Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2021/03/12
Update

映画『すくってごらん』ネタバレあらすじと感想評価。結末まで原作キャラと違い百田夏菜子と尾上松也が歌い上げるミュージカルコメディ

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『すくってごらん』は2021年3月12日(金)より全国公開。

大谷紀子による、世界初の金魚すくいマンガ『すくってごらん』が、『ボクは坊さん。』(2015) で高い評価を受けた真壁幸紀監督により、実写映画化されました。

歌舞伎界の若手ホープ・尾上松也が、本作で映画初主演を果たし、左遷された大手メガバンクの銀行員役を務めます。

また、百田夏菜子(ももいろクローバーZ) が、謎多き美女・吉乃を演じ、実写映画初ヒロインに挑みました。

金魚すくいという、一見地味なテーマの本作ですが、歌あり踊りありの、躍動感あふれるカラフルな作品に仕上がっています。

本記事では、映画『すくってごらん』のストーリーをラストまでネタバレありでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『すくってごらん』の作品情報

(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
大谷紀子『すくってごらん』(講談社)

【監督】
真壁幸紀

【キャスト】
尾上松也、百田夏菜子、柿澤勇人、石田ニコル、矢崎広、大窪人衛、清水みさと、辻本みず希、北山雅康、鴨鈴女、やのぱん、竹井亮介、川野直輝、笑福亭鶴光

【作品概要】
大谷紀子の同名コミックの実写映画化。

本作が映画初主演となる歌舞伎俳優の尾上松也と『ももいろクローバーZ』の百田夏菜子が共演。

ヒロインの吉乃を演じる百田が、役名の生駒吉乃として主題歌を歌っています。

監督は『ボクは坊さん。』『ラスト・ホールド!』の真壁幸紀。

映画『すくってごらん』のあらすじとネタバレ

(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

大手メガバンクのエリート銀行員・香芝誠は、東京の本社から左遷され、片田舎へやってきました。

キャリーバッグを転がしながら、田んぼしか見えない道を歩く香芝。金魚を乗せたトラックがやって来て、香芝の前で止まります。

運転していたのは、帽子を被ったあやしい男・天寺。彼に強引に車に乗せられ、香芝は下宿先の近くまで送ってもらいました。

天寺と別れ、古い街並みを歩く香芝。目の前を走り去った、赤い着物の女性の後ろ姿に惹かれた香芝は、彼女の後を追っていきます。

彼女が入って行ったのは、艶やかな紅色に彩られた店『紅燈屋』。出迎えてくれたのは、香芝が追っていた女性・吉乃でした。

「紅燈屋」は金魚すくいの店なんですが、遊女屋と勘違いした香芝はタジタジ。女性に心を奪われることも、金魚すくいのような遊びに夢中になることも、香芝にとっては無用のものでした。

香芝は下宿さきのアパートの部屋で、落ちぶれた自分の境遇と孤独を歌います。

あくる日。異動先の銀行に出社した香芝は、感情を殺して、上司や同僚に挨拶。彼にとって信じられるのは数字だけ。ひたすらお金と書類に向き合い、新規の契約をどんどん取っていきます。

先輩の川西に連れられ、香芝は顧客の元を訪れます。そこは、兄妹で経営しているカフェバー『Lanchu』でした。

オーナーである兄は経営に興味はなく、暇さえあれば店内のドラムを叩いており、実際に店を切り盛りしているのは、妹の明日香ひとり。

香芝は、店内のインテリアの統一のなさや、ランチの原価に対して金額が安いことなどを指摘しますが、明日香は「地元に愛される店だから」と譲りません。

しかし、香芝が東京の人間だと聞いた途端、明日香の態度は一変。香芝に猛アプローチをかけて来ます。

その晩、香芝の歓迎会が『紅燈屋』で開かれます。支店長も同僚も部下も、みんな夢中で金魚をすくいますが、香芝には何が楽しいのかわかりません。

体調がすぐれないと言って歓迎会を抜けた香芝は、自分の部屋へ戻りました。

味噌汁を作ろうと、出汁用の煮干しを水に浮かべた彼は、煮干しが泳いでいるような気がして、煮干しをすくおうとします。

そこへ、吉乃が手作りのおはぎを持ってお見舞いに来ます。「このおはぎは商売になる」と電卓う片手におはぎを頬張る香芝を、吉乃は笑いながら見つめました。

日は変わり、『Lanchu』へ訪れた香芝。明日香は、かつて女優を目指して東京で暮らしていたことがありました。しかし夢破れて地元に帰って来たと、明日香は歌いながら打ち明けます。

(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

香芝は、真っ直ぐに気持ちを届ける明日香の歌に涙を流します。彼が左遷されたのは、自分の気持ちに蓋をして来たからでした。

左遷前、本社で新規の取引先の融資を上司に提案した香芝。しかし、上司は、書類に目も通さずに突っぱねます。

香芝は反論したい気持ちをグッと堪えていたんですが、つい口から暴言が出てしまいます。そのせいで、左遷されることになったんです。

ある日、香芝は、崩れかけた蔵の中からピアノが奏でられているのを耳にし、蔵の中へと入ります。

そこでは吉乃が楽しそうにピアノを弾いており、香芝は心を奪われます。

吉乃の勧めもあって『紅燈屋』で金魚をすくう香芝。「逃げたのは追ってはいけない、来るまで待つ」という吉乃のアドバイスを受け、香芝はじっと金魚から来るのを待ちます。

香芝は初めて金魚を1匹すくいます。笑顔を浮かべる香芝。嬉しさのあまり、記念に持って帰りたいと申し出ますが、捕まえた金魚は水槽の中で、他の金魚と混ざってしまいました。

ですが、香芝はそんな中でも、自分がすくった金魚をすぐに見つけて、持って帰ることにします。

高揚感で、香芝は町を散歩します。見晴らしの良い丘に来ると、そこには天寺がいました。

天寺のトラックには、大きな金魚が泳いでいます。天寺は、大きな水槽で泳がせれば金魚は大きく育つと言い、香芝に水槽をプレゼントしてくれました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『すくってごらん』ネタバレ・結末の記載がございます。『すくってごらん』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

『Lanchu』で、ライブが開かれると知った香芝。『Lanchu』の店内は、香芝のアドバイス通りに、インテリアが洗練されていました。吉乃がピアノ演奏で出演してくれないかと考える香芝に、明日香はキスをします。

香芝は取り乱し、店を走り出します。仕事も手につかず、気もそぞろです。そんな時、『Lanchu』のライブチケットが銀行内で配られます。

香芝は再び、吉乃がピアノを弾いている蔵を訪れます。人前で弾いたらどうかという香芝の提案を、吉乃は断ります。

昔、幼馴染と一緒に、ピアノの発表会に出た吉乃。観客を前にしたら、途端に怖くなってしまい、以来、人前で引くのが怖くなってしまったそうです。

それでも香芝は諦めません。吉乃がピアノを弾いている顔は、金魚すくいをしている人たちの顔と同じで、とても楽しそうだと伝えます。

そして、『Lanchu』のライブのチケットを渡し、吉乃をライブに誘います。「ピアノの腕がたいしたことない奴らが弾いているのを見たら、吉乃さんも大したことないって思えて弾きたくなるかも」と。

吉乃は笑ってチケットを受け取り、当日の夜7時に『Lanchu』で待ち合わせることになります。

ライブ当日。なぜか香芝を指名する案件が続き、『Lanchu』に着いたのは7時すこし過ぎた頃。

店内では、ピアノを弾き語り、さらには踊り出す天寺の姿が。そして、彼を見る吉乃の眼差しから、彼女は天寺に恋をしているんだと香芝は悟り、そっと店を去ります。

ライブ後、吉乃は天寺に話しかけます。いつまでも距離が縮まらない二人に明日香が近寄り「そんなんだと他の男に取られるよ」と焚き付けます。

翌日。香芝は仕事こそ恋人と、パソコンに向かってぶつぶつ呟きながら仕事をしていましたが「飲みにいきたい」という心の声が漏れ出ていました。

それを聞いた支店長も先輩も同僚もみな大喜び。香芝から飲みたいという言葉を聞いたのは初めてだったからです。

『Lanchu』で飲む一同。下戸の香芝はノンアルコールです。

飲み会の途中で支店長に声をかけられ、ついにクビかと覚悟を決めますが、営業成績の良さから、本社勤務への異動が発表されたと聞き喜びを露わにします。

漏れ出る香芝の喜びの本音に、支店長も同僚も笑顔を浮かべます。本社に戻る前に、香芝にはやらなければならないことが残っていました。

またも蔵へ赴き、夏祭りでピアノを弾いて欲しいと吉乃に頼む香芝。頑なに断る吉乃に、東京へ戻ることを告げます。

吉乃が悲しい顔をしているのがこの町のせいなら、東京に連れ出すとまで言い出します。吉乃に拒否されても、敏腕営業マン香芝は引き下がりません。

(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

夏祭りで開かれる金魚すくいで、天寺よりも多く金魚をすくったら、ピアノを弾いて欲しいと言い出します。

実は、吉乃に会う前に、天寺と話をしていた香芝。天寺が3分間ですくえる金魚の数は100匹と聞いて狼狽えるものの、101匹すくえばいいだけだと前向きに答えます。

夏祭りの日がやって来ました。夏祭りであろうと、香芝は戦闘服であるスーツを纏っています。

金魚すくいの会場に、天寺がやってきて、3分間の対決が始まりました。笑顔を浮かべる天寺と、硬い表情の香芝。天寺は次々と金魚をすくいあげていきます。

ちっともすくえず、あせる香芝。ついにポイ(紙が貼ってある金魚をすくう道具)の紙が破れてしまい、絶望します。しかし、天寺を見ると、同じように破れたポイで、楽しげに金魚をすくっていました。

気を持ち直して、金魚すくいを再開した香芝は、ついに金魚をすくいます。すくえた達成感からか、彼はポイを投げ出し「金魚すくいは数じゃない。数字が全てではない」と、会場の真ん中に設置されたステージへと上がります。

思いの丈を歌に乗せる香芝。天寺が伴奏とコーラスで盛り上げます。

いつしか、天寺の隣には吉乃がおり、ふたりで連弾をしていました。楽しそうに見つめ合いながらピアノを弾く吉乃と天寺を見て、香芝は笑顔を浮かべながらそっとステージを後にします。

香芝は、キャリーケースを片手に、町を去っていきました。

スポンサーリンク

映画『すくってごらん』の感想と評価


(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

原作コミックとの違い

金魚すくいという、静かながら熱情を秘めたスポーツを漫画にした大谷紀子のコミック『すくってごらん』。香芝が、金魚すくいへのめり込んでいき「救われる」姿と、彼によって「救われる」周囲の人々を描いた作品です。

原作でも、香芝から吉乃への想い、吉野から天寺への想い、飛鳥から香芝への想いは描かれていますが、恋愛がメインではなく、スポーツを交えた人間ドラマとなっています。

映画化である本作は、4人の恋愛模様をメインに、原作を再構築。別作品としても、原作のエッセンスを抽出した作品としても楽しめます。

原作では、金魚屋を営んでいるのは天寺であり、彼を過去の出来事から香芝が救い出すのがクライマックスとなっていました。

本作では天寺のことにはほとんど触れず、彼を待ち続ける吉乃をすくうことが、香芝の役目になっています。

香芝のキャラクターは、ポジティブな原作とは異なり、映画ではかなりネガティブ。ですが、そのネガティブさを尾上松也が美声で歌い上げるんですから、反則級に面白いキャラクターに仕上がりました。

尾上松也らキャストが本領発揮

(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

尾上松也の振り切った演技があったからこそ、本作はただのミュージカル映画とは一線を画しました。『モアナと伝説の海』(2016)でも抜群の歌声を披露し、イケメンすぎるマウイを作り上げた尾上松也。

本作ではコメディアンとしての才能も発揮。歌舞伎で培った絶妙な呼吸の間合いと、リアルなのにコミカルな表情や身のこなしに、誰しも笑顔にさせられるはず。

本作は、香芝の考えや気持ちが、テロップのように流れ、歌として流れます。観客には常に香芝の脳内がダダ漏れです。

はじめは映像効果として使われていた「歌」が、香芝が自分の気持ちを吐露できるようになってからは、現実で聞こえてくるものと変化していくのも興味深い点でした。

初ヒロインを務めた百田夏菜子も、儚げで華奢な吉乃を体現。ふとした瞬間に見せる笑顔の愛らしさに、「この笑顔、守りたい」と、香芝でなくても思わされてしまう説得力がありました。

また、本作のためにレッスンを重ねたという、力強いピアノの演奏風景も必見です。

天寺を演じた柿澤勇人は劇団四季出身の多彩さを見せ、石田ニコルは夢破れた明日香の切なさが色気につながっていました。

まとめ


(C)2020映画「すくってごらん」製作委員会 (C)大谷紀子/講談社

原作とは違う楽しみに満ちた映画『すくってごらん』。

ラストで立ち去っていく香芝の背中は、好きな人の幸せこそが自分の幸せという、さっぱりとした決意に満ちており、寅さんの姿と重なりました。

ぜひ、尾上松也演じる香芝が、日本各地でさまざまなひとを救っていくシリーズとして、続編を制作して欲しいものです。

多幸感に満ちた本作を、ぜひ劇場でお楽しみください。

映画『すくってごらん』は2021年3月12日(金)より全国ロードショーです。

関連記事

コメディ映画

『ヘヴィ・トリップ』映画感想とレビュー評価。メタル愛満載の北欧のおバカコメディ!?

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』は2019年12月27日(金)より、シネマート新宿、心斎橋ほか全国ロードショー! フィンランドの村に住む、若者4人。人にバカにされながらもヘヴィメタ …

コメディ映画

映画『ジェクシー!』ネタバレあらすじと結末感想。人工知能に翻弄されながらも成長する姿に笑いと感動がある【ジェクシー!スマホを変えただけなのに】

スマホにストーキングされてしまう男性を描いたコメディ映画『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』。 ジョン・ルーカスとスコット・ムーアの脚本家コンビが監督・脚本を務めた、2019年に製作されたコメデ …

コメディ映画

映画『決算!忠臣蔵』あらすじネタバレと感想。キャスト堤真一×岡村隆史らで描く『忠臣蔵』の“お金”事情

映画『決算!忠臣蔵』は2019年11月22日(金)より全国ロードショー公開! 時代劇の定番『忠臣蔵』を“お金”という視点で捉え直し、新しい一面を描く新感覚時代劇。 監督を務めたのは中村義洋。多くのヒッ …

コメディ映画

映画『地獄の花園』ネタバレあらすじと結末の感想評価。バカリズムが豪華なキャストで描くヤンキーOLたちの派閥争い

電話対応にコピー取り、お茶っ葉の補充にデータ入力。 OLの世界は力がすべてなんじゃい! バカリズムの奇想天外なオリジナル脚本を、星野源など人気アーティストのMVを手掛けてきた映像作家・関和亮が映画化。 …

コメディ映画

映画『ヤウンペを探せ!』感想レビューと評価。大野莉昂やソンモの歌で彩る中年男たちの狂騒曲

『ヤウンペを探せ!』は2020年11月20日(金)より、シネリーブル池袋ほか全国順次公開 2019年第11回沖縄国際映画祭のTV DIRECTOR’S MOVIEで上映された、話題のスラッ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学