Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 福山京子

英国カルチャーのトップの座に君臨しながら、77歳にして生涯現役を誓う英国のファッションデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド。

大企業の傘下に入ることなく、現在も世界数十カ国、100店舗以上を展開する独立ブランドのトップかつ現役デザイナーというそんなヴィヴィアンを包んできた、最強にエレガントなベールの裏側に迫る、ドキュメンタリー映画です。

スポンサーリンク

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』の作品情報


(C)Dogwoof

【公開】
2018年(イギリス映画)

【原題】
WESTWOOD:PUNK,ICON,ACTIVIST

【脚本・監督】
ローナ・タッカー

【キャスト】
ヴィヴィアン・ウエストウッド、アンドレアス・クロンターラー、ケイト・モス、ナオミ・キャンベル、カリーヌ・ロワトフェルド

【作品概要】
米国アカデミー賞®の授賞式では、メリル・ストリープやヘレン・ミレン、ティルダ・スウィントン、ヘレナ・ボナム・カーターなど、演技だけでなく生き方までがパワフルな女優たちが、彼女のドレスでレッド・カーペットを飾ってきました。

また、映画『セックス・アンド・ザ・シティ」でサラ・ジェシカ・パーカー扮する主人公のキャリーが着たウエディングドレスは、誰もが初めて目にするルックで一大センセーションを巻き起こしました。

その膝丈バージョンを公式サイトでネット販売したところ、一瞬で完売という記録まで作りました。

1993年には、ドラマティックなまでにヒールの高いシューズ“スーパー・エレベイテッド・ギリー”を履いていた、スーパーモデルのナオミ・キャンベルがキャットウォークで転倒したものの、ファッションニュースのトップを飾るほど話題になり、同じ靴がロンドンの博物館に納められました。

遂には、エリザベス女王から〈デイム〉の称号を授けられました。

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』のあらすじとネタバレ


(C)Dogwoof
椅子に座る1人の女性、横には花瓶に華やかな花を飾っています。

その女性こそ世界的デザイナーのヴィヴィアン・ウエストウッドは「過去の話は退屈」と語り始めます。

「洗いざらい話す必要なないでしょ?早く終わりたいの」

ヴィヴィアンの人生を象徴するかのような写真が何枚も映し出されます。

ある朝、ヴィヴィアンは静かにベットから起き上がります。

2016年2月、ロンドン・ファッション・ウィークの秋冬ショーを控えた前夜、ヴィヴィアン・ウエストウッドのアトリエでは、最終チェックに追われるデザイナーとスタッフたちがいました。

デザイナーであるヴィヴィアンは、1枚1枚を細かくチェックし、指示を間違った服には「最低ね。クソ食らえよ」と容赦なく言い放ちます。

こんなクズのようなショーは出せないと言いながらも、彼女はできの悪いのは自分のせいで何故?と自問自答しつつ、ふて寝をする始末。

77歳を迎えた今も現役のヴィヴィアンは1941年に生まれ、担任の先生に勧められ、16歳でロンドンの美術学校に進みます。

当時若者の間で大人気だったダンスやロックンロールに夢中になりながらも、教師を目指し教員養成学校に通います。

ヴィヴィアンは「労働者階級だったからよ」と回想しながら語ります。

教師の仕事をしながら、ダンスフロアで最初の結婚相手デレク・ウエストウッドと出会います。

1950年代のアメリカの映画のように、夫が帰ってくるのを可愛いエプロンをして料理をしながら嬉しそうに待ちわびる妻という絵に描いたような生活に憧れていたものの、次第に彼女の心が冷めていきます。

知的好奇心が満たされず、そして世界を見たかったと、ヴィヴィアンは最初の離婚を振り返ります。

当時のロンドンは、若者によるポップカルチャー旋風が吹き荒れていました。ビートルズ、ローリングストーンズ、そしてミニスカートで一世風靡したマリー・クワァント。

「マルコムは、私にとって初めての知的な男性だったと思う」とヴィヴィアンは話を続けます。

息子のベンが5歳の時、マルコム・マクラーレンと出会ったヴィヴィアンは、2人でキングス・ロードに「レット・イット・ロック」という店を開き、そこで彼がプロデュースするバンドの服をデザインし、パンク・ファッションを生み出しました。

「セックス・ピストルズの話はしたくないの」とヴィヴィアンは、セックス・ピストルズのことを聞かれることを強く拒みました。

ピストルズの衣装を担当していたヴィヴィアンが回想するパンクのファッションや音楽が映像に流れます。

1960年若者が変えられると信じていた階級社会が一向に変わらず、1970年代に入り、ますます貧富の差が広がったことに対し、とうとう労働者階級の怒りが爆発したのがパンクでした。

ヴィヴィアンは、パンクファッションを生み出したことで、世界へ一歩進出するきっかけが生まれます。

イタリアでのファッションショーに成功し、CEOのカルロの仲介でアルマーニと契約までたどり着いたものの、夫マルコムに拒否されます。

マルコムと起こしたパンク・ムーブメントの終焉とともに、ヴィヴィアンはマルコムと別れ、ファッションデザイナーになることを決意します。

マルコムとの間の息子のジョーは、当時を振り返り「マルコムは、子ども嫌いだった」と語ります。

更にカルロ・ダマリオと二人の息子が、衝撃の事実を明かします。

「1985年にヴィヴィアンが無一文になった」


(C)Dogwoof

以下、『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

彼女は、古いミシンで自ら縫った服で一からやり直し、19世紀ヨーロッパにインスパイアされたエレガンスなファッションスタイルを確立します。

キングストリートの「ワールズエンド」というブティックでお気に入りの服を製作します。

マスコミに取り上げられ、テレビにヴィヴィアンが登場します。

モデルの奇抜なファッションで、司会者が失笑しながらインタビューを始めます。

「笑いを取りにきたの?」と司会者が嘲笑しながらインタビューすると、会場も笑いに包まれます。

当時を振り返り、モデルの女性が自分だったら爆発していたのに、ヴィヴィアンは冷静だったと話します。

ヴィヴィアンは、「腹が立つというより、何故笑っているのか納得できなかった」と回想します。

その後の活躍が世界に認められ、1990年と1991年にはどのデザイナーもなし得なかった2年連続デザイナー・オブ・ザ・イヤーを獲得し、2006年に三度目の受賞も果たしました。

今でも人気のあるこの頃の服について、彼女は時代を超えるデザインをクリエーションする秘訣を惜しみなく披露します。

「彼女のすべてが好きだ」と堂々と宣言するのは、アンドレアス・クロンターラー、ヴィヴィアンの今の夫です。

オーストリアの大学でヴィヴィアンの生徒だった彼はショーを手伝うようになり、今では共同でデザインを手掛ける最強のパートナーとなりました。

当時「母の半分の年」だったアンドレアスについて、マルコムとの間の息子のジョーが「あり得ないと思ったよ、騙されているのじゃないのかとも思っていた」
と本音を打ち明けます。

その後ジョーは、アンドレアスが自分の母を真剣に愛する様子を見守り、安心していると話します。

現在ヴィヴィアンは彼にコレクションを全てを任し、エリザベス女王から称号「デイム」、男性でいう「ナイト」に相当する称号を得ても、奇抜なデザインの戦車に乗って首相官邸にデモに繰り出していきます。

またニューヨークに支店が開店する日であろうと、彼女は熱帯雨林や北極を訪れ環境保護活動に走り回っています。

世界的スーパーモデルのケイト・モスが「彼女は私の女王様よ!」と支持し、ナオミ・キャンベラもインタビューでヴィヴィアンを尊敬していると絶賛の声を挙げています。

仏版ヴォーグ元編集長のカリーヌ・ロワトフェルドをして

「若くないのに流行を着こなし、違和感がないオンリーワンの人よ」と言わしめます。

しかしながらニューヨークに続きパリと支店をオープンした絶好調のヴィヴィアンが、自分の会社は「危機信号よ」と驚くべき言葉を口にします。

あまりにも会社が大きくなりすぎて、自分のデザインでないものが流通し、自分の知らない指示が出されていることに憤慨しています。

「もっとスタッフを信頼してほしい」という周りの声が聞こえる中、ヴィヴィアンはスタッフを集めて大切な話があると切り出します。

服のデザインには個性と物語が必要、お金に興味がない、といつも自己表現と深く結びついていることを力説します。

そして最後に彼女は言い切ります。

「好きなものしか作らない」

スポンサーリンク

映画『ヴィヴィアン・ウエストウッド 最強のエレガンス』の感想と評価


(C)Dogwoof

映像の一つ一つに圧倒される世界的ファションデザイナー、ヴィヴィアン・ウェストウッド。

この映画のサブタイトルに「最強のエレガンス」と付けられていますが、ヴィヴィアン・ウエストウッドのエレガンスは何故「最強」なのか。

その鍵は、原題の『WESTWOOD:PUNK,ICON,ACTIVIST 』に隠されています。

最強のエレガンスの鍵とは

PUNK

映画に何度も出てくるパンクという言葉。

ここで言うパンクという言葉はパンクロックという音楽を意味し、1970年代にアメリカ・ニューヨークのロックシーン(ラーモンズ、パティ・スミス)に産声を上げ、1976年にその影響を受けたセックス・ピストルズがイギリス・ロンドンでデビューしました。

パンクロックは、当初初期のロックンロールが持っていた攻撃性や反社会性という特徴があり、ロンドンでマルコムとヴィヴィアンが経営していた『SEX』という店にたむろしていた若者を2人がプロデュースし、デビューさせました。

やぶれたTシャツに鉤十字、安全ピン、逆立てた髪などを取り入れたファッションを、ヴィヴィアンが生み出し、パンクというムーブメントを起こしました

彼女の「労働者階級だから」という言葉に見られるように、当時イギリスでは、失業者の増加という社会問題が下地となって、若者の不満や怒り、反抗と暴力性を掬い上げたパンクが大きな社会現象となっていました。

それを牽引していたのが、ヴィヴィアンです。

ICON

ICON(イコン)の本来の意味はキリストや聖人の偶像を表し、信仰の対象とされていますが、現在では宗教的な意味を離れ、時代を象徴するような人物として例えることがあります。

本作のヴィヴィアンは、映画の最初には1970年代を象徴するパンクのイコンであり、1990年代から三度もファッション・オブ・ザ・イヤーを受賞する世界のエレガンスのイコンとなります。

そして今やデザイナーの仕事を通し世界へ警鐘を鳴らす活動家としての環境保護のICONです。

ACTIVIST

映画の後半に当時の映像が流れますが、2015年水圧破砕法によるシェールガス採掘(人為的に地震を引き起こす可能性やCO2排出量が高いと言われています)に反対するため、キャメロン首相に対し戦車のデモを行いました。

その映像を観ると、ヴィヴィアンは抗議行動の当日、スタンドカラーのジャケットに真珠のネックレスという出で立ちで戦車に乗り込み、イングランドの田園風景の中を走り抜けてチャドリントン村に入りました。

ヴィヴィアンは声明で、水圧破砕法を推し進めるためにキャメロン首相は「軍を動員して」いる一方で、自分の選挙区では一切水圧破砕法を認可していないと指摘し、「自宅の裏庭ではやりたくないという考えだ」ときっぱりと批判しました。

今も環境活動家と名乗る揺るぎない決意と命をかけたメッセージを届けています

イギリス王室からナイトの女性版にあたる称号のデイムを授与されたことで、当時彼女が反体制側から体制側の人間になったかのように考えた人もいたようですが、彼女はイギリスの新聞『The Gurdian』のインタビューで、「何事にも服従しないために戦っている」と答え、未だ反骨精神が旺盛です。

まさにこれがACTIVISTたる所以です。

まとめ


(C)Dogwoof
 
ヴィヴィアン・ウエストウッドのエレガンスは何故「最強」なのか、3つの言葉の鍵を開けながら、再び「最強」なエレガンスを映画から感じられるシーンがあります。
  
サウスロンドンの小さな家に住み、一般人と同じように近所を自転車で走っていく姿。

その庶民的な女性こそ、大企業の傘下に入ることなく、77歳にして世界数十カ国に100店舗以上を展開するブランドのトップのデザイナー、ヴィヴィアン・ウエストウッド。

 デイムの称号を受け取ったことは、自分のやっていることを広く世間に真剣に受け取ってもらうきっかけになってほしいという考えからで、未だその言葉の端々から、若い頃のガムシャラに突き進んでいた時代を彷彿とさせるパンクスピリッツを感じさせます

1992年ヴィヴィアン・ウエストウッドは、イギリスの勲章OBE(大英帝国勲章)を受勲しています。

この時のエピソードは今でも「ああ、あの人が」と世界的に語られていますが、彼女は記者たちの前で突然スカートをめくって見せました。

以前から彼女は「ドレスを着る時は下着を履かない」と話していたことを証明して見せました。

その資産は何十億円と言われていますが、「お金に興味がないの」と言う彼女の言葉通り、今もサウスロンドンの小さな家に住んでいます。

そして『The Gurdian』のインタビューによると、1番好きな食べ物はレタスです。

そんな偉大でお茶目な彼女が映画の最後に放った言葉、「好きなものしか作らない」これこそが最強のエレガンスです。

イギリス、ファッションそしてパンク、それらの歴史を作り上げてきた“生ける伝説”に、これからの新しい時代へと続く『最強のエレガンス』に出会いに行きませんか。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『アラン・デュカス 宮廷のレストラン』感想。結末まで飽きさせない美食を超えた生き様

映画『アラン・デュカス 宮廷のレストラン』は、10月13日より、シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー! ミシュラン18ツ星の天才シェフとして知られるアラン・デュカス。 アランの料理への探 …

ドキュメンタリー映画

映画『500年の航海』あらすじとネタバレ感想。キドラット・タヒミックが35年掛けて世界の歴史を覆した異色のドキュメント

映画『500年の航海』は、2019年1月26日(土)より、イメージフォーラムほか全国順次公開。 最初に世界一周を成し遂げったのはマゼランではなく、エンリケという奴隷だった!? 「マゼランの世界一周」か …

ドキュメンタリー映画

映画『あまねき旋律 (しらべ)』あらすじ。山形国際映画祭受賞で話題に

ドキュメンタリー映画『あまねき旋律(しらべ)』は、2018年10月よりポレポレ東中野にてあまねきロードショー!以降全国順次公開。 本作は山形国際ドキュメンタリー映画祭のアジア千波万波部門にて、奨励賞と …

ドキュメンタリー映画

岡本太郎映画『太陽の塔』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

半世紀を経て、2018年に太陽の塔の内部が公開。 そして現在も予約殺到な中、今こそ太陽の塔を造った岡本太郎の“真のメッセージ”を知ることになります。 岡本太郎は何を想い、何と闘い、太陽の塔を造ったのか …

ドキュメンタリー映画

映画『ゲッベルスと私』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ナチス宣伝大臣ゲッベルズの秘書ブルンヒルデ・ポムゼル103歳。彼女の発言と顔に深々と刻まれた皺は、20世紀最大の戦争の記憶を呼び起こします。 ドキュメンタリー映画『ゲッベルスと私』は、「何も知らなかっ …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP