Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/10/23
Update

映画『空に住む』あらすじネタバレと感想内容。三代目JSB主題歌の世界観を多部未華子×岩田剛典で描く

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『空に住む』は、2020年10月23日(金)からロードショー

映画『空に住む』は、『EUREKA ユリイカ』の青山真治監督が7年ぶりに長編映画を制作し、多部未華子と初タッグを組んだ人間ドラマです。

原作小説は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE の『空に住む~Living in your Sky~』を作った、作詞家の小竹正人。「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典も共演します。

楽曲『空に住む Living in your sky』の世界観を基に、仕事、人生、そして恋愛のはざまで揺れながら、新たな人生を見いだしていく女性たちの姿を丁寧に描きだします。

映画『空に住む』の作品情報


(C)2020 HIGH BROW CINEMA

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】 
小竹正人

【脚本】
池田千尋

【監督】
青山真治

【キャスト】
多部未華子、岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典、鶴見辰吾、岩下尚史、髙橋洋、大森南朋、永瀬正敏、柄本明

【作品概要】
人気作詞家、小竹正人が三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE に提供した楽曲『空に住む~Living in your Sky~』を基にした小説『空に住む』の映画化です。

監督は、カンヌ国際映画祭批評家連盟賞受賞ほか国際的に高い評価を得る青山真治。7年ぶりの実写長編作品です。

ヒロインを多部未華子が演じています。直実の後輩・愛子を『愛がなんだ』(2019)の岸井ゆきの、直実の叔母・明日子を『彼らが本気で編むときは、』(2017)の美村里江、人気俳優・時戸を「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典がそれぞれ演じています。

映画『空に住む』のあらすじとネタバレ

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

両親の突然の死をきっかけに、人見知りする愛猫のハルと一緒に都心のタワーマンションに住むことになった小早川直美。

小さな出版社に働く28歳のOLの直実にとって、贅沢過ぎる環境に戸惑います。この部屋は父親の弟の雅博が投資のために所有している部屋で、無償で直実に貸し出されることになったのです。

同じマンションの別の階には、雅博と歳の離れた妻の明日子との家もありました。なにかと気を使ってくれる2人はたびたび直実の部屋を訪ねて来てくれます。

明日子は雅博との間に子供がいないことに一抹の寂しさを感じていることをポツリと語ります。

直実の出版社は郊外の古民家を改造したつくりで、これと思ったものしか書籍にしないこだわりのある会社です。

両親の納骨を終え、職場復帰した直実を先輩編集者の柏木やできちゃった婚で大きなおなかを抱えている愛子が出迎えてくれます。

会社が現在抱えている一大ミッションは、自社から出した作品が大きな文芸賞に輝いた作家・吉田の受賞後第一作となる最新作について。

会社としては受賞作と同じクオリティの作品を書きあげてもらい出版することがねらいです。

吉田の現在の担当者は愛子ですが、以前は直実が受け持っていました。愛子が出産を控えていることもあって担当を戻してくれないかと柏木に訴えます。

一方、愛子からは意外な事実を教えられます。お腹の子の父親は不倫関係にあった吉田であると言うのです。驚く直美に、愛子は最後まで嘘を貫き通すと言い切ります。

ある日、直実はエレベーターで出会った男を見て、びっくりします。

その男は部屋からいつも見ている大きなビルボードを飾る宣伝にも起用されている人気スターの時戸森典でした。

2度目の出会いで突然、「オムライスを作れるか?」と尋ねられた直実は、時戸を部屋に招き入れてオムライスをふるまうことになりました。

帰り際、時戸はそっと直実を抱きしめます。思わぬ出来事に直実の旨はときめきます。

それから数日後、時戸から食べきれないほどの佐藤錦が届いたという連絡が来て、彼の部屋に向かいました。

そして、唇を重ね、一夜を共にする直実。普通の恋愛ではないことはわかっていながらも、時戸とのミステリアスな姿にずるずると溺れていきます。

そんな中で愛猫のハルが体調を崩しました。ストレスの原因を聞かれた直実は、急にタワーマンションの生活が始まったことを思い浮かべます

以下、『空に住む』ネタバレ・結末の記載がございます。『空に住む』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

結局、ハルはこの世を去りました。悲しみに打ちひしがれる直実は、周りの人間にもつらく当たってしまいます。

海辺に移動式のペットの火葬車でやって来た直実はそこで、ハルを荼毘に付しました。

急な明日子の来訪のせいで気まずいままになっていた時戸との関係を終わらせるために、そして、先に進むために、直実は時戸にインタビューをすることを決意します。

それをドキュメンタリーとして吉田に書かせて一冊の本にしようと柏木に持ち掛けます。柏木にこれは誰のためのものかと聞かれると、「ハルのため」だと直実は答えます。

直実の家を訪ねる直前で愛子が産気づきます。最後になって弱音を吐く愛子に直実は厳しくもしっかりと励まし、出産に立ち会います。

結婚相手に大きな嘘をついたまま子供を産んだ愛子は、自己嫌悪に陥って弱音を吐きますが、直実は人間関係なんてみんなそんなもんだと言って慰めます。

吉田の受賞後第一作が書籍化され皆の手元に届き始めます。直実とのインタビューを終えて海外に向かう時戸の手にもその本はありました。

映画『空に住む』の感想と評価

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

長編デビュー作の『Helpless』(1996)、そして2000年に役所広司、宮崎あおいを主演に迎え、カンヌ国際映画祭で二冠に輝いた『EUREKA』などの印象が今も強いこともあってか、どちらかと言うと先鋭的且つ実験的な作風が多かった青山真治。

長編作品としては前作になる『共喰い』でもやはり同じように刺激的な作風がありました。

けれども、2011年の『東京公園』がそうだったように、青山監督は激しさを兼ね備えつつ温かく穏やかな作品も撮れる人でもあります。

本作『空に住む』はまさに、その路線の最新作。

大きな出来事も極端にエモーショナルな部分もない、ましてやバイオレンスな空気は一切ない等身大の主人公の物語になっています。

これが思いのほか、心の芯に沁みてきます。

ヒロインの直実とは共有できる事柄は少ないはずなのですが、直実の普通の生活に少しだけサプライズがあるという人生は、実はものすごく一般的なもののような部分があるのかもしれません。

現代社会を生きる女性の物語を目指したという青山監督ですが、結果として映画『空に住む』は女性・男性に関係のないジェンダーニュートラルで普遍的なものを内包している作品になっています。

まとめ

(C)2020 HIGH BROW CINEMA

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』のヒットの記憶も新しい多部未華子の最新主演作『空に住む』。

偶然にも大森南朋も出演しているので驚きですが、等身大のヒロインという点では「わたナギ」と同じですが、物語のテイストはガラッと変わっています。

同題楽曲をベースにしたということもあってか、描かれるエピソードは連続性が薄く、断片的な印象すらあります。

バラバラになりそうな映画を中心になってまとめているのが多部未華子です。

なんとなくいつまでも明るいキャラクターの印象が強い彼女ですが、気が付けば、肩に力を入れずに大人の女性を演じられる30代になっていました。

思い返せば、2018年の『日日是好日』の頃からそういう気配はあったのですが、今回の『空に住む』の演技は一つの大きなステップアップと言えます。

30代に入った多部未華子の最初の代表作といっていいのではないでしょうか?

若くしてできちゃった婚(実は不倫相手の子)をする愛子役の岸井ゆきのと、年齢的にも子供が難しくなってきた明日子を演じる美村里江という、世代も抱える事情も対照的な人物を演じる共演陣の好演が光ります。

男優で言えば虚飾にまみれた人気スターという半分そのままともいえるようなキャラクターの時戸を演じた岩田剛典が見事にはまっています。

久しぶりにテンションの低い“静”の演技を見せてくれた大森南朋もよかったです。

なにか極端に目立つような特別なものがあるというわけではないのですが、なぜか後を引いて心に残るという、『空に住む』はそんな不思議な映画です。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『二コトコ島』『石と歌とペタ』あらすじとキャスト!感想レビューも

ユーモラス、かつソリッド!しりあがり寿、岡田利規ら各方面の表現者たちから絶賛をされる唯一無二の映像ワールド。 知られざる奇才といわれる大力拓哉と三浦崇志コンビ監督の代表作である、映画『二コトコ島』&『 …

ヒューマンドラマ映画

映画『父親たちの星条旗』ネタバレ結末感想とラストあらすじ解説。実話の“英雄に作り上げられた真実”をクリント・イーストウッド監督が描く問題作

硫黄島の戦いをアメリカ側と日本側の視点から描いた映画史上初の2部作第1弾。 クリント・イーストウッドが製作・監督を務めた、2006年製作のアメリカの戦争ドラマ映画『父親たちの星条旗』。 太平洋戦争最大 …

ヒューマンドラマ映画

映画『きらきら眼鏡』の犬童一利監督インタビューとあらすじ。上映館情報も

映画『きらきら眼鏡』は、9月7日(金)TOHOシネマズららぽーと船橋にて先行上映。 また、9月15日(土)より有楽町スバル座、9月29日(土)よりシネマート新宿ほか全国順次公開。 映画『きらきら眼鏡』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『葬式の名人』あらすじと感想レビュー。キャストの前田敦子が演技力で母と女子高生の二つの時代を自在に飛び交う

映画『葬式の名人』は9月20日(金)より全国ロードショー! ノーベル賞受賞作家・川端康成の作品を原案に、ゆかりの深い大阪府茨木市で撮影された映画『葬式の名人』が2019年9月20日(金)より全国公開さ …

ヒューマンドラマ映画

映画『いちごの唄』ネタバレ感想とあらすじ。銀杏BOYZの歌詞のように愛にあふれた温かな世界観

恋に落ちてメタモルフォーゼ。 だいじょばないけど、だいじょうぶだよ。 『雪の華』「ひよっこ」の人気脚本家・岡田惠和と、ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸が共同名義で執筆した小説『いちごの唄』が映画 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学