Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

黒澤明映画おすすめ代表作の凄さはコレでOK!創刊「黒澤明DVDコレクション」

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

世界のクロサワ!監督全30作品を完全網羅する『黒澤明DVDコレクション』1月16日創刊です。

購読者特典として、黒澤映画傑作18作品の貴重な劇場公開時のパンフレットを復刻されています!!

スポンサーリンク

1.『黒澤明DVDコレクション』とは

朝日新聞出版は隔週刊『黒澤明DVDコレクション』を、2018年1月16日(火)より創刊いたします。

没後20年を迎える現在でも、海外の新作映画が公開される度に名だたる監督たちがリスペクトされた語る黒澤明監督。

その巨匠が生み出した全30作品を完全網羅した、ファン待望のDVD付きマガジンとなります。

2.創刊号は人気の高い名作『用心棒』に決まり!

創刊号に付属されたDVDは、エンターテインメント時代劇の最高傑作『用心棒』となっています。

また、今後のシリーズのDVD添付には、日本のみならず世界の映画史に刻まれた名作『七人の侍』。

ご存知「スターウォーズ」シリーズの原案にもなった『隠し砦の三悪人』。

そのほか『赤ひげ』『椿三十郎』『天国と地獄』『羅生門』『乱』『影武者』など、映画ファンなら観てないとは言えない珠玉の名作を毎号1作品収録して、あなたの手元でいつでも観られるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

「DVDシリーズガイド」映像

「黒澤明DVDコレクション」の雑誌の方には、著名人たちによる黒澤映画に対する思いを語るインタビュー、スタッフやキャストによる撮影時の貴重な裏話などを特集を組んで紹介されます。

購読者特典として、黒澤映画傑作18作品の貴重な劇場公開時のパンフレットを復刻。1~3号までは収録作品の復刻パンフレットが特別付録として付いてきます。

また、1~30号に付いている応募券を集めると、15作品の復刻パンフレットをセットで応募者全員にプレゼントするという特典もあります。

*DVD+マガジン(オールカラー16ページ、創刊号のみ28ページ)、A4判変型。隔週火曜日発売。
*創刊号サービス価格990円(税込)、2号以降は価格1,790円(税込)。

ご予約やお求めは全国の書店、またはASA(朝日新聞販売所)、特設サイトのウェブなどからご購入してください。

今さら知らないとは言えない世界のクロサワ映画。これでご自宅での鑑賞も可能になりますね。

特に若い映画ファンには必見のアイテムではないでしょうか。

スポンサーリンク

Category : まとめ記事

関連記事

まとめ記事

SF映画おすすめ厳選5選!近未来からバーチャル世界まで異次元を楽しめる作品【糸魚川悟セレクション】

何を見たら良いか?SF映画をお探しのあなたへ外さない作品をご紹介します。 SF映画おすすめ5選!近未来からバーチャル世界まで【糸魚川悟セレクション】 『SF恐怖映画という名の観覧車』というコラムを連載 …

まとめ記事

My週末映画館!北千住の穴場でランチもあるシネマブルースタジオ 

My週末映画館(009) 【鑑賞した映画】 「ロイ・アンダーソン監督特集『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』(1969) (*現在は上映終了しています) Photo taken byなほさん Ph …

まとめ記事

ゾンビ映画の開祖ロメロの発明と『カメラを止めるな!』の革新性と情熱とは

公開前から試写や各国の映画祭で話題沸騰、6月23日に公開されて以来は映画ファンの枠を超えて一大ムーブメントとなっている作品『カメラを止めるな!』。 本作はわずか300万円で作られた超低予算映画。本作の …

まとめ記事

フィルムセンター1月特集上映。タクシードライバーからNY心霊捜査官まで

2018年1月5日から25日より東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される特集上映「ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント コレクション」。 懐かしの名作からと時代とともに生まれた衝撃作まで、ち …

まとめ記事

今週おすすめテレビ地上波の映画3選『ブレイブワン』『パイレーツ・ロック』『ネバーランド』【関東版】

今週1月21日から27日の1週間、おすすめ映画をテレビ地上波の放送からご紹介します。 「ちょっと気楽に“ながらで映画”を楽しみたい」 「休息の時間にお金をかけず良い映画を見たい」etc… ©︎すしぱく …

【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP