Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『あゝ、荒野』無料視聴はU-NEXT。3話あらすじネタバレと感想も

  • Writer :
  • 山田 苺

今最も熱い若手俳優・菅田将暉の主演作が、寺山修司・原作の映画化として上映されます。

第1話では、新次とバリカンがボクシングに出会い、2人やその周りの人間関係にも変化が訪れる予感を残して終わりましたが、第2話は2人がプロを目指していく様子。

第3話では、2人のデビュー戦から新次が自分を捨てた母と意図せぬ再会をし、自殺クラブが文化祭に向けある「企画」を行おうとします。

配信版では劇場では未公開のシーンを盛り込んだ【完全版】となっています。

スポンサーリンク

1.映画『あゝ、荒野』【第3話】の作品情報

ああ荒野1
(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

【公開】
劇場版は2017年10/7より公開
配信版・第3話は10/13より配信

【監督】
岸善幸

【キャスト】
菅田将暉、ヤン・イクチュン、木下あかり、モロ師岡、高橋和也、今野杏南、山田裕貴、河井青葉、前原滉、萩原利久、小林且弥、川口覚、山本浩司、鈴木卓爾、山中崇、でんでん、木村多江、ユースケ・サンタマリア

【作品概要】
『二重生活』で初長編にして高い評価を得た、岸善幸監督の2作目。寺山修二、唯一の長編小説を2021年の新宿を舞台とし、独自の設定やストーリーを交えたトータル300分ほどの超大作。

ボクサーという青春モノを描きながら、愛憎渦巻くそれぞれの因果関係をも、岸監督独特のタッチで描いており、青春・スポ根ものには珍しい雰囲気を漂わせています。

『二重生活』同様、東京の雑踏、町並みすらも美しく描いており、前作のファンもストーリーは違えど、楽しめる要素が詰まっています。

▼▼U-NEXTで『あゝ、荒野【完全版】』はご覧いただけます。
『あゝ、荒野【完全版】』を無料で見る

2.映画『あゝ、荒野』【第3話】のあらすじとネタバレ

ああ荒野3
(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『あゝ、荒野【第3話】』ネタバレ・結末の記載がございます。『あゝ、荒野【第3話】』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

バリカンの父・二木建夫は自殺クラブが用意している隠れ家で生活を始めていました。

その隠れ家には他にも何人かの人たちが生活しています。

クラブの一人が、なぜ自死したいのかと聞くと建夫は「自分の健全な精神を支えられなくなったから」と答えます。

そこへ、以前街頭インタビューをした電力会社に勤める、福島というサラリーマンも隠れ家での生活を始めることになります。

いっそ死なせてほしいと言う福島に、メンバーはここは死ぬところではなく生きるところだといいます。

クラブのリーダー・川崎は、同じメンバーの恵子にドローンの攻撃や自爆テロは相手の顔が見えないからできるので、自死も自分の顔が見えたらできないのではのではと語ります。

弟の形見のドローンを前に、恵子は本当は川崎の弟は生きていると聞いたと言いますが、川崎は何かの間違いだと否定します。

いよいよ、新次とバリカンのデビュー戦が始まりました。

客席には宮本と秘書の君塚がいます。

最初はバリカンの試合ですが、緊張のあまりか防戦一方。強烈なカウンターパンチを入れれたものの、相手と猛攻にノックアウトされます。

しかしドクターが見ると、バリカンは気絶した“ふり”をしていただけでした。

この様子にトレーナーの馬場は激怒しますが、バリカン一人になると、拳を握り始めます。

次の新次の試合ですが、試合直前に、彼は客席の君塚を見つけると様子が変わります。

彼女は新次を捨てていった母親でした。

新次はたった一回目のパンチで相手をT.K.Oさせ、華々しいデビュー戦を飾ります。

宮本と君塚が控え室に挨拶にくるも、新次はバリカンと、応援生きていた芳子と早々に去っていきます。

「自殺クラブ」が用意した隠れ家は、常に監視カメラで川崎によって見られてます。

川崎は、建夫に今度行われる文化祭で行う『自殺防止フェス』に協力してもらうといいます。

バリカンは図書館に行き、吃音の本を探しますが、その時恵子と川崎を遠くから見つけます。

そして新次の次の対戦相手が決まり、隆二と同じジムに所属する男と分かると、狂気じみた闘志を燃やしはじめます。

新次は芳子の部屋に訪れると、そこでボクシングと芳子に対してだけは真摯に向き合って行きたいと告白します。

2人は体を重ねあいますが、突然、試合2週間前の片目との約束を思い出しました。

新次は芳子を連れて外に出ると、そこには新次の親分であった立花と、彼を障害者に追いやった隆二が自分の幼い子供を紹介しているところに遭遇し動揺します。

後日、新次がランニングをしていると、そこで裕二と出くわします。

彼は自分が立花に暴力を振るった理由に、どれだけ立花の元で働いても認めてもらえなかったといいます。

さらに立花は祐二を許したといいますが、新次はもう2人だけの問題だと声を荒げます。

新次はリングの上で祐二を潰すと宣言し、2人はそのまま去っていきました。

夜になり、いよいよ自殺クラブが開催する文化祭のステージが始まります。ステージはリアルタイムでネット配信されており、視聴者がどんどん増えていきます。

舞台には4人の男女が首に縄を巻いて立っており、川崎はステージに上がると、観客に向かって自死に対して違う角度で見ることにしたと説明します。

それは誰にも見られぬまま命を絶つ無意味な死から、人に投げかける意味のある死を遂げる必要性をうたうものでした。

街頭インタビューで集めた自死志願者たちですが、自ら首を吊るように促されても、皆何かにつけて理由をつけたり、怯えて最期の一歩が踏み出せないなどして、誰も自死を選びません。

電力会社のコールセンター部長を務めていた福島は、最初は原発事故も全部自分のせいだと泣き喚き散らしておきながら、いざ舞台を降りれば突然観客に当り散らし、原発なんぞ知るかと暴言を吐きながら去っていきます。

最後に残されたのはバリカンの父・建夫でした。

元陸軍で、部隊を率いて戦場へ行ったこともある彼ですが、帰還後、彼の部下4人が自死を遂げてしまいます。

その自死によって、部隊長だった建夫は、各方面からバッシングを受けてしまいます。

川崎はそんな奴らに見せ付けるためにも意味ある自死を遂げるべきだといいますが、建夫は命に価値は英雄だろうが、人知れず自死した奴だろうが同じだと言い、自死を拒否します。

自分の意見に真っ向からぶつかってきた建夫や、建夫の意見に同調してブーイングをする観客に対し、希望は人を死に至らしめる最後の病だと叫びます。

怒りを露にする川崎は、ブーイングをする観客に向かって、自らが定義した意味ある自死を遂げてしまい、会場は騒然となります。

新次は次の試合に挑みますが、1ラウンド目は防戦どころか何度もパンチをくらい、バリカンたちをひやひやさせます。

相手を油断させるためか、新次はわざとやったことも無いサウスポーで最初のラウンドを行っていたのです。

さらに客席に祐二が来ていると分かると、新次は本来のスタンスに戻しますが、相手の足を踏んで距離を取れないようする反則技をします。

レフリーに気付かれるだけでなく、強烈なカウンターパンチを食らわし相手をノックアウトさせますが、新次は意識の無い相手にこれでもかとパンチを浴びせ続け、リングは物々しい雰囲気一色になります。

片目たちは必死で新次を相手から引き剥がしますが、祐二に向かって、リング上で殺してやると新次は絶叫するのでした――。

第4話につづく…

スポンサーリンク

3.映画『あゝ、荒野【第3話】』の感想と評価


(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

前編のクライマックスに当たる第3話ですが、ものすごく黒い熱量を持ったまま幕を下ろします。

新次はボクシングを真剣にやると言いますが、彼を突き動かしているのは祐二への徹底した復讐です。

ボクシング以上に復讐に取り付かれた新次は、このままリングで祐二を殺してしまうのか・・・ここでバリカンがどのように新次と関わっていくのかも気になります。

それと自殺クラブのステージの物々しさも素晴らしいです。

川崎を演じる前原滉の鬼気迫る演技もスバラシイです!!口から泡沫を撒き散らしながら、観衆に向かって絶叫する姿。自ら操作するドローンで撃たれてるシーンは狂気をバシバシと感じるのに、一切目を話すことが出来ません。

川崎が言う意味ある自死に対する、建夫の態度や意見も見ごたえがあり、冒頭ではただの虐待父親が突然ハードボイルド風をビュービューに吹かす様も最高でした。

まとめ


(C)2017「あゝ、荒野」フィルムパートナーズ

ただのボクシング映画ではなく、復讐や、命の重さ、国で可決されている徴兵制度のような法案の行方・・・

後編にあたる4~6話でそれぞれの行方がどこへ向かい、どう結末を迎えるのか。

スポーツ映画と見せかけて、それぞれの思いや行動がどのように交差し、登場人物の運命を左右していくのか注目したいです。

他の邦画に比べものすごくリアリティあるストーリーでありながら、ストーリー、演技ともに恐ろしいほどに気迫を感じるこの作品は、新しい邦画の名作になる予感さえします。

少なくとも私の中では前編の段階で、本年度下半期ベスト10に食い込んできました!

映画『あゝ、荒野』を安全かつ無料で見る方法はU-NEXTがオススメです。

▼▼U-NEXTで『あゝ、荒野【完全版】』はご覧いただけます。
『あゝ、荒野【完全版】』を無料で見る

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができますで、大変お得になっています。

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2017年10月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

赤毛のアン映画あらすじ!2017夏の舞台主役は元国民的子役女優!

カナダの小説家ルーシー・モード・モンゴメリの『赤毛のアン』。これまで映画やテレビ、アニメで映像化されれ、現代に引き継がれてきた古典の名作。 今回は、エラ・バレンタインが主演する日本公開2017年5月6 …

ヒューマンドラマ映画

映画『砂の器(1974)』動画無料配信はHulu。ネタバレ原作と脚本の違いは

原作は松本清張の同名小説です。1960年から読売新聞夕刊で連載された長編推理小説をベースに、公開当時に近い71年に時代設定を移して描いた感動巨編。 1974年公開された野村芳太郎監督の『砂の器』をご紹 …

ヒューマンドラマ映画

『三度目の殺人』映画撮影担当【写真家/瀧本幹也展】開催日時と場所は?

大ヒット上映中の是枝裕和監督の『三度目の殺人』にて映画カメラマンを務める瀧本幹也。 今回ご紹介するのは写真家として活躍する瀧本幹也の単独写真展「FLAME/SURFACE」のお知らせです。 広告写真や …

ヒューマンドラマ映画

映画BPM ビート・パー・ミニットのあらすじとキャスト。カンヌグランプリ作品とは

実話から生まれた、魂を激しく揺さぶる鮮烈な愛と人生の物語! ロバン・カンピヨが監督・脚本を手がけた『BPM ビート・パー・ミニット』が、3月24日より公開されます。 スポンサーリンク CONTENTS …

ヒューマンドラマ映画

向井理映画『いつまた君と』キャストとあらすじ!舞台挨拶や試写会は?

俳優・向井理さんの実の祖母の手記を映画化! 戦中・戦後の激動の時代を生き抜いた全ての家族の物語『いつまた、君と 何日君再来』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『いつまた、君と 何 …

【Cinemarche独占】アミール・ナデリ監督インタビュー|映画『山〈モンテ〉』に込めた黒澤明監督への思いとは
【Cinemarche独占】『洗骨(せんこつ)』公開記念・水崎綾女インタビュー|映画『洗骨』のキャストとしての思いを語る。自身の経験と向き合い深めた演技と死生観
【Cinemarche独占】『LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て』公開記念・三上博史インタビュー|役者魂と自身の人生観を語る。
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
映画『MAKI』サンドバーグ直美インタビュー|映画『MAKI マキ』女性の美しさを表現する思いを語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP