Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】フラッシュダンス|映画あらすじ感想と結末の評価解説。ラスト感動ダンスシーンで一大ブームを巻き起こした大ヒット作

  • Writer :
  • 谷川裕美子

ヒロイン・アレックスの輝ける夢と愛!

プロダンサーを目指すヒロインの夢と愛、友情を描いた世界的大ヒット映画『フラッシュダンス』。主演を務めたのは、本作が映画初主演となったジェニファー・ビールスです。

監督は『危険な情事』(1988)のエイドリアン・ライン。またアイリーン・キャラによる主題歌『フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング』も大ヒットしました。

ダンスに生きる喜びのすべてをぶつける純粋な主人公・アレックスの魅力の虜になる作品です。

2022年4月には4Kデジタルリマスター版で公開された不朽の名作の魅力をご紹介します。

映画『フラッシュダンス』の作品情報


(C)2022 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
1983年(アメリカ映画)

【原案】
トム・へドリー

【監督】
エイドリアン・ライン

【脚本】
トム・へドリー、ジョー・エスターハス

【製作総指揮】
ドン・シンプソン、ジェリー・ブラッカイマー

【キャスト】
ジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ、サニー・ジョンソン、カイル・T・ヘフナー、リー・ヴィング、ベリンダ・バウアー、ステイシー・ピックレン、マルコム・ダネア

【作品概要】
プロダンサーになる夢を追う主人公の愛と葛藤を描く青春ドラマ。オーディションで選出されたジェニファー・ビールスの主演デビュー作であり、共演は『ヒドゥン』(1988)のマイケル・ヌーリー。

監督は『危険な情事』(1988)のエイドリアン・ライン。また製作総指揮では、ドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマーというヒットメーカーが初のコラボを果たしています。

アイリーン・キャラが歌う印象的な主題歌『フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング』も大ヒットとなり、アカデミー賞歌曲賞を受賞しました。

映画『フラッシュダンス』のあらすじとネタバレ


(C)2022 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

工業都市ピッツバーグに住むプロのダンサーを目指す18歳のアレックス。

昼は製鉄所の溶接工をし、夜はクラブのセクシーダンサーとして働いている彼女。同じ店でプロスケーターを目指す親友のジェニーはウェイトレスを、彼女の恋人であるコメディアン志望のリッチーは調理を担当していました。

倉庫だった部屋に住みながら、毎日ダンスの練習に励む彼女のステージを製鉄所社長のニック・ハーリーが見ており、翌日彼女に挨拶します。

ある日彼女は、名門ピッツバーグ・ダンス・アンド・レパートリー・カンパニーのオーディションを申し込みに行きますが、応募者がバレエ経験者ばかりであることを知って自信を失い、そのまま逃げ去りました。

ダンスの師であるハンナ・ロングは、まずは応募することが大切だとアレックスに諭します。

アレックスを口説こうとししては断られてきたニックでしたが、ストリップクラブで働くジョニー・Cに絡まれていた彼女を助けたことをきっかけに距離が縮まります。

ある日、スケート競技会に出場したジェニーを、アレックス、リッチー、ニッキー、そして彼女の両親が見守ります。しかし彼女は2回転倒して立ち上がれなくなりました。

帰りにアレックスはピザをテイクアウトしてニックを自宅に招きます。その夜ふたりは結ばれました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『フラッシュダンス』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『フラッシュダンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

ハンナとバレエのステージを観に行ったアレックスは、帰りにニックがほかの女性と車に乗り込むところを見てしまいます。怒りでニックの家の窓に石を投げつけて逃げ去るアレックス。

帰宅した彼女のもとをリッチーが訪ね、ロサンゼルスに行くと告げ別れを言います。彼はまだジェニーを愛していましたが、彼女をあきらめて夢を追うために去りました。

翌朝、ニックから一緒にいたのが元妻で、慈善事業のために会っただけだと聞いたアレックスは彼と仲直りします。

アレックスはもう一度、バレエ団の入団願書をとりに行きました。その様子を見ていたニックはこっそり裏で文化委員と連絡をとります。

オーディションが受けられるという通知が届き、アレックスは大喜びでニックとハンナに報告しました。ハンナは必ず受かると言って激励します。

しかし、レストランをゆうべのうちに予約したと言うニックの言葉を聞いて、アレックスは彼が手回ししたことに気づき激怒。車をひとり降りて去っていきます。

その後、アレックスはジョニー・Cと付き合うようになったジェニーがストリッパーになったと聞いて店に駆け付け、裸の彼女を連れ出します。

家の前で待っていたニックと大ゲンカになるアレックス。彼はアレックスが怖がっていることを言い当て、「夢を捨てるのは死ぬのと同じだ」と言って去ります。

翌日、アレックスはハンナが昨夜亡くなったことを知りました。

クラブに私物を取りにいった帰りにアレックスは教会で懺悔し、「迷っている」と泣きます。

アレックスは緊張しながらオーディション会場へと向かいました。いかめしい顔の審査員たちの前で、冒頭失敗したアレックスは最初からやり直します。その様子を審査員たちは興味を失ったように冷たい目で見ていました。

しかし、途中からパッションあふれる独創的な彼女のダンスに彼らの目がくぎ付けになります。

見事合格をつかみとり会場から飛び出してきたアレックスを、赤いバラの花束を持ったニックと愛犬グラントが迎えました。

熱く抱き合うふたり。アレックスはバラの花を1本取り出し、笑顔でニックに差し出しました。

映画『フラッシュダンス』の感想と評価


(C)2022 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

愛と感動のつまった圧巻のダンスシーン

空前の世界的大ヒットとなった名作『フラッシュダンス』のみどころは、なんといっても圧巻のダンスシーン特に大ヒット曲『フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング』をバックにヒロインのアレックスが踊るラストのオーディションシーンは伝説となっています。

「人生を信じて ステップを踏めば世界は私のもの」という歌詞が、アレックス自身と完全に一体となった名シーンであり、この歌詞は「私のステップが世界を魅了する」という意味だけではなく、「ステップを踏んでいるとき、私はダンスですべてが満たされる」という意味がこめらているように思えます。

ジャズダンスやブレイクダンスを取り入れた本作は、今日まで続くダンスブームの先駆けとなりました。

プロを夢見ながら昼は溶接工、夜はクラブのセクシーダンサーとして働くハングリーなアレックスを演じるのは、本作が初主演となるジェニファー・ビールス。当時イェール大に入学したばかりだった彼女の、ネイティブ・アメリカンの血をひく情熱的な顔とバネのようにしなかな体、愛らしい表情が観客を虜にしました。

ラストの成功シーンに至るまで、いくつもの葛藤や苦しみも丁寧に描かれます。

正式なレッスンを受けたことがなかったアレックスは、オーディションを受けるまで葛藤し続けます。周囲はバレエの経験者ばかりなのを見てとった彼女はコンプレックスに苦しみ、一度は逃げ帰ってしまうのです。

また彼女と同じように、大きな夢を追う友人たちも登場します。

プロスケーターを目指して努力してきたジェニーは、大切な本番で転倒したことが原因で挫折してストリッパーにまで身を落とします。その後、熱い友情で結ばれたアレックスが親友を助け出しました。

またジェニーの恋人でコメディアン志望のリッチーは夢を叶えるためにロスへ旅立ちますが、すぐに帰ってきてしまいます。

夢を叶えられる者と、夢に破れる者のリアルな姿が描かれているからこそ、この作品は多くの人々の心を強く打ったのに違いありません。

純粋で激しいアレックスの恋


(C)2022 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

もうひとつ注目したいのはアレックスと雇い主である社長のニックとの恋の行方です。

ニックは離婚歴のあるいわゆる大人の男性です。社長という社会的な地位もあります。そんな彼が、クラブで踊るアレックスに一目ぼれ。敏捷な小鹿のように自由に跳ねまわる彼女の、ほとばしる生命力や輝きに魅せられる気持ちはよくわかります。

目を閉じると音楽が見えると言って、ニックに目を閉じて確認するように言うアレックス。なにより彼が魅了されたのは、アレックスのそんな純粋さだったに違いありません。

以前は上流階級の妻と「建前」を大切に暮らしていた彼は、自分が本当に求めていたのは純粋で情熱的なアレックスだと気付きます。

まだ若いアレックスは、怒りをコントロールすることができません。ほかの女性といたのを見ただけでニックの家の窓に石を投げつけて割ったり、彼女がオーディションを受けられるよう裏で手を回したことを許せず車道でいきなり降りてしまったり激しい行動を繰り返します。

しかし、彼女より成熟した精神性を持つニックはアレックスがオーディションを恐れていることを見抜いていました。そして、夢を捨てるのは死ぬのと同じだと厳しい言葉をあえて彼女に投げかけます。その根底にあったのは、アレックスの才能への信頼でした。

自分を導き、見守り、温かく受け入れてくれるニックというホームがあったからこそ、アレックスは夢を叶えることができたのです。

そんなふたりをいつも見つめている、ぶさかわいい犬のグラントもたまらなくチャーミングで癒されます。

まとめ


(C)2022 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

伝説的な人気を誇るダンス映画の名作『フラッシュダンス』は、製作総指揮を務めた巨匠ジェリー・ブラッカイマーとドン・シンプソンが最初に大ヒットさせた一作でもあります。

ミュージックビデオスタイルは、その後の彼らのヒット作『トップガン』(1986)にも受けつがれました。

また、ジャズダンスやブレイクダンスを取り入れたシーンがダンスブームを巻き起こすなど、さまざまな方面でのその後に大きな影響を与えることとなった記念碑的作品です。

魅力あふれるヒロインの夢と愛、そして情熱的なダンスは今なお多くの人々に愛され続けています。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『メインストリーム』ネタバレ結末あらすじと解説考察。タイトルの意味からYouTuberの現実が見えてくる

人気YouTuberを目指す若者たちの野心と暴走 映画『メインストリーム』が、2021年10月8日(金)より新宿ピカデリーほかで全国順次公開中です。 『アンダー・ザ・シルバーレイク』(2018)のアン …

ヒューマンドラマ映画

映画『沈黙サイレンス』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説【マーティンスコセッシ代表作は信仰の意味を現代に問う】

遠藤周作の小説『沈黙』を『ディパーテッド』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督が映画化。 マーティン・スコセッシ監督が1988年に原作を読んで以来、28年をかけて念願の映画『沈黙-サイレ …

ヒューマンドラマ映画

『線は、僕を描く』映画化原作ネタバレあらすじと感想評価の解説。キャスト 横浜流星もハマる水墨画の魅力あふれる作品

小説『線は、僕を描く』が実写映画化され、2022年10月21日(金)公開に! 2020年に「本屋大賞」3位、2019年にTBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した、砥上裕將氏の青春芸術小説『線は、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『それでも夜は明ける』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回取り上げるのは第86回アカデミー賞作品賞をはじめ、数々の賞を受賞した衝撃の実録映画『それでも夜は明ける』です。 悲惨な歴史の真実を、名優たちが体当りで挑んで描いた本作について詳しくご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】クロースCLOSE|あらすじ考察感想と結末評価の解説。兄弟のような少年たちに訪れる気持ちの変化と心の葛藤を繊細に描く

「永遠を壊したのは、僕。」レオが壊した永遠の真意に迫る 今回ご紹介するのは、『Girl ガール』でカンヌ国際映画祭カメラドールを受賞した、ルーカス・ドン監督による、兄弟のような幼なじみの少年2人に生じ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学