Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/07/30
Update

映画『ホモ・サピエンスの涙』あらすじ/キャスト/日本公開日/上映館。ロイ・アンダーソン新作の最優秀監督賞作品とは?

  • Writer :
  • 大塚まき

映像の魔術師が、この時代を生きる全人類ホモ・サピエンスに贈る、
愛と希望を込めた映像詩。

アリ・アスター、イニャリトゥ、アロノフスキーら名匠たちが敬愛する、奇才ロイ・アンダーソン監督5年ぶりの最新作『ABOUT ENDLESSNESS』(英題)。


(c)Studio 24

第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作「ABOUT ENDLESSNESS(英題)」が、『ホモ・サピエンスの涙』の邦題で、2020年11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館にて公開することが決定しました。

スポンサーリンク

ロイ・アンダーソン監督について

参考動画:『さよなら、人類』(2014)

ロイ・アンダーソン監督は、前作『さよなら、人類』(2014)で、第71回ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞(グランプリ)に輝き、さらに5年ぶりとなる最新作『ホモ・サピエンスの涙』でも同映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞という快挙を成し遂げました。

CG全盛のこの時代にCGはほぼ使わず、野外撮影ではなく巨大なスタジオにセットを組み、模型や手描きのマットペイント(背景画)を多用するという、アナログにこだわった手法で傑作を生みだし続けてきました。

動く絵画のような唯一無二の映像美と、独特のユーモアが散りばめられた哲学的な世界観が絶賛され、『散歩する惑星』(2000)、『愛おしき隣人』(2007)、『さよなら、人類』(2014)とカンヌやヴェネチアなど各国の映画祭で受賞を重ねてきました。

映画ファンを熱狂させてきただけでなく、アリ・アスター(『ミッドサマー』)、アレハンドロ・G・イニャリトゥ(『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、ダーレン・アロノフスキー(『ブラック・スワン』)など名だたる映画監督たちも、敬愛する監督にロイ・アンダーソンの名を挙げています。

映画『ホモ・サピエンスの涙』について

第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した『ホモ・サピエンスの涙』。

本作で描かれるのは、時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇です。

映像の魔術師ロイ・アンダーソン監督が構図・色彩・美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーンすべてをワンシーンワンカットで撮影しました。

圧倒の映像美にのせて「千夜一夜物語」の語り手シェヘラザードを彷彿とさせるナレーションが物語へと誘います。

映像の魔術師が、この時代を生きる全人類ホモ・サピエンスに贈る愛と希望を込めた映像詩に目が離せません。

スポンサーリンク

映画『ホモ・サピエンスの涙』の作品情報

【日本公開】
2020年(スウェーデン・ドイツ・ノルウェー合作映画)

【原題】
OM DET OÄNDLIGA

【監督・脚本】
ロイ・アンダーソン

【キャスト】
マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム

映画『ホモ・サピエンスの涙』のあらすじ

この世に絶望し、信じるものを失った牧師。

戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップルの悲しみは永遠のように感じられますが、長くは続きません。

これから愛に出会う青年。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャー…。

幸せはほんの一瞬でも、永遠に心に残り続けます。

スポンサーリンク

まとめ

人類には愛がある、希望がある。だから、悲劇に負けずに生きていける。

この悲しみと喜びを繰り返してきた不器用で愛おしい人類の姿を万華鏡のように映し出した本作を、「観た誰もが、この映画を愛おしく思うだろう」、「精巧で完璧!この映画は、人類の<幸福のための闘い>について描いた、悲劇的な絵画の集合体だ」と海外メディアも絶賛しています。

この時代を生きる全人類“ホモ・サピエンス”が観るべき傑作が、遂に日本に上陸します。

映画『ホモ・サピエンスの涙』は、2020年11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館にてロードショーです。

関連記事

新作映画ニュース

映画『バイオレンス・ボイジャー』あらすじとキャスト。宇治茶監督のアニメを超えた劇メーション逆輸入

全世界がガクブル((((;゚Д゚)))) 世界各国の映画祭から招待され、「この映画は、挑発的で良い意味で気味が悪い!」「名作カルトとなるべき運命の映画です」。 また「もっとも狂気的でオリジナリティあふ …

新作映画ニュース

『ばるぼら』配信上映会開催!手塚眞とクリストファー・ドイルが映画撮影秘話を暴露する!?

稲垣吾郎&二階堂ふみW主演映画『ばるぼら』 手塚眞監督、クリストファー・ドイル 豪華生出演! トーク付き配信上映会の開催決定。 1970年代に連載されていた手塚治虫の“問題作”を、実子である手塚眞が監 …

新作映画ニュース

映画『クシナ』キャストの郁美カデール。女優プロフィールと演技力評価

秘密の共同体の崩れていく日常と、試される母娘の愛を描いた映画『クシナ』キャスト紹介 女だけが暮らす男子禁制の山奥の集落を舞台に、速水萌巴(もえ)監督自身の過去の体験に根ざした母と娘の物語を描いた映画『 …

新作映画ニュース

ミミ・レダー監督が映画への想いを語る。『ビリーブ 未来への大逆転』インタビュー映像解禁

ミミ・レダーが監督オファーに身震い 2019年3月22日(金)にOHOシネマズ日比谷ほか全国公開される映画『ビリーブ 未来への大逆転』。 本作で描かれるのは、85歳の今なお、現役の米最高裁判事として活 …

新作映画ニュース

映画『Dinerダイナー』キャストの無礼図役は真矢ミキ。演技力の評価とプロフィール

店主も客も、全員殺し屋の<ダイナー(食堂)>を舞台に繰り広げられる衝撃のサスペンス映画『Diner ダイナー』が2019年7月5日に公開されます。 原作は平山夢明による人気小説。第28回日本冒険小説教 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学