Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/01/23
Update

映画『祈りのちから』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yukimura

あなたには、本当の自分に戻れる「場所」がありますか。心を解き放つ、そんな「空間」はあるでしょうか。

この映画の原題は、War Room(ウォー・ルーム)。「戦いの部屋」です。

人生、何と戦うかは人それぞれ。これは、自分と戦うことで勝利を手にした、2人の女性の物語です。

スポンサーリンク

映画『祈りのちから』の作品情報

【公開】
2015年(アメリカ)

【原題】
War Room

【監督】
アレックス・ケンドリック

【キャスト】
プリシラ・シャイラー(エリザベス)、T・C・ストーリングズ(トニー)、カレン・アバクロンビー(クララ)、アリーナ・ピッツ(ダニエル)

【作品概要】
映画監督で、牧師としても活動するアレックス・ケンドリックによる作品です。教会には行くが決して敬虔なクリスチャンではない女性が、1人の老婦人と触れ合うことで「祈り」の尊さに目覚めるという物語。出演者は無名俳優がほとんどですが、全米で高い興行成績を記録した話題作です。

映画『祈りのちから』のあらすじとネタバレ

エリザベスは、不動産業界で成功している女性。夫のトニーはやり手の製薬会社セールス
マンで、2人の間には小学生のダニエルという娘もあり、理想的な生活を営んでいました。

エリザベスの妹婿が失業し、金銭的援助を惜しまないエリザベスをトニーは批判します。
いつの間にか喧嘩が絶えなくなり、いがみあう2人を目にするダニエルは悲しんでいます。

ある日、エリザベスは売家の交渉で1人の老婦人と出会います。彼女はクララといい、息子
に一緒に暮らそうと言われたため、亡くなった夫との家を売りたいと考えていたのでした。

2人でお茶を飲んでいると、クララは「あなたは神の教えを信じる?」と聞きます。始めは
戸惑うエリザベスでしたが、気がつくとクララに夫婦関係の悩みを打ち明けていました。

クララは、自分の「戦いの部屋」だと言って、寝室のクロゼットの中を見せます。そこには
クララが書いた聖書の祈りの言葉が、壁いっぱいに貼られていました。

それ以来、エリザベスとクララは一緒にお茶をする仲になりました。夫への不満をこぼし続
けるエリザベスにクララは、「これを読むといいわ」と一冊のノートを手渡します。

帰宅したエリザベスはノートを開き、書かれたクララの教えを実行していきます。それでも
トニーは相変わらずで、エリザベスの妹への援助をめぐって言い争う日々が続きます。

ある日、エリザベスとクララは、路上でナイフを持った強盗に出くわします。驚いたことにクララは「ナイフを置きなさい!」とまっすぐに男を睨みつけます。

クララの迫力に圧倒され、男は消えました。エリザベスは警察を呼びますが、クララの話を聞いた警官は呆れ果てます。エリザベスは、クララの凛とした姿に感動するのでした。

トニーは、営業先の秘書の女性と浮気をしていました。エリザベスはその事実を知ります。
夫の心を取り戻したい。心からの祈りと共に、自分の弱さと必死で戦うエリザベス。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『祈りのちから』ネタバレ・結末の記載がございます。『祈りのちから』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

エリザベスの心に不思議な力が湧いてきました。夫を変えるのではなく夫を愛すること。クララの言うように、夫に要求するのではなく自分自身が変わろうと思えてきたのです。

トニーは、浮気相手の秘書とレストランで密会していました。しかし突然、トニーの顔はゆがみトイレへ駆け込みます。なぜかいきなり気分が悪くなってしまったのです。

出張から戻ったトニーは、エリザベスの携帯を見て自分の浮気がばれていることを知ります。しかし、エリザベスは何も言いません。不思議に思うトニーでしたが、その後、自社の薬を横流ししていたことが上司に発覚し、会社を首になってしまいます。

エリザベスの部屋に入ったトニーは、クロゼットの中を見て言葉を失います。彼女は、どれほどトニーを愛しているかを紙に綴って貼っていました。娘に対する愛の言葉もあります。全てを読んだトニーは号泣します。

トニーは、通っているジムの仲間にエリザベスのクロゼットのことを話します。真面目なクリスチャンの彼はそれは素晴らしいことだと言い、家族を大切にするべきだと語ります。

ダニエルは学校で、ダブルダッチのコンテストに出る練習をしていました。楽しそうに跳んでいる娘を初めて目にしたトニーは、家族がどれだけ大切な存在か気づきます。

エリザベスに諭され、トニーは自宅に隠していた薬品サンプルを会社に返します。刑務所行きも覚悟しているトニーの勇気を称えた上司は、告訴しないと約束します。

ダニエルのコンテスト当日。トニーも参加し、高度なチーム・プレーを披露します。大奮闘の結果は2位。ダニエルの笑顔に、エリザベスとクララは大きな拍手を送ります。

トニーに再就職の誘いが来ます。エリザベスはクララに報告。クララは我がことのように喜び、人生の戦いに勝利したエリザベスに、心からの愛と祝福を伝えるのでした。

スポンサーリンク

映画『祈りのちから』の感想と評価

アメリカでは大ヒットしたというこの作品。聖書祈り、はたまたサタンという言葉まで連発されるため、無神論者には、単なる教会プロパガンダ映画に見えるかもしれません。

困ったときの神だのみ。信心深い方からすれば、これほど失礼な言葉はないでしょう。たまにうっかり口走ってしまう己に多少、懺悔の気持ちを込めつつ鑑賞しました。

出演する俳優は、見慣れない顔ばかり。なんと主演のプリシラ・シャイラーという女性、アメリカで有名なキリスト教伝道師で、多数の著書もある方だとか。彼女の「Going Beyond Ministries」というブログを覗くと、堂々たる笑顔で写っていらっしゃいます。

そのせいか、彼女の演技はどこまでも自然。エリザベスというキャラクターが非常に魅力的に見えました。女優の経験がないとするなら、素晴らしい演技力だと思います。

国も人種も性別も関係なく、人の悩みはいつの世も同じ。お金、仕事、健康、家庭、人間関係、恋愛に浮気。エリザベスを悩ませるのもまた、金銭問題夫の不倫です。

橋本治氏の名著『宗教なんかこわくない!』に、こんな一節がありました。「宗教とは、“幸福”というものを求める人間が生み出した“幸福にまつわる模索”である」。

「だからこそ、“神”とか“仏”というような超越的な存在こそが宗教だ、などと考えていると、そこんところが分からなくなる」と、橋本氏は続けます。

クララのアドバイス、「相手を変えるのではなく、自分から変わる」とか「まずは感謝」などは、自己啓発やスピリチュアル、またはここ最近のブームである「引き寄せの法則」関連の本を開いても、同じような趣旨のことが書かれています。

そう思うと、エリザベスが実践する「祈り」とはまさに普遍的な行為であり、クララのクロゼットも、小さな教会というよりは「瞑想部屋」ととらえても良いのではと思います。

他人を責めず、あるものに感謝し、そして自分の心(神)と対話する。エリザベスの無心の「祈り」は、宗教と無関係のレベルでも琴線に触れるものがありました。

しあわせをください!神サマ!」と、できることなら大声で叫びたい人、自分を含め多数だと思います。祈る対象が何であろうとも、自らの「良心」と「信念」を礎にして、人生歩んで行きたいものです。とはいえ、言うは易し行うは難しだから大変なのですが。

まとめ

牧師でもあるアレックス・ケンドリックが手掛ける、「キリスト教三部作」と呼ばれる作品の3本目がこの『祈りのちから』です。監督本人も、役者として全作出演しています。

1本目の『フェイシング・ザ・ジャイアント』(2006)は、一度も優勝経験がない高校のフットボールチームを率いるコーチが、生徒と一緒に奮闘を繰り広げるという青春ストーリー。

そして2作目の『ファイアー・ストーム』(2008)は、正義感あふれる消防士の青年が、過酷な現場に、命の危険をかえりみず立ち向かっていく感動ストーリーです。

2作目の主演は、カーク・キャメロン。80~90年代にNHKでも放映され、『フルハウス』と並んで大人気だったホームコメディ、『グローイング・ペインズ/愉快なシーバー家』の長男、マイクです。すっかり大人になっていて可愛さは微妙ですが、笑顔に面影が残ります。

3作とも、スター級の俳優は登場しません。逆にそれが功を奏して、悩みをかかえる市井の人々の人生にさらなるリアル感を与えています。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

隅田靖映画『子どもたちをよろしく』内容解説と結末に向かう学生たちを取り巻く“いまの社会”の闇とは⁈

映画『子どもたちをよろしく』は2020年2月29日より渋谷・ユーロスペースにて全国順次公開。 貧困、いじめ、虐待、自殺など、子どもたちを取り巻く過酷な環境に焦点を当てた劇映画『子どもたちをよろしく』。 …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『覆面系ノイズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

福山リョウコの人気コミックを『植物図鑑』の三木康一郎監督が映画化。 人気モデルの中条があやみが主演で、志尊淳と小関裕太がヒロインの運命を左右する現役高校生バンドマンを熱演しています。 スポンサーリンク …

ヒューマンドラマ映画

映画ファウンダーあらすじ!マクドナルド創業者をマイケルキートンが怪演

『バードマン』にてアカデミー賞主演男優賞ノミネートされるも、まぬけなほどに見事に逃してしまったマイケル・キートン。 あらかじめ用意した受賞コメントなどよりも、彼のファンとしては、またもマイケル・キート …

ヒューマンドラマ映画

映画『ワンダー 君は太陽』あらすじとキャスト。天才子役ジェイコブ・トレンブレイ出演

映画『ワンダー 君は太陽』は、2018年6月15日TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。 ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーリスト第1位を記録し、全世界800万部突破の小説「ワンダー」を『ルーム』で …

ヒューマンドラマ映画

映画『のぼる小寺さん』ネタバレ感想と内容解説。工藤遥を主演に漫画を原作にした感動青春ストーリー!

なぜ、小寺さんはのぼるのか? そこに壁があるから!? 珈琲原作の人気青春漫画『のぼる小寺さん』の実写映画化。 自分は何がしたいのかわからない。何にも興味が湧かない。好きなことをしたいけど自信がない。進 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学