Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ドキュメンタリー映画

ドキュメンタリー映画『イーちゃんの白い杖』静岡から全国上映へ。障がいを持つ姉弟の繋がりを描く

  • Writer :
  • 石井夏子

感動のドキュメンタリーついに映画化

静岡にて先行上映されたドキュメンタリー映画『イーちゃんの白い杖』が、2019年6月東京・ポレポレ東中野で上映されます。

目の見えない姉と弟を20年取材してきたテレビ静岡(フジテレビ系列)。

その集大成として制作されたのが本作『イーちゃんの白い杖』です。

互いの顔を見たことがない姉と弟が20年目に出した答えとは。

スポンサーリンク

映画『イーちゃんの白い杖』について


(C)テレビ静岡

1999年「イーちゃんの白い杖-100年目の盲学校」(8回FNSドキュメンタリー大賞特別賞)、2010年「いおりといぶき-私たちが生まれた意味」(19回FNSドキュメンタリー大賞優秀賞/世界子どもの権利賞グランプリ)でテレビ放送されたドキュメンタリー番組が映画化された本作。

映画化のきっかけは2016年に起きた神奈川県相模原市の殺傷事件だそうです。

2018年11月10日。テレビ静岡(フジテレビ系列)は、開局50周年を記念して、映画『イーちゃんの白い杖』を静岡県内3映画館で同時公開しました。

当初、上映は2週間の予定でしたが、連日観客が絶えず、1館は6日、1館は2週間続映。

映画館の副支配人は言います。

上映後、自然と拍手が沸き起こる映画は、年に1本あるかないかです」と。

その後も、映画館のない街のホールや保育士・教師を目指す学生を対象にした講義、中高一貫校、病院など、「自主上映会を開きたい」との申し込みが後を絶ちません。

観客からは「元気・勇気をもらいました」「本当の幸せって何か、生きる意味・大切さを教えてもらいました」「障がい者の映画と言うより姉弟の絆、家族の絆を感じる映画です」との
声が寄せられています。

映画『イーちゃんの白い杖』の作品情報


(C)テレビ静岡

【公開】
2019年(日本映画)

【監督】
橋本真理子

【音楽】
川口カズヒロ(DATSUN320)

【語り】
春風亭昇太

【キャスト】
小長谷唯織、小長谷息吹、小長谷和美、小長谷卓也、小長谷藤乃、小長谷修一

【作品概要】
全盲の姉と重度の障がいを抱えた弟を20年にわたり取材したテレビ静岡のドキュメンタリー番組を映画化。

1999年に制作・放送された「イーちゃんの白い杖-100年目の盲学校」と、2010年の「いおりといぶき-私たちが生まれた意味」をもとに制作されました。

落語家の春風亭昇太が映画ナレーションを初担当。

スポンサーリンク

映画『イーちゃんの白い杖』のあらすじ


(C)テレビ静岡

生まれつき目が見えないイーちゃんこと小長谷唯織(こながや いおり)さんは、20年前、県立静岡盲学校で白い杖の使い方や点字など、視覚障がい者として生きる基本を学んでいた。

触って、なめて、においを嗅いで。

目が見えない世界は想像を超える発見がありました。

ですが成長するにつれ「なぜ自分だけ違うのか」不思議に思うようになります。

そして、大勢友達がいた地元の保育園とは違い、同級生がいないさみしさを実感。

障がいを持った者同士、分かり合えると信じ、中学生になったイーちゃんは、東京の盲学校へ進学します。

しかし、ここで経験したのは、いじめ。

大好きなピアノで気持ちを整理しようとしますが、心が追いつきません。

「現実から逃げないでほしい」と厳しく接する母。

ピアニスト、歌手、作家…夢も破れ、何もかも嫌になったイーちゃん。


(C)テレビ静岡

障がいがあろうがなかろうが悩みは同じ。

「学校にいても家にいてもつらい」「死にたい」とも考えます。

でも、そばにはいつも2歳下の弟・息吹(いぶき)がいました。

重度の障がいで、食べることも歩くことも出来ず、トイレにもいけない弟。

入退院を繰り返し、手術を何度経験しても前に進む弟。

イーちゃんは、自分の甘さに気づき、自殺を踏み止まります。

「私の弟だから強いんだ!」障がい者が生き、働く。

壁はいくつも乗り越えなければなりませんが、乗り越えようとする強さがあれば、必ず幸せはやってきます。

映画『イーちゃんの白い杖』監督・橋本真理子とイーちゃん

テレビ静岡のシニアプロデューサーを務める橋本真理子監督。

数多くのドキュメンタリー番組を手掛けてきた監督が、イーちゃんと出会ったのは20年前。

盲学校100周年のニュース取材中、監督の目の前を駆け抜けたのがイーちゃんだったそう。

イーちゃんの感性の輝きを見抜いた監督は、イーちゃんと弟の息吹さんの取材を始めます。

その取材は1999年「イーちゃんの白い杖-100年目の盲学校-」として放映され、第8回FNSドキュメンタリー大賞特別賞を受賞。

1回目の番組で終わるはずが、イーちゃんと息吹さんのこれからについて気にかかった監督。

彼らに再び取材をし、本作を手がけた想いについて、以下のように語っています。

障がい児・医療的ケアが必要な子たちの教育、障がい者雇用、旧優生保護法。正直この20年で新たな課題も浮き彫りとなり、何が解決したのか、答えに苦しむのが現状です。更には、2016年、神奈川県相模原市で重度障がい者を狙った殺人事件が発生、許せませんでした。人は年をとれば目も悪くなり、歩くのも億劫になる…誰もが、障がい者になると私は思います。唯織も息吹も少し早かっただけ。2人が生きやすい社会は、私たち自身が生きやすい社会になるはずです。障がい者が隠れて生きる社会はやめにしたい。障がいがあろうがなかろうが、誰にも生まれてきた意味がある―この思いを伝えたくて映画にしました。

誰もが高齢になれば障がい者になり得る…決して“他人ごと”ではありません。

橋本真理子監督はいまの社会を見つめ強く前向きに未来に向けて訴えかけて行きます。

スポンサーリンク

まとめ


(C)テレビ静岡

ドキュメンタリー番組を数多く手掛けてきた橋本真理子監督が、20年間寄り添ってきた姉弟。

目の見えない姉・イーちゃんと、重度の障がいを持った弟の息吹さん。

ナレーションを務めた落語家・春風亭 昇太は「この映画は、障がいというより家族・兄弟とは何かを改めて考えさせられました。」「抱えるものは人それぞれ違いますが、障がいがあろうがなかろうが、根底は変わりません。いま、核家族化で離れて暮らしている方も多いと思いますが、家族のありがたさ、つながりをこの映画で感じてもらえたら」と本作への語っています。

障がいをみつめ、家族を描いた映画『イーちゃんの白い杖』。

この世に生まれた意味生きている意味を問いかけてきます。

ドキュメンタリー映画『イーちゃんの白い杖』は、2019年6月東京・ポレポレ東中野で上映です。

関連記事

ドキュメンタリー映画

映画『ピース・ニッポン』あらすじ。日本の美しい景色を全国47都道府県から厳選した映像美

映画『ピース・ニッポン』は、7月14日(土)より 新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。 製作した期間8年。日本の四季の絶景を圧倒的な美しさと迫力で映画化しました。 “一期一会&#8221 …

ドキュメンタリー映画

ひいくんのあるく町ポレポレ東中野にて劇場公開!青柳拓監督の快挙は?

2017年9月2日(土)より、ポレポレ東中野にて上映が行われる映画『ひいくんのあるく町』。 大学の卒業制作として制作されたこの作品は、町を巡回する1人の人物に焦点を当てながら、囁くように、今の日本各地 …

ドキュメンタリー映画

映画『空中茶室を夢みた男』感想とレビュー評価。松花堂昭乗と小堀遠州ら寛永時代の文化人に魅せられた人々

ドキュメンタリー映画『空中茶室を夢みた男』は2019年10月26日(土)より、シアターイメージフォーラムにてロードショー! “松花堂弁当”の名の由来になった、高僧にして文化人である松花堂昭 …

ドキュメンタリー映画

映画『祝福~オラとニコデムの家~』あらすじと感想レビュー。現実的なヘンゼルとグレーテルの物語

少女オラはこの世界に負けないように立っている。 アンナ・ザメツカ監督の寄り添うカメラが起こした奇跡。 7月20日(金)までユーロスペースにて公開中、ほか全国順次公開される傑作ドキュメンタリー映画『祝福 …

ドキュメンタリー映画

映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』の作品情報映画『TOMORROW パーマネントライフを探して』のあらすじとネタバレ映画『TOMORROW パーマネ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP