Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/09/21
Update

犬鳴村の怖い歌「ふたしちゃろ」ネタバレ考察。成宮健司が演じる“幽霊”が突然に現れた謎も解説

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

最強の心霊スポットであるトンネルを撮影に使用した清水崇監督『犬鳴村』

九州に実在する、最恐の心霊スポットとして知られる「旧犬鳴村トンネル」。

「旧犬鳴村トンネル」の先には、「犬鳴村」があるとされ、ネットの書き込みなどから、都市伝説として語られています。

この「犬鳴村」を題材に、「呪怨シリーズ」で知られる清水崇監督が挑んだ、新たなJホラー『犬鳴村』。

すでに鑑賞した人の中には「ラストの展開が唐突」と感じた人もいるのではないでしょうか?

今回は、作中に流れるわらべ歌「ふたしちゃろ」から、ラストシーンの意味を考察していきます。

スポンサーリンク

映画『犬鳴村』あらすじ


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

恋人の西田明菜の動画撮影に付き合わされ、日本屈指の心霊スポットと呼ばれる「旧犬鳴村トンネル」に立ち入った、森田悠真。

不気味なトンネル内の空気に触れ、悠真は先に進む事を躊躇しますが、明菜はどんどん先に進んで行きます。

そして、トンネルの出口に置いてある「この先、日本国憲法通用せず」の看板。それは、この場所が「旧犬鳴村トンネル」の先に存在すると言われる村、「犬鳴村」である事を意味します。

不気味な廃墟が集合した村で、悠真は更に恐怖を感じますが、何も気にしていない様子の明菜は、廃墟の中のトイレを使います。

トイレを使用した明菜は、廃墟の外に出ようとしますが、扉が閉ざされ出る事ができません。すると、大勢のうめき声のようなものが聞こえ、廃墟の窓から出てきた腕に、顔を掴まれます。

村の中を散策していた悠真は、明菜の悲鳴を聞き、廃墟へ助けに行きますが、廃墟から飛び出した明菜は、取り乱した様子で「旧犬鳴村トンネル」へ走って行きます。

悠真も明菜を追って、「犬鳴村」から逃げ出しますが、そこでとんでもない事態が…。

映画『犬鳴村』の感想と考察


(C)2020「犬鳴村」製作委員会
映画『犬鳴村』は、実在する心霊スポットをモデルにしたホラー作品です。

過去に実在した「犬鳴村」の悲劇と、主人公である奏の運命を描いた本作は、ただの怖いだけの作品ではなく、悲哀を感じる独特の世界観を持っている事が特徴です。

「呪いによる死」や「異形の存在に襲われる恐怖」という設定が多い、Jホラーの中でも、かなり独自路線を打ち出す事に成功しています。

ただ、中盤からラストまでの展開が、若干唐突に感じる方も多いのではないでしょうか?

何故、奏は突然「犬鳴村」へ行く事ができたのか?そして、自身の先祖とも呼べる摩耶と出会ったのか?など、考察していきます。

スポンサーリンク

突然、成宮健司が現れた理由


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

映画『犬鳴村』は「血筋」の物語となっています。

奏の母親、綾乃は「犬鳴村」の血が受け継がれており、父親の晃は「交わってはいけなかった血」と、綾乃だけでなく自分の子供である奏達も忌み嫌っており、作中では「俺はお前たちが怖い」とまで言っています。

本作の中盤まで、奏が「自分の中に流れる血」の秘密を探ろうとする展開が続くのですが、父親の晃は「犬鳴村」の血筋を恐れて何も語らないうえに、綾乃は精神的におかしくなってしまっており、話が出来る状況ではありません。

