Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

Entry 2019/03/29
Update

映画『ダンボ』あらすじネタバレと感想。実写2019版でティムバートンが贈るメッセージとは

  • Writer :
  • もりのちこ

大きすぎる耳を持ったダンボ。
その耳には奇跡を起こす力がありました。

世界中で愛されるディズニーの名作アニメ―ション『ダンボ』を実写化

この名作を『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』のファンタジーの鬼才ティム・バートン監督が実写映画化しました。

アニメから飛び出した「ダンボ」は、本物のゾウの子供のよう。表情豊かに動き回ります。その愛くるしさに、子供も大人も「ダンボ」に夢中になることでしょう。

そして、豪華キャストによるサーカス団の華麗なショーも見どころです。

出来損ないと言われたダンボが、母親へ会いたい一心で空を飛ぶ。ゾウも人間も母を思う気持ちは一緒です。

親子愛と友情、仲間との絆を描いた実写映画『ダンボ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ダンボ』の作品情報


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督】
ティム・バートン

【キャスト】
コリン・ファレル、マイケル・キートン、ダニー・デビート、エヴァ・グリーン、アラン・アーキン、ニコ・パーカー、フィンリー・ホビンス、ジョセフ・ギャット、デオビア・オパレイ、シャロン・ルーニー、マイケル・バッファー、ラース・アイディンガー、ロシャン・セス

【作品概要】
1941年に製作されたディズニー・アニメーションの名作『ダンボ』の実写映画化です。

監督は、『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』と、個性豊かなキャラのファンタジックな世界を作り上げて来た鬼才、ティム・バートン監督。

ディズニー×ティム・バートンの最強タッグが、アニメの「ダンボ」に命を吹き込みます。

個性豊かなサーカス団員には、ダンボの世話係ホルト役にコリン・ファレル。空中ブランコのスター、コレット役にエヴァ・グリーン。ダンボを金儲けの道具にしようとする悪者ヴァンデヴァー役には、マイケル・キートンと、華やかな面々が顔を揃えます。

映画『ダンボ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

「メディチ・ブラザーズ・サーカス団」は、汽車で各地を巡る移動式サーカス団です。

汽車は、今度の公演先ジョプリン駅に到着しました。テントを張っていく団員たち。

サーカス団で育ったミリーとジョーの姉弟は、この駅でもうひとつ楽しみがありました。それは、戦争に行っていた父親が帰ってくることです。

駅に父親を迎えに行く子どもたち。そこには、片腕を失くした父親・ホルトの姿がありました。父の変わり果てた姿にショックを受ける子どもたち。

ミリーとジョーは、父親のホルトがいない間、母親を病気で亡くしていました。妻の最期を看取れなかったホルトもまた、悲しみの中にいました。

それでも家族の元へ、サーカス団に戻ってきたホルトは、カウボーイとして名を馳せていた当時のようにショーへの復帰を望みます。

しかし「メディチ・ブラザーズ・サーカス団」は、以前と違っていました。時代と共に移動式サーカスの人気は薄れ、スターの不在に、経営不振、ホルトの馬たちも売られていました。

団長のマックス・メディチは、そんなホルトに「腕がないと子供たちが怖がるから」と、ゾウの世話係を申し付けます。

ゾウのジャンボは妊娠中でした。ある時、小屋から出たがらないジャンボが騒動を起こします。駆けつけるホルトと子供たち。

ゾウの小屋の中には、藁に隠れた子供のゾウの姿がありました。藁を取り除いてみると、中から現れたのは、耳が異様に大きな子供のゾウでした。

可愛い子供のゾウの誕生をネタに人を集めようと意気込んでいた団長のメディチは、耳の大きすぎる子ゾウを見て、出来損ないが生まれたと手のひらを返します。サーカスには耳を隠して登場させろと無茶ぶりです。

母親ゾウのジャンボとも別々にされたジャンボ・ジュニアの元に、ミリーとジョーが元気づけにやってきます。「見た目は関係ない。みんな家族よ」。

子供同士で遊んでいるうちに、ジャンボ・ジュニアが、ジョーが落とした羽根を鼻に吸い込んでしまいます。くしゃみが出そうでムズムズ。

次の瞬間、ジャンボ・ジュニアが耳を羽ばたかせ浮かびあがります。驚くミリーとジョー。慌てて大人たちに知らせるも、誰も信じてくれません。

さていよいよ「メディチ・ブラザーズ・サーカス団」の公演日です。村のあちこちから大勢のお客さんが集まってきました。

今回はジャンボ・ジュニアのお披露目もあります。帽子をかぶり大きな耳を隠したジャンボ・ジュニア。初めて目にする風景にどこか不安げです。

舞台に上がるジャンボ・ジュニアは、お客さんの服についた羽根が気になり、思わず吸い込んでしまいます。くしゃみで吹き飛ぶジャンボ・ジュニア。隠していた大きな耳が現れます。

お客さんは驚き、サーカス団員たちもパニックに。ジュニアの子供で間抜けなゾウ「ダンボ」だと大騒ぎになります。

さらに、自分の子供を守ろうと母親ゾウのジャンボが登場。サーカス公演はめちゃくちゃに終わりました。

ジャンボは檻に閉じ込められます。母親を思い泣くダンボ。小屋を抜け出し、母親のいる檻に向かいます。鉄格子から鼻を出し絡ませ合う親子ゾウ。いつまでも鳴き声は止みませんでした。

売り飛ばしが決まったジャンボ。お別れの日です。

落ち込むダンボに、ミリーは鍵型のネックレスを見せます。「人生には扉が閉まって開かない時がある。そんな時、この鍵を使って開けなさい」と、亡くなった母からもらった形見でした。

大丈夫、扉は開くわ。ダンボを慰めるミリーとジョー。2人は自分たちとダンボを重ねていました。

ミリーは、ダンボの空を飛べる芸でお金を稼げば、ジャンボを取り戻せると考えます。しかし、ダンボはまだ自分で飛ぶことが出来ません。

サーカス公演は続きます。姿がバレたダンボは、ピエロゾウとして火消しのショーを担当することに。ホルトと共にピエロに扮し、面白おかしく振る舞います。

台に乗せられ、高い所へ上げられるダンボ。不安で目が潤みます。みごと役目を果たすも、思わぬ事件が発生し、ダンボは上に置き去りに。

誰もが息を飲むシーンです。子供たちも下から見守ります。「ダンボ。飛んで」。

ステージの頂上に取り残されるダンボに、さらに火の粉が襲います。

ミリーはダンボを救うため、羽根を持ち、掛けられた梯子を上っていきます。

羽根を目にしたダンボは、落ちるように飛び出します。不器用ながらも一生懸命、耳を動かし羽ばたくダンボ。

観客は飛ぶゾウを目の前にし、興奮と喜びで沸き上がります。奇跡のゾウ、ダンボ誕生の瞬間です。

空飛ぶダンボのうわさは、あっという間に世間に広まり、サーカスは大繁盛です。

そこに、ニューヨークで巨大テーマパーク「ドリームランド」を経営するヴァンデヴァーがやってきます。

ヴァンデヴァーは、ダンボに目を付け、金儲けをしようと策略を巡らせていました。ヴァンデヴァーは、メディチ団長を「移動式サーカスではなく、皆に家とステージを用意する」と誘惑し、協同経営を申し込みます。

誘惑に乗ってしまうメディチ団長。「メディチ・ブラザーズ・サーカス団」は、ドリームランドに定住することになりました。

ホルトの家族にも家が与えられました。ダンボも一緒に引っ越しです。

以下、『ダンボ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダンボ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

ドリームランドでのダンボのショーは、サーカスのメインです。空中ブランコの看板スター・コレットを乗せ、テントの中を飛び回る演出です。

ダンボは人を乗せたことがありません。それでもショーの成功のため、ホルト親子と練習を頑張るダンボ。ミリーやジョーとは本当の姉弟のようです。

いよいよドリームランドでのデビューの日です。たくさんの観客を前に、緊張するダンボでしたが、見たことのないシャボン玉に驚き、楽しい音楽にノリノリです。

ダンボの乗った台がせり上がります。コレットもまた空中ブランコでダンボの元へ。

下を見下ろすと、あるはずのネットが敷かれていません。落ちたら大変なことに。異変に気付いたホルトは、ネットを張るように指示するも、ヴァンデヴァーの命令だと断られます。

覚悟を決め、羽根をみせるコレット。ダンボは、羽根を吸うも、飛ぶことが出来ません。バランスを崩し、コレットが落ちてしまいます。ロープを投げ、間一髪救い出すホルト。

ダンボも今にも落ちそうです。足を踏み外すダンボは、落ちながらどうにか飛ぶことに成功します。しかし、そのまま外へと飛び出してしまうダンボ。

ダンボは、テーマパーク内を飛び回り、ある檻の前にやってきます。ナイトメアゾーンは、凶暴な動物たちが檻の中で見世物になっていました。

ナイトメアゾーンの檻には、ダンボの母親・ジャンボがいたのです。母親の声を聞いて飛び出したダンボ。怖そうなメイクをされ、檻に閉じ込められた母親とダンボは対面します。

悲し気なダンボ。ヴァンデヴァーの追っ手に連れ戻されてしまいます。

ダンボの母親ゾウ・ジャンボの存在を知ったヴァンデヴァーは、「子供の成長に親の存在は邪魔だ」とジャンボを処刑するよう命じます。

残酷な指示に、ミリーとジョー、サーカス団の大人たちも反対します。しかし、ヴァンデヴァーは、メディチサーカスの団員、全員に解雇を申し付けます。雇う期限の約束はしていないと冷めた態度のヴァンデヴァー。

サーカスの仲間たちが最後のお別れにダンボの所に集まります。憔悴するダンボの姿に皆、胸を痛めます。そこには、ヴァンデヴァー側だったコレットの姿もありました。

ホルトは皆の前で決意します。「ジャンボとダンボを故郷に帰す」と。その意見に一致団結する仲間たち。計画は実行へと移されます。

失敗は許されない2回目のショーの日。ダンボとコレットは、ステージへと上がります。

そのころ、サーカスの仲間たちは、母親ゾウのジャンボの奪還へと動いていました。みごとなチームワークで運送トラックをハイジャックした団員たち。テーマパークの入り口のゲートが開くのを待ちます。

その頃、ホルトはサーカスのテントの外にいました。張られた布を切り裂き、ダンボの脱出経路を作るためです。

片腕で登っていくホルト。ジャンボの脱走に気付いたヴァンデヴァーの手下に見つかってしまいます。そこにやってきたのは、メディチ団長でした。メディチ団長もまたヴァンデヴァーのやり方を許せなかったのです。

無事、テントに切れ目が出来ました。テントの中では、ショーがクライマックスへと向かっていました。「母親に会いたい」コレットを背に乗せ、飛ぶことに成功したダンボ。布の切れ目から外へ脱出します。

ダンボたちは、テーマパークの発電室に向かい、外へのゲートを開けます。そこへ怒り狂ったヴァンデヴァーが到着。暴れたことで、テーマパークは火の海へ。

火事の騒動の中、無事ジャンボの元へたどり着くダンボ。さぁ、あとは一緒にトラックに乗って港へ向かうだけです。

しかし、サーカスのテント内ではヴァンデヴァーの手下たちに、ミリーとジョーが捕まってしまいました。

ホルトは昔を思い出し、馬に飛び乗ります。片腕でも立派なカウボーイです。火の粉が舞うサーカス会場へ乗り込み、子供たちの救出に成功します。しかし、火の手が回ったテント内に取り残されてしまいます。

ホルト親子がテントに取り残されていることを察したダンボは、母親の元を離れ、友達の救出に向かいます。

途中で水を鼻に汲み、テントの中へと飛び降ります。ダンボの登場で喜ぶ子供たち。どうにか脱出するも、追っ手が待ち構えます。

ホルトは、ミリーとジョーをダンボの背に乗せます。「ダンボ、2人を頼んだ」。

羽根がないと飛べないダンボ。ミリーは、母親の形見の鍵を見せます。「大丈夫、飛べるわ」。

ダンボは、みごと空へと飛びあがります。友達を乗せ、空を飛ぶダンボ。そこにはもう迷いはなさそうです。

ホルトも馬で、後を追いかけます。港では、ジャンボとサーカス団の皆、コレットが待っていました。ダンボと子供たち、ホルトも合流します。

抱き合うダンボとミリー、ジョー。お別れの時です。寂しそうに船に乗っていくダンボ。でも、これからはずっと母親と一緒です。

ジャンボとダンボが去った「メディチ・ブラザーズ・サーカス団」は、移動式の小さなサーカス団に戻りました。規模は小さくても、愛情あふれるショーはパワーアップしているようです。

ミリーの科学館では、空飛ぶゾウの映画上映が行われています。カウボーイショーでは、小さなカウボーイ・ジョーの登場です。そして、片腕のカウボーイ・ホルトの背中には、美しいコレットの姿がありました。

一方、ジャングルの奥地では、寄り添い歩く親子ゾウの姿が。2頭がたどり着いた水辺には、多くのゾウの群れが見えました。

そして、空を自由に飛び回るダンボの姿があります。大きな耳を羽ばたかせ、自然の中を思いっきり楽しんでいるようです。

スポンサーリンク

映画『ダンボ』の感想と評価


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
ディズニー・アニメーションの名作「ダンボ」を、ティム・バートン監督が実写映画化。命が吹き込まれた「ダンボ」が、表情豊かに飛び回ります。

CGで表現されたダンボは、リアルなゾウの赤ちゃんのようでいて、表情がある可愛らしい見た目となりました。

大きい耳を揺らしながら歩く姿は、現実社会にもすんなり溶け込んでいます。

母親ゾウと離され、耳をたらし落ち込むダンボ。子供たちと好奇心旺盛に遊ぶダンボ。サーカスの音楽に瞳を輝かせノリノリのダンボ。そして、大きな耳をバッサバサと羽ばたかせ飛ぶダンボ。ダンボの魅力が満載です。

檻に閉じ込められた母親ゾウ・ジャンボと、鼻をからませ合い悲し気に泣くシーンは、特に印象的でした。人間もゾウも、母親が恋しい気持ちは一緒です。

そして、ラストシーンでの自然の中を伸び伸び飛び回るダンボの姿に、誰もが笑顔になることでしょう。

また、この物語はサーカス団の物語でもあります。そこには、人も動物も家族のような絆がありました。

見た目は関係ない、それぞれの個性を活かし、人を楽しませるサーカス団。夢と希望を観衆に与えます。数々の華やかなショーもみどころです。

まとめ


(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』のファンタジーの鬼才ティム・バートン監督が実写化したディズニー映画『ダンボ』を紹介しました。

CG技術により「ダンボ」がリアルに蘇りました。キラキラな瞳に、感情が分かる表情、そして愛くるしい動きで魅了します。

大きすぎる耳ゆえに、出来損ないと言われるダンボ。しかし、ダンボの一途で純真な思いが奇跡を呼びます。

誰もが特別な存在なのです。「そのままでいい」ティム・バートン監督のメッセージが伝わってきます。

子供も大人も楽しめる作品です。ぜひ、ご家族でご覧ください。

関連記事

ファンタジー映画

映画『ゆれる人魚』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回ご紹介するのは美しい伝説の生き物を主人公にした、ポーランド発の映画『ゆれる人魚』(2015)です。 アンデルセンの童話『人魚姫』に依ったストーリーながら少々グロテスクで哀しい、大人のためのおとぎ話 …

ファンタジー映画

映画『神様メール』動画無料視聴はHulu。ネタバレあらすじと考察

もしも、神様が限りなく今の人間に近い生活を送っていたら…? そんな設定の下、新約聖書をテーマに、キュートな女の子が人間界に余命宣告のメールを一斉送信するという、鬼畜生な展開でありながら、どこかシュール …

ファンタジー映画

【実写映画アラジン2019】ネタバレ感想と吹き替え評価。最新技術で蘇る名作!

実写版で蘇る不朽の名作『アラジン』 『シンデレラ』(2015)や『美女と野獣』(2017)など、ディズニーは名作アニメの実写化に力を入れており、その多くが最新のCG技術や俳優の巧みな演技によって大絶賛 …

ファンタジー映画

ゴーストスクワッドあらすじとキャスト【ノーメイクス映画】

松尾スズキが主宰する劇団「大人計画」の役者でありながら、映画監督として、キッチュでパワフルな独自の世界観が、常に全壊すぎる映画を世に贈けてくれる日本映画界の秘宝・井口昇監督。 『変態団』『キネマ純情』 …

ファンタジー映画

映画『いなくなれ、群青』あらすじネタバレと感想。横浜流星が原作の世界観を実写化させた新境地

映画『いなくなれ、群青』は2019年9月6日(金)より全国ロードショー公開! 河野裕の人気小説シリーズの第一作『いなくなれ、群青』が初の実写化。 主演を務めたのは、今乗りに乗っている人気若手俳優・横浜 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP