Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/01/29
Update

映画『羊の木』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【錦戸亮&木村文乃共演】

  • Writer :
  • 村松健太郎

『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』『美しい星』の吉田大八監督のもとに錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平という、豪華キャストが終結した映画『羊の木』は2月3日(土)より全国ロードショー

原作は「がきデカ」の山上たつひこと「ぼのぼの」いがらしみきおという異色にして日本ギャグマンガ界のレジェンドの合作による異色のヒューマンミステリー。

脚本の香川まさひとは『クヒオ大佐』に続く吉田監督とのコンビ作で、名バイプレイヤー深水三章の遺作となっています。

スポンサーリンク

1.映画『羊の木』の作品情報


(C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

【公開】
2018年公開(日本映画)

【原作】
山上たつひこ(原作)
いがらしみきお(作画)

【監督】
吉田大八

【キャスト】
錦戸亮、木村文乃、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯大、松田龍平、中村有志、安藤玉恵、細田善彦、北見敏之、松尾諭、山口美也子、鈴木晋介、深水三章、川瀬陽太、木原勝利、白神允、中沢青六、村上和成、江原政一、大矢敬典、西山清孝、中野剛、鈴木隆仁、山口尚子、白川朝海、船崎良、渡邉蒼、大智、三宅希空、川上凛子、安藤結埜

【作品概要】
原作は山上たつひこ、作画いがらしみきおの同名コミックの実写映画化したヒューマン・ミステリー作品。

演出は『桐島、部活やめるってよ』や「紙の月』で知られるの吉田大八監督。

主演の月末一役には錦戸亮。月末の同級生の文役に木村文乃、6人の元殺人犯役に北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平と実力派の豪華キャスト。釜山国際映画祭ではキム・ジソク賞を受賞。

2.映画『羊の木』のキャスト配役


(C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

月末一(錦戸亮)

いわくつきの6人の新規転入者の担当になる市役所職員。

石田文(木村文乃)

帰省してきた一のバンド仲間、のちに新規転入者の宮腰と付き合う。

宮腰一郎(松田龍平)

新規転入者の一人。一たち地元の人間にも積極的にかかわる。

杉山勝志(北村一輝)

新規転入者。釣り船の船乗りの職に就く。

太田理江子(優香)

新規転入者。介護センターで働く。一の父親の担当になる。

福元宏喜(水澤紳吾)

新規転入者。理髪店で働く。自分の素性が知れること極端に避ける。

栗本清美(市川実日子)

新規転入者。清掃ボランティアに就く。仕事に細か過ぎる性格。

大野克美(田中泯)

新規転入者。元暴力団関係者。顔に大きな傷がある。

スポンサーリンク

3.映画『羊の木』のあらすじとネタバレ


(C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

寂れた漁港の町、魚深市に6人の新規転入者が同時にやって来ると、市役所職員の月末一は担当を命じられます。

単純な作業と思いきややって来た6人の新規転入者は転入の際の雰囲気、それぞれの纏う空気が明らかに違います。

上司に6人の新規転入者の素性を訪ねると驚くべきことを聞かされます。

それは6人がすべて罪を犯した犯罪者・受刑者であること。彼らは刑期の短縮の代わりに10年の定住を誓わされた面々でした。

この話は刑務所の運営コスト削減と地方都市の人口増加を同時に目指すという、国家プロジェクトのテストケースでした。

そしてこの6人の素性はごく限られた人間にしか明かされず、新たな雇用主もその過去を知らせていませんでした。

理髪店で働き始めた福元は自分の素性が露見することを極端に怯えていますが、ちょっとした仕草から店長に素性を知られてしまいます。

ところが店長もかつて服役していた過去を持っていました。

介護センターで働き始めた理江子は、匂い立つような色っぽさを隠しきれずやがて一の父親と深い仲になっていきます。

極度に几帳面な清美は清掃ボランティア活動に参加しますがこだわり過ぎて仕事の足を引っ張りがちです。

クリーニング店で働き始めた大野は客商売には不向きな強面で、漁港で働く杉山は10年もつかどうかと町に来て早々ぼやくほどです。

6人の罪がすべて殺人であったことを知ってより一層、一の気持ちが重くなる一方ですが、唯一運送業に就いた宮腰は人当たりがよく一とも心通わせます。

6人と同じころ一のバンド仲間の文が帰ってきます。

文は結婚に失敗したとかいろいろな噂とともに帰ってきました。

以前から好意を寄せていた一は文にまたバンドをやらないかと声を掛けます。

バンド仲間の須藤とともに3人はバンド活動を再開します。

ギクシャクしながらも街になじんでいく6人。そんな街でははるか昔から伝わる“のろろ祭り”の準備が始まっていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『羊の木』ネタバレ・結末の記載がございます。『羊の木』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

そんなある日、バンドの練習場に宮腰が訪れます。すっかり親しくなった一は練習場に宮腰を招き入れます。

楽器はできない宮腰ですが、いつの間にか練習の常連となっていきました。

そして意外なことに文と宮腰が付き合い始めることになりました。

“のろろ祭り”ののろろとは魚深に昔から祀られている、その姿を決しては見てはいけないと伝えられている神で、その巨大な銅像は崖の突端に立っています。

宮腰にその伝承の内容を教えて欲しいと言われた一は昔はその崖から2人の生贄が飛び込み、1人は生きて助かり,もう1人は沈んだまま死体も上がらないという儀式があったことを教えます。

祭りの夜、酒をやめていた福元が断り切れずに一杯、また一杯と重ねるうちに酒乱となって暴れだします。

DVで悩んだ過去を持つ清美は恐怖に震えその場を去ります。

暴れる水元の前に立ち塞がった大野の存在は、後々噂を呼ぶようになってしまいます。

この時、理江子は一の父親と家で過ごしていましたが弾みで父親が転倒してしまいます。

暴れる福元を一気に占め落としたのはなんと宮腰でした。

その淡々とした宮腰の様子を見て杉山は、宮腰の決して表に出さない闇を感じます。

翌朝、祭りの様子を報じた新聞紙の写真を片手に初老の男性が宮腰を捜しに来ます。

宮腰の犯罪被害者の親族と思われる男の出現に街で、何か騒がしくなるのでは杉山は嬉々としています。

そしてその男が数日後遺体で発見されています。

杉山は宮腰の仕業だと確信します。

軽く脅かして杉山を何の躊躇いもなく車で跳ね飛ばします。

最も街になじんでいたような宮腰こそ実は想像を絶する闇を抱えていました。

宮腰の表に出ている資料によると、宮腰の罪は過剰防衛というようなものでよくよく考えると執行猶予がついて然るべきことでした。

ところがなぜか宮腰は収監されていました。

そこから想像できることは、宮腰は未成年のころにすでに重い罪を犯していたということでした。

宮腰を探してきた初老の男はこの罪の被害者の親族でした。

杉山も手にかけた宮腰と一はのろろ像のそびえたつ崖で対峙します。

自分はこれからも罪を犯し続けると語る宮腰に迫られる一、

そして二人は追いかけてきた文の目の前で崖から落ちていきます。

泳げない一は海から顔を出すことなく宮腰が生き残ったと思ったその瞬間、のろろ像の首が崩れ海面に顔を出していた宮腰に直撃します。

その一拍後、一が何とか顔を出します。生き残ったのは一でした。

事件ののち残りの4人は引き続き町で暮らしています。一と文は少し距離感が近づき笑いあう中になりました。

3.映画『羊の木』の感想と評価


(C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

吉田大八監督作品の登場人物は皆、無邪気で純粋な想いの持ち主ばかり。

今作の宮腰もまさにそういう人物といっていいでしょう。

『桐島』の生徒たち、『紙の月』の宮沢りえ、『美しい星』の大杉家の人々もそうです。

これと思ってしまうと周りが見えなくなるまで前のめりに挑んでいきます。

それが犯罪行為や人を傷つけるようなことになってしまっても、当の本人たちは気が付かないほど暴走します。

周りの人間は信じるのか、疑うのか、見守るのか、非難するのか極端な人間が出現したことでその人間の本性が明らかになります。

これはデビュー作の『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』から変わらない一貫した吉田大八監督の世界観です。

ただ、今作『羊の木』は視点の持ち主がその突飛な人たちではなく周りのひとというところが全く違います。

暴走する人間を俯瞰で見る監督と同じ視線の持ち主で語られる吉田大八ワールド。

そこに注目してみるとより深く映画を見ることができるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018「羊の木」製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社

第53回シカゴ国際映画祭をはじめ、釜山やハワイの映画祭にも正式出品された本作『羊の木』。なかでも釜山国際映画祭ではキム・ジソク賞を獲得しています。

演出は『桐島、部活やめるってよ』や「紙の月』で知られるの吉田大八監督です。

主演の月末一役には錦戸亮。月末の同級生の文役に木村文乃、6人の元殺人犯役に北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平と実力派の豪華キャスト。

映画『羊の木』は2月3日(土)より全国ロードショーです。お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『Mid90sミッドナインティーズ』あらすじネタバレと感想。スケボーとスケーターの90年代の青春を描く

ハーモニー・コリン監督による『スプリング・ブレイカーズ』、アカデミー賞作品賞を受賞した『ムーンライト』。 そして、日本ではいよいよ2018年11月17日(土)より、シネクイントほか全国ロードショーが始 …

ヒューマンドラマ映画

映画『チャーチル ノルマンディーの決断』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『チャーチル ノルマンディーの決断』は8月18日(土)より、有楽町スバル座、新宿武蔵野館、ほか全国順次公開中。 ”歴史上最も偉大なイギリス人”と尊敬されている英国首相チャーチルの、ノルマンディー上 …

ヒューマンドラマ映画

映画『パターソン』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も

ジム・ジャームッシュが『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』以来4年ぶりに手がけた長編劇映画『パターソン』が公開中です! バス運転手で詩人であるパターソンという男性をアダム・ドライバーが演じていま …

ヒューマンドラマ映画

映画『ゴールデン・リバー』ネタバレあらすじと感想。シスターブラザーズは新たな人生を歩み始めるまでを描いたコメディ作品

ゴールドラッシュで沸くアメリカが舞台となる『ゴールデン・リバー』。 ブッカー賞作家パトリック・デヴィットの小説『シスターズ・ブラザーズ』を基に映画化されました。 最強の殺し屋・シスターズ兄弟が山師を追 …

ヒューマンドラマ映画

映画『グラン・トリノ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

孤独な老人と人生に迷う少年。2人の出会いが生んだ感動の物語。 クリント・イーストウッドの最高到達点『グラン・トリノ』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『グラン・トリノ』の作品情報 …

映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP