Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2019/04/26
Update

映画『Dinerダイナー』キャストのマテバ役は小栗旬。演技力の評価とプロフィール

  • Writer :
  • YUMIKO

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。

原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教会大賞及び第13回大藪春彦生を受賞した作品です。

監督を務めるのは、世界的写真家である蜷川実花。『さくらん』、社会現象にもなった作品『ヘルタースケルター』に続く、待望の第3作目となります

主演は演劇界きっての実力派俳優、『デスノート』『22年目の告白-私が犯人です-』の藤原竜也。

故・名演出家の蜷川幸雄のまな弟子として活躍してきた藤原竜也と、娘の蜷川実花がどんなコラボレーションみせるのかに、大きな期待が寄せられています。

共演者には、窪田正孝、斎藤工、佐藤江梨子、小栗旬、土屋アンナなど豪華俳優たち。

この記事では、殺し屋#07のマテバ役を演じる小栗旬について詳しくお伝えしていきます。

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』の作品情報


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
平山夢明『DINER ダイナー』(ポプラ社)

【監督】
蜷川実花

【キャスト】
藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二、玉城ティナ

【作品概要】

一人ぼっちで人生どん底に陥った女性が、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出してしまい、とあるダイナーにウェイトレスとして売られる物語。

要塞のような鉄扉の奥にある、強烈な色彩美を放つ店の店主は、元殺し屋で天才シェフ。

そこは殺し屋専用のダイナーで、皿の置き方ひとつで消されることもあるような場所でした。

次々と凶悪な殺し屋たちが現れ、緊張感あふれるサスペンス劇が繰り広げられます。

出演者に名を連ねるのは、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華実力派俳優陣。

女性から絶大な人気を誇る、『さくらん』『ヘルタースケルター』を生み出した蜷川実花の監督作品です。

映画『Diner ダイナー』のあらすじ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

一人ぼっちで人生のどん底にいたオオバカナコは、ほんの出来心から怪しいバイトに手を出していしまいます。

一瞬で普通の生活から転落してしまった彼女は、とあるダイナーのウェイトレスとして売られることに。

そこは要塞のような分厚い鉄の扉の奥にある、強烈にカラフルな店でした。

店主の名はボンベロ。元殺し屋の天才シェフです。

「ここは、殺し屋専用のダイナー<食堂>だ。皿の置き方一つで消されることもある」

次々に訪れるのは、凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の世界に、カナコは放り込まれたのでした。

一瞬たりとも目が離せない展開へと物語は加速していき…。

スポンサーリンク

映画『Diner ダイナー』マテバ役は小栗旬

参考映像:『クローズZERO Ⅱ』(2009)

映画『Diner ダイナー』でマテバ役を演じる小栗旬は1982年12月26日生まれ。東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属。

父は舞台監督の小栗哲家、兄は俳優の小栗了という演劇一家。妻はモデル・女優の山田優。

小学6年生の時にオーディションに応募し合格。

1998年ドラマ『GTO』で連続ドラマ初レギュラー出演。

2003年蜷川幸雄作品に初出演し、以来蜷川作品の常連となります。2006年『タイタス・アンドロニカス』に出演。イギリスのロイヤル・シェイクスピア・シアターでも公演。

『名探偵コナン10周年ドラマスペシャル「工藤新一への挑戦状~さよならまでの序章(プロローグ)~』で単発ドラマ初主演。

2007年ドラマ『花より男子2 リターンズ』でブレイク。さらに『花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~』で更に人気が沸騰。

映画『キサラギ』『クローズZERO』シリーズ、『銀魂』シリーズなどが大ヒット。

NHK大河ドラマ『天地人』『八重の桜』『西郷どん』、ドラマ『リッチマン・プアウーマン』『信長協奏曲』『ウロボロス~この愛こそ、正義。』など数多くの作品に出演。

『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』では第81回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』では第8回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞。

本格的アクションもこなす、名実共にトップクラスの俳優です。

2020年にはハリウッド映画『ゴジラVSコング(仮)』でハリウッドデビューが決まっています。

映画『Diner ダイナー』マテバはどんな役?


マテバは#07の殺し屋。殺し屋専門のダイナーの客の一人です。

金髪でロン毛の容姿端麗。頭脳明晰なキャラクター。

自身の容姿に違わず、美しいものを好みます。特に好むのは美しい昆虫。

しかしその愛し方は常軌を逸しており…。

スポンサーリンク

小栗旬の演技力の評価は

参考映像:『銀魂』(2017)

子役時代から実力を培ってきた人気俳優・小栗旬。

1996年にはNHK大河『秀吉』で石田三成の少年期で、堂々とした演技をみせています。

故・蜷川幸雄にも愛されしごかれ演技を磨き、今ではすさまじいまでの演技力を持つ俳優として知られます。

刑事役、不良役、御曹司役、セレブ社長役、武将役…見事なカメレオンぶりで、様々な役に変化。

シリアスものもコメディも何でもこなし、大ヒットに導いています。

本格的なアクションでも知られ、刑事ドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』では第81回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を、『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』では第8回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞。

役作りはストイック。映画『ミュージアム』で猟奇殺人鬼においつめられる刑事役を演じる際、クリスマスシーズンの幸せな空気に触れないために、ホテルと撮影所の往復だけで一切外出しなかったといいます。

『信長協奏曲』では、現代人の青年サブローと織田信長の一人二役を演じ分け、大きな反響を呼びました。

本作『Diner ダイナー』は、恩師・蜷川幸雄の娘・蜷川実花とのコラボレーションということでも注目を集めています。

いかれた美意識を持つマテバをどんな刺激的な演技でみせるのか見逃せません。

小栗旬の公式SNSの紹介

残念ながら小栗旬の公式SNSはみつけられませんでした。

まとめ


(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

映像化は不能と言われていた衝撃的な小説を実写化した、未体験サスペンス映画『Diner ダイナー』。

キャストには、藤原竜也、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二といった、若手からベテランまで、実力ある人気俳優たちが集結。

世界的フォトグラファーで独特の美的センスを持つ蜷川実花監督が、その才能を大きく更に開花させた本作。公開を前に期待が大きく高まっています。

人気・実力を兼ね備えた、蜷川幸雄の愛弟子・小栗旬が演じるのは、美意識高いサイコな金髪殺し屋のマテバ。蜷川実花との化学反応に大きな期待が寄せられています。

ノンストップ極彩色サスペンス作品『Diner ダイナー』は2019年7月5日より全国ロードショーです。



関連記事

新作映画ニュース

映画『僕に、会いたかった』2枚でTAKAHIROになるティザービジュアル!板垣瑞生らキャスト写真も解禁

「EXILE」TAKAHIRO主演『僕に、会いたかった』 日本の音楽シーンをリードするダンス&ボーカルグループ「EXILE」。 そのヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKA …

新作映画ニュース

佐藤浩市や江口洋介らが映画『一度も撃ってません』追加キャストに!公開日は2020年7月3日(金)と決定し予告編も解禁

笑ってぐっとくる! おすすめ映画ナンバーワン! 石橋蓮司、大楠道代、岸部一徳、桃井かおり出演による阪本順治監督作映画『一度も撃ってません』。 (C)2019「一度も撃ってません」フィルムパートナーズ …

新作映画ニュース

谷川俊太郎がイゾール・ミュルトリエを絶賛!映画『アマンダと僕』公開日と予告編・本ビジュアル解禁

映画『アマンダと僕』公開日は2019年6月22日(土)! © 2018 NORD-OUEST FILMS – ARTE FRANCE CINÉMA 第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジッ …

新作映画ニュース

映画『いちごの唄』キャストの笹沢コウタ役は古舘佑太郎。演技力の評価とプロフィール

映画『いちごの唄』は2019年7月5日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家の岡田惠和と「銀杏BOYZ」の峯田和伸が紡ぐ、青春と恋の物語『いちごの …

新作映画ニュース

映画『アマンダと僕』上映館は2019年6月公開シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次に決定

第75回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門でマジックランタン賞を受賞し、第31回東京国際映画祭東京グランプリ&最優秀脚本賞のW受賞に輝いた映画『AMANDA』(原題)。 日本公開に向けて邦題を『アマ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP