Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2018/11/03
Update

『イット・カムズ・アット・ナイト』ネタバレ感想。結末まで怖い“それ”の正体とは

  • Writer :
  • 村松健太郎

新感覚ホラーとしてスマッシュヒットした『イット・フォローズ』の製作陣が新たに放った“外は恐怖。中は狂気。のサスペンスホラー!

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』は、11月23日(金・祝)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

夜襲い来る“それ”の感染から逃れるように、森の奥深くにある一軒家に家族が住んでいました。彼らは外界との接触を断ち、ひっそりと暮らしていましたが、ある日、そこに別の家族が助けを求めて転がり込むと…。

スポンサーリンク

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』の作品上情報


(C)2017 A24 Distribution,LLC

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
It Comes at Night

【脚本・監督】
トレイ・エドワード・シュルツ

製作総指揮
ジョエル・エドガートン

【キャスト】

【作品概要】
監督作『ザ・ギフト』や『レッド・スパロー』のジョエル・エドガートンが主演だけでなく製作総指揮にも名を連ねているほか、同じA24スタジオ製作の『アンダー・ザ・シルバーレイク』でヒロインを務めたエルビス・プレスリーの孫娘ライリー・キーオなどが共演として名を連ねています。

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』のキャラクターとキャスト


(C)2017 A24 Distribution,LLC

ポール(ジョエル・エドガートン) 
一家を支える主人、元教師

サラ(カルメン・イジョゴ) 
ポールの妻

トラヴィス(ケルビン・ハリソン・ジュニア) 
ポール、サラの息子

ウィル(クリストファー・アボット)
ポールの一家に迷い込む一家の長

キム(ライリー・キーオ) 
ウィルの若き妻

アンドリュー(グリフィン・ロバート・フォークナー)
ウィルとキムの息子

スポンサーリンク

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』のあらすじ


(C)2017 A24 Distribution,LLC

“それ”による感染拡大で人類が滅亡の危機に瀕していた中、元教師期のポールは森の中の一軒家を目張りし、昼なお暗い環境の中で家族と過ごしていました。

しかし、その一方で義父のバドが感染、ポールは断腸の思いでバドを銃殺、息子のトラヴィスとともに彼を埋葬。

ポールがまだ十代のトラヴィスにすべてを目撃させることを、妻のサラは責めます。

そんなある夜、一家の家に侵入者が現れます。

男の名前はウィル。彼は水を求めてさまよい、廃墟と思ってポールの家に侵入したんです。

ウィルは水と、自分が持つ多くの食料との交換を持ち掛けてきました。

80キロ先にいるウィルの妻子キムとアンドリューを迎え入れたトラヴィス一家。

ぎこちないながらも新しい形の生活が始まります。

特に若いキムと幼いアンドリューの存在は一家に活気を与えました。

トラヴィスもウィルに慣れ、ポールもウィルとお酒を酌み交わすまでなりました。

しかし、アンドリューが感染した可能性が出てきて一同に亀裂が入ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イット・カムズ・アット・ナイト』ネタバレ・結末の記載がございます。『イット・カムズ・アット・ナイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ポール一家とウィル一家でそれぞれ別の部屋に数日間閉じこもり、発病しなければ元の生活に戻ることになれると判断をしました。

しかし、ウィル一家は水と食料を手にして家を出ようとしていることが判明します。

銃を手にもみ合いになるなかで、ウィルはポールに殴りかかり、それを止めるためにサラがウィルに発砲、更にトラヴィスがとどめを刺します。

アンドリューが感染していること危惧したポールはそのまま、キムとアンドリューも手に欠けます。

しかし、感染していたのはトラヴィスでした。残されたのポールとサラだけになってしまいました。

映画『イット・カムズ・アット・ナイト』の感想と評価


(C)2017 A24 Distribution,LLC

いま面白映画の保証マークは“A24”

2012年に設立されたニューヨークの映画制作会社A24

2018年秋冬だけでも『ヘレディタリー継承』『イットカムズ・アット・ナイト』『アンダー・ザ・シルバーレイク』『ア・ゴースト・ストーリ』『バクダッド・スキャンダル』と話題作が続きます。

