンダーボルト救出作戦」「特攻サンダーボルト救出作戦」「エンテベの勝利」と3度も映画化されました。

しかし、近年の最新の研究によって、ハイジャック事件の新事実が明らかになったことを盛り込んだ、検証に即した意欲作です。

本作の演出を務めたのが、ベルリン映画祭金熊賞受賞の『エリート・スクワッド』で知られるジョゼ・パジーリャ

そのほかにも『ロボコップ』やNetflix『ナルコス』など制作にしており、社会派の映画監督として高評価を受けています。

参考映像:ジョゼ・パジーリャ監督作品『エリート・スクワッド』(2007)

才気あふれるジョゼ監督ならでは独自の演出で、ハイジャック犯目線の要素を取り入れる再現を見せてくれます。

またハイジャック犯を演じるのは、出演作の絶えない『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクと『ラッシュ/プライドと友情』のダニエル・ブリュール。

そのほか、エディ・マーサン、リオル・アシュケナージなどが脇を固め、実力派キャストらが岐路に立たされた人物を見事に演じた政治群像劇をここに誕生させています。

映画『エンテベ空港の7日間』の作品情報

【日本公開】
2019年(アメリカ・イギリス合作映画)

【原題】
Entebbe

【監督】
ジョゼ・パジーリャ

【キャスト】
ロザムンド・パイク、ダニエル・ブリュール、エディ・マーサン、リオル・アシュケナージ、ドゥニ・メノーシェ

【作品概要】
これまでに『エンテベの勝利』『特攻サンダーボルト作戦』『サンダーボルト救出作戦』と、3度映画化されたハイジャック事件を、ベルリン映画祭金熊賞を受賞したジョゼ・パジーリャ監督が映画化した政治群像劇。

新たに検証されたハイジャック犯の要素や新事実などを盛り込んで描き、『ラッシュ プライドと友情』のダニエル・ブリュールと、『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクが共演しています。

スポンサーリンク

映画『エンテベ空港の7日間』のあらすじ

1976年。イスラエル・テルアビブ発パリ行きのエールフランス機が乗っ取られます。

ハイジャック犯は、500万ドルと50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求しました。

多数の自国民を人質にとられたイスラエル首相は、交渉の道を探りつつも態度を保留します。

交渉に反対する国防大臣は、士官らと秘密裏に人質奪還計画を練っていくのだが…。

まとめ

本作品『エンテベ空港の7日間』は、歴史的なハイジャック事件と、奇跡の人質救出作戦を映画化。

これまで3度にわたり映画になった史実の事件を、ジョゼ・パジーリャ監督が、新たにハイジャック犯の目線で描いた野心作です。

人気と実力を持ったキャストのロザムンド・パイクとダニエル・ブリュール共演も要注目です。

映画『エンテベ空港の7日間』は、2019年10月より、TOHOシネマズ シャンテほかで全国順次公開

関連記事

新作映画ニュース

映画『ねばぎば 新世界』あらすじ/キャスト。赤井英和と上西雄大W主演作がニース国際映画祭にてグランプリ受賞!

主演:赤井英和・上西雄大『ひとくず』×監督:上西雄大 2020年6月現在上映中断中で、秋に公開再開を目指す、数々の映画祭で受賞し注目されている映画『ひとくず』。 (c)「ねばぎば 新世界」製作委員会 …

新作映画ニュース

映画『毒戦BELIEVER』とジョニートーのドラッグ・ウォーが10月3日シネマート新宿にて連続上映イベント開催!

『新しき世界』を超え、観客500万人突破の新たなる傑作ノワール。 いよいよ2019年10月4日(金)より公開となります、観客動員数500万人を突破した大ヒットノワール『毒戦 BELIEVER』。 この …

新作映画ニュース

ディーピカがインド映画でダンスを披露!『パドマーワト女神の誕生』予告編と場面写真解禁

インド映画史を塗り替えるめくるめく映像美 ©Viacom 18 Motion Pictures ©Bhansali Productions 16世紀に生み出されたインド古来の伝記を、インド映画史上最大 …

新作映画ニュース

【2019年9月13日〜14日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」で掲載 …

新作映画ニュース

映画『燕 Yan』あらすじ/キャスト/公開日。水間ロンと山中崇が中国語で演技力を披露!

若きトップカメラマン今村圭佑、映画長編監督デビュー作。 第19回高雄映画祭に正式出品され、第15回大阪アジアン映画祭にて日本初上映された映画『燕 Yan』(読み:つばめ イエン)。 (C)2019「燕 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP