Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『モンキーキング』あらすじと感想レビュー!キャストも

  • Writer :
  • 馬渕一平

スイス・ドイツで数々の映画賞を獲得し、高い評価を得ているオリバー・リース監督が放つ問題作『モンキーキング』をご紹介します。

以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『モンキーキング』の作品情報をどうぞ!

スポンサーリンク

1.映画『モンキーキング』の作品情報


(C)2017 by Port au Prince Film & so fucking what

【公開】
2017年(ドイツ映画)

【原題】
Affenkönig

【監督】
オリバー・リース

【キャスト】
​ハンス-ヨハン ワグナー、サミュエル・フィンジ、オリバー・コリットク、マーク・ボーズマン、ユール・ブーヴ、ヒュッテ-ミアレ・バーンゼン、ティーヤン・マライ、ヤコブ・シュミット

【作品概要】
退屈な仕事、キャリアの挫折、満たされないセックス、子ども、金銭問題…。

中年に襲いかかる“痛いリアル”と、若き日々への渇望をビターなユーモアと愛情で描くパーティー☆ムービー。

本作を監督するのは『車輪の下』や『ガラス玉演技』などで著名な作家ヘルマン・ヘッセのひ孫であるオリバー・リース。

彼のアナーキー、ワイルド、シュールな世界観は、
“No Meaning, No Message, No Purpose.”(意味無し、メッセージ無し、目的無し)。

日本では、9月23日から29日の一週間、横浜のミニシアター・シネマノヴェチェントで上映される。

2.映画『モンキーキング』のあらすじ


(C)2017 by Port au Prince Film & so fucking what

かつて“モンキーキング”と呼ばれた男から、一通のポストカードが届いた。

南仏プロヴァンスに暮らし、莫大な資産を所有するこの大富豪ウォルフィが、45歳の誕生日に、若き日の悪友たち(ヴィクトル、ラルフ、マーティン)を自身のヴィラに呼び寄せたのだ。

かくして、男たちはその招集に応じた……、妻と子どもを同伴して。

冷えたシャンパン、極上の料理、そしてセクシーなプレイメイト。

享楽のひとときは瞬く間に消え去り、昔の憎しみや険悪なムードが、彼らの間にふつふつと湧き上がってくる…。

スポンサーリンク

3.映画『モンキーキング』の感想と評価


(C)2017 by Port au Prince Film & so fucking what

中年の男たち4人組が20年ぶりの再会を果たし、ドラッグにセックスにアルコールを堪能。

連想したのは『ハングオーバー』シリーズや『T2 トレインスポッティング』など。

序盤は楽しい同窓会の趣を見せながら、ある過去の事件が明かされたことで各々が抱えている現実を否応なく突きつけられます。

それぞれ家族と同時に様々な問題を抱えている年代。

それこそが中年であり、結婚もせず一人自由気ままに生きるウォルフィが羨ましく見えるのです。

しかし、何でもありに見えるウォルフィもだけは大の苦手。

足の着くプールに入っただけで不安にかられ、慌てて飛び出してしまうのです。

それは一体何の比喩なのでしょうか。

ラストに彼が取る選択も考えさせられます。

それぞれボロボロで問題ばかりの中年世代。

格好悪くても、思い通りにいかなくても、それでも夫であり父親なんです。

劇中のセリフ通りまさにゾンビ、腐っていても簡単にくたばってはいけない存在。

ブラックコメディの中に隠された哀愁が本作のいいスパイスとして効いています。

まとめ


(C)2017 by Port au Prince Film & so fucking what

家族がいない一人ぼっちのウォルフィは果たしてヴィクトル、ラルフ、マーティンのことを笑える立場でしょうか。

中年の4人と対比するかのように瑞々しいやり取りを見せる若い二人グレタとクヌート。

こっちでも一本の映画が撮れそうなくらいの甘酸っぱさが一服の清涼剤の役目を果たしています。

ドイツのコメディ映画を劇場で観られる機会なんてそうそうありません。

日本での公開はわずか一週間ばかりですので、ぜひお見逃しなきよう。

彼らはまた20年後に再会するかもしれません。

65歳になった彼らは果たしてどのような人生を歩んでいるのでしょうか。

関連記事

コメディ映画

映画『銀魂2 』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【小栗旬×福田雄一】

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、8月17日(金)より全国公開。 2017年の邦画実写ナンバーワンヒットとなった『銀魂』が、オリジナルキャストの再登板に加えて三浦春馬、堤真一、窪田正孝など豪華 …

コメディ映画

映画『パペット大騒査線 追憶の紫影』あらすじネタバレと感想。アメリカでは人形たちが暴走しすぎてR指定⁈

お子様は見ちゃダメ! 人間×パペットが繰り広げる、エロくて、おバカなドタバタコメディ。 人間とパペットが共存する世界。おばさん刑事コニーとハードボイルドなパペット探偵フィルのコンビが、殺人事件の犯人逮 …

コメディ映画

映画『任侠学園』ネタバレ感想と評価レビュー。西島秀俊が演技の新境地で「自分の好きな事で勝負」する大切さを見せる

義理と人情の阿岐本組長は社会奉仕に目がなく、ついには経営不振の高校の建て直しまでやる⁈ 人気俳優・西島秀俊とベテラン俳優・西田敏行がダブル主演を務め、今野敏の小説「任侠」シリーズを映画化。 「義理と人 …

コメディ映画

韓国映画『死なない夫』あらすじ感想と評価解説。人喰猪と悪霊の次は⁈SFコメディでもシン・ジョンウォン監督の作風はどこまでも笑いに満ちている

「夏のホラー秘宝まつり 2021」にて上映の韓国映画『死なない夫』 2021年今夏もホラー映画マニアの恒例イベント「夏のホラー秘宝まつり 2021」が開催されます。 2014年より東京のキネカ大森で始 …

コメディ映画

映画『まぼろしの市街戦』感想と解説。4K版のラストエンディングで日本公開版より狂気の果ては明快に

フランスの巨匠フィリップ・ド・ブロカ監督の代表作『まぼろしの市街戦』が、4Kデジタル修復版で、10月27日(土)より、新宿K’s cinemaほかにて公開されることが決まりました。 狂気にまみれた愚か …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学