Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/12/02
Update

映画ロストイントランスレーションあらすじネタバレと動画無料視聴方法

  • Writer :
  • 山田苺

2017年のカンヌ国際映画祭にて、映画『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』が監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。

東京が舞台となっていますが、外国人から見た東京の姿と同時に、見知らぬ国で出会い別れる2人の男女の物語としても、決してしつこくなく、魅力的な作品です。

スポンサーリンク

1.映画『ロスト・イン・トランスレーション』の作品情報


【公開】
2004年 (アメリカ映画)

【原題】
Lost in Translation

【監督】
ソフィア・コッポラ

【キャスト】
ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョバンニ・リビシ、アンナ・ファリス

【作品概要】
サントリーのCM撮影で東京に来たハリウッドスターと、同じく東京に夫の仕事についてきた妻が、お互い同じ孤独を抱えていることから、共に東京の街を「冒険」します。

外国人から見た日本を、ソフィア・コッポラのセンスによって見ることで、日本人が気付くことのできない、新しい視点を知ることが出来る作品です。

それ以上に、ビル・マーレイの哀愁漂う姿が、ときに笑いも誘う心地よい映画です。

▼映画『ロスト・イン・トランスレーション』はU-NEXTにてご覧いただけます。
映画『ロスト・イン・トランスレーション』今すぐ見る

2.映画『ロスト・イン・トランスレーション』のあらすじとネタバレ

ハリウッド・スターであるボブ・ハリスは単身東京へ、CM撮影のため来日します。

息子の誕生日も忘れるほど、家族関係が上手く行っていないボブは、200万ドルのギャラのCMの仕事につられ、東京にやって来ました。

しかし、日本の撮影関係者は日本語のみしか話すことができません。それ以外の日常会話もあまり言葉が上手く通じないボブ。

彼は泊り込みで撮影を続けるうちに、あっという間に孤独を味わいます。

おまけに日本の建物は長身のボブには殆どあわず、また時差もお構いなしに、深夜に妻からどうでもいい内容(書斎の設計相談)でファックスが音を立てて排出される始末。

CM撮影当日になると、監督のむちゃくちゃな要望が、ろくに通訳されもせず困り顔のボブ。

一方、同じ頃に東京に来たシャーロットは、カメラマンの夫の撮影に東京まで付いてきましたが、夫は仕事に出ずっぱり。

ホテルを出て街を散策するも、言葉が分からず彼女も孤独を感じるばかり。アメリカに電話をしても、時差があるため話し相手がつかまりません。

ボブとシャーロットは同じホテルに滞在しており、あるとき、2人はエレベーターで居合わせて目が合いました。

ボブは次に写真撮影の現場に向かいますが、マネージャーに早くも帰りたいと文句を言う始末。

しかしマネージャーもギャラは高額だし、日本のスタートの共演もあるので我慢するよう宥めます。

撮影するカメラマンは英語が話せたため、最初はイヤイヤだったボブも、次第にノリノリで撮影に応じるのでした。

仕事終えホテルのラウンジで1人寂しく酒を呑むボブ。そこへ夫がいない時間を持て余したシャーロットがやってきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ロスト・イン・トランスレーション』ネタバレ・結末の記載がございます。『ロスト・イン・トランスレーション』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

彼女は夫との時間を過ごしたいのに、ホテルに偶然夫の知り合いの女優がいたことで、2人の時間はますますなくなってしまいます。

別の日、夫とその友人を交えて飲んでいると、再びボブが一人で飲んでいるを見かけます。

シャーロットは自分の席を離れ、ボブに声をかけると、次のオフの日にホテルを抜け出してやるといい、シャーロットも誘います。

その日は彼女の夫は別の場所で泊りがけの撮影があったので、ボブの誘いに乗りました。

ボブとシャーロットは、彼女の友達に遭いにクラブへ繰り出したり、ゲームセンターへ行ったりと、まるで夜の東京を冒険でもするかのように楽しみます。

2人はタクシーで帰りますが、疲れ果てて眠ってしまったシャーロットをボブはそっと抱かかえ、彼女の部屋のベッドに寝かせてあげました。

その後、彼は妻に電話をかけ、今日の出来事を伝えますが、時差の関係やワガママな息子の様子を知って、電話をかけたことを後悔をします。

翌日、ボブとシャーロットは外で寿司を食べると、東京に来て机に足をぶつけたというシャーロットを病院へ連れて行きます。

大事には至っていませんでしたが、相変わらず言葉は通じない中、ボブはどこかその状況を楽しむようになりました。

夜になると、シャーロットは友人とラウンジに行くので一緒に来ないかと誘います。

しかし退屈に感じた2人はバーを飛び出し、そのまま東京の街を走り出します。

ホテルに戻ったシャーロットは部屋で再び孤独を感じますが、そこへボブから「起きているかい?」とだけ書かれたメッセージカードが。

2人は日本語字幕のついた古い映画を見ながら、日本酒を呑み、シャーロットは結婚生活が行き詰っていることを相談します。

ボブは子供が生まれると、結婚は複雑になると経験が豊な先輩として彼女にアドバイスをしました。

翌日、ボブは最初には出演を渋っていたテレビの仕事を承諾します。

スタジオでは、見ているこっちが恥ずかしくなるようなMCが絡みに絡みまくり、ボブは終始苦笑い。

銭湯に寄ったボブは、妻からの電話で自分の不満を初めて妻にこぼします。

シャーロットは一人新幹線に乗って京都を訪れ、神社では挙式が行われていました。

ボブはいつものホテルのラウンジで飲んでいると、いつもステージで歌を歌っているシンガーの女性が隣に座ってきます。

翌朝、ボブが目覚めると、ホテルのバスルームかシンガーの歌声が。

自分の犯した失態に後悔していると、シャーロットが部屋を訪れました。

2人はしゃぶしゃぶ店に行きますが、気まずい空気ゆえに少し口論になってしまいます。

しかめっ面のシャーロットは、メニュー表をに載っている、いくつもある生肉の写真を見て「違いが分からない…」とぼやきます。

仲直りできないまま夜になり、シャーロットはベッドで寝ていると、部屋に警報が鳴り響きます。

ボブがホテルの外へ出ると、消防隊員や避難してきたホテルの宿泊客が集まっていました。

そこにはシャーロットの姿もあり、2人は昼間のことをお互いに謝ります。

翌日、ボブの帰国の日。

ホテルを後にする前に、シャーロットに連絡を入れるも、部屋にいないため伝言だけ残すと、彼女もロビーまで来てボブに借りていた上着を返します。

ボブは日本のスタッフと記念撮影をしますが、彼の視線の先は去っていくシャーロットを追い続けます。

タクシーに乗っていると、雑踏の中でシャーロットの背中を見つけ、とっさに車を降りて、後を追います。

人ごみを掻き分け、シャーロットに追いつくと、ボブが彼女を抱きしめ、耳元で何かを囁きます。

シャーロットとボブは最後にキスをして、2人はお互い東京の街で別れるのでした。

スポンサーリンク

3.映画『ロスト・イン・トランスレーション』の感想と評価

東京を舞台にしたシャレオツな映画かと思いきや、ビル・マーレイの哀愁と、まだどこかあどけないスカーレット・ヨハンソンの佇まいが心地よい作品でした。

海外と日本のギャップをセリフではなく、シャワーの位置が低いとか、室内で靴を脱ぐせいで、机に足の指を強打するとか、日本人には当たり前のことが凄く新鮮に見えてくるのも面白いです。

何か面白い場面があっても、ボブもシャーロットも、基本的には東京での滞在は孤独でひとりぼっちですから、誰からもツッこんでくれません。

中でもビル・マーレイが独りでランニング・マシーンを暴走させて死にかけるシーンは、たぶん万国共通で笑えます。

あのシーンだけで、これからの1週間は笑顔で過ごせますよ。

散々異国のギャップに打ちのめされているのに、独りで色々挑戦しようとするビル・マーレイが最高に可愛いです。

また2人の関係は、ずぶずぶになるわけでもなく、出会いは楽しくて儚い別れが、すっと余韻を残していくのもとても素敵です。

まとめ

日本人が見ても、なんだか新しい発見がありそうな今作を見ると、ついつい宛てもなく都会を彷徨いたくなります。

また今作は多くの日本人俳優がカメオ出演しているようですが、個人的にはマシュー南こと藤井隆の強烈なキャラにより、何もかもが吹き飛んでしまいました

ちなみにボブが出演した、あの狂気の沙汰に等しいテレビ番組は、『Matthew’s Best Hit TV』という当時実際に放送されていた番組だそうです。

映画『ロスト・イン・トランスレーション』を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

▼映画『ロスト・イン・トランスレーション』はU-NEXTにてご覧いただけます。
映画『ロスト・イン・トランスレーション』今すぐ見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『Mid90sミッドナインティーズ』あらすじネタバレと感想。スケボーとスケーターの90年代の青春を描く

ハーモニー・コリン監督による『スプリング・ブレイカーズ』、アカデミー賞作品賞を受賞した『ムーンライト』。 そして、日本ではいよいよ2018年11月17日(土)より、シネクイントほか全国ロードショーが始 …

ヒューマンドラマ映画

三野龍一映画『老人ファーム』あらすじと感想レビュー。空気を読みすぎる社会へ警鐘を鳴らす

三野ブラザーズが放つ自由と解放の映画『老人ファーム』 老人ホームで働く介護職員の和彦が、仕事に葛藤しながらも向き合う姿を通して、現代社会の問題点を浮き彫りにさせる映画『老人ファーム』。 2019年4月 …

ヒューマンドラマ映画

映画『イージーライダー』ネタバレラスト感想と結末あらすじの解説。理不尽な最後の意味とその裏にある“現実のアメリカ”を若者の死で描く

1960年代のロードムービーの全ては、映画『イージー★ライダー』の中にあった 公開当時からおよそ50年の時を経た今もなお、映画ファンを魅了しつづける『イージー★ライダー』。 2人の若者が、ロサンゼルス …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダーストラック』感想と考察。原作や音楽を博物館的な表現で描く

映画『ワンダーストラック』は、2018年4月6日(金)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー! 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出された …

ヒューマンドラマ映画

ろんぐ・ぐっどばい(森岡龍主演)あらすじ!元ネタ映画ネタバレも

森岡龍は俳優として、NHK朝ドラ『あまちゃん』や『ごちそうさま』に出演をきっかけに一躍人気者になりました! また、森岡龍は2017年5月20日に公開される『ろんぐ・ぐっどばい 探偵 古井栗之助』で主演 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学