Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

黒澤明映画おすすめ代表作の凄さはコレでOK!創刊「黒澤明DVDコレクション」

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

世界のクロサワ!監督全30作品を完全網羅する『黒澤明DVDコレクション』1月16日創刊です。

購読者特典として、黒澤映画傑作18作品の貴重な劇場公開時のパンフレットを復刻されています!!

スポンサーリンク

1.『黒澤明DVDコレクション』とは

朝日新聞出版は隔週刊『黒澤明DVDコレクション』を、2018年1月16日(火)より創刊いたします。

没後20年を迎える現在でも、海外の新作映画が公開される度に名だたる監督たちがリスペクトされた語る黒澤明監督。

その巨匠が生み出した全30作品を完全網羅した、ファン待望のDVD付きマガジンとなります。

2.創刊号は人気の高い名作『用心棒』に決まり!

創刊号に付属されたDVDは、エンターテインメント時代劇の最高傑作『用心棒』となっています。

また、今後のシリーズのDVD添付には、日本のみならず世界の映画史に刻まれた名作『七人の侍』。

ご存知「スターウォーズ」シリーズの原案にもなった『隠し砦の三悪人』。

そのほか『赤ひげ』『椿三十郎』『天国と地獄』『羅生門』『乱』『影武者』など、映画ファンなら観てないとは言えない珠玉の名作を毎号1作品収録して、あなたの手元でいつでも観られるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

「DVDシリーズガイド」映像

「黒澤明DVDコレクション」の雑誌の方には、著名人たちによる黒澤映画に対する思いを語るインタビュー、スタッフやキャストによる撮影時の貴重な裏話などを特集を組んで紹介されます。

購読者特典として、黒澤映画傑作18作品の貴重な劇場公開時のパンフレットを復刻。1~3号までは収録作品の復刻パンフレットが特別付録として付いてきます。

また、1~30号に付いている応募券を集めると、15作品の復刻パンフレットをセットで応募者全員にプレゼントするという特典もあります。

*DVD+マガジン(オールカラー16ページ、創刊号のみ28ページ)、A4判変型。隔週火曜日発売。
*創刊号サービス価格990円(税込)、2号以降は価格1,790円(税込)。

ご予約やお求めは全国の書店、またはASA(朝日新聞販売所)、特設サイトのウェブなどからご購入してください。

今さら知らないとは言えない世界のクロサワ映画。これでご自宅での鑑賞も可能になりますね。

特に若い映画ファンには必見のアイテムではないでしょうか。

スポンサーリンク

Category : まとめ記事

関連記事

まとめ記事

今週おすすめテレビ地上波の映画3選『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』『パーフェクトストーム』『マラヴィータ』

今週1月29日から2月4日までの1週間のなかで、おすすめ映画をテレビ地上波からご紹介します。 「ちょっと気楽に“ながら映画”を楽しみたい」「休日の時間にお金をかけず良い映画を見たい」etc… ©︎すし …

まとめ記事

ロバート・レッドフォードおすすめ映画5選!監督代表作まとめ

俳優ロバート・レッドフォードは、端正な顔立ちで多くのファンを魅了し、映画『明日に向って撃て!』や『スティング』などに出演を果たし、役者として実績を重ねていきました。 映画『明日に向って撃て!』予告編 …

まとめ記事

ヒュー・ジャックマン映画おすすめ5選!ローガンを見る前に

『X-MEN』シリーズのウルヴァリン役として人気を博しているヒュー・ジャックマン。映画の中で鍛え上げられた筋肉美を披露していて、かっこ良くてワイルドで、男性にも女性にも人気の高いハリウッド俳優です! …

まとめ記事

今週オススメ映画!邦画洋画を劇場公開で見るならコレ。動画配信作品も

2018年5月25日(金)より劇場公開のオススメ新作映画の一推しの作品をライターさん厳選! 映画チョイスに失敗ないように映画館で何を観るか? 動画配信サイトで今観るべきか?悩むことって結構多いですよね …

まとめ記事

キャメロン・ディアス映画おすすめ5選!何歳でもかわいい!

(C)2014 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and MRC II Distribution Company L. …

【Cinemarche独占】映画『あまねき旋律(しらべ)』アヌシュカ・ミーナークシ監督&イーシュワル・シュリクマール監督インタビュー|映画制作の原点と演劇ルーツを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP