Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/12/29
Update

映画『ザ・スイッチ』あらすじネタバレと感想解説。ハッピーデスデイの監督が手掛けた地上最悪の入れ替わり!

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『ザ・スイッチ』は2021年1月15日(金)全国ロードショー

『透明人間』『ゲット・アウト』などホラー、サスペンスの話題作やヒット作を数多手がけるジェイソン・ブラムが製作し、「ハッピー・デス・デイ」シリーズのクリストファー・ランドン監督が手掛けた『ザ・スイッチ』。

ホラーともコメディともいえるこの作品が、2021年1月15日に全国ロードショーされます。

魂が入れ替わった殺人鬼と女子高生。元の姿をとりもどそうとする殺人鬼の姿の女子高生と好き放題をしている女子高生姿の殺人鬼という2人の魂の争奪戦が、スプラッタ描写全開で描かれます。

キャスリン・ニュートンが女子高生に扮し、殺人鬼と入れ替わり後は手当たり次第に殺戮を企てる悪役を熱演。一方、中身は女子高生で自分の身体を取り戻そうする殺人鬼をビンス・ボーンが演じています。

スポンサーリンク

映画『ザ・スイッチ』の作品情報

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
FREAKY

【脚本】
クリストファー・ランドン マイケル・ケネディ

【監督】 
クリストファー・ランドン

【製作】
ジェイソン・ブラム

【キャスト】
ヴィンス・ボーン、キャスリン・ニュートン、セレスト・オコナー、ミーシャ・オシェロヴィッチ

【作品概要】
『パラノーマル・アクティビティ』(2007)「死霊館」シリーズのブラムハウス・プロダクションの最新ホラー映画。呪いの短剣で魂と体が入れ替わった殺人鬼と女子高生の対決を描きます。殺人鬼ブッチャーにヴィンス・ボーン、女子高生のミリーをキャスリン・ニュートンが演じています。

映画『ザ・スイッチ』のあらすじとネタバレ

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

その町では、巨漢の殺人鬼“ブッチャー”の存在が半ば都市伝説化しながら恐れられていました。

ある晩、両親の留守をいいことに楽しんでいる高校生カップルをブッチャーが襲撃、4人もの若者が惨殺される事件が起きます。

一方、同じ高校の女子高生のミリーはクラス仲間から外れていて、学校では憂鬱な日々を何とかやり過ごして過ごしていました。

家では夫の死を受け入れられず酒に溺れる母と姉が喧嘩を繰り返し、学校ではクラス仲間からの嫌がらせのターゲットに。親友のナイラ、ジョシュとなんとか日々を過ごしていました。

アメフトの試合の夜、着ぐるみに入って応援をしていた帰り、ミリーは母からの迎えを待っていましたが、母は泥酔して寝込んでいました。

夜遅い時間一人寂しく立ちすくんでいたミリーに、巨漢の殺人鬼ブッチャーが襲い掛かります。彼の手にはアステカの短剣という呪われた凶器が握られていました。

つかみ合いになって肩口を刺されるミリー。絶体絶命のところで、警官でもある姉が駆けつけます。ブッチャーは逃げ出し、ミリーは意識を失います。

翌日、13日の金曜日。ミリーが目覚めると違和感を感じます。なんとミリーとブッチャーの魂が入れ替わっていたのです。

目覚めていきなり女子高生になっていたブッチャーも当初は戸惑いますが、魂が入れ替わったことを活かし、女子高生のミリーとして凶行を重ねます。

一方、ブッチャーとして目覚めたミリーは戸惑いを隠せません。何とか街へ出ていきますが、ブッチャーの姿を見た街の人々は悲鳴を上げて逃げ回ります。こっそり高校に忍び込んだブッチャーの姿のミリーは、ナイラとジョシュに「自分はミリーだ」と訴えます。

何とか信じてもらったミリー。現在の状況が起こった原因を調べる中で、ブッチャーの持っていたアステカの短剣へとたどり着きます。そして短剣が魂の入れ替わりの原因そのものであり、24時間経ってしまうと二度と元に戻らないということを知ります。

殺人鬼として警察に追われながらも、ミリーはなんとか短剣を手に入れて自分の姿をしたブッチャーと入れ替わるためにパーティ会場に潜り込みます。

以下、『ザ・スイッチ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・スイッチ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

校内で、そしてパーティー会場で凶行を繰り返すミリーの姿をしたブッチャー。

周りから殺人鬼だといわれ、周囲の人々や警察から追われながらもそのブッチャーを追いかけるミリー。

ジョシュやナイラの協力で、ミリーの身体を抑えつけたブッチャーはアステカの短剣を刺します。

残り数分のタイミングで魂の入れ替わり果たしたミリーは自分の身体を取り戻します。

その直後にブッチャーを追いかけてきた警官たちが発砲、ブッチャーは凶弾に倒れます。息も絶え絶えのブッチャーを運ぶ警察車両、車内のモニターでブッチャーの心拍停止を告げます。

しかし、彼の指からセンサーが外されていました。

無事、身体を取り戻し家に帰りついたミリーはやっと一息つくことができました。しかし、その夜、家のドアが開いていていることに気がついたミリーは不安に駆られます。

その直後、ブッチャーが襲い掛かってきました。巨漢の殺人鬼が暴れまわる中で母と姉と協力したミリーはブッチャーに対抗、最後は心臓を突きさしてとどめを刺しました。

スポンサーリンク

映画『ザ・スイッチ』の感想と評価

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

映画はシンプルなB級スプラッタコメディです。ブラムハウス作品を含めてちょっと捻ったホラーが多かった中で、逆に新鮮に感じるほどです。

クリストファー・ランドン監督はこれまで『パラノーマル・アクティビティ』のプロデュース・脚本、「ハッピー・デス・デイ」シリーズなどといった変化球ホラーを手がけ続けていましたが、本作は一転してクラシックなスプラッタホラーに仕上がっています。

特に、冒頭のブッチャーの強襲シーンは80年代のスプラッタホラー、スラッシャーホラーを感じさせるつくりになっていて、ジャンルファンには嬉しい展開が続きます。

行き過ぎた恐怖は笑いに転じるのはサム・ライミ監督の「死霊のはらわた」シリーズなどで証明されていますが、本作もまた途中からコメディとホラーを行ったり来たりします。

これは偏にヴィンス・ボーンという名バイプレイヤーのおかげといえるでしょう。本作を見たスティーヴン・キングも「ヴィンス・ボーンはアカデミー賞級」とまで持ち上げているほどです。

そこまではいかないまでも、心は女子高生な中年巨漢(身長190センチ以上!!)の殺人鬼というややこしいキャラクターを見事に演じています

まとめ

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

今やホラー映画の製作会社として最も信頼度が高い、ブラムハウス・プロダクション「パラノーマル・アクティビティ」シリーズ、「死霊館」シリーズなどで成功をおさめ『ゲット・アウト』や2020年公開の『透明人間』などなどクラシカルなホラーを現代的にアップデートし続け、話題作を量産し続けています。

監督のクリストファー・ランドンはその屋台骨の一人です。もちろんブラムハウス・プロダクションのジェイソン・ブラムがプロデュースにクレジットされています。

ある種の品質保証のついたスプラッタホラー、スラッシャー、そしてブラックコメディ映画として『ザ・スイッチ』はお薦めの一本です。




関連記事

ホラー映画

映画『ハッピーボイスキラー』感想とラスト考察。動画無料視聴方法も

アメリカ版ポケットモンスターにて、ピカチュウの声優を担当することが決まったライアン・レイノルズ。 デッドプールでやりたい放題のうえ、愛嬌あるピカチュウを演じるなんて…と、考えるだけで不安な方の気持ちを …

ホラー映画

映画『ペット・セメタリー 』感想とレビュー評価。名作ホラーのリメイクでガチ怖い「深みと強さ」が増した死よりのメッセージ

映画『ペット・セメタリ―』は2020年1月17日(金)より全国ロードショー! 先住民によって語り伝えられてきた秘密の森、そこに死体を埋めれば生き返ってくる。そう信じた父は娘を森に運びました。それが惨劇 …

ホラー映画

【来るネタバレ映画解説】霊能者の比嘉琴子(松たか子)は何故ムシを吐いたか。考察で見つけた幼虫の意味とは

2018年12月7日(金)より公開された中島哲也監督のホラー・エンターテイメント作品『来る』。 独特の作風で人気を誇る中島哲也監督が、「第22回日本ホラー小説大賞」を受賞した澤村伊智の原作『ぼぎわんが …

ホラー映画

『アナベル死霊館の人形』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

恐怖、その原点へ…。大人気シリーズ「死霊館」のアナベルシリーズ1作目『アナベル 死霊館の人形』。 本作はシリーズ1作「死霊館」にて冒頭に登場した人形、「アナベル」にフィーチャーされたスピンオフ作品です …

ホラー映画

映画『アンテベラム』ネタバレあらすじ感想と結末の内容解説。反戦スリラーでジャネール・モネイが熱演!

黒人奴隷の脱出物語を描いた反戦スリラー『アンテベラム』 『アンテベラム』は、『ゲット・アウト』(2017)、『アス』(2019)の製作者ショーン・マッキトリックが、製作者として戻ってきたホラー映画。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学