Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『熱のあとに』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。実話を基に愛という狂気を山本英監督が突きつける

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

愛する人を殺そうとした女性の“愛し方”の結末とは——

2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件にインスパイアされた鮮烈な愛の物語。

ここは退屈迎えに来て』(2018)の橋本愛が主演を務め、『生きちゃった』(2020)の仲野太賀が健太役、『わたし達はおとな』(2022)の木竜麻生が足立役を演じました。

監督を務めたのは本作が商業映画デビューとなる山本英監督。

6年前、愛した隼人(水上恒司)を刺し殺そうとした早苗(橋本愛)は、出所後、母親に連れられお見合いすることになります。

そこで出会ったのは、林業に従事する健太(仲野太賀)でした。健太と結婚し、平穏な生活が始まった早苗でしたが、謎の女性・足立(木竜麻生)の出現により、隼人の影に翻弄されていきます。

早苗の“愛し方”の結末とは……。

映画『熱のあとに』の作品情報


(C)2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisya

【日本公開】
2024年(日本映画)

【監督】
山本英

【脚本】
イ・ナウォン

【キャスト】
橋本愛、仲野太賀、木竜麻生、坂井真紀、木野花、鳴海唯、水上恒司

【作品概要】
2019年に起きた新宿ホスト殺人未遂事件にインスパイアされた本作は、それぞれの愛の形を鮮烈に描き出します。身勝手だったり、狂信的だったり……。他者から見て“理解ができない”と思うものも愛です。

狂気と正気の狭間で揺らぐ早苗を演じたのは、約5年ぶりに主演を務める橋本愛。『生きちゃった』(2020)の仲野太賀、『わたし達はおとな』(2022)の木竜麻生がそれぞれ違った愛の中で葛藤する姿を熱演します。

監督を務めたのは本作が商業映画デビューとなる山本英、脚本を務めたのは『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』(2023)のイ・ナウォン。

映画『熱のあとに』のあらすじとネタバレ


(C)2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisya

早苗(橋本愛)は、マンションの非常階段を駆け下り扉を開けます。するとそこには金髪の男性・隼人が血まみれで倒れています。

早苗は隼人を見下ろしてタバコの火をつけます。するとスプリンクラーが作動し、早苗は水を浴びながら1人笑います。

〜6年後〜

早苗は母親に連れられ、お見合いに参加します。お見合いにやってきた鈴木という男性は「なんでそんな死んだ目してんすか?」と聞きますが、早苗は答えません。

代わりに母親が懸命に話を続けます。鈴木が電話に出るため席を外した際に、早苗は母親に「私に何を求めているの」と聞くと、母親は「幸せな生活と自然死」と答えます。

そして母親が帰り早苗と鈴木の2人になります。すると鈴木は「近くの木を見に行かないか」と誘い、早苗は鈴木の運転する軽トラに乗ります。

車を走らせる鈴木に早苗は「鈴木さん、私結婚する気ないんですよ」と言います。すると鈴木は笑い出し、「鈴木じゃない、俺小泉、小泉健太」と、本来早苗とお見合いする予定であった鈴木に代わってお見合いに来たと写真を見せます。

目の前の小泉(仲野太賀)とは全く違う人物が写った写真を見た早苗は詐欺を疑いますが、小泉は「お母さん、知ってたよ。誰でもよかったみたい」と言います。

早苗は「私、愛した人を刺したことがあって」と話し、半年前に出所して、母親は早苗にこれ以上被害者を出さないよう檻の中に入ってほしいと願っていると話します。

小泉は突然クラクションを鳴らし「死んだ目。殺そうとしたけど、逆に殺されたんだな」と言います。早苗は呆れたように「噛み合わないですね、私たち」と言います。

その後、2人は結婚し、ペンションとして使われていた建物で暮らし始めます。早苗は新宿にあるメンタルクリニックに通っています。

通院に行った早苗は夫のことを愛していると言うが、それは表向きに過ぎないと言います。「この感情を愛と認めてしまって悲しくないのか、これは愛のようなものであって本物の愛ではない」と続けます。

クリニックを後にした早苗は、隼人に似た金髪の男性を見かけた気がしてハッとして立ち尽くします。そんな早苗に声をかけたのは新人ホストの詩音でした。

そのままホストクラブに行った早苗は詩音に「望月隼人って知ってる?」と尋ねますが、新人の詩音は「わからない」と答えます。

早苗は早々に帰ってしまい落ち込む詩音は、先輩に早苗が聞いた隼人のことを尋ねます。すると隼人は殺人未遂事件に遭ったホストで、今は失踪中だと先輩が言います。

その頃、林業の仕事をしている健太は、依頼主の足立(木竜麻生)の家に行きますが、足立の姿がありません。裏の林に向かうと木の葉の間で寝っ転がっている人を見かけます。その人物が足立でした。

近寄ろうとすると、足立は誰かが仕掛けた罠に引っかかって立ち上がれないと話します。助けようとした健太も罠に引っかかってしまいます。

人懐っこくパワフルな足立と健太は親しくなり、東京に行くという足立を早苗を迎えに行くついでに送ります。

駅に降りた早苗は、車の中に健太と足立がいるのを見て驚きます。

足立は車から降りると「早苗さんですよね、やっと会えた」と何やら早苗を知っているようなそぶりで駅に向かっていきます。

早苗は足立のことを知らず、どういうことなのかと困惑します。

その夜、テレビで戦争の話を見ていた早苗と健太は戦争について話します。そしてふと健太は世界が平和になれる方法を見つけたといいます。

「各国の偉い人を集めて2人のペアにしてさ、60秒ただ見つめ合うんだ。それを繰り返していろんな人と見つめ合う。どう、いい案でしょ」

早苗は「ただ見つめ合うだけなの?」と納得していない様子です。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『熱のあとに』ネタバレ・結末の記載がございます。『熱のあとに』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisya

ある日、早苗は排水管に落ちた結婚指輪を取り出すためにスパナを探しにいきます。

そこに足立がやってきます。「何やら暴力の匂いがしますね」と早苗に言う足立でしたが、その足立も斧を持っています。

「そちらこそ」と早苗は返します。すると、早苗が買おうとしているスパナを持っているから、代わりに手伝って欲しいと言われます。

早苗は断りきれず、足立の農園に着いていきます。足立の農園は何かの動物によって網を壊され、農作物に被害が出ていました。

その後、猟銃を持って動物を探しにいく足立に早苗はついていきながら、互いの話をします。

「なぜ結婚したの?なぜ健太くんだったの」足立に書かれた早苗は「どこか檻に入る必要があって、夫はちょうど良かった」と答えます。

早苗は足立に結婚願望はないんですかと聞くと、「結婚してないようにみえる?これでも4歳の子供もいるの」と答えます。

そして、何物かの動物の気配がして足立は猟銃を構え撃ちます。大きな音に驚いた早苗は耳を塞いでしゃがみ込みます。

「ごめん、驚かせるつもりはなかった。それで、今度は本当に殺しちゃった? 私、これでも隼人の妻なんだよね」

足立の衝撃の正体に動揺した早苗は足立を突き飛ばし、駆け出します。

放心状態の早苗は1人湖に入っていきます。そこに足立から聞いたのか、早苗を探しにきた健太がやってきて早苗を連れ戻そうとしますが、早苗は「離して!」と対抗しなかなか落ち着きません。

後日ベッドに寝ている早苗に「お前の中で今何が起きているのか、俺にも教えてくれ」と言いますが、早苗は答えません。

健太は足立のせいだと思い、仕事を辞めて引っ越しをしようとします。引っ越しの準備をしている健太に「何をしているの? 私たち引っ越してきたばかりじゃない」と早苗は言います。

健太に話そうとする早苗でしたが、いつまでも小泉さんと他人行儀に話す早苗に、「俺その呼び方大っ嫌いなんだよね」と言い捨ててどこかにいきます。

早苗は決意をして足立に会いにいきます。足立はこれから出かける予定だといい、「一緒に来る?」と聞きます。

早苗がついていくと足立は教会にむかいます。礼拝を受けているなか、足立の姿がないことに気づき、探しに行った早苗は告解室の中にいる足立を見つけます。

足立は告解室で早苗に向き合うと手を出してと、言います。

「こんな風に肌を合わせていると嘘をつく確率が減るんだって。不思議だよね」と足立は言います。

早苗は隼人を殺していない、どこにいるかも分からないことを話します。早苗に会えば何かわかると思っていた足立は残念そうです。

「どうして失踪するまで気づいてあげなかったんですか、愛してあげなきゃだめなんです」と、早苗の愛は愛じゃない、自分の愛こそが本物だと早苗は言います。

「愛、愛、うるさいなって思っちゃう。隼人に愛されたことなんてないくせに。その愛とやらで壊してしまわなければ、今隼人の隣にいるのは、あなただったかもしれないのに。現実を馬鹿にしないで、過去は終わったの」

足立に否定された早苗はどうすればいいのか分からなくなり、警察署に出向き「このまま逮捕してください。私を一生出られない檻に入れてください」と言います。

警察官は困惑し、健太に連絡します。監視カメラの映像で取り乱した早苗の姿を見せられた健太は、もうついていけないと思います。

「愛とか柄じゃないし、ここまでとは思わなかった。ついていけない」と言い、友人らと飲みにいきます。

今度こそ別れるという健太に仲間たちは飲み会のノリでわいわい話していますが、健太は次第にイラつき始め「そんなくだらない悩みなんかどうでもいい。そんなんじゃ解決しないんだよ」と同僚に噛みついてしまいます。

メンタルクリニックに行った早苗は、「私の愛し方ってそんなにダメなんですか? そもそも何で私の愛し方は受け入れてもらえなかったんですか? なぜ夫への好きは留まるばかりなんですか?」と、どこか壊れたかのように医師を問い詰めます。

クリニックを出て煙草を吸っている早苗の下に以前出会った新人ホスト・詩音がやってきて、「隼人さんから伝言もらったよ」と、プラネタリウムのチラシを渡します。

その頃、東京の足立の家に隼人が帰ってきていました。クリニックから帰った早苗が駅に降り立つと、足立と息子も帰ってきていました。

足立は「隼人と離婚した」と言います。隼人が残した荷物を整理する足立と健太は仲良さげに話しています。

突然早苗は2人に話があるといい、明日隼人に会いにいくことを伝えます。足立は「お願いだから行かないでよ、私夫のことまだ好き」と泣きながら言います。

早苗はそんな足立を抱きしめようとします。すると健太は「何してんだよ、お前らの愛なんて偉くないから。どれも同じだよ」と声を荒げます。

「本当にそう思ってる? 俺の愛の方が尊い。俺が助けてあげなきゃって思ってたんじゃないの」と早苗に言われた健太は「そもそもこうなったのはお前が俺を檻としか見てなかったからだろ」と言います。

早苗は「その通りだから否定しない」と言い、そこへ運悪く呼び鈴が鳴ります。それは、突然退職されても受理できないという所長の伝言を預かってきたと、健太の同僚でした。

呆然と同僚の話を聞く早苗の下に、健太が包丁を持って現れます。

「一度でも俺のこと刺したいと思った?」「ない」

早苗は隼人に会いにプラネタリウム会場に向かう中、健太は自分を愛していると言う同僚の美紀と共にラブホテルにいます。

猟銃を構える同僚に健太は「俺を殺したら本当に死ぬの?」と聞くと、美紀は「はい」と答えます。

2人は猟銃で死ぬのをやめ、ワインを片手に様々な薬を飲みます。

プラネタリウム会場に金髪の男がやってきたのを見つけると早苗はその横に座り、語りかけます。早苗が語りかけるのをずっと黙って男は聞いています。

「今度こそ一緒に死んでくれる?」男は答えず早苗を抱きしめ、涙を流します。

一方、薬を飲んで眠り込んだ健太はふと目を覚まし、突っ伏して眠っている美紀を見て怖くなったのか、救急車を呼ぶと部屋をあとにし、車に乗り込もうとします。

そこに起きてきた美紀がやってきて隠し持っていた包丁で刺します。

場面は移り変わり、退院したらしい健太の元に車がやってきます。運転しているのは早苗でした。

「俺たち別れよう」と言う健太に早苗は「覚えている?60秒」と言って健太を見つめます。

周りがクラクションを鳴らすなか、気にすることなく2人は見つめ合い続けるのでした。

映画『熱のあとに』の感想と評価


(C)2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisya

あなたにとって愛とは? 愛するとは? そう聞かれて答えられるでしょうか。また、答えられたとして、それが正解だ、間違っていると判断できる人はいません。

愛という不確かなものに対し、強い確信を持てる人はそういません。しかし、橋本愛演じる早苗は違います。自分にとって隼人との愛は本物で、その他のものは“愛のようなもの”であって愛ではないと言います。

本作は冒頭で、血まみれで倒れている隼人と手に血を染め笑う早苗の姿を映して、6年後へと移り変わっていきます。

話が進むなかで、早苗の思う“愛”や、隼人との関係が浮き彫りになっていきます。早苗は2人の愛を永遠にするため、2人で死のうと思い、隼人を刺したと言います。

その後、健太によって、早苗が隼人に貢ぎ、隼人の借金を返すために体を売り、殴られても貢ぎ続けたといいます。早苗が語らなかった早苗と隼人の関係性を知って観客は、この“愛”間違っていると思い、健太の言うことが正常なのではないかと思うのではないでしょうか。

世間がおかしいと思う早苗の行動は早苗にとってはどうでもいいことなのです。そんな早苗に対し、隼人の妻である足立は、隼人とご飯を食べ、音楽を聴き、共に向き合って眠るという、世間一般が思う普通の生活を送り、幸せを感じていました。

同じように穏やかで安定した生活を早苗と健太は送っていますが、早苗にとってそれは偽りの体にただ時間を通過させていたに過ぎないというのです。

「心の闇を共に抱えて沈んでいくことが本当の愛で、それができるのは私だけ」と言う早苗に対し、足立は「隼人に愛されたこともないのに」「現実を馬鹿にしないで」と言い放ちます。

早苗は自分と隼人の愛だけが“本物の愛”でそれが高尚なものだと思っています。さらに“本物の愛”を知らない足立に対し優越感を感じている印象もあります。

足立にとってそんな愛を語る早苗が許せない思いもあったでしょう。一方で結婚し、隼人と日常を共に過ごしている足立は、隼人から選ばれ、愛されたのは私だという点で、隼人と自分の愛は本物で早苗よりも高尚なものだと思っています。

健太にとって愛は平穏の中にあり、寄り添い共に生きていくことでした。お見合いで早苗に出会った健太は、自分が支えてあげなくては、いつか立ち直って幸せに暮らせると思っていたのでしょう。

しかし、いつまで経っても早苗は他人行儀で、自分が抱えているものを健太と共有しようとはしません。自分ではない誰かを見て壊れそうになっていく早苗を見た健太は「もう限界だ」と思うようになっていきます。

しかし、早苗とはっきりと別れられずにいるのは、どこかで早苗が自分の愛を知り、自分を選んでくれる、選んで欲しいという思いが捨てきれなかったからではないでしょうか。

早苗、足立、健太はそれぞれに誰かを愛しているけれど、その愛は身勝手で一方的なのです。彼らの愛を見て、愛とは根源的に身勝手で独りよがりなものなのではないかとふと考えさせられます。

愛の深さも高尚さも図ることはできません。自分の愛を他者に押し付けようとするのは、自分の愛が届いていないという気持ちの表れや、その相手に愛してほしいという表れでもあります。

早苗は隼人に再会し、互いに時が過ぎてしまったこと、もう戻れないことを感じとります。そして早苗は、隼人とは違う、真実の愛と確信は持てないけれど芽生え始めた感情に向き合い、自分に向いている愛にも向き合おうとし始めるのです。

一方で足立はどうでしょうか、「言わなかったけれど私はまだ夫が好き」と泣く足立は、隼人の愛が自分に完全に向いているわけではないことをどこかで分かっていたのではないでしょうか。

辛くなるから、自分の愛も抑えて平静を装っていた、自分が大切だと思うものは遠ざかってしまう運命にあると思っていた、そんな足立は自分の思いにもけじめをつけるために離婚することを選んだのかもしれません。

それでも思いは断ち切れず、早苗と隼人が会って結ばれることも認めたくはなかったのでしょう。1人ボートに乗り湖へと向かった足立がその後どうなったのか映し出されることはなく、無人のボートだけが映し出されます。

足立はこの世を去ったのかもしれませんし、また新たな土地でスタートを切ろうとしているのかもしれません。

本作はあくまで隼人の思いや失踪の原因は語らず、隼人が不在であることが、早苗や足立が愛し方に対する答えを求めてしまう気持ちに観客が感情移入しやすくなっています。同時に答えを得られないもどかしさも伝わってきます。

愛に、正解はないのだとしたら、愛の正しさの答えが得られないのと同様に、誰かの愛を否定することもできないのかもしれません。

まとめ


(C)2024 Nekojarashi/BittersEnd/Hitsukisya

本作で描かれている愛は、人によって狂気的と感じたり、究極の愛とはこのようなものだと感じたりするかもしれません。愛は不確かで答えのないものです。

時には理解ができないともうこともあるでしょう。自分が相手をひたすらに愛して、相手から愛されなくてもいいと思っている人もいるかもしれません。

それぞれの事情があり、それぞれの愛がありますが、多くの人は愛し、愛されることを望んでいるのではないでしょうか。どこかで見返りを求め、自分が思ったものを得られないと相手に押し付けてしまったり、非難したりしてしまう。

愛することの幸せ以上に苦しみを感じるのは、本来同じ愛を抱くことも、その愛の深さをはかることもできないのに比べてしまったり、もどかしさを感じてしまうからでしょう。

一方で、多くの人は相手に何もかも捧げてしまっても構わないほど相手を激しく愛したい、愛すことができるというのは、難しいのではないでしょか。

健太が「愛とかそういうの柄じゃない」「お前らの愛なんてそんなに偉くない」と言ったように、激しく人を愛することについて理解ができないと思う人の方が多いかもしれません。

しかし、理解できないからといって、その愛自体を否定しても良いのでしょうか。確かに、愛のために人を刺したり一緒に死ぬと言うのは、常軌を逸脱しており、人としてやって良いことではありません。

一方で、早苗が訴えかける“私の愛し方ってそんなにダメなんですか?”という問いかけに答えられる人はいるでしょうか。

それでも大事なことは、“相手がいること”“他者の愛は自分の愛と同じではない”ということを理解することなのかもしれません。

自分でコントロールできるわけではないからこそ愛は苦しいものですが、盲目になって自分が愛している相手が生身の人間であることを忘れてはいけません


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『新宿スワン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【綾野剛×沢尻エリカ共演】

演技派で知られる綾野剛。いよいよ、2017年1月21日から『新宿スワンⅡ』の公開されます。 今回は前作『新宿スワン』をご紹介。監督は園子温。 ベルリン国際映画祭での受賞経験を持つ園子温監督の新たなチャ …

ヒューマンドラマ映画

『鳩の撃退法』映画化の原作あらすじネタバレと感想評価。小説のラスト結末の謎に見た藤原竜也の役柄解説も

映画『鳩の撃退法』は、2021年8月27日(金)全国公開 直木賞作家佐藤正午の小説『鳩の撃退法』を映画化した『鳩の撃退法』が、2021年8月27日(金)より公開されます。 藤原竜也、土屋太鳳、風間俊介 …

ヒューマンドラマ映画

映画『PARKS パークス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【橋本愛×永野芽郁×染谷将太のおすすめ作品】

“100年目の公園。僕らの物語がここから始まる。” 音楽をテーマに気鋭の監督と実力派若手俳優が描き出した物語『PARKS パークス』をご紹介します。 CONTENTS映画『PARKS パークス』の作品 …

ヒューマンドラマ映画

映画『裁かれるは善人のみ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

CONTENTS映画『裁かれるは善人のみ』作品情報映画『裁かれるは善人のみ』あらすじとネタバレ権力と戦う 神の不在 『裁かれるのは善き人のみ』の感想と評価まとめ 映画『裁かれるは善人のみ』作品情報 【 …

ヒューマンドラマ映画

『キネマの神様』ネタバレあらすじ感想と結末解説。映画と原作の違いと亡き志村けんへの思いを馳せる

「見事な人間愛が出ましたね」。 という、淀川氏の解説が聞こえてきそうです。 人気作家・原田マハの同名小説を、山田洋次監督が映画化。山田洋次監督の通算89本目、また松竹映画100周年記念作品となりました …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学