Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ボストン ストロング』感想と考察。ボーマンはコストコのチキンをなぜ焦がすか

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

2013年に実際の出来事として起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。このことを記憶する人も多いのではないでしょうか。

本作品は爆破事件で被害にあったジェフ・ボーマンを主人公に映画化した作品。

爆破事件に巻き込まれ両足を失ったボーマンは、“ボストン ストロング”という、ボストン復興の象徴として脚光を浴びますが…。

スポンサーリンク

1.映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』の作品情報


© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
Stronger

【原作】
ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター

【監督】
デヴィッド・ゴードン・グリーン

【キャスト】
ジェイク・ギレンホール、タチアナ・マスラニー、ミランダ・リチャードソン、クランシー・ブラウン

【作品概要】
2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件で、両脚を失った被害者であるジェフ・ボーマンの実話を映画化。第42回トロント国際映画祭でプレミア上映されました。

主演は『ナイトクローラー』などで知られる演技派俳優のジェイク・ギレンホールがジェフ・ボーマン役を熱演、演出を務めたのは『セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅』や『スモーキング・ハイ』のデビッド・ゴードン・グリーン監督が描くヒューマンドラマ。

3.映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』のあらすじ


© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ボストンに暮らす27歳のジェフ・ボーマンは、今日である職場のコストコでローストチキンを焼いていたが、焼き上がりを知らせるタイマーを忘れて焦がしてしまいます。

上司や同僚たちにミスした理由をタイマーが鳴らなかったのせいにしますが、上司からたしなめられます。

その後片付けをジェフは同僚の女性に押し付け、2連敗中のレッドソックスを応援するために仕事帰りにやって来たのは、気の知れた仲間が集うバーでした。

ジェフは仲間と談笑をしていると、偶然、何度も別れては縁を戻している元カノのエリン・ハーレイが姉妹でやって来ます。

ボストンマラソンにチャリティランナーとして出場するため、エリンは寄付金を募りに来たのです。

彼女に未練があるジェフは、仲間が制するも男前が良いところを見せようと、バーにいる客たちに呼びかけ、「ランナーの彼女は病院で働く素敵な女性だ、ビール一杯をガマンしての2ドルを寄付してくれ」と、寄付金集めを助けます。

しばらくして、エリン姉妹は車に乗って帰ろうとすると、その後を追いかけたジェフは、翌日に手作りのポスターを作って応援に行くことを無理矢理に約束します。

ジェフの熱意とは裏腹に、毎度の約束破りの彼の話だと聞き流すエリン。彼女は約束をしても必ず守れない彼のいい加減さを知っているのです。

2013年4月15日、ボストンマラソン当日。

ゴール地点近くにギリギリの時間でやって来たジェフは、応援で湧き返る人混みのなか入り、エリンのゴール到着を待っていました。

すると、サングラスをかけた奇妙な男がジェフの前を通り過ぎます。直後、2度の爆発が発生。

ジェフの思いの家族や仲間は居ても立っても居られずに、不安と怒りを抱えて緊急輸送された患者でごった返す病院にやって来ました。

ジェフの命は無事であると、担当医に伝えられたジェフの母親パティでしたが、それもつかの間。両脚は切断された重体であることが告げられます。

やがて、意識が戻ったときにはすでに病院のベッドの上であったジェフ。

意思の疎通が困難にありながらも、ベット脇で見守ってくれる友人にペンとメモ帳を用意させ、必死の思いで「犯人のみた」と警察を呼ぶことを頼みます。


© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

やがて、ジェフの証言もあって、4日後にテロ事件の犯人は逮捕されます。

そのような状況で弱り切ったジェフの傍を離れずに支える元カノであるエリンでした。

珍しくジェフが約束を守り、応援に来てくれたことで事件に巻き込まれたという責任の重さに、エリンは深く胸を痛め自責の念を抱いています。

そして、ジェフの切断した両脚の包帯を、いよいよ外す日になるのですが…。

スポンサーリンク

4.映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』の感想と評価


© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ダメ人間が再生するリサイクル

この映画では、ジェイク・ギレンホールは演じるジェフ・ボーマンが、ボストンの郊外にあるコストコで働く場面から物語が始まります。

ボーマンは建物の外にある大きなダスト箱に、調理で出たゴミを捨てに行くのです。

なぜ、この映画の主人公は、「ゴミ出しという行為」から映し出され映画が始まるのでしょう。

日常的な何気ない営みのワン・シーンではありますが、ここで主人公ボーマンは「いらなくなった物を捨てる」という記号から、「自身も捨てられた人物」であるということを示しているのではないでしょうか。

この作品で初めてジェイク・ギレンホールが映し出される登場シーンが、要らない不要な人間像なのです。

そのことは、しばらく物語が進むとすぐに分かるのですが、元恋人のエリン・ハーレイに3回も捨てられた、時間にルーズな人物であることが示されます。

ジェイク・ギレンホールが演じたボーマンは、やはり、不必要なゴミと同じようだとわかります。

しかし、それだけでは映画の物語にはならないので、ゴミのようなダメ人間がどのように再生するか?

この映画は3Rである、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)といった、人間再生の物語です。

そこにこそ、どんな人間も様々であり、不要な人はいないのだというアメリカンスピリッツがある、いや、“ボストン ストロング”というボストン魂があるのではないでしょうか。

ボーマンはコストコのチキンをなぜ焦がすか?


© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

このことはズバリ、自爆テロ事件の予兆を示しています

ゴミを捨てに行ったボーマンは、タイマーもかけずにローストチキンのオーブンをそのままにいきました。

チキンを焼き過ぎたのは、“ゴミのようなダメ人間”である、チキン野郎のボーマンを投影したものです。

つまり、ダメ人間でチキン野郎な彼が、そのうちに焦げるということを表現した予兆や、時限タイマーではないなどブラック・ユーモアとして捉えることができるでしょう。

このような粋な演出が見られる時点で、本作『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた』は、後々までストーリー展開も飽きさせることなく、笑いや涙で見せてくれる作品です。

笑いと感動のバランスが見事で、決して劇場で見ても損のない、娯楽作品としてもヒューマンドラマとしても高い表現力を持った作品です。

さて、ボーマンは地元のボストン・レッドソックスという球団のマニアックなファンです。

ボーマンは自爆テロ事件で両足の切断を余儀なくされますが、大好きなレッドソックス(赤い靴下)はもう履くことはありませんね。

これは本作のなかでも、ブラックユーモアとして赤い靴下をワン・ショット見せる場面も登場します。見逃さないでね。

さて、これは人間の強い生き方への再生の物語。ジェフ・ボーマンがレットソックス球団と、どのような関係になるのかにも要注目です!

スポンサーリンク

まとめ


© 2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork © 2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

本作の主演を務めたのは、映画『ノクターナル・アニマルズ』や『ナイトクローラー』など、話題作への出演が続くジェイク・ギレンホール。

ジェイクはこの映画に賭ける思いも大きく、プロデューサーとしても参加しています。

また、実在モデルとなったジェフ・ボーマンと映画の撮影前から密にコミュニケーションを図り、彼の人間としての本質を模索する徹底ぶりで演技力の裏付けを構築させています

“ゴミのようなダメ人間”と書いて紹介してきましたが、それは実在のボーマンにとっては大きな事実であり、映画を観たあなたには一つの例えの比喩のような存在です。

人はゴミであるか、そうでないか、不必要という価値を決めるのは、その人自身の生き方次第です。

この作品の劇中に、夜の公園でボーマンと友人たちと過ごし、ドライブに行くシークエンスがあります。

価値の有る無しを超えた青春的なグラフティも、またオススメな場面です。

実話映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

揺ぎない実話のストーリーに裏付けされた、笑いと涙のヒューマンドラマの感動作。ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの秋津竜太役は西島秀俊。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は、『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

是枝裕和映画『万引き家族』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞した映画『万引き家族』は、6月8日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開中。。 『誰も知らない』『そして父になる』『海街diary』『三度 …

ヒューマンドラマ映画

映画『赤色彗星倶楽部』あらすじ/キャスト/上映館情報。ポレポレ東中野にて自主映画おすすめ作品公開!

赤い彗星を巡る青春群像劇。 PFFアワード2017で日活賞&映画ファン賞を受賞した、自主制作映画作品をご紹介します。 ポレポレ東中野にて2月10〜16日の連日レイトショーで1週間限定公開です …

ヒューマンドラマ映画

映画『アクトレス 〜女たちの舞台〜』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

世界三大映画祭のすべての女優賞を獲得した、ジュリエット・ビノシュ。 演技派として知られていますが、『GODZILLA ゴジララ』(2014)では、原子力発電所の技師役を演じ、来年2017年に公開予定の …

ヒューマンドラマ映画

映画『水を抱く女』感想評価と内容解説。ラスト結末のどんでん返しに注目!ウンディーネの意味の考察や“その愛の形”を解く

映画『水を抱く女』は2021年3月26日(金)より全国順次ロードショー! 「水」で始まる出会い、そして別れから「愛」の一つの側面を描いた映画『水を抱く女』。 スイスの医師、錬金術師パラケルススが説く四 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学