Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ザ・サークル』結末ネタバレと感想。エマ・ワトソン演技力の評価

  • Writer :
  • 桃から生まれた尻太郎

もし個人情報の全てを他人と共有したら?

SNS依存度の高まる世の中に一石を投じる映画『ザ・サークル』。

近い将来にあり得るかも知れない恐ろしさを体験できる作品は、エマ・ワトソン主演、トム・ハンクス共演によるSNSをテーマにしたサスペンススリラー!

スポンサーリンク

1.映画『ザ・サークル』の作品情報


(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【原題】
The Circle

【監督】
ジェームス・ポンソルト

【キャスト】
エマ・ワトソン、トム・ハンクス、ジョンボイエガ、カレン・ギラン、エラー・コルトーン、ビル・パクストン、エレン・ウォン、パットン・オズワルト、グレン・へドリー、フレッド・コーラー

【作品概要】
「ハリーポッター」シリーズ、『美女と野獣』のエマ・ワトソンと、『ハドソン川の奇跡』『フォレスト・ガンプ/一期一会』などのトム・ハンクスの共演が話題を呼んでいるSNSを題材にしたサスペンス・スリラー。

2.映画『ザ・サークル』のあらすじとネタバレ


(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

派遣社員としてコールセンターでクレーム対応の仕事をしていたメイは、友人のアニーの紹介で大企業のサークルに転職します。

サークルはカリスマ経営者のイーモンが率いた、シーカメラという小型カメラを利用したSNS「トゥルー・ユー」を運営している企業。

その社内は開放的なデザインの仕事場から始まり、病院、ジム、はたまたアーティストのライブまで行われていました。

社員の家族への待遇も良く、障害を抱えているメイの父親のケアも対応してもらえるなど、メイは一変して理想的な働き方をスタートさせます。

しかし、趣味や生い立ち、親の障害の情報まで徹底的な個人情報のシェアを求めるサークルの社風に、メイは次第に戸惑い始めます。

さらにメイの実家に取り付けられた地元の友人マーサーが作った鹿の角を使用したシャンデリアの写真を、何気なくトゥルーユーに投稿したところ、“鹿殺し”とSNS上で批判を集めてしまいマーサーとも疎遠になってしまいます。

ある夜、ストレスを溜めたメイは、店から趣味であるカヌーを盗み出し霧のかかる川に漕ぎだします。

ひとりの時間を求めようとしたメイですが、視界が悪く船との衝突事故を起こしてしまいます。

転覆し命の危険にさらされた彼女は、近くに設置されていたシーカメラのおかげで九死に一生を得ました。

そんなメイに目をつけた経営者のイーモンは、新サービス「シーチェンジ」のモデルになることを提案します。

シーチェンジとは自らに特殊なカメラをつけ、その動向を24時間全てネットに公開するというものでした。

シーカメラに命を救われたこともあり、シーチェンジのモデルを引き受けたメイはすぐに数百万のフォロワーを集め、アイドルのように人気を博しこれをきっかけに社内での地位も上げていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ザ・サークル』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・サークル』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

サークルはSNSでの選挙への投票を可能にすること、またアカウントを作ることを義務化させ投票率100%を目指していくなど、どんどんその規模を拡大させていきます。

そんな中、メイは新サービス「ソウルサーチ」のプロジェクトリーダーに抜擢されます。

ソウルサーチとはSNSを利用して行方不明者を捜索するサービスでした。

多くの社員の視線を浴びたメイは、ソウルサーチの発表スピーチで、見事に逃亡中の犯罪者を発見し逮捕することに成功した性能を最大限に披露します。

勢いづいて「次に探すのは誰がいい?」と問いかけるメイでしたが、“鹿殺し”で注目を集めて以降、音信不通になっていた友人のマーサーが選ばれてしまいました。

ソウルサーチによって居所を知られ突然、周囲の人間に騒ぎ立てられたマーサーは、動揺してその場から逃げ出したために、走らせた車の運転を誤り、帰らぬ人となってしまいます。

心を痛めたメイは、自らにつけていたカメラを外してシーチェンジの状況から離れます。

やがて、メイは実家で両親と共に過ごし心を癒しことにしました。しかし、数日後にはメイはまたしても自らにカメラをつけて果敢にサークルに復帰します。

復帰後すぐにシーモンは新たなサービスのスピーチをメイに提案し、メイはそれを引き受けます。

その新サービスのスピーチ中メイはシーモンを呼び出し、「指導者にこそ透明性を」とシーチェンジのカメラをシーモンに取り付けます。

またこれまでの極秘会議の詳細やメールまでをも公開し、自分だけプライベートは晒さずに私腹を肥やしていたシーモンの真の姿を暴くのです。

スポンサーリンク

3.映画『ザ・サークル』の感想と評価


(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

見所ポイント① 俳優の生きる姿と役柄のリンク

SNSを扱い現代社会とリンクする部分の多い内容ですが、社会問題のリアリティを底上げするキャスティングのセンスが素晴らしい作品でした。

一切のプライベートがなくなってしまうメイを演じるのは、「ハリーポッター」シリーズで子役時代からお馴染みであり、注目され続けるエマ・ワトソン。

その友人マーサーは、2014年にゴールデングローブ賞を受賞した『6歳のボクが、大人になるまで。』で、幼少期から12年間に渡る撮影を経たエラー・コルトーンが演じています。

彼は12年間にも及ぶ成長する過程を密着で映画撮影に収めてきた俳優としての経緯もあるので、SNS嫌いマーサーがという設定はユーモアを感じました

参考映画:『6歳のボクが、大人になるまで。』

このように俳優の私生活や他の作品と関係性を提示させることは、近年の映画では珍しいことではありません

例をあげれば、マイケル・キートン主演による、2015年の米国オスカー映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』や、2017年日本公開のアン・ハサウェイの『シンクロナイズドモンスター』も、それにあたります。

俳優の人生と役柄をリンクさせることによって、セリフや感情に説得力や深みが増していく、これは本作『ザ・サークル』の大きな魅力になっています。

見所ポイント② 個人情報がすべて監視される映画

参考映画:『トゥルーマン・ショー』(1998)

プライベートの大切さを描いた作品としてジム・キャリー主演の『トゥルー・マン・ショー』があります。

この作品は主人公が生まれた瞬間から全世界にその生活を放映されており、身の回りの人物は全てエキストラという衝撃的な内容なのですが、『ザ・サークル』のメイの心境と共通する部分は多いと考えられます。

また、SNSを扱った映画としては、2016年公開された朝井リョウ原作の『何者』があります。

こちらは『ザ・サークル』とは逆に、SNSでしか言えないこと、SNSだけでの人格などまた違った問題を扱っています。

このように近いテーマを見つけて見比べてみることも楽しいですし、映画の理解を深めるうえでおすすめです

エマ・ワトソン演じた全てを公開し生活しなければならないメイにとって、部屋のドア一枚を閉めるだけの行為に違和感を醸し出したり、人と接していない時間が異常なまでに長く感じる感覚など、近年にはない現代的な問題を描きつつ、今まで味わったことのない映画体験に満ちている作品です。

しかし考えてみると、女優エマ・ワトソンを見た際に、2001年に公開された『ハリー・ポッターと賢者の石』にはじまり、シリーズの全てを通じてハリーの親友ハーマイオニーを見続けてきた私たち

マーサー役のエラー・コルトーン同様に、メイ役のエマ・ワトソンの私生活もまた、映像とともになるのかも知れません

日々、スマホを眺めてSNSを通じて誰かの生活を眺める時間が増えている人は、楽しめること間違いなしです。

まとめ

エマ・ワトソンとトムハンクスの共演が光る作品。

現代人にとって切り離せない身近な問題に恐怖を覚えます。

これを機にネットとの関わり方を考えてみるのはいかかでしょうか?

関連記事

ヒューマンドラマ映画

ポエトリーエンジェルあらすじとキャスト!上映劇場情報も

和歌山県で開催されている第10回を迎える、「田辺・弁慶映画祭」を記念して製作された、飯塚俊光監督の『ポエトリーエンジェル』。 モデルとしても活躍する武田玲奈と、若手俳優として注目される岡山天音のダブル …

ヒューマンドラマ映画

『こちらあみ子』原作小説のネタバレと結末の感想解説。トランシーバーの届かない呼びかけがあみ子と世界との乖離を示す

小説『こちらあみ子』が井浦新と尾野真千子が両親役で実写化に! 小説『こちらあみ子』は、『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞した今村夏子のデビュー作。第26回太宰治賞、第24回三島由紀夫賞 …

ヒューマンドラマ映画

ワン・セカンド 永遠の24フレーム|あらすじ感想と評価解説。チャンイーモウおすすめ最新作は“美しい不変性”を説く

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム 』は2022年5月20日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー! 激動する時代の中で、一つの映画をめぐって出会った一人の男と少女の心の交流を …

ヒューマンドラマ映画

映画『愛しのアイリーン』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【吉田恵介×新井英樹】

閉鎖的な地方の農村に、フィリピン人女性が嫁いだ事で巻き起こる騒動を描く、映画『愛しのアイリーン』。 『宮本から君へ』『ワールドイズマイン』で知られる漫画家・新井英樹の同名コミックを、『さんかく』『ヒメ …

ヒューマンドラマ映画

映画『永遠の1分。』ネタバレ結末感想と評価解説レビュー。上田慎一郎監督の最新作“エンターテイメントの新境地”を魅せる!

笑いを武器に東日本大震災と向き合う『永遠の1分。』は2022年3月4日(金)よりロードショー! 映画『永遠の1分。』は、『カメラを止めるな!』(2017)の上田慎一郎が脚本を、同作の撮影監督だった曽根 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学