Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

【映画ライター育成講座:6月開講】感想・解説記事の書き方を実践によって「みる・まなぶ・かく」

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

映画ライター育成講座「KAWAI塾」

Cinemarcheでは「映画ライターの育成講座:KAWAI塾」を開設!

現在、2020年6月からの開講に向けて第1期受講生を募集中です。

本講座の受講は、Cinemarcheのオンラインサロンへ加入していただくことが条件に含まれています。

そのサロン内にて、すでに当サイトで日々記事を執筆中のシネマダイバー(映画ライター)との交流を交えつつ、6ヶ月間で映画ライターとしての基本を編集部スタッフから学んでいくカリキュラムとなっています。

そして2020年6月から受講を開始する第1期生を、限定15名にて募集します。

スポンサーリンク

憧れだけでなく「映画ライター」になりませんか?

Cinemarche編集長 出町光識

本講座は、Cinemarche編集部スタッフおよび外部講師の指導によって、映画ライターになるための心得を学び、今後の映画ライターとしての活躍を目指す講座です。

これまで「Cinemarche」は、“映画サイト”として国内外の映画界を見つめてきました。その中で、「あまりにも絶え間なく変化し続ける世界、ひいては映画界と対峙できる“まなざし”をより多く育成してゆく必要がある」という“再”認識に至りました。

また現在は、個人によるメディア発信の力が拡大し、だれもがメディアの担い手となれる時代でもあります。あなた自身が「ライターになりたい」「鑑賞した映画について自らの感想・解説を書き、人々に伝え続けたい」という明確なビジョンを持ち続けることさえできたら、はじめは素人であっても、だれもが“映画ライター”になることが可能なのです。

そして、Cinemarcheのこのようなコンセプトに賛同していただける受講生を、2020年6月からの開講に向け、限定15名で募集いたします。

「映画の感想・解説を“映画ライター”として書いてみたい」「映画についてのコラムやエッセイを書いてみたい」と現在悩んでいるのであれば、ぜひオンラインサロンへ加入し本講座の受講をされることをお薦めいたします。

その決断と行動は、“現在”のご自身にしかできないはずです。

映画ライター育成講座「KAWAI塾」に関する質問はこちらから

返信に3〜4日営業日のお時間をいただくことがあります

*こちらの講座を受講するにあたり、オンラインポータルサイト「IDOBATA」内に設置された、Cinemarcheの「VIPオンラインサロン」への加入が条件になります
Cinemarcheのオンラインサロンはコチラから→

映画ライター育成講座「KAWAI塾」とは?

Cinemarche副編集長 河合のび

Cinemarche副編集長であり、本講座の塾長でもある河合のびによる実践的な指導。さらには編集部スタッフによるサポートに基づき、6ヶ月という期間にて映画ライターの基本を学んでいただきます。

映画ライターとして不可欠な3要素でもある、

・より良い映画鑑賞のアドバイス

・映画レビュー記事作成のハウツー

・実践を交えたインタビュー/映画祭取材

をおさえた学びによって、本講座の受講終了後も即戦力として活躍できる映画ライター育成を目指します。

本講座はオンラインでの講習を中心とし、ブログ記事作成ツール「WordPress」等による記事作成、そして「ChatWork」等のチャットツール/動画内コーチングを通じて、河合のび塾長と編集部スタッフによる映画レビュー記事の添削指導を行います。

またオフライン講習では、実際の映画祭やインタビュー取材の現場も体験可能。オンライン・オフラインともに“実践”を重視するカリキュラムとなっています。

こちらの講座を受講するにあたり、オンラインポータルサイト「IDOBATA」内に設置された、Cinemarcheの「VIPオンラインサロン」への加入が条件になります

Cinemarcheのオンラインサロンはコチラから→

また、今ならサロン入会時から最大31日間、無料0円体験キャンペーン中です。6月が本格的にスタート開講ですが、今から受講に前向きな方は、少しでも先にカリキュラムを進めてみることを推奨いたします。

《塾長:河合のびプロフィール》

静岡県浜松市出身、日本映画大学理論コース卒業。大学卒業後にCinemarche編集部へ加入、2019年まで編集部チーフとして活躍。近年では映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』ビー・ガン監督らにインタビューを行ったほか、東京国際映画祭や東京フィルメックスなどの映画祭・イベント取材も行う。

柔道初段のシニン(詩人)でもあり、2020年には自費出版となる詩集『・』を刊行予定。

【主な映画監督インタビュー】
中川龍太郎監督森達也監督深田晃司監督今泉力哉監督など。

【Cinemarche連載コラム】
シニンは映画に生かされて

Cinemarcheのオンラインサロンはコチラから→

スポンサーリンク

講座カリキュラムの内容

「6月講習:映画の鑑賞方法を学ぶ(オンライン)」

動画配信サイト「U-NEXT」にて過去作映画を鑑賞。試しに1500字程度のレビュー記事を「Microsoft Word」「Pages」等の文章作成ツールで執筆してみよう。

*動画配信にて、Cinemarcheで活躍するシネマダイバーたちによる「映画ライターとしての心得」を学ぶことができます。

「7月講習:“動体視力/聴力”を知る(オンライン)」

劇場公開にて鑑賞した新作映画の感想・解説を、2000文字程度のレビュー記事として執筆してみよう。

*スカイプまたはライン動画にて、河合副編集長による「実践的鑑賞法のススメ」を学ぶことができます。

*受講生を集めてのオフ会も開催。Cinemarcheで活躍するシネマダイバーたちから記事執筆ひいては映画に関するよりディープなお話を聞くことができます。

「8月講習:ライターとしての講習(オフ&オンライン)」

編集部スタッフとともに、劇場公開の新作映画を一回だけ鑑賞。編集部スタッフから“実践的”な映画鑑賞について指導を受けたのちに、3000文字程度のレビュー記事にまとめてみる。さらに、映画ライターの仕事で実際に使用されているブログ記事作成ツール「WordPress」で記事を執筆してみよう。

*6・7月まで受講を続けられた方には、オプションになりますが、特別講座「知っておくと便利!文章執筆のコツ講座」を単独また少人数オフラインにて受講が可能です(講座の時間は2時間程度)。

「9月講習:ライターとしての実践Ⅰ(オンライン)」

「WordPress」で使用し、動画配信/劇場公開の新作映画に関するレビュー記事(3500文字程度)を1週間に1本以上執筆してみよう。

*本月は「コンスタントに記事執筆を続けられる力の育成」を目標にしています。自信のない方はぜひ、8月の夏期休暇中にオプション特別講座「知っておくと便利!文章執筆のコツ講座」を受けてみることをお勧めいたします。

「10月講習:ライターとしての実践Ⅱ(オフ&オンライン)」

編集部スタッフとともに新作映画試写会や映画祭などの現場に向かい、取材レポート記事を執筆してみよう。

*絶え間なく変化し続ける映画界の“現在”で活躍してゆくにあたって、新作映画試写会や映画祭などの現場で学べることは非常に多く、そこでの体験は映画ライターとしても映画を愛する者としても必ず財産となります。

「11月講習:特別インタビュー実践(オフ&オンライン)」

Cinemarcheの編集長・副編集長とともに、インタビュー取材を体験。実際の現場進行や空気感、インタビュー内容を通じて「“記事を執筆するため”には、インタビュー対象者である映画監督や俳優に、何を尋ねるべきか?」を学んでみよう。

*またオプションになりますが、特別講座「プロカメラマンに学ぶ!一眼レフカメラの取材撮影のコツ」を受講することをお勧めいたします。

「12月講習:卒業認定「映画ライター」試験」

*半年間に渡り行われる講座を受講するには、オンラインポータルサイト「IDOBATA」内に設置された、Cinemarcheの「VIPオンラインサロン」への加入が条件になります

Cinemarcheのオンラインサロンはコチラから→

また、今ならサロン入会時から最大31日間、無料0円体験キャンペーン中です。6月が本格的にスタート開講ですが、少しでも先にカリキュラムを進めてみることを推奨いたします。

お問い合わせ

本講座内容に関するより詳細な質問等はコチラからお願い致します。

関連記事

まとめ記事

【2月編集後記】オリンピックをキャラクターと物語でドラマチックに

気がつけば2月も終わり。今月は28日の水曜日までだったのですね。もう数日あるような勘違いしてしまい、ちょっぴり損をしたなと思ったのは、私だけでしょうか。 本日28日はニュースなど見ていると、低気圧が発 …

まとめ記事

映画『ゆずりは』あらすじと原作感想!ロケ地とエキストラ募集も

心揺さぶると読み物と注目を集めている新谷亜貴子よる小説『ゆずりは』の映画化に向けてクラン・クイン開始! 今回はテレビドラマ『いいひと。』や『HERO』の演出家、また、映画『eiko』の監督である、加門 …

まとめ記事

今週おすすめテレビ地上波の映画3選『ブレイブワン』『パイレーツ・ロック』『ネバーランド』【関東版】

今週1月21日から27日の1週間、おすすめ映画をテレビ地上波の放送からご紹介します。 「ちょっと気楽に“ながらで映画”を楽しみたい」 「休息の時間にお金をかけず良い映画を見たい」etc… ©︎すしぱく …

まとめ記事

2018年1月公開の邦画メジャー&ミニシアターおすすめ映画4選!

1月公開のおすすめ邦画は、「新参者」シリーズの加賀恭一郎の知られざる過去が明かされる『祈りの幕が下りる時』から、30年ぶりのシリーズ再開?という、ロックでコミカルな映画の『星くず兄弟の新たな伝説』まで …

まとめ記事

藤原竜也映画おすすめベスト5選!『太陽は動かない』はカイジやデスノートなどの代表作を超えられるか⁈

どんな役でもこなせる藤原竜也のおすすめ映画をピックアップ! あるときは借金地獄から抜け出そうとするギャンブラー、またある時は殺人予告をされた凶悪犯と、人生の裏街道を彷徨う人物たちを、さりげなく演じ切る …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学