Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/09/25
Update

映画『毒戦BELIEVER』とジョニートーのドラッグ・ウォーが10月3日シネマート新宿にて連続上映イベント開催!

  • Writer :
  • 石井夏子

『新しき世界』を超え、観客500万人突破の新たなる傑作ノワール。

いよいよ2019年10月4日(金)より公開となります、観客動員数500万人を突破した大ヒットノワール『毒戦 BELIEVER』

この度公開前日である10月3日に“毒戦前夜祭”として、韓国版『毒戦 BELIEVER』と本作のオリジナルであるジョニー・トー監督作『ドラッグ・ウォー 毒戦』との2作連続上映が
決定
しました。

当日は、映画ライターのよしひろまさみち氏によるトークイベントも実施、2作品それぞれの魅力を一気に堪能できるファン垂涎の一夜限りのスペシャル上映となります!

スポンサーリンク

映画『毒戦 BELIEVER』とは?

画像:『ドラッグ・ウォー 毒戦』(2012)

(c)2012 Beijing Hairun Pictures Co., Ltd. All Rights Reserved.

本作『毒戦 BELIEVER』のオリジナルは、『エグザイル/絆』(2006)、『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』(2009)など数々の傑作を生みだし、香港ノワールの名手として知られる巨匠ジョニー・トー監督作『ドラッグ・ウォー 毒戦』(2012)。

その破壊力全開な銃撃戦と息もできない至近距離戦による重厚なアクションは受け継ぎつつも、裏社会に生きる男たちのドラマはより情感を増し、映像はスタイリッシュに進化

全く新たな傑作サスペンスが誕生しました。

“毒戦前夜祭”について

(c)2012 Beijing Hairun Pictures Co., Ltd. All Rights Reserved.(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 

本作『毒戦 BELIEVER』の公開が解禁をされるやいなや、「韓国版毒戦を見る前にドラッグ・ウォーを見て予習しなきゃ」「2本同時に見てみたい!」など、2作続けての観賞の期待が高まっていました。

この度ファンの熱い声に応え、廃盤となり観賞が困難になっていた『ドラッグ・ウォー 毒戦』と奇跡のコラボが決定

韓国版と香港版毒戦の2作連続上映が実現しました。

また、10月3日の上映時には「オリジナル版と連続観賞したくなるクライムサスペンスの傑作」と本作にコメントを寄せていた、映画ライターのよしひろまさみちによるスペシャルトークショーも決定し、さらに、来場者にはここでしか手に入らないプレゼントももらえるそう。

全く違う魅力を放つ傑作2本を続けてスクリーンで観られる、またとない貴重なチャンスにぜひ足を運んではいかがでしょうか。

スポンサーリンク

“毒戦前夜祭”概要

(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 

【日時】
10月3日(木)18:30 開演(22:59終了予定)

【プログラム】
18:30 『ドラッグ・ウォー 毒戦』上映
20:20 スペシャルトークショー(予定ゲスト:よしひろまさみち)
20:40 休憩
20:55 『毒戦 BELIEVER』上映
22:59 終了予定

【場所】
シネマート新宿

【料金】
2,800円均一(税込)

【チケット販売】
9月26日(木)0:00よりシネマート新宿オンラインチケット予約サービスにて、9:15より劇場窓口にて販売開始。

※詳細につきましては劇場までお問い合わせください。

映画『毒戦 BELIEVER』の本編映像

本作で麻薬取締官〈通称マトリ〉のウォノ刑事を演じるチョ・ジヌンと、麻薬組織から捨てられた青年・ラクを演じたリュ・ジュンヨルが初めて出逢う、緊張感あふれる本編映像をご紹介します。

本編映像は、工場の爆破により犠牲となった母親の遺体の傍らに佇むラクの姿を見かけたウォノ刑事が、取調室で尋問を始めるシーンが展開。

「母親の所持品も見ようとみせず、黙ったまま」のラクに対し、麻薬王“イ先生”への手がかりになりうるかもしれないと、ウォノ刑事はときに親しげに、ときに声を荒げ、詰め
寄ろうとしますが、ラクは終始無言。

しかしウォノ刑事のある一言によってラクの表情が変わっていき…。

(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 

このあと手を組み、大胆かつ危険極まりない筋書きによる組織への潜入捜査を通して、ある意味“運命共同体”となっていく二人の、緊張感あふれる最初の対峙の瞬間に思わず引き込まれる場面です。

本作のオリジナルであるジョニー・トー監督作『ドラッグ・ウォー 毒戦』(2012)でも取調室のシーンは色々ありますが、本作ではまた趣きがかなり違っています。

二人の出逢いの場面から独特の空気感が漂い、観客を一気にその世界に誘ってくれますね。

そしてチョ・ジヌンとリュ・ジュンヨルという、現在の韓国映画界において引く手あまたの実力派俳優ふたりが演じるウォノ刑事とラクがこのあとどういう運命を辿るのか…ぜひその行方を劇場のスクリーンで確かめてください。

