Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

Entry 2018/04/15
Update

ドキュメンタリー映画『ワンダーランド北朝鮮』真実と今後の動向を知るために必見

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

映画『ワンダーランド北朝鮮』は、2018年6月30日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

北朝鮮の“普通”の暮らしとその人々。これはプロパガンダ映像なのか、それとも真実なのでしょうか?

北に住む幸せそうな人たちの表情と、自然エネルギーを活用した循環型な暮らし。予想外のリアルな北朝鮮を発見できるドキュメンタリーです。

スポンサーリンク

映画『ワンダーランド北朝鮮』の作品情報


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

【公開】
2018年(ドイツ・北朝鮮合作映画)

【原題】
Meine Bruder und Schwestern im Norden

【脚本・監督】
チョ・ソンヒョン

【作品概要】
韓国出身でその国籍を捨てたてチョ・ソンヒョン監督がドイツ国籍を取得して、北朝鮮の真実の姿を求めて、分断された北に入国。そこで見た一般的な普通の人々を取材するドキュメンタリー映画。

北朝鮮に持つイメージは?


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

世界の各国から経済制裁や隔離された国の北朝鮮。

北朝鮮という国家に良いイメージを持っている人は、かなり少数派かもしれません。

例えば、北朝鮮といってイメージするは、独裁国家で核開発を行いアメリカを挑発する危ない国といったところでしょうか。

しかし、それだけが“本当の北朝鮮の姿”なのでしょうか。

それ自体も実は政治やメディアによって作られた“イメージのひとつ”なのかもしれません。

スポンサーリンク

チョ・ソンヒョン監督のプロフィール


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH(『ワンダーランド北朝鮮』の場面から)

チョ・ソンヒョン(Sung-Hyung Cho)は、1966年に韓国の釜山市生まれ、現在はドイツ国籍の映画監督。

ドイツのザールブリュッケンの単科大学(HBKsaarの教授で映画制作を教えています。

韓国ソウルの延世大学でコミュニケーション論を学んだ後、美術史、メディア学、そして哲学を学ぶため、1990年にドイツのフィリップ大学マールブルクに留学します。

大学卒業後、ドイツのテレビ局で編集の仕事に携わる傍ら、ミュージックビデオや短編ドキュメンタリー映画の制作。

『FULL METAL VILLAGE』(2006) で初監督して、数多くの映画賞を受賞。その後、『HOME FROM HOME】(2009)『11 FRIENDS』(2011)『FAR EAST DEVOTION』(2015)などを制作しました。

チョ・ソンヒョン監督の真実への衝動


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

朝鮮半島で北と南に分断され、今なお戦闘中の国だという韓国。

その韓国の南東部に位置する港湾都市の釜山に生まれたのが、本作のドキュメンターを撮ったチョ・ソンヒョン監督の故郷です。

彼女は“北朝鮮のイメージ”に疑問を抱き、その答えを求めて“北朝鮮の真実”を知りたいと、韓国籍を放棄し、ドイツのパスポートで北朝鮮に入国し、映画製作を行います。

誰もがそうであるように、ソンヒョン監督も決して祖国が嫌いだとか、裏切った行為で韓国籍を放棄したのではありません。

それ以上に分断された国の実像を知りたいと思ったことは、同じ民族である“同胞”という熱い想いに突き動かされたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

映画『ワンダーランド北朝鮮』に描かれた“真実”は


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

本作『ワンダーランド北朝鮮』に納められた映像には、エンジニア、兵士、農家、画家、工場労働者など、“一般的な普通の北朝鮮の人々”です。

しかし、北朝鮮で制作される全ての映画は、政府から検閲を逃れられません

自由に取材活動が出来ない制約下でも、“同胞”として受け入れられたソンヒョン監督は、最高指導者に特別な感情を抱く市民の人たちと交流を行いながら、“これまでイメージにしかなかった北朝鮮”とは異なる普通に見える予想外の北朝鮮の素顔を発見していきます。

映像に納められた公務員画家の男性は、美しい女性を描くことを楽しみ表情は明るさを見せます。

また、デザイナーという言葉を知らない縫製工場で働く少女の夢は、“今までにない独創的な服を作る”こと臨んでいます。

こんな“北朝鮮の普通”の人たちが、等身大の目線で映画に登場します。それは遠くから決めつけたような勝手なイメージとは違っています。


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

他にも、経済制裁下にある北朝鮮の人たちの暮らしぶりは、ソンヒョン監督もインタビューで述べていますが、日本人の私たちにとっても、慎ましさや懐かしさを感じさてくれます。

経済制裁を受けていることで自活せざるを得ない状況から、自然エネルギーを活用する人々の暮らしが循環型であるという様子も垣間見られます。

ドキュメンタリー映画『ワンダーランド北朝鮮』は、あなたの知らない北朝鮮の姿が見られるはずですよ。


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

『ワンダーランド北朝鮮』の公式ホームページへ

映画『ワンダーランド北朝鮮』の見どころは


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

北と南に分断された朝鮮半島にある北朝鮮。

そこで住む“普通”の人々に出会うために映画撮影に向かったソンヒョン監督は、初の北朝鮮政府公認ドキュメンタリー映画の制作を行いました。

韓国では韓国政府の許可なく北朝鮮に行くと、背信行為としてみなされ、北朝鮮渡航後に韓国に戻れば投獄される恐れがあります。

そのリスクを避けるためにもドイツのパスポートを使い、北朝鮮に入国したソンヒョン監督は、“同胞”として受け入れられ、自由に取材することが出来ない制限下ではあったが、一般の人たちの日常を捉えようとキャメラを回していきました。

そこに住む彼らは人生で何を望み、どんな夢を描いているのか聞いて歩きます

そんな北朝鮮の真実の一面は、北朝鮮が閉鎖的で、諸外国から経済制裁を受けているという事情によって、皮肉にも持続可能な循環型経済への移行が進んでいました。


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

エネルギーの面では、ソンヒョン監督が訪れた平壌の真新しいプールは地熱の活用をしており、田舎の農家では自宅のテレビや照明の電力を太陽光発電により供給していました。

そこから見えてくるのは、北朝鮮が⻑年のエネルギー不足を解消すべく自然エネルギーに力を注いでいるという事実。

北朝鮮は太陽光、太陽熱、風力、地 熱発電など自然エネルギーを推進させ、暮らしの面で物資やお金も限られている必要性から循環型な暮らしを行なっていました。


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

ソンヒョン監督が訪れた農家の家庭では、野菜クズを家畜に食べさせていました。

家畜の糞は肥料になるし、糞から発生するメタンガスは料理用のガスとしても活用されています。

さらに、収穫の終わった後に出る藁は、煮炊きと暖を取るために使われてもいるのです。

経済制裁下の北朝鮮の田舎では、自然とこのような自給自足的な循環型の暮らしが実践されていることは、これまでの北朝鮮のイメージとは全く違うものなのではないでしょうか。

本作『ワンダーランド北朝鮮』で見ることができる映像からは、“普通”の北朝鮮の人々の暮らしとは、多くの人々が想像しているステレオタイプなものとは異なるのかもしれません。

『ワンダーランド北朝鮮』の公式ホームページへ

まとめ


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

本作『ワンダーランド北朝鮮』の監督チョ・ソンヒョンは、取材する対象者と撮影場所を選ぶために撮影開始前に3回北朝鮮を訪れたそうです。

そうしたことで2回目の訪朝した際には、新しいものが見えてきたと語っています。

すぐに場所に行って初見で撮影するのではなく、調査を重ねたびに、そこで生きる人たちと語らいともに過ごすなか、何が真実なのか見極めた上で、北朝鮮という国の一部を“ソンヒョン監督の見た真実”としてキャメラで切り取ったのでしょう。

どのようなドキュメンター映画の場合でも、“キャメラは嘘を語らない”ということは決してありません。

全ては世界の一部しか、観客のあなたに見せることができません

しかし、ソンヒョン監督は、自身の韓国籍を捨てることや身の危険に不安を感じながらも、自身の目で確かめる“真実”にこだわり、同胞である“普通の人たち”とはどのようなものなのでしょう。

果たしてソンヒョン監督と目視した北朝鮮は真実なのか、ぜひ、あなたご自身の目でご確認ください。

映画『ワンダーランド北朝鮮』は、2018年6月30日(土)シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー!

ぜひ、お見逃しなく!


(C)Kundschafter Filmproduktion GmbH

『ワンダーランド北朝鮮』の公式ホームページへ

関連記事

ドキュメンタリー映画

【米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー】感想レビューと考察

2017年8月12日(土)より沖縄・桜坂劇場先行公開、8月26日(土)より東京・ユーロスペースほか全国順次公開される、オススメのドキュメンタリー映画がある。 映画のタイトルは『米軍(アメリカ)が最も恐 …

ドキュメンタリー映画

映画『ティーンエイジ』あらすじと感想レビュー【マット・ウルフ監督】

2017年12月16日より、下北沢トリウッドにて「歳末青春大セール!ティーンムービー傑作選」という特集上映が行われます!  日本未公開映画の紹介、上映を企画・運営するGucchi’s Free Sch …

ドキュメンタリー映画

【ネタバレ感想】ナディアの誓いOn Her Shoulders|虐待の真実を語り続ける強い意志

不動不屈の精神で、世界の被害者の声を代弁し続けるナディアに密着した、感涙のドキュメンタリー 私は無数の人々の声になる。 2018年ノーベル平和賞受賞者である23歳のナディア・ムラドは、イラク北部でIS …

ドキュメンタリー映画

映画『キューブリックに魅せられた男』感想とレビュー評価。逸話を持つ巨匠にすべてを捧げた生き様

映画『キューブリックに魅せられた男』は2019年11月1日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかで、『キューブリックに愛された男』と全国カップリング上映! 没後20年、今なお伝説の巨匠として語り …

ドキュメンタリー映画

映画『MERU メルー』あらすじとネタバレと感想!ラスト結末も【ジミーチンの山岳ドキュメンタリー】

新しい年の初めに観る映画をお探しなら、この『MERU メルー』をお勧めします。 誰もが抱く新年の抱負。例えば「何か新しいことにチャレンジしたい」、「あきらめていた夢をもう一度追いかけたい」、「今までと …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学