Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2018/11/03
Update

『イット・カムズ・アット・ナイト』ネタバレ感想。結末まで怖い“それ”の正体とは

  • Writer :
  • 村松健太郎

新感覚ホラーとしてスマッシュヒットした『イット・フォローズ』の製作陣が新たに放った“外は恐怖。中は狂気。のサスペンスホラー!

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』は、11月23日(金・祝)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

夜襲い来る“それ”の感染から逃れるように、森の奥深くにある一軒家に家族が住んでいました。彼らは外界との接触を断ち、ひっそりと暮らしていましたが、ある日、そこに別の家族が助けを求めて転がり込むと…。

スポンサーリンク

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』の作品上情報


(C)2017 A24 Distribution,LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
It Comes at Night

【脚本・監督】
トレイ・エドワード・シュルツ

製作総指揮
ジョエル・エドガートン

【キャスト】

【作品概要】
監督作『ザ・ギフト』や『レッド・スパロー』のジョエル・エドガートンが主演だけでなく製作総指揮にも名を連ねているほか、同じA24スタジオ製作の『アンダー・ザ・シルバーレイク』でヒロインを務めたエルビス・プレスリーの孫娘ライリー・キーオなどが共演として名を連ねています。

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』のキャラクターとキャスト


(C)2017 A24 Distribution,LLC

ポール(ジョエル・エドガートン) 
一家を支える主人、元教師

サラ(カルメン・イジョゴ) 
ポールの妻

トラヴィス(ケルビン・ハリソン・ジュニア) 
ポール、サラの息子

ウィル(クリストファー・アボット)
ポールの一家に迷い込む一家の長

キム(ライリー・キーオ) 
ウィルの若き妻

アンドリュー(グリフィン・ロバート・フォークナー)
ウィルとキムの息子

スポンサーリンク

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』のあらすじ


(C)2017 A24 Distribution,LLC

“それ”による感染拡大で人類が滅亡の危機に瀕していた中、元教師期のポールは森の中の一軒家を目張りし、昼なお暗い環境の中で家族と過ごしていました。

しかし、その一方で義父のバドが感染、ポールは断腸の思いでバドを銃殺、息子のトラヴィスとともに彼を埋葬。

ポールがまだ十代のトラヴィスにすべてを目撃させることを、妻のサラは責めます。

そんなある夜、一家の家に侵入者が現れます。

男の名前はウィル。彼は水を求めてさまよい、廃墟と思ってポールの家に侵入したんです。

ウィルは水と、自分が持つ多くの食料との交換を持ち掛けてきました。

80キロ先にいるウィルの妻子キムとアンドリューを迎え入れたトラヴィス一家。

ぎこちないながらも新しい形の生活が始まります。

特に若いキムと幼いアンドリューの存在は一家に活気を与えました。

トラヴィスもウィルに慣れ、ポールもウィルとお酒を酌み交わすまでなりました。

しかし、アンドリューが感染した可能性が出てきて一同に亀裂が入ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イット・カムズ・アット・ナイト』ネタバレ・結末の記載がございます。『イット・カムズ・アット・ナイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ポール一家とウィル一家でそれぞれ別の部屋に数日間閉じこもり、発病しなければ元の生活に戻ることになれると判断をしました。

しかし、ウィル一家は水と食料を手にして家を出ようとしていることが判明します。

銃を手にもみ合いになるなかで、ウィルはポールに殴りかかり、それを止めるためにサラがウィルに発砲、更にトラヴィスがとどめを刺します。

アンドリューが感染していること危惧したポールはそのまま、キムとアンドリューも手に欠けます。

しかし、感染していたのはトラヴィスでした。残されたのポールとサラだけになってしまいました。

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』の感想と評価


(C)2017 A24 Distribution,LLC

いま面白映画の保証マークは“A24”

2012年に設立されたニューヨークの映画制作会社A24

2018年秋冬だけでも『ヘレディタリー継承』『イットカムズ・アット・ナイト』『アンダー・ザ・シルバーレイク』『ア・ゴースト・ストーリ』『バクダッド・スキャンダル』と話題作が続きます。

映画制作会社の名前が映画の一つの売りになるのも珍しい現象といっていいでしょう。

映画製作プロダクションは基本的にはハリウッドメジャーとその傘下の映画スタジオ、または監督・俳優の個人プロダクションぐらいしかない中で、こういう存在が出てくるのは非常に珍しく、かつとても貴重な存在です。

ミラマックスやニュー・ライン・シネマ、ワーキング・タイトルと言ったスタジオが独立系スタジオとして活躍しましたが、今は全てハリウッドメジャーの傘下に入ってしまいました。

資金面での安定を確保するためには必要な流れではあるのですが、やはりというかその後はカラーがキープされることはなく徐々に埋没していきました。

A24にもハリウッドメジャーから傘下に入らないかという誘いがあるかもしれませんが、できることなら独立系の雄として今の位置を確保し続けて欲しいところです。

スポンサーリンク

“それ”が示すもの


(C)2017 A24 Distribution,LLC

イット・フォローズ』のイットは言わば、青春(大人になっていくこと)・貞操(SEX)といったものを脅威の存在として描いた作品でしたが、今回のイットが指し示すものは“不安”“疑心”。

冒頭にペストの流行を描いたタペストリーが登場し、主人公のポールが教師でローマ帝国のことなら任せてくれと言うなど、暗に示すというには少し丁寧すぎるくらいですが、その分シンプルでよくわかります。

そして、映画の中で本当の恐怖として描かれるのも襲い掛かる何かではなくて、それによって人々の間で生まれる“不安”と“疑心”です。

『ITそれが見えたら終わり』ではもっと露骨にペニーワイズという存在が登場しますが、目に見えない“イット”こそ実は本当に怖いモノなのかもしれません

まとめ


(C)2017 A24 Distribution,LLC

本作『イット・カムズ・アット・ナイト』の監督を務めたのは、1988年生まれのトレイ・エドワード・シュルツ。

長編デビュー作品『Krisha』では多くの新人賞を受賞しています。また、ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2016年の映画ベスト1に選出されています。

トレイ監督が本作『イット・カムズ・アット・ナイト』のテーマに選んだのは、2つの家族の内と外に潜む「死、恐怖、後悔」から増幅する暴力的な感情です。

ポール役を務めたジョエル・エドガートンをはじめ、他のキャストたちが、それぞれのどのように感情崩壊を見せるのか、ぜひ怖いもの見たさに、この映画をご覧ください、

観る者を心理的に追い詰めていきますよ。


(C)2017 A24 Distribution,LLC

スポンサーリンク

関連記事

ホラー映画

映画『ウィッチ』あらすじとキャスト!2017公開日や試写会情報も

貴方はまだ、本当に恐ろしい“魔女映画”を知らない…。 サンダンス映画祭監督賞など数々の賞レースを席巻したホラー映画『ウィッチ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ウィッチ』の …

ホラー映画

映画『心魔師』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【今野恭成監督作品】

座敷牢の少女が『メリーさんのひつじ』を口ずさむ時、世界は歪み、見てはいけないものが現れる…。 若き才能・今野恭成監督によるサイコホラー『心魔師』をご紹介します。 中国主導による日中若手映画人合同プロジ …

ホラー映画

映画『空海 美しき王妃の謎』黒猫の真相と中国の化け猫は喋りすぎか?

『さらば、わが愛/覇王別姫』『北京ヴァイオリン』などで知られる中国の名匠チェン・カイコー監督の映画『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』。 作品タイトルから歴史ドラマを期待する向きもありますが、実は …

ホラー映画

映画『来る』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の【ぼぎわん】の正体や意味の紹介も

2015年第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の「ぼぎわんが、来る」を、『告白』で日本アカデミー賞を受賞、『嫌われ松子の一生』『渇き』など、話題作を放ち続ける中島哲也監督によって映像化。 中島 …

ホラー映画

映画ジグソウ:ソウ・レガシーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ギネスブック公認、世界で最も成功したスリラー・サスペンス・ホラー映画。“ソリッド・シチュエーション・スリラー”の金字塔、『SAW』が7年ぶりの帰還。再び命の価値を巡る究極のゲームが始まります。 200 …

【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
国内ドラマ情報サイトDRAMAP