そこで、奏は母方の祖父にあたる、中村隼人を訪ねますが、ここから展開が急変します。

奏は隼人を訪ねた事で、幼少期に祖母から、あるおまじないをしてもらい、以降幽霊が見えるようになった事を思い出します。

そして、幼少期の奏が見えていた幽霊が、後に奏へ「犬鳴村」の真実を伝える成宮健司だったのです。

物語が進む中で、健司は奏の先祖である事が分かります。

大人になり臨床心理士として忙しい生活を送る中で、奏は祖母との思い出を忘れてしまっていました。

ですが、隼人を訪ね幼少期の記憶が蘇った事で、再び健司が見えるようになったのです。

日本には「お盆」のように、先祖の事を忘れ無い為の行事があり「先祖へ常に感謝をする事が大切」と考えられています。

自身の血筋の秘密を探る奏が、祖母との過去を思い出した事で、先祖である健司が現れ、奏に真実を伝える手助けをしてくれたと、解釈できます。

そして、物語は後半の展開へと繋がっていくのです。

わらべ歌「ふたしちゃろ」に込められた怨念


(C)2020「犬鳴村」製作委員会

奏は健司により、「犬鳴村」の悲しい過去を伝えられます。

江戸時代より以前に、迫害された人たちが住む村だった「犬鳴村」は、電力会社の罠にハマリ、最後はダムに沈められてしまいます。

「犬鳴村」の住人の恨みは、そうとうなものであったと想像できます。

そして、その「犬鳴村」の住人の恨みが、作中に流れるわらべ歌「ふたしちゃろ」から読み取れます。

「ふたしちゃろ」の歌詞は以下となります。

くさかろ わるかろ
こめこもできなきゃ ふたしちゃろ ふたしちゃろ
わんこがねぇやにふたしちゃろ
あかごはみずにながしちゃろ

「ふたしちゃろ」には、世間から迫害され、隔離されてしまった「犬鳴村」の住人の無念さが込められています。

「わんこがねぇやにふたしちゃろ」という歌詞は、「わんこ=犬」「ねぇや=女性」と解釈すると、犬と交わり子供を作っていたと噂された「犬鳴村」の住人が、自虐的な意味を込めて歌ったのかもしれません。

作中で、「犬鳴村」の真実から目を逸らそうとする奏に、健司は「目を逸らすな、お前たちはそうやって都合の悪い事にはふたをする」と言い放ちますが、ダムに沈められ、村の存在すら無かった事にされた、健司をはじめとする「犬鳴村」の住人の、村を見捨てた人間への恨みが伝わる言葉です。

健司の言葉から、歌詞の中の「わんこ=村を見捨てた人間」と受け取ると、「村を見捨てた犬のような人間に、村をダムに沈められた(ふたをされた)恨み」が、この歌詞には込められているように感じ「犬鳴村」の住人の、強い怨念を感じますね。

さらに「あかごはみずにながしちゃろ」には、映画『犬鳴村』のクライマックスでの展開が示唆されています。

スポンサーリンク

奏が「犬鳴村」の血に目覚めた必然性

本作の後半で、奏は健司に導かれる形で、消えたはずの「犬鳴村」へ入っていきます。

そこで、奏の祖母の母親、奏からすると曽祖母にあたる、籠井摩耶と遭遇します。

奏は健司に、産まれたばかりの祖母を託され「犬鳴村」を脱出しますが、ここが「ふたしちゃろ」の歌詞、「あかごはみずにながしちゃろ」が現わす部分ではないでしょうか?

「水に流してでも、赤子だけは助けたい」という、「犬鳴村」の住人の想いをを感じます。

「犬鳴村」から脱出した奏は、隼人の家に辿り着き、現在の時間軸へと戻ってきます。

こうして、奏は「自身の血筋」と「犬鳴村の悲劇」を解き明かし、自分の存在意義に目覚めます。

本作のラストで、奏は突然、犬のような牙を見せます。

この時に「ふたしちゃろ」を奏が口ずさんでいる事から、奏は自身の血筋を受け入れ、「犬鳴村」の子孫として生きていく事を覚悟したと読み取れます。

そもそも、奏は作品の冒頭では「犬鳴村」の存在すら知らなかったのですが、兄の悠真が「旧犬鳴村トンネル」に足を踏み入れた事で、家族がおかしくなり、自身の運命と対峙する事になります。

もし悠真が「旧犬鳴村トンネル」に行かなくても、森田家は「汚れた血筋」と近隣の住人からは認識されていた為、奏は、いつかは自身のルーツについて、対峙する時をむかえていたでしょう。

つまり、奏が「犬鳴村」の血筋に目覚め「犬鳴村」の住人の恨みを背負い生きていく事は、必然的だったという事です。

まとめ


(C)2020「犬鳴村」製作委員会
映画『犬鳴村』を「先祖の霊」「ふたしちゃろ」「奏の血筋」から考察しましたが、本作は、まだ謎の部分が多く残っています。

まず、同じ血筋のはずなのに、何故、奏は助かり、兄の悠真は捕まってしまったのか?という部分ですが、これも奏は祖母のおまじないを受けたからという解釈が出来ます。

さらに物語の冒頭で「犬鳴村」の秘密を知る山野辺が「長女は感が鋭い」と言っていた事から、「犬鳴村」の女性には何かしらの能力があるのかもしれません。

また、奏が足を踏み入れた「犬鳴村」の正体も明確ではありません。

「旧犬鳴村トンネル」で、行方不明になった悠真と、奏の弟の康太が村に閉じ込められていたり、「犬鳴村」に足を踏み入れて亡くなってしまった明菜の幽霊が「犬鳴村」にいた事を考えると、奏は過去に戻った訳ではないのでしょう。

犬鳴村」は、住民の強い怨念から、時間や空間を超越した場所にあると解釈できます。

唯一、夜中の2時に現世に繋がってしまい、面白半分で足を踏み入れた者は生きては帰れないという、そんな存在ではないでしょうか?

作中で晃が「何故、トンネルを全部封鎖しないんだ?」と言っていますが、本当に何故なんでしょうか?

実際の「旧犬鳴村トンネル」も、封鎖しきれていないので、もしかすると「犬鳴村」の住人が誘っているのかもしれませんね。

ただ、絶対に入ってはいけません、復讐されますよ。

映画『犬鳴村』は、独特の世界観を作り上げているので、分かりやすく怖いホラー映画ではありません。

何度か鑑賞すると新たな発見があり、いろいろと深読みできるので、1度目で中盤以降の展開に混乱した方こそ、もう一度見返してほしい作品です。

関連記事

ホラー映画

映画『殺人鬼を飼う女』あらすじネタバレと感想。飛鳥凛の演技力を活かす官能ホラー

2019年4月12日(金)より公開の映画『殺人鬼を飼う女』 多重人格者である主人公の女性が、ある出会いをきっかけに生じた歪みによって狂わされてゆく姿を描いた官能ホラー映画『殺人鬼を飼う女』。 『女優霊 …

ホラー映画

映画『呪怨2020(The Grudge)』ネタバレあらすじと感想。結末をハリウッド版リブートはいかに描いたのか⁈

ハリウッド版『呪怨』新作映画『The Grudge(原題)』は2020年1月3日より北米公開 映画『呪怨 2020 (原題:The Grudge)』は、2004年に公開された清水崇監督のアメリカ版『T …

ホラー映画

映画『アナベル死霊博物館』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末はホラー版ナイトミュージアム⁉︎

映画『アナベル 死霊博物館』は2019年9月20日(金)よりロードショー。 2013年に第1作目が公開され、世界中のホラーファンを恐怖に陥れ魅了してきた「死霊館」シリーズ。 2019年、おなじみの怖く …

ホラー映画

ホラー映画『スクールズ・アウト』あらすじと考察。優等生の“怖い悪意”から破壊されていく日常と対立

「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画祭「シッチェス映画祭ファンタステック・セレクション」が、東京と名古屋、大阪で開催されます。 今回は「シッ …

ホラー映画

浅川梨奈映画トウキョウ・リビング・デッド・アイドル|あらすじとキャスト。

映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』は、6月9日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次ロードショー! SUPER☆GiRLSの2期メンバーとして活躍する浅川梨奈。彼女が演じる役は人気アイドルユ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP