Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/02/08
Update

映画『AKIRA』4Kリマスター版で劇場上映!大友克洋作品が池袋グランドシネマサンシャインにて3月14日に蘇る【TAAF2020】

  • Writer :
  • 石井夏子

東京アニメアワードフェスティバル2020オープニング作品
大友克洋監督『AKIRA』4Kリマスターの初上映が決定。

2020年3月13日(金)~16日(月) に開催される国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」。


(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

本年度のTAAF2020のオープニングを飾る作品として、大友克洋監督の『AKIRA』4Kリマスター版の上映が決定しました。

作品で描かれた記念すべき東京オリンピックイヤーに4Kリマスターで再臨する『AKIRA』4Kリマスター版。

4Kリマスターが大スクリーン&5.1chでお披露目されます。SFアニメの金字塔を最高峰の高画質&高音質で楽しみましょう。

スポンサーリンク

映画『AKIRA』4Kリマスター版について

参考動画:『AKIRA』4Kリマスター版ブルーレイディスク発売告知

時代がようやく追いついたー。

原作者・大友克洋自身が監督をつとめ、世界的大ヒットとなった1988年完成の劇場アニメーション『AKIRA』

公開から30年以上の時を経た2019年。奇しくも作品の舞台となった年に、『AKIRA』が4Kスキャン&4Kリマスター&HDR化、音楽監督 山城祥二による5.1ch音源のリマスターも実施し、全く新しい音源となって蘇りました。

この記念すべき『AKIRA』4Kリマスター版が、TAAF2020のオープニング作品として、劇場にて初上映されます。

上映後には、当時本作で原画を務めた人気アニメーター井上俊之、沖浦啓之を迎え、本作の新たな魅力に迫るトークショーも実施決定しました。

映画『AKIRA』4Kリマスター版上映情報

(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

【上映日時】
2020年3月14日(土)11:00~13:30

【会場】
グランドシネマサンシャイン
東京都豊島区東池袋1丁目30ー3 キュープラザ池袋 4F

【料金】
大人・学生以下共通:1,500円
※当日券は200円増し
※チケットは2月8日(土)正午より販売開始

【トークショーゲスト】
井上俊之(アニメーター)、沖浦啓之(演出・アニメーター)

※詳細は、TAAF公式ホームページをご覧下さい。

スポンサーリンク

映画『AKIRA』の作品情報


(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

【製作】
1988年(日本映画)

【原作】
大友克洋『AKIRA』(講談社・ヤングマガジン)

【監督・キャラクターデザイン】
大友克洋

【脚本】
大友克洋、橋本以蔵

【作曲・指揮】
山城祥二

【作画監督】
なかむらたかし

【声のキャスト】
岩田光央、佐々木望、小山茉美、石田太郎、玄田哲章、鈴木瑞穂、中村龍彦、伊藤福恵、神藤一弘

映画『AKIRA』のあらすじ


(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

翌年にオリンピック開催を控えている、2019年のネオ東京が舞台。

1988年7月、関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発しました。

そして31年後、東京湾上に構築されたメガロポリス=ネオ東京は、翌年にオリン ピック開催を控え、かつての繁栄を取り戻しつつあります。

2019年のある夜、ネオ東京郊外の閉鎖された高速道路を暴走するバイクの一団が。

一団は無人のはずの路上で掌に26と番号を記された奇妙な小男と遭遇し…。

スポンサーリンク

「東京アニメアワードフェスティバル 2020」開催概要

2020年で7回目の開催となる東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、2002年に「東京国際アニメフェア」の一環として行われた「東京アニメアワード」を独立・発展させた国際アニメーション映画祭です。

【日程】
2020年3月13日(金)~16日(月)

【会場】
東京・池袋

【主催】
東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会

【共催】
東京都

【事務局】
東京アニメアワードフェスティバル実行委員会事務局(一般社団法人日本動画協会内)

まとめ

(C)1988マッシュルーム/アキラ製作委員会

『AKIRA』は、ヤングマガジン(講談社)にて1982年12月より連載が開始されました。

その独創的な世界観を持ったコミックは、国内はもちろん海外にまでその名を広め、書籍・キャラクターグッズ等、驚異的な数字を記録し、世界的なセールスに成功したマンガ史に残る傑作のひとつです。

その原作者・大友克洋氏自らが監督を務め、製作期間3年、総制作費は10億円という、当時の通常のアニメーションでは考えられないほどの時間と労力、そして最高のアニメーション技法を惜しげもなく費やし、1988年に世界的劇場アニメーション『AKIRA』が誕生しました。

この度、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020」のオープニング作品として、4Kリマスター版の劇場上映が決定。
 
壮大なSFアニメであると同時に、熱いヒューマン・ドラマでもある映画『AKIRA』4Kリマスター版の上映は2020年3月14日(土)11:00~13:30の一回限りです。

ぜひ劇場で高画質・高音質の『AKIRA』をご堪能ください。


関連記事

新作映画ニュース

映画『君は永遠にそいつらより若い』あらすじ/上映館。佐久間由衣×奈緒の対談動画が解禁︕

芥川賞作家・津村記久子作品初の映画化。 芥川賞作家・津村記久子のデビュー作にして第21回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い』 が実写映画化され、2021年秋にテアトル新宿ほか全国順次公 …

新作映画ニュース

韓国映画『ブリング・ミー・ホーム』あらすじ。キャストのイ・ヨンエ14年ぶりのスクリーン復帰作!

『親切なクムジャさん』のイ・ヨンエが14年ぶりにスクリーン復帰。 このたび、『親切なクムジャさん』(パク・チャヌク監督/2005)以来、14年ぶりのスクリーン復帰を果たしたイ・ヨンエの主演作『ブリング …

新作映画ニュース

【2019年12月6日〜7日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 (C)Cinemarche 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマ …

新作映画ニュース

東京国際映画祭2018のおすすめ厳選5作品。あらすじと登壇ゲストの日程紹介も

いよいよ開幕が迫ってきた、第31回東京国際映画祭。チケット販売開始と同時に完売の作品も続出しました。 この記事では、コンペティション部門に選出された16本の作品から気になる海外映画5作を取り上げてご紹 …

新作映画ニュース

映画『コントラ』が大林宣彦監督の名を冠した大林賞受賞。ジャパン・カッツ2020にてアンシュル・チョウハン監督がまたしても快挙!

ネクストジェネレーション・コンペティション部門の大林賞受賞作品決定。 アンシュル・チョウハン監督、劇場公開第二作目の『コントラ』に栄冠! ジャパン・ソサエティー(JS)映画部が主催する北米最大の日本映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学