Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/06/04
Update

映画『ドンテンタウン』感想レビューと内容評価。佐藤玲×笠松将W主演「MOOSIC LAB 2019」長編部門の準グランプリ受賞作

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『ドンテンタウン』は2020年7月17日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー

音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB2019」にて、長編部門準グランプリを受賞した映画『ドンテンタウン』が公開されます。監督は本作が初の長編映画作品となる井上康平。

日本の「団地」を舞台に、曇り空ばかりのまちで出会ったふたりの男女の記憶と現実が交差する青春映画です。

若手実力派女優の佐藤玲が透き通った歌声を披露し、注目度ナンバーワン俳優の笠松将が彼ならではの存在感を見せています。

スポンサーリンク

映画『ドンテンタウン』の作品情報


(C)2019 osampo/MOOSIC LAB

【公開】
2020年(日本映画)

【監督】
井上康平

【音楽】
菅原慎一

【キャスト】
佐藤玲、笠松将、山本亜依、牛尾竜威、岩崎咲、森田ガンツ、安楽涼、伊藤こうこ、笈川健太、鶴岡千聖、松浦祐也

【作品概要】
監督は本作が初の長編映画作品となる井上康平。2018年に短編映画『ドキ死』でMOOSICLAB短編部門でグランプリほか3冠に輝いています。

音楽を担当したのはロックバンド、シャムキャッツのギタリスト菅原慎一。自身初のソロデビュー作として、本作のサウンドトラック全編を手掛けています。

ソラ役の佐藤玲は、中学生の頃から劇団に所属し演技を学び、2012年蜷川幸雄脚本の舞台『日の裏姫物語』でデビュー。坂本悠花里監督の映画『おばけ』(2014)で初主演を務めMOOSIC AWARDS2014女優賞を受賞。

マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙サイレンス』(2015)や、小林啓一監督の映画『殺さない彼と死なない彼女』(2019)など話題作にも出演している実力派女優です。

また、映画のドラマ版『架空OL日記』にも出演、リクルートリクナビネクストやサランラップなど数々のCMをはじめ、ミュージックビデオにも出演しており、今後の活躍に注目を集める女優のひとりです。

トキオ役の笠松将は、中川俊監督の映画『カランコエの花』(2018)やふくだももこ監督の映画『おいしい家族』(2019)、山田孝之プロデュース、藤井道人監督の映画『デイアンドナイト』(2019)など注目作に多く出演し、『花と雨』(2020)では主演を務めた今最も期待の若手俳優です。

他にもTVドラマシリーズ「有村架純の撮休」や「黄昏流星群」、ネットフリックスドラマ『Followers』など多数に出演しており、さまざまな役どころを見事にこなしその演技力に注目が集まっています。

映画『ドンテンタウン』のあらすじ


(C)2019 osampo/MOOSIC LAB

作曲の仕事に行き詰ったシンガーソングライターのソラ(佐藤玲)は、団地へと引っ越してきます。

前の住人のトキオ(笠松将)の持ち物が多く残った部屋に住むことになった彼女はある日、カセットテープを見つけます。

そこに入っていたのは贋作画家をしながら母親との関係や人生に迷うトキオの日常のつぶやきでした。

ソラはそのテープを聞きながら、トキオの心の揺れ動きに想い馳せる日々をおくるようになります。

スポンサーリンク

映画『ドンテンタウン』の感想と評価

(C)2019 osampo/MOOSIC LAB

さえない日々に差し込む“光”

本作は、タイトルにもあるように「曇天(ドンテン)」のようなもやもやした人生の迷いの中にいる若者にスポットライトが当たった作品です。

監督曰く本作はSF映画だそうで、夢と現実をふわふわ行き来するような不思議な感覚が漂うのが特徴といえるでしょう。

61分という短尺ながら、ソラの夢の中にトリップするような展開は観るものを惹きつけます。

曇り空しかない団地というシチュエーションに加え、カセットテープの存在が懐かしさを漂わせ、だれもが経験しうる人生の挫折や閉塞感を記憶のなかで見つけたような感覚を覚えるかもしれません。

その隙間から希望をみつけた彼女が、透き通った歌声で歌い、眩しい光に包まれるシーンに心がほどかれていくような気分になるでしょう。

不安や迷いに心が閉じ込められてしまった人々をそっと癒すような作品かもしれません。

佐藤玲×笠松将ダブル主演

本作の大きな魅力のひとつは、主演俳優ふたりの演技です。

ソラ役の佐藤玲はほどよく力の抜けた自然体の雰囲気を纏い、本作の世界観ぴったりのやわらかい歌声を披露していました。その透明感溢れるシーンは必見です。素朴ながらも彼女にしかない存在感が光っていました。

トキオ役の笠松将に関しては、まずカセットテープから聞こえる声からその独特な魅力が感じられます。

そしてトキオの「アロハシャツを着た贋作画家」という少し奇抜な設定に、どこにでもいる人生に迷う青年として命を吹き込み、彼だけの味わいを出しています。

アドリブと思うような少年との自然なやりとりは、団地でのひとコマとして非常に印象深いシーンです。

役を自分のものとして消化し、さらに進化させる彼の才能は今後も様々な作品で観ることになるでしょう。

まとめ

(C)2019 osampo/MOOSIC LAB

井上監督はインタビューでこのように話しています。

言葉だけじゃ伝わらない空気や温度、団地の匂いや、人々のやりきれない想い、その全てを眺めるようにこの映画に詰め込みました。
今は曇りでも、次の晴れ間を信じる人に届くことを願って。

まさに社会の状況が日に日に変わっている今、「次の晴れ間」を信じる人は多くいるのではないでしょうか。

映画『ドンテンタウン』は2020年7月17日(金)アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開


 

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画プリレジェ『PRINCE OF LEGEND』ネタバレ感想。LDHのブランド拡大とキラキラ映画へのアンチテーゼ

映画『PRINCE OF LEGEND』は3月21日(木・祝)より全国東宝系にて公開! 「HiGH&LOW」のチームが再結集!大型企画プリンスバトルプロジェクトの一つの節目になる劇場版『PRINCE …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンドラの小さな家』あらすじ感想と評価解説。キャストのクレア・ダンが実話を基に人生の再出発を描く

映画『サンドラの小さな家』は2021年4月2日(金)より公開。 アイルランド出身の女優クレア・ダン。舞台出身の彼女が、家を失った友人の話から着想を得て脚本を書き上げた『サンドラの小さな家』。 その脚本 …

ヒューマンドラマ映画

『サンセット大通り』あらすじネタバレと感想。映画結末の大女優の鬼気迫る演技は必見

ハリウッドを舞台にした近年の映画といえば、夢を追う男女の恋を描いた『ラ・ラ・ランド』が記憶に新しいですが、今回ご紹介するのはハリウッドの光と闇を描いた『サンセット通り』。 映画史に輝く普及の名作の魅力 …

ヒューマンドラマ映画

映画『十二単衣を着た悪魔』ネタバレあらすじと感想評価レビュー。弘徽殿女御は黒木瞳という宝塚女優から結婚・出産までトップレディだから描けた

内館牧子の小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を映画化。黒木瞳監督の第2作目『十二単衣を着た悪魔』公開! 『源氏物語』の世界に迷い込んだ主人公が弘徽殿女御に出会い、翻弄されながらも自分を見出してい …

ヒューマンドラマ映画

映画『永遠に僕のもの』ネタバレ感想と解説。元ネタ事件をモデルに親しくなった友人の家族ホゼとアナの存在も要素に

映画『永遠に僕のもの』は、1971年にアルゼンチンで起きた連続殺人事件を題材にした作品。 監督・脚本を兼務したのは、『La Caja Negra (原題)』(2002/日本未公開)でスイスのフリブール …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学