スポンサーリンク

映画『毒戦 BELIEVER』の作品情報

(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 

【日本公開】
2019年(韓国映画)

【原題】
Believer

【監督】
イ・ヘヨン

【脚本】
チョン・ソギョン

【字幕翻訳】
根本理恵

【キャスト】
チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、キム・ジュヒョク、チャ・スンウォン、パク・ヘジュン

【作品概要】
2012年製作のジョニー・トー監督作『ドラッグ・ウォー 毒戦』を、『お嬢さん』(2016)の脚本家チョン・ソギュンによる大胆な脚色でリメイクし、韓国で大ヒットを記録したノワールサスペンス。

キャストには『お嬢さん』(2016)のチョ・ジヌン、『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2017)のリュ・ジョンヨル、『ハイヒールの男』(2014)のチャ・スンウォンら豪華俳優陣が集結。

本作が遺作となったキム・ジュヒョクは、第39回青龍映画賞と第55回大鐘賞映画祭で助演男優賞を受賞しました。

監督は『京城学校:消えた少女たち』(2015)のイ・ヘヨンです。

映画『毒戦 BELIEVER』のあらすじ

(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 

巨大麻薬組織に君臨し、その悪名を轟かせているにも関わらず、誰ひとり本名も経歴も、顔さえ知らない麻薬王“イ先生”。

麻薬取締局のウォンホ刑事(チョ・ジヌン)は、組織壊滅のため長年イ先生を追っていますが、いまだにその尻尾すら掴めません。

ある日、麻薬製造工場が爆破され、事故現場から一人の生存者(リュ・ジュンヨル)が発見されます。

その、ラクと名乗る、組織に見捨てられた青年と手を組み、ウォンホ刑事は大胆かつ危険極まりない筋書きによる、組織への潜入捜査を決意。

そこは麻薬に魅入られた狂人たちの巣窟で…。

まとめ

(c)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved. 

本作の監督イ・ヘヨンは「原作がハードボイルドの権化みたいな感じだとすれば、私はハードボイルドな土台の上にウェットさを加えたかった。あるシーケンスでは湿度を上げてもっとベタベタと粘ついた感じで、別のシーケンスでは湿度を上げて情緒に満ちてしっとりした感性で」と振りかえっています。

映画『毒戦BELIEVER』は2019年10月4日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー、『毒戦 BELIEVER』とオリジナルであるジョニー・トー監督作『ドラッグ・ウォー 毒戦』との2作連続上映“毒戦前夜祭”は10月3日(木)にシネマート新宿にて開催です。

ぜひお運びください。



関連記事

新作映画ニュース

【2019年10月11日〜12日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 すこしだけツウ好みな映画WEBマガジン「Cinemarche」 映画『WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス』主演の藤田恵名さん(C)Cinemarche 映画 …

新作映画ニュース

森田健作と島田陽子が映画『砂の器』の思い出を振り返る【シネマ・コンサート2019】

森田健作×島田陽子44年ぶりの再会 ©1974・2005 松竹株式会社/橋本プロダクション 2017年8月に東京で初演されて以来、2018年4月、同年9月と公演が行われてきた映画『砂の器』シネマ・コン …

新作映画ニュース

映画『インフル病みのペトロフ家』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。カンヌを驚愕と喝采の渦に巻き込んだキリル・セレブレンニコフ監督の衝撃作品

鬼才キリル・セレブレンニコフ監督が描く迷宮のような最新作 『LETO-レト-』(2018)で知られるロシア演劇界の鬼才にして気鋭の映画作家キリル・セレブレンニコフ監督が、大ベストセラー小説を原作に描き …

新作映画ニュース

劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』あらすじ/声優キャスト/公開日/予告動画。映画で炭治郎の新たな任務が始まる!

劇場版『鬼滅の刃』無限列車編は10月16日(金)公開決定。 劇場版キービジュアル&予告編第1弾も一挙解禁! 『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載中の吾峠呼世晴による、シリーズ累計発行部数4000万 …

新作映画ニュース

【映画(2020)の予告動画】新作おすすめサスペンス『ルース・エドガー』をケルヴィン・ハリソン・Jr.を主演で描く!

誰からも称賛される17歳の高校生ルース 彼は“完璧な優等生”か、それとも“恐ろしい怪物”なのか 注目の次世代スター・ケルヴィン・ハリソン・Jr.を主演に迎え、ナオミ・ワッツ×オクタヴィア・スペンサー× …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学