Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/05/30
Update

映画『さらば愛しきアウトロー』あらすじネタバレと感想。フォレストタッカーを俳優人生を謳歌した名優レッドフォードが演じる

  • Writer :
  • 奈香じゅん

ハリウッド屈指の美男俳優の引退作

半世紀以上映画界で愛され続けるロバート・レッドフォードが俳優としての引退作と公言した『さらば愛しきアウトロー』。

実在した強盗犯フォレスト・タッカーを演じます。

『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』で注目を集めたデヴィッド・ロウリーが監督と脚本を兼務し、ケイシー・アフレック、『歌え!ロレッタ 愛のために』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したシシー・スペイセク、『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローヴァー等豪華キャストが出演。

スポンサーリンク

映画『さらば愛しきアウトロー』の作品情報


(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

【公開】
2018年9月10日 (TIFF)(アメリカ映画)

【原題】
The Old Man & the Gun

【監督】
デヴィッド・ロウリー

【キャスト】
ロバート・レッドフォード、シシー・スペイセク、ダニー・グローヴァー、トム・ウェイツ、チカ・サンプター

【作品概要】
ニューヨーカーに掲載されたタッカーの記事を読んだロバート・レッドフォードが映画化を思い立ち、デヴィッド・ロウリーに監督業を打診。その後2人は『ピートと秘密の友達』でタッグを組み、ロウリーは脚本執筆作業に入りました。本作の演技で、レッドフォードは、2019年度ゴールデン・グローブ賞主演男優賞にノミネートされています。

映画『さらば愛しきアウトロー』のあらすじとネタバレ


Photo by Eric Zachanowich. (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

1981年7月26日午前10時2分、テキサス州。銀行から出て来たスーツ姿のフォレスト・タッカーは車に乗りイヤホンで警察無線を聞きながらその場を去ります。

「武装した容疑者は白いセダンで逃走中」。高速道路を走るタッカーは、路肩に駐車しボンネットを開けて中を覗き込むジュエルを見かけ、手を貸すと声を掛けます。

その脇を複数の警察車両がサイレンを鳴らして通り過ぎて行きます。タッカーの車に乗せてもらったジュエルは、ダイナーでタッカーにコーヒーをご馳走します。

仕事は何をしているのかと訊かれたタッカーは、最初は営業だと嘘をつきますが、実は銀行強盗だと話します。吹き出したジュエルはやって見せてと頼みます。

ダイナーは自分のスタイルじゃないが、銀行なら観察しつつタイミングが合うまで時間を掛けて待ち、拳銃を窓口係に見せ、貴女をとても気に入り傷つけたくないので鞄にお金をいれるよう頼むとタッカーは説明します。

終始笑みを絶やさず聞いていたジュエルに、タッカーは冗談だと笑顔を向けました。

1981年8月4日、ダラス。刑事のジョン・ハントが銀行に入るとスーツを着たタッカーが仲間のウォラーと一緒に入って来ます。

タッカーはにこやかにビジネスの相談があると支店長に話し掛けます。どの様なビジネスでしょうか?と尋ねる支店長ですが、「こんなビジネス」とタッカーが上着を開いた途端、顔が強張ります。

タッカーの指示通りアタッシュケースにお金を入れて行き、支店長は隙をついて通報ボタンを押しました。鞄を受け取ったタッカーは、お礼を言ってウォラーと共に銀行を出て行きます。

支店長は正面出口の鍵を閉め、銀行内に居た人達に向かい、支店長の責務として、たった今銀号強盗が起きたと大声で伝えます。それを聞いたハントの表情が凍り付きました。

現場に駆け付けた刑事に対し、支店長は拳銃を所持していると言われたので信じたと話します。犯人の言葉をそのまま信じたのかという問いに、「紳士的な人だったので」と証言。

その後も次々銀行を強盗するタッカー三人組。たまたま勤務初日だった窓口係は、お金を鞄に入れながら泣き出します。タッカーは、何事も最初は経験だと言いにっこり微笑みます。

警察の事情聴取に対し、支店長はタッカーが礼儀正しかったと答え、余罪を調べ犯人の似顔絵スケッチを持参したハントに、窓口係は「もっと幸せそう顔」と証言しました。

タッカーは、ウォラー、テディと一緒に警備員に成り済まして大きな銀行の金庫から金のインゴットやコインを盗み出します。事件は報道され、テレビで担当刑事のハントが状況説明する姿をタッカーが見つめます。

警察は目撃情報を集め、犯人が60代から70代の白人男性、補聴器使用と犯人像を描きます。

以下、『さらば愛しきアウトロー』ネタバレ・結末の記載がございます。『さらば愛しきアウトロー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Photo by Eric Zachanowich. (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ジュエルと親しくなったタッカーは、自宅へ招かれます。広大な敷地が広がる牧場に住むジュエルは、夫を亡くした未亡人で、子供も自立し馬と静かに平穏な生活を送っていました。

タッカーの担当だった昔の弁護士に会ったハントは、タッカーが13才で自転車を盗んで以降、刑務所を出たり入ったりの人生を送り、これまで16回脱獄に成功していることを知ります。

タッカーに面会した弁護士は銀行強盗など割に合わない方法より、もっと楽に生活する道があると諭しますが、タッカーは生活する為では無く、人生を謳歌していると話したとハントは聞かされます。

タッカーとジュエルがいつものダイナーに居ると偶然ハントが妻と入って来ます。ネクタイに飲み物をこぼしトイレへ行く姿をタッカーは目で追います。

ネクタイを拭いているハントに、銀行強盗を報道するニュースで見た顔だと言いタッカーが話し掛けます。高をくくるタッカーは「逮捕できそう?」と気軽に尋ね、ハントのネクタイを直してあげます。

タッカーだと気付いたハントは、立ち去るタッカーをフォレストと呼び止め、「ちゃんと分かっているぞ」と言いました。

ジュエルを家に送り届けたタッカー。ジュエルが玄関を開けると、タッカーが近づいてきます。帽子を脱ぎ、ジュエルに優しくキスをするタッカー。再び帽子を頭に乗せ、笑顔でタッカーは歩き去ります。

自宅に戻ったタッカーは、外にテディが居ることに気が付きます。その途端照明が点灯。多くの警察車両が包囲していました。両手を挙げたタッカーは、直ぐに車に乗り逃走します。

バックファイヤーの音を銃声と誤解した警察が発砲し、タッカーは腕に被弾します。ジュエルの家に来ますが、彼女を起こしたくないタッカーは、馬の背に乗り丘を登り始めます。

高台から、牧場に続く一本道をサイレンを鳴らした警察車両が一列に向かっているのが見えました。

タッカーは投降し逮捕されます。刑務所を訪れたジュエルに、これまで自分が16回脱獄したことを時系列に書いたメモを渡します。今度は大人しくした方が良いと助言を受けたタッカーは、その通り刑に服しました。

出所したタッカーを迎えに来るジュエル。2人は映画を観たり一緒に散歩したりと穏やかな日々を過ごします。

ある日、用事があると言いタッカーは出かけます。公衆電話からハントに電話を掛けた後、鞄を下げて銀行へ入って行きます。

その日、タッカーは他に4つの銀行も強盗。逮捕されたタッカーは笑顔だったと現場の刑事は証言しました。

スポンサーリンク

映画『さらば愛しきアウトロー』の感想と評価


Photo by Eric Zachanowich. (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

下積みが長かったことで知られるロバート・レッドフォードですが、最初に出演したのは1959年放映の『プレイ・ユア・ハンチ』というクイズ番組だったと話します。

その後、『明日に向かって撃て』(1969)『スティング』(1973)等数々の名作に出演し、一躍スターとなりました。1980年には、初監督作品『普通の人々』で監督賞と作品賞を含む4部門でアカデミー賞を受賞

1992年に監督した『リバー・ランズ・スルー・イット』では、出演したブラッド・ピットが若い頃のレッドフォードにそっくりだと言われて注目を浴び、ピットのブレイクとなりました。

本作でフォレスト・タッカーを演じたレッドフォードは80才を過ぎていますが、年齢差のある世代から見ても、カッコイイ!

知的で紳士、朗らかでチャーミングなレッドフォードの魅力全てを映像化したのが『さらば愛しきアウトロー』と言えます。


Photo by Eric Zachanowich. (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

ジュエルを好演したシシー・スペイセクは、レッドフォードとは本作が初共演でした。

思わずうっとりしたと笑うスペイセクは、ダイナーのシーンを撮影中、監督を務めたデヴィッド・ロウリーがスペイセクに近づき、「相手はロバート・レッドフォードではなく、フォレスト・タッカーですから、簡単に落ちない女性を演じてください」と忠告されたエピソードを明かしています。

一度も銃を発砲したことがなく、暴力も振るわない銀行強盗犯だったフォレスト・タッカーが楽しんでいたことにレッドフォードは着目しました。

そしてタッカー逮捕に貢献した刑事のハントが彼のお蔭で良い刑事に成れたとコメントしているのを知り、追われる者と追う者でありながら、いつしか敬意を持ち合う間柄であったことがとても気に入った部分だとインタビューで答えています。

また、ロウリーは、映画界のアイコン的存在であるレッドフォードが馬に乗る場面を敢えて撮影。伝説の俳優が乗馬するシーンは、誰にとっても馴染みがあるためでした。

まとめ


Photo by Eric Zachanowich. (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

映画は物語を重視するべきだと訴え、無名の監督が作品を発表する場としてサンダンス映画祭を設立したロバート・レッドフォードは、引退に伴い主催者も退くと発表

大スターが最後に演じようと決めたのは、銀行強盗と脱獄を繰り返す非暴力主義のフォレスト・タッカーでした。

充実した60年間の俳優人生を謳歌したレッドフォードだからこそ、アルカトラズも脱獄し警察との攻防をゲームと捉え79才まで楽しんだタッカーを理解できたのかもしれません。

『さらば愛しきアウトロー』は、ロバート・レッドフォードの魅力を観客が存分に楽しめるよう製作された作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『2つ目の窓』動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も 

2017年度のカンヌ国際映画祭に登場して、メディアに多く取り上げられた女性監督・河瀬直美。 『光』のほかに『あん』では異例のヒットを記録したことで、日本中にその名を知らしめた監督の一人です。 監督の祖 …

ヒューマンドラマ映画

ソフィアコッポラ監督の新作公開はいつ?カンヌ受賞作『ビガイルド欲望のめざめ』

カンヌ国際映画祭で大注目されたソフィア・コッポラ監督作品『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』。 めでたく!ソフィア・コッポラ監督は、カンヌ国際映画祭にて監督賞を受賞しました! ©20 …

ヒューマンドラマ映画

映画『半世界』あらすじとキャスト。稲垣吾郎と長谷川博己の演技評価の解説

東京国際映画祭の顔ともいえるコンペティション部門に選出された阪本順治監督の話題作『半世界』。 40歳を目前に人生の折り返し地点を迎えた男たちの葛藤と友情、そして希望を描いたヒューマンドラマ。 阪本順治 …

ヒューマンドラマ映画

映画『最果てリストランテ』あらすじと感想。村井良大とジュンQの共演で「かけがえのない時間」を歩む姿を魅せる

映画『最果てリストランテ』が2019年5月18日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開! 自分の人生の“最期”は、誰と、どんな瞬間を迎えるのか。これほど想像が膨らむ問いもありません。 松田圭太監督 …

ヒューマンドラマ映画

映画『しゃぼん玉』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【市原悦子の演技力とは】

今回ご紹介するのは、直木賞作家の乃南アサのベストセラー小説『しゃぼん玉』を映画化した同名の作品。 人気テレビドラマ『相棒』シリーズで長く監督を務めた、東伸児監督の劇場デビュー作でもあり、これまで多数の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP