Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

舞台版『アマデウス』を映画で鑑賞。ナショナル・シアター・ライブ2018は一見の価値あり

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ナショナル・シアター・ライブ2018の『アマデウス』が、7月6日(金)より、TOHOシネマズ日本橋ほか公開

モーツァルトに嫉妬心を抱いた宮廷音楽家サリエリは、果たしてモーツァルトを殺したのか?

映画版『アマデウス』をご覧になったファンにとっては、必見で見逃せない舞台版『アマデウス』。

もちろん、映画版をご覧になってない、あなたならなおさら必見の作品です!

スポンサーリンク

ナショナル・シアター・ライブ2018『アマデウス』とは


NTLive2018

衝撃的な内容で映画版はアカデミー賞主要8部門を受賞した映画『アマデウス』。

1985年に制作されたミロス・フォアマン監督の名作は、日本でもご存知の方も多いのではないでしょうか。

舞台『アマデウス』も、1979年に英国ナショナル・シアターで上演されて以降、ブロードウェイでも上演され、トニー賞を含む数々の演劇賞を受賞してきた、こちらも名作になります。

そして、今、本場である英国ナショナル・シアターが再び『アマデウス』を、名優ルシアン・ムサマティやアダム・ギレンらで上演しました。

その際にデイリー・テレグラフ紙は、「完璧なる作品」と絶賛の記事も掲載され多くな話題となりました。

劇中で人間の内面に潜む嫉妬心や虚栄、そして後悔など複雑な心理を見事に表現したサリエリ役のルシアン・ムサマティと、自由奔放で個性的なモーツァルトを見事に演じたアダム・ギレンのインタビューが到着しました。

モーツァルトについて語るアダム・ギレン

おしゃべりな発言で自由自在なモーツァルトは、「お前には俺が理解できない」と、のうのうと言ってのけるジニアスぶり

アダム・ギレンが演じるモーツァルトは、これはこれで映画版とは違って、とても興味深いですね。

映画版ではトム・ハルスが演じていましたが、アダムの演技の軽妙さは、とても現代的です。

少し浮き足立ったようなステップで動きだし、サリエリを翻弄していく様子は、どこか誰もが持ったイメージのモーツァルトそのものですね。

サリエリについて語るルシアン・ムサマティ

車椅子に座ったアントニオ・サリエリが右手で天を指し、「私の作曲した最後の曲は、モーツァルトモーツァルトの死だ!」と叫んでいますね。

ルシアン・ムサマティ演じるサリエリは、映画版『アマデウス』のキャラクターとは、また一味違って、人間のとしての深みを感じさせる演技になっていますね。

サリエリが欲しくて望んだの名声とは、どのようなものか、本編が気になります。

ナショナル・シアター・ライブ2018『アマデウス』の作品概要

【原題】
Amadeus

【時間】
3時間15分(休憩20分含む)

【上演劇場】
ナショナル・シアター オリヴィエ劇場

【戯曲】
ピーター・シェーファー

【演出】
マイケル・ロングハースト

【キャスト】
ルシアン・ムサマティ、アダム・ギレン

【作品概要】
宮廷楽師のサリエリが若手音楽家モーツァルトの才能に気づいてしまったことによる苦悩を描いたドラマ。

スポンサーリンク

まとめ

映画版『アマデウス』の日本公開時のチラシ

7月6日から公開になるナショナル・シアター・ライブ2018の『アマデウス』

とうぜん、日本の演劇は必見なのでしょうが、映画版『アマデウス」を知る映画ファンもこれは、要注目の作品ではないでしょうか。

ピーター・シェイファーによる戯曲を、映画版では『カッコーの巣の上で』などのプロデューサーであるソウル・ゼインツと、ミロス・フォアマン監督によって映画化されました。

米国アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞を含む8部門で受賞作した名作中の名作。この作品はときどき、無性に見たくなる時がある映画ですよね。

それを本作の舞台版のナショナル・シアター オリヴィエ劇場で公開された『アマデウス』では、モーツァルトを妬む宮廷音楽家サリエリの視点がどのように描かれ、見せてくれるのか。

演出を担当したマイケル・ロングハーストに大いに期待が持てます

また、本作ナショナル・シアター・ライブ2018の『アマデウス』は、ルシアン・ムサマティら英国を代表する実力派俳優たちの演技はもちろん、そのほか豪華な衣装、オーケストラの演奏も、大いに見どころとなっています。

英国に行かずに、日本の映画館で最高峰の演劇をご覧いただける貴重な機会。

ぜひ、お見逃しなく!

本作を上映する劇場情報

TOHO シネマズ 日本橋
TOHO シネマズ 川崎
TOHO シネマズ 名古屋ベイシティ
大阪ステーションシティシネマ
福岡中洲大洋劇場

【料金】
一般 3000 円、学生 2500 円(学生証の提示が必要になります)

※ 詳細については公式ホームページをご覧ください。
NTLive 日本公式HP:http://www.ntlive.jp

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『ある画家の数奇な運命』ネタバレ感想と評価レビュー。ゲルハルト・リヒターをモデルにした映画の名セリフが頭から離れない

真実はすべて美しい 2020年10月2日からTOHOシネマズシャンテ他にて公開中の映画『ある画家の数奇な運命』。 ゲルハルト・リヒターをモデルに、激動の時代を生きた画家の半生を描く感動作です。 叔母と …

ヒューマンドラマ映画

映画『洗骨』ネタバレ感想。奥田瑛二・大島蓉子・水崎綾女の演技力が光るユーモアと優しさに溢れた作品

ガレッジセールのゴリが本名の「照屋年之」名義で監督・脚本を手がけた長編作品。 最愛の人を失い、数年後その人にもう一度会える神秘的な沖縄の離島に今も残る風習、“洗骨”。 死者の骨を洗い、祖先から受け継が …

ヒューマンドラマ映画

映画『おろかもの』キャスト。南久松真奈は担任教師・吉岡秀子を演じる【演技評価とプロフィール】

2020年公開予定の映画『おろかもの』キャスト紹介 若手監督の登竜門として知られる田辺・弁慶映画祭の2019年(第13回)のコンペティション部門でグランプリを受賞した長編『おろかもの』が、「田辺・弁慶 …

ヒューマンドラマ映画

映画『GO』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

映画『GO』の原作は金城一紀の同名小説。 恋に友情に悩み傷つきながらも、次第に国籍や民族といったボーダーに囚われない新たなアイデンティティに目覚めてゆく在日韓国人の高校生の姿を描いた快青春ストーリー。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『きらきら眼鏡』ネタバレ感想レビュー。考え方ひとつで日常を輝かせることが出来るアイテムとは

見たものすべてを輝かせる「きらきら眼鏡」、あなた心の眼鏡は曇っていませんか? 『津軽百年食堂』『夏美のホタル』など多数の映画化が続く人気作家の森沢明夫が自ら犬童一利監督に熱烈オファーをし映画化した作品 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学