映画制作会社の名前が映画の一つの売りになるのも珍しい現象といっていいでしょう。

映画製作プロダクションは基本的にはハリウッドメジャーとその傘下の映画スタジオ、または監督・俳優の個人プロダクションぐらいしかない中で、こういう存在が出てくるのは非常に珍しく、かつとても貴重な存在です。

ミラマックスやニュー・ライン・シネマ、ワーキング・タイトルと言ったスタジオが独立系スタジオとして活躍しましたが、今は全てハリウッドメジャーの傘下に入ってしまいました。

資金面での安定を確保するためには必要な流れではあるのですが、やはりというかその後はカラーがキープされることはなく徐々に埋没していきました。

A24にもハリウッドメジャーから傘下に入らないかという誘いがあるかもしれませんが、できることなら独立系の雄として今の位置を確保し続けて欲しいところです。

スポンサーリンク

“それ”が示すもの


(C)2017 A24 Distribution,LLC

イット・フォローズ』のイットは言わば、青春(大人になっていくこと)・貞操(SEX)といったものを脅威の存在として描いた作品でしたが、今回のイットが指し示すものは“不安”“疑心”。

冒頭にペストの流行を描いたタペストリーが登場し、主人公のポールが教師でローマ帝国のことなら任せてくれと言うなど、暗に示すというには少し丁寧すぎるくらいですが、その分シンプルでよくわかります。

そして、映画の中で本当の恐怖として描かれるのも襲い掛かる何かではなくて、それによって人々の間で生まれる“不安”と“疑心”です。

『ITそれが見えたら終わり』ではもっと露骨にペニーワイズという存在が登場しますが、目に見えない“イット”こそ実は本当に怖いモノなのかもしれません

まとめ


(C)2017 A24 Distribution,LLC

本作『イット・カムズ・アット・ナイト』の監督を務めたのは、1988年生まれのトレイ・エドワード・シュルツ。

長編デビュー作品『Krisha』では多くの新人賞を受賞しています。また、ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2016年の映画ベスト1に選出されています。

トレイ監督が本作『イット・カムズ・アット・ナイト』のテーマに選んだのは、2つの家族の内と外に潜む「死、恐怖、後悔」から増幅する暴力的な感情です。

ポール役を務めたジョエル・エドガートンをはじめ、他のキャストたちが、それぞれのどのように感情崩壊を見せるのか、ぜひ怖いもの見たさに、この映画をご覧ください、

観る者を心理的に追い詰めていきますよ。


(C)2017 A24 Distribution,LLC

関連記事

ホラー映画

映画『地獄の警備員』ネタバレ感想と結末解説あらすじ。松重豊×黒沢清のホラーバイオレンスがデジタルリマスターで復活

『地獄の警備員』がデジタルリマスター版として復活! 出口が封鎖された真夜中のビルで、怪物のような警備員と対峙する恐怖を描いた映画『地獄の警備員』。 世界的人気を誇る映画監督・黒沢清が29年前の1992 …

ホラー映画

映画『#生きている』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。韓国の新作ゾンビ2020は“団地とデジタル時代”を融合して描く

『ベテラン』のユ・アインと『アルハンブラ宮殿の思い出』のパク・シネが出演するゾンビスリラーNetflix映画『#生きている』。 なんとしても生き残らねば!正体不明の疫病にかかった人間がゾンビ化し無差別 …

ホラー映画

映画『ズーム 見えない参加者』ネタバレあらすじと結末の感想解説。ガチ怖幽霊のホラー交流会をネット動画Zoomで開催した男女の運命

英国のロブ・サベッジ監督の新感覚ホラー映画『ズーム 見えない参加者』 ロックダウンされたイギリスを舞台に、6人の男女が「Zoom交霊会」を開催した事で遭遇する恐怖を描いた、映画『ズーム 見えない参加者 …

ホラー映画

映画『ザ・ライト エクソシストの真実』ネタバレ感想と考察。ルーカス神父をアンソニーホプキンスが怪演

事実に基づく「悪魔祓い」の儀式、エクソシストの存在に迫る! 今もなお行われている「悪魔祓い」と呼ばれるバチカンの正式な職業「エクソシスト」をあなたはご存知でしょうか? これまでも悪魔祓いといわれる「エ …

ホラー映画

【来るネタバレ映画解説】霊能者の比嘉琴子(松たか子)は何故ムシを吐いたか。考察で見つけた幼虫の意味とは

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学