Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

まとめ記事

ウィル・スミスおすすめ映画5選!幸せのちから以外も名作揃い!

  • Writer :
  • y-ysd

will-smith-main
(C)2015 Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.

コメディ、SFアクション、シリアスな人間ドラマ。。数々のヒット作品に出演し、2008年の「最も稼いだ俳優番付」の一位に輝いたハリウッドのドル箱俳優、ウィル・スミス。

鍛え上げられた筋肉質な身体と190センチ近くある高身長は、他の誰とも違う独特な存在感、男の色香を生み、見る者の心を掴んで離しません!

もちろん、最大の魅力は盤石の演技力‼︎

どれも魅力的すぎて、選びだすことが難しい主演作達。
この中から、Cinemarche編集部が厳選に厳選を重ねた5作品をご紹介いたします‼︎

スポンサーリンク

1.『メン・イン・ブラック』シリーズ(1997〜2012)

『メン・イン・ブラック』シリーズ作品概要

アメリカの都市伝説「メン・イン・ブラック」を、アダムス・ファミリーのバリー・ソネンフェルド監督がパロディ化したSFアクション映画。

第70回アカデミー賞 最優秀メイクアップ賞、第55回ゴールデングローブ賞 最優秀作品賞を2部門で受賞。プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ。

『メン・イン・ブラック』シリーズあらすじ

ニューヨーク市警(NYPD)の刑事であるジェームズ・エドワーズ。彼の追い詰めた犯人は、実はエイリアンだった。

そこに現れた全身黒づくめの男K。彼は地球上のエイリアンを監視する機密機関MIBの者と名乗り、ジェームズをスカウトする。

一切の過去を抹消し、捜査官エージェント“J”として生まれ変わったジェームズは、Kとコンビを組む。

名コンビは地球に侵入した凶悪なエイリアンに次々と闘いを挑む!

『メン・イン・ブラック』シリーズおすすめポイント

トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミス、渋い黒づくめファッションの二人から振り広げられる、コミカルで軽快なやりとりに注目!
かっこいいスタイルで惚れさせて、トークで爆笑させる、このギャップがたまりません♪

アメリカの都市伝説にヒントを得た独自の世界観に基づいて、ユニークなエイリアンや武器が次々に登場。

盛り沢山の内容をバランスよくまとめた作品完成度の高さは、2000年以前に作られたとは思えないほどです。

2.『ALI アリ』(2001)

『ALI アリ』作品概要

マイケル・マン監督作品。ボクシング史上にその名を残すカリスマプロボクサー、モハメド・アリの半生を描く。

ウィル・スミスは本作品でアカデミー主演男優賞、ジョン・ヴォイトは助演男優賞にノミネートされる。

『ALI アリ』あらすじ

弱冠22歳でボクシングの世界ヘヴィー級チャンピオンとなった青年モハメド・アリ。
圧倒的な強さと勢いで9回の防衛に成功、美女ソンジーと結婚する。

ところが、結婚生活は一年足らずで破局。
さらに、国家反逆罪で起訴されチャンピオンの地位は剥奪。順風満帆に思えた人生に暗雲が立ちこめる。

周囲から政治的な発言を控えるよう忠告をされながらも、信念を曲げず3年半の間上訴を待つアリ。
この間に再婚をし、やがて最高裁が彼に無罪判決を出すことに。

ボクシング界に復帰を果たしたアリは、奇跡的な勝利をおさめ、見事チャンピオンに返り咲くのだった。

『ALI アリ』おすすめポイント

伝説的なボクサーの人物、波乱の人生、時代背景をドキュメンタリータッチで追うことができる作品。

リングだけでなく、実社会でも言論の自由を求めて格闘し続けた男の生き様が胸に迫ります。

モハメド・アリ本人によるアドバイスもあったという、迫力のボクシングシーンにも注目です!

スポンサーリンク

3.『幸せのちから』(2006)

『幸せのちから』作品概要

アメリカの実業家、クリス・ガードナーの半生を描いた作品。
ホームレスになるまで落ちぶれたが、息子と共に苦労を乗り越え、その後成功を掴む。

主演のウィル・スミスは、第79回アカデミー賞で主演男優賞にノミネートされる。
彼の息子役を、実の息子であるジェイデン・スミスが演じたことで話題を呼んだ。

『幸せのちから』あらすじ

医療機器セールスマンのクリスは、妻のリンダ、息子のクリストファーの三人家族。
高価な機器はごくたまにしか売れず、家計は火の車。

ある日、セールス先で出会った裕福な男性からヒントを得て、クリスは証券会社のセールスマンを始める。
ところが、パートをしながら必死で家計をやりくりしていたリンダは、厳しい生活に耐えかねて家を出て行ってしまう。

息子と二人、数々の不運に見舞われ、ホームレスに転落しながらも、証券会社のインターンとして採用され、やっと決まった収入を得るようになるクリス。

果たして、彼等はドン底の生活から這い上がって幸せを掴むことができるのか。。?

『幸せのちから』おすすめポイント

実の親子共演による、心温まるヒューマン・サクセスストーリー。

ウィル・スミス演じる主人公の頭の回転の良さと、自分を見失わず希望を持って生きる強さのおかげで、貧乏な生活の描写も悲惨に見えることがありません。

かわいいだけじゃなくしっかり者の息子、出て行ってもなお主人公をを信じる妻、主人公を取り巻く温かな人間関係に注目。

作品を通して漂う爽やかなハングリー精神が、見終わったあとの爽快感を誘う作品です。

スポンサーリンク

4.『コンカッション』(2015)

『コンカッション』作品概要

監督・脚本をピーター・ランデズマン、主演をウィル・スミスが務めている。ウィル・スミスは本作で、第19回ハリウッド映画賞主演男優賞を受賞。

実在の医師で検視官のベネット・オマルが、アメフト選手の変死とアメフトの因果関係を発見。
真実を伝えるため、巨大組織NFLに闘いを挑むストーリー。

『コンカッション』あらすじ

ナイジェリアから、夢と希望を胸にアメリカに渡ってきた医師ベネット・オマル。
ピッツバーグで検視官として働いている彼のもとに、元アメフトのスター選手マイク・ウェブスターの変死体が運び込まれる。

死体の脳部に通常ではありえない損傷の跡を発見したオマルは、独自で調査を進めた結果、脳部損傷とアメフト競技との因果関係を科学的に立証する。

アメフト人気の失墜を恐れたNFLは、証言を撤回するよう脅しをかけ、彼とその家族は窮地に立たされるが。。

『コンカッション』おすすめポイント

アメリカの花形競技であるアメフト。その栄光の裏側に潜む闇を世間に知らしめ、問題提起する誠実な医師をウィル・スミスが好演しています。

コメディやSFアクション作品で活躍する一方、本作では落ち着いた演技力を発揮。良質なヒューマンストーリーをじっくりと見せてくれます。

人気競技であるアメフトが、多くの人の人生にまで影響するーー。普段知ることのないアメリカの社会事情の描写も、ひとつの見どころです。

5.『素晴らしきかな、人生』(2017年2月25日公開)

『素晴らしきかな、人生』作品概要

『プラダを着た悪魔』『マイ・インターン』のデヴィッド・フランケル監督作品。

主演のウィル・スミスを始め、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン等アカデミー賞でおなじみの華やかな俳優達が集結した。

一人の男が人との出会いを通じ、最愛の娘を失うという人生の試練を乗り越えるまでを描く。

『素晴らしきかな、人生』あらすじ

最愛の娘を失い、深い喪失感に見舞われたハワード。成功したニューヨークの広告代理店の経営も危うくなるが、やる気がまるで出てこない。

そんなある日、彼の前に3人の奇妙な舞台俳優が現れる。その出会いにより、ハワードの行動は徐々に変化していく。

止まっていた彼の時が少しづつ動き始めるーーー。

『素晴らしきかな、人生』おすすめポイント

成功をしたからといって、挫折をしたからといって、そこで終わらないのが人生。

大人になって、何もかも上手くいく人生なんてあるわけない!主人公ハワードだけでなく、彼を取り巻く友人や関係者達が人知れず自分の課題に対峙するストーリーはとても胸に迫ります。

悲しみを乗り越えるヒントは、人生を輝かせるヒントは一体何なのかーー?
あなたの人生にも良いヒントをもらえるかもしれません。

まとめ

コメディやバラエティでハイテンションに盛り上がる印象が強い一方、作品によって、国籍、職業、時代背景の全く違う男の人生を色濃く演じ分けるウィル・スミス。

難しい配役にも毎回、決意、目標、大きな志もって取り組むという彼の姿は、どんな役柄であってもセクシーに映ります。

世界のスーパースターになって久しい彼ですが、Cinemarche編集部おすすめのこの5作品で、今一度彼の魅力の渦に溺れてみてはいかがでしょうか⁇

関連記事

まとめ記事

エディ・レッドメイン映画おすすめ5選!ファンタビ以前から光る演技力

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED イギリス出身のエディ・レッドメイン。数々の映画賞を受賞した経験のあるイケメン演技 …

まとめ記事

ニコール・キッドマン映画おすすめ5選!最新作を見る前にチェック!

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia ハリウッドの演技派女優、ニコール・キッドマン。凛として、芯のしっかりした女性の役 …

まとめ記事

ティム・バートン監督映画おすすめ5選!バットマンからアリスまで

『チャーリーとチョコレート工場』や『アリス・イン・ワンダーランド』などで知られる鬼才ティム・バートン監督。 ファンタジーやホラーを基調とした独特の世界観やキャラクター造形が特徴で、世界中の人に愛される …

まとめ記事

ジョディ・フォスター映画おすすめ5選!最新作の前にチェック!

(C)TriStar Pictures / Photofest / Zeta Image ハリウッドの名女優、ジョディ・フォスター。知的で落ち着いた雰囲気と整った顔立ちが魅力的ですよね。 ジョディ・フ …

まとめ記事

映画ツイッターでレビューやランキングとおすすめを始めました!

シネマルシェ運営事務局の専属ライターのひとりから、Twitterをはじめて欲しいと提案があり、『Cinemarche』公式Twitterをさっそくオープンいたしました! 【アカウント名】 Cinema …