Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/02/06
Update

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』あらすじ感想と評価解説。ジェンダーレスモデルのアレクサンドル・ヴェテールが自分らしく生きる“自由を解放”する

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』は2021年2月26日よりシネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

映画『ミス・フランスになりたい!』は、主人公のアレックスが、少年のころ抱いた「ミス・フランスになりたい!」という夢を叶えるべく奮闘するヒューマンドラマ。

アレックスを演じたのは、ジェンダーレスモデル兼俳優としてNetflixドラマ『エミリー、パリへ行く』などに出演しているアレクサンドル・ヴェテールです。圧倒的美しさと枠にとらわれない魅力に注目です。

スポンサーリンク

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』の作品情報


(C)2020 ZAZI FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 2 CINEMA – MARVELOUS PRODUCTIONS

【公開】
2021年(フランス映画)

【監督】
ルーベン・アウヴェス

【キャスト】
アレクサンドル・ヴェテール、パスカル・アルビロ、イザベル・ナンティ、ティボール・ド・モンタレンベール、ステフィ・セルマ、クエンティン・フォーレ、ムッサ・マンサリー、ハディ・プシュナヴァ

【作品概要】
監督、脚本を務めたのは『イヴ・サンローラン』や『あしたは最高のはじまり』などに俳優として出演しているルーベン・アウヴェス。本作が長編映画監督としては2作目の作品。

主演のアレクサンドル・ヴェテールはフランスでジェンダーレスモデルとして活躍している人物です。

俳優としてはNetflixドラマ『エミリー、パリへ行く』やAmazonプライムドラマ『マーベラス・ミセス・メイゼル』などに出演し、さらに活躍の幅を広げています。

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』のあらすじ


(C)2020 ZAZI FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 2 CINEMA – MARVELOUS PRODUCTIONS

9歳の頃学校で「ミス・フランスになりたい。」とみんなの前で話したことによって、全員に馬鹿にされた経験のあるアレックスは大人になってから夢はおろか自分らしい生き方ができないで鬱屈とした日々を送っていました。

そんな時再会した幼馴染のアリエスが夢を叶えて輝いている姿を見たことで、意を決してミス・フランスに挑戦することを決めたのでした。アレックスは友人らの助けを借り、大会へ挑みます。

スポンサーリンク

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』感想と考察


(C)2020 ZAZI FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 2 CINEMA – MARVELOUS PRODUCTIONS

本作はサクセスストーリーというよりは、自分と真剣に向き合う尊さと勇気を描いたヒューマンドラマです。

ミスフランスになることが夢だったアレックスは、有名になることや美しくなることよりも「自分のやりたいこと」に挑戦したかったのです。

しかし作中でアレックスは、沢山のフォロワーができるなど生活が変わったことで自らを過信し目的を見失ってしまいました。
そんなときに、母親代わりの存在であるヨランダが掛ける言葉が印象的です。「あなたを理解しない人に自尊心を見せびらかすな。」とアレックスに伝えるのです。

人は承認欲求にかられると本来の目的や夢を見失いがちなもの。そんなときにヨランダのようにありのままの自分を受け入れてくれる存在が居てくれることがどんなに救いになり、強さに変えられるだろうかと考えさせられるセリフです。

また、コンテストを仕切るアマンダという女性も本作ではとても重要なキャラクターです。

ミス・フランスという伝統的でありながら、昨今の風潮では批判されかねないコンテストに対して、ポリシーを持って取り組んでいる彼女からは、女性のプライドや自由を守りたい信念が感じられます。

ビジネスのために厳しさは忘れないものの、「何ものかになりたい」というアレックスの強い願いを誰よりも理解していたのは彼女なのかもしれません。

ミス・フランスという題材ながらも、「自分の価値は自分で決める」という力強いメッセージが込められた作品となっています。

まとめ


(C)2020 ZAZI FILMS – CHAPKA FILMS – FRANCE 2 CINEMA – MARVELOUS PRODUCTIONS

昨今、トランスジェンダーの役をヘテロセクシュアルの役者が演じることについて批判が上がりがちなことについて、アレックス役を演じたアレクサンドル・ヴェテールがインタビューでこう語っていました。

「別の人間を演じることができるというのが俳優の本質です。ヘテロセクシャルの女性だからトランスジェンダーの役が演じられないのであれば、女優はパン職人の役も演じられないことになります。ジェンダーに閉じ込めることは良くない。しかも、そうした行為は、トランスジェンダーをトランスジェンダーの枠組みの中に押し込めてしまうことになりかねない。」

ジェンダーレスモデルとして活躍している彼が演じたことで、本作の魅力と説得力は増したように感じますが、もしヘテロセクシャルの男性がこの役を演じていたとしても批判が起きない社会になってほしいと願ってやみません。

『MISS ミス・フランスになりたい!』は2021年2月26日TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『人魚の眠る家』【ネタバレ感想】映画と原作小説の違いを解説。田中泯の演技力は必見!

鬼才・堤幸彦監督が、東野圭吾原作の禁断のベストセラー小説を映像化した『人魚の眠る家』。 あの事故さえなければ、穏やかで幸せな日々が続いていたはずだったのに…。 愛する娘の“脳死”という悲劇に直面し、究 …

ヒューマンドラマ映画

映画『蜘蛛の巣を払う女』日本劇場公開は2019年!ドラゴンタトゥーの女の続編とは⁈

ミレニアムシリーズ第1作目の『ドラゴン タトゥーの女』の続編となる、映画『蜘蛛の巣を払う女』が2019年に公開されます。 ドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーのリスベットが、前作でタッグを組んだジャ …

ヒューマンドラマ映画

「ジャン=ピエール・メルヴィル特集」上映作品一覧!公開日時と劇場は

アラン・ドロン主演『サムライ』『仁義』などで知られるフランス映画の巨匠ジャン=ピエール・メルヴィル。 彼の生誕100周年を記念して角川シネマ新宿にて、11月11日より特集上映を開催されます。 今回は上 …

ヒューマンドラマ映画

映画『東京物語』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【小津安二郎の最高傑作】

山田洋次監督の最新作『家族はつらいよ2』は、現在2017年5月公開にむけて好調撮影中。 その第1作目となる、『家族はつらいよ』は、1953年公開の『東京物語』のリメイク版なのはご存知でしょうか? 映画 …

ヒューマンドラマ映画

映画『RAW 少女の目覚め』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【女性監督ジュリア・デュクルノーの長編デビュー作品】

第69回カンヌ国際映画祭で批評家連盟賞を受賞した映画『RAW 少女の目覚め』 失神者続出!衝撃のカニバリズム映画!!少女から女性への成長を誰も観たことのない形で描いた話題作『RAW 少女の目覚め』。 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学