Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『ドント・ヘルプ』あらすじネタバレと感想。悪魔祓いをモチーフに信仰心と人間性に問いかけた異色作

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

上院議員の家に強盗に入った、3姉妹が遭遇する恐怖を描いたホラー映画『ドント・ヘルプ』

『グリーン・インフェルノ』や『ノック・ノック』などで知られるイーライ・ロス監督の作品の脚本を手がけ、監督から最も信頼する右腕と言われていた脚本家ギジェルモ・アモエド。

ギジェルモが自ら脚本と監督を務めた本作『ドント・ヘルプ』をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ドント・ヘルプ』の作品情報


D.R. (C) NOVILUNIO PRODUCCIONES S.A. DE C.V. Mexico 2018

【公開】
2018年12月1日(メキシコ映画)

【原題】
El habitante

【監督・脚本】
ギジェルモ・アモエド

【製作】
ロドリゴ・ベロット

【キャスト】
マリア・エボリ、バネッサ・レストレポ、カーラ・アデル、フラビオ・メディナ、ガブリエラ・デ・ラ・ガルザ、フェルナンド・ベセリル、リズ・ディエッパ

【作品概要】
『グリーン・インフェルノ』(2013)『ノック・ノック』(2015)の脚本家で知られる、ギジェルモ・アモエド監督作。

シッチェス・カタロニア映画祭など、数々の映画祭で評判となった作品で、日本では「のむコレ2018」(2018年12月3日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋)上映された作品。

映画『ドント・ヘルプ』あらすじ


D.R. (C) NOVILUNIO PRODUCCIONES S.A. DE C.V. Mexico 2018

メキシコの上院議員、ホセの家に強盗に入った、カミラとアニータ、マリアの三姉妹。

アニータは車に残り、カミラとマリアが侵入、事前に屋敷内の情報を得ていた為、強盗は簡単に終わるはずでした。

ですが、金庫の中に現金が入っていなかった事で、計画が失敗します。

マリアは逃げる事を提案しますが、カミラは脅されており、現金を持っていかないと、自身の命が危ない状況になっている為、マリアの提案を拒否します。

一方、妻のアンジェリカが物音に気づき、ホセは拳銃を片手に屋敷内を探索しますが、カミラに捕まります。

ホセとアンジェリカは、カミラに脅され現金を渡しますが、想定より金額が少ない事に腹を立てたカミラは、ホセとアンジェリカを縛り上げます。

カミラの質問に、ホセは「金は無い」の一点張り、逃げることを提案するマリアを無視し、カミラは屋敷内を探索し、地下室に入ります。

地下室に、拘束具で縛り付けられている少女の姿を見たカミラは、マリアを連れて助けに向かいますが、ホセとアンジェリカは「外に出すな!」と必死で止めます。

カミラとマリアは、少女を救い出し、車椅子に乗せて地下室から連れ出します。

少女を外に出す事を必死に止める、ホセとアンジェリカの夫婦とカミラは口論になりますが、その間に少女が姿を消します。

カミラとマリアは、アニータと共に、姿を消した少女の探索を開始しました。

屋敷の中で少女を探すマリアは、寝室で首の無いキリスト像を発見します。

蘇る、マリアの過去。

幼い頃のマリアは、厳格なキリスト教徒の父親に、神への祈りを強要させられ体罰を受けていました。

父親への怒りをキリスト像へ向け、マリアはキリスト像を床に叩きつけ、首の無い状態にした事がありました。

我に帰ったマリアは、カミラから少女を発見したと連絡を受けますが、今度はアニータが行方不明になります。

マリアとカミラは再び屋敷内を探索、マリアはシャワールームで、何かに怯えた様子のアニータを発見します。

アニータがいた事を、カミラに報告しようとするマリア、その瞬間、庭からカミラの悲鳴が聞こえます。

庭に駆けつけたマリアは、何かに怯えた様子のカミラを発見します。

カミラが指す方向に目を向けるマリア。

そこには、アニータの死体がぶら下がっていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドント・ヘルプ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドント・ヘルプ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

アニータの死に混乱する、カミラとマリア。

カミラはホセとアンジェリカに詰め寄りますが、少女がゆっくりと口を開きます。

少女が語るのは、カミラの過去で、父親に虐待を受けながら信仰を強要されていたマリアを救う為、カミラはゴルフクラブで父親を殴打し殺害しました。

全てはマリアを守る為でしたが、裁判ではマリアはカミラを裏切り、父親に有利な証言をしました。

マリアの証言により、8年間、刑務所に収監されていたカミラは激怒します。

ホセとアンジェリカは「そいつの言うことを聞くな!」と忠告し、マリアは「母親に強要された」と、裁判での証言について説明しますが、カミラはマリアに暴行を加え、屋敷から出て車で走り去ります。

車を走らせていたカミラは、アニータと父親の幻覚を見て動揺し、運転を誤り事故死。

屋敷に残されていたマリアは、縛られていたホセとアンジェリカを開放し、少女に起きた事を聞きます。

生まれてすぐに歩けなくなった少女は、ある日突然、自分の力で歩き出すようになりました。

当初は、少女の回復を喜んでいた夫婦でしたが、少女の中に何者かが入り込んだ事に気づきます。

そして、7時間後に、悪魔祓いがバチカンから到着する事になっていました。

マリアは、ホセとアンジェリカと共に、再び少女を地下室に縛り付けますが、その直後、ホセに頭部を殴られマリアは気絶します。

次の日、バチカンから来た神父、ペドロを向かい入れるホセ。

ペドロは早速、少女の中に入った、悪魔を払う儀式を開始します。

しかし、ペドロはホセによって捕まります。

ホセとアンジェリカは、少女の中にいる悪魔と交換条件を結んでいました。

悪魔との契約を、ペドロは必死で止めようとします。

そして、少女も悪魔に抵抗し「こいつを外に出すな!」と訴えますが、再び悪魔に意識を乗っ取られます。

一方、椅子に縛られた状態のマリアは、過去に信仰を強要しながら、自分を虐待していた父親の幻覚を見ます。

意識を取り戻したマリアは、悪魔祓いの儀式が行われている地下室を目指しますが、物音に気付いたホセに捕まります。

ホセに地下室へ連行されたマリア、そこではペドロが拘束されている光景を目にします。

マリアはホセに抵抗しますが、逆に倒されて首を絞められます。

意識を失いかけたマリアですが、アンジェリカがホセを撃ち殺し「娘を頼む」と言い残し、自らの頭を撃ち抜きます。

ペドロを救ったマリアは、2人で儀式の続きを行いますが、悪魔は「本当の悪はペドロだ」と言い放ち、ペドロの心を惑わし、マリアにも幻覚を見せて心を揺さぶろうとします。

我に返ったマリアは、少女にペドロが襲われている光景を目にします。

ペドロを救い、儀式を続けようとしますが、ペドロに儀式を行う体力が残されておらず、全てはマリアに委ねられます。

悪魔祓いの呪文を読み上げるマリアに、悪魔は再び攻撃を仕掛け、強烈な叫び声を出します。

マリアの前には、返り血を浴び、ゴルフクラブを持っているカミラが立っています。

カミラに許しを請うマリアですが、カミラから奥の寝室に行くように伝えられます。

寝室に行くと、そこで待っていたのは父親で、自らの罪を認め、マリアに謝罪します。

父親の謝罪を受けたマリアは、父親を許します。

我に返ったマリアは、悪魔祓いの呪文を最後まで読み上げます。

少女は大量の赤い液体を吐き出し、元に戻りました。

悪魔祓いが成功した瞬間です。

3週間後、自宅でバチカンの次の教皇が、ペドロに決まった事を報じるニュースが流れていました。

ニュースを笑顔で眺めていたマリアは、次第に必死の形相で、神への祈りの言葉を唱えるようになります。

ニュース映像に映されたペドロの目は、明らかに異常な光を発していました。

スポンサーリンク

映画『ドント・ヘルプ』感想と評価


D.R. (C) NOVILUNIO PRODUCCIONES S.A. DE C.V. Mexico 2018
屋敷に侵入した3姉妹が、恐怖に遭遇するという内容と『ドント・ヘルプ』というタイトルから、2016年に公開された、泥棒に入った若者たちが、元軍人に襲われるホラー映画『ドント・フリーズ』みたいな内容かと思ったら、まさかの悪魔祓い映画でした。

これまで、数々の悪魔祓い映画が登場しましたが、本作の特徴は、主人公のマリアが、父親へのトラウマから、神を心から信じられないという設定にあります。

マリアへ体罰を与える、熱心なキリスト教徒である父親は異常に見えるかもしれませんが、聖書には以下のように記されています。

【新改訳改訂第3版】箴言 13章24節
むちを控える者はその子を憎む者である。
子を愛する者はつとめてこれを懲らしめる。

【新共同訳】箴言 13章24節
鞭を控える者は自分の子を憎む者。
子を愛する人は熱心に諭しを与える。

つまり、3姉妹の父親は、子供への愛情が強かったが為に、信仰を共用し体罰を与えていた事になります。

神の教えに従っている為、迷いは無かったでしょう。

父親に精神的に追い詰められ、キリスト像を叩き壊すまでに神を恨んでいたマリアが、神の力を頼り悪魔祓いを行う事になるのは、皮肉な展開と言えます。

また、通常の悪魔祓い映画なら、悪魔を退治して終わりなのですが、ここから一捻りあるのが、この作品の面白い所です。

ラストで、バチカンの新たな教皇に就任したペドロは、神の教えに則った演説をしますが、その目は明らかに異常で、自身の価値観を、絶対的に正しいと信じている、危険な雰囲気を醸し出しています。

それは、神の教えを全く疑わず、子供達に虐待をしていた、3姉妹の父親のようでもあります。

本作は、悪魔祓いをモチーフにしながら、信仰心と人間性のバランスを問いかけているという、異色の作品となっています。

まとめ


D.R. (C) NOVILUNIO PRODUCCIONES S.A. DE C.V. Mexico 2018
本作に登場する悪魔も、他の作品とは違う印象を受けます。

通常は人間を騙して、心を惑わせるタイプの悪魔が映画などには多く登場する印象ですが、本作の悪魔は「人が罪悪感を持ち、忘れたり隠しておきたい過去」の、真実のみを語ります。

忘れたい過去を客観的に、しかも本人さえも知らなかった真実まで語ってくる為、心が乱されるのは当然でしょう。

綺麗で真っ当な人生を送っていれば問題無いですが、そんな人間がいる訳もなく、悪魔祓いの神父ペドロですら、過去を語られ苦しみ始めるシーンがあります。

神の信仰は「理想」を語り、悪魔は「現実」を語る。

このバランスもまた、人間には大事なのかもしれません。

本作は、後半は悪魔祓いの展開となりますが、前半は人間のうめき声が聞こえてきたり、画面の端に人影が映ったりと、日本のホラー映画の影響を感じます。

前半と後半で、異なるテイストのホラーを楽しめ、人間の内に秘めた危うさも描く映画『ドント・ヘルプ』。

2018年12月3日より、シネマート新宿の特集企画「のむこれ2018」にて上映中です。

関連記事

ホラー映画

映画『怪怪怪怪物!』ネタバレ感想と結末までのあらすじ紹介。学園ホラーをギデンズ・コー監督のオリジナル脚本で描く

“怪物”が学校にやってきた!いじめられっ子のリンはいじめっ子達の悪事に巻き込まれ、ひょんな事から怪物を捕まえます。 怪物を中心に少しずつ変わっていく彼らの日常。果たしてリンはいじめっ子と和解できるのか …

ホラー映画

新感染ファイナルエクスプレスのネタバレと感想!考察も【韓国映画】

生か死か!? 時速300km超のノンストップ・サバイバル! 韓国映画『新感染ファイナル・エクスプレス』が上映中。 カンヌ国際映画祭をはじめ各国の映画祭で絶賛され、ハリウッドリメイクも決定! 超弩級のア …

ホラー映画

映画『心魔師』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【今野恭成監督作品】

座敷牢の少女が『メリーさんのひつじ』を口ずさむ時、世界は歪み、見てはいけないものが現れる…。 若き才能・今野恭成監督によるサイコホラー『心魔師』をご紹介します。 中国主導による日中若手映画人合同プロジ …

ホラー映画

バイバイマンあらすじネタバレと感想!実話って本当?ラスト考察も

7月8日より東京・ヒューマントラスト渋谷ほかで上映中のホラー映画『バイバイマン』。 その謎の存在の名を知るだけで呪われると言う異色ホラーは全米公開初登場第2位獲得!バイバイマンとは一体何者なのか? 考 …

ホラー映画

おすすめホラー映画『カッターヘッド 真夜中の切断魔』ネタバレ感想。ピニョフスキ姉妹の演技力に注目

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 その第5弾、最後を飾る作品が『カッターヘッド 真夜中の切断魔』です。 …

【完成披露試写会プレゼント】映画『空母いぶき』50組100名様ご招待(4/22東京国際フォーラム ホールA)
【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP