Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/08/10
Update

映画『引っ越し大名!』あらすじネタバレと感想。星野源×高橋一生×高畑充希らで描く等身大時代劇

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『引越し大名!』は2019年8月30日(金)より全国ロードショー公開!

泰平の時代を迎えた江戸時代。

その時代を生きた大名たちにとっての一大事業「国替え(=引っ越し)」をテーマにした等身大時代劇を描いたのが、映画『引越し大名!』です。

原作ならびに本作の脚本を担当したのは、『超高速!参勤交代』シリーズで知られる土橋章宏

さらに監督を務めたのは、大ヒット時代劇映画『のぼうの城』(2012)を手がけた犬童一心監督です。

スポンサーリンク

映画『引っ越し大名!』の作品情報


(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

【公開】
2019年(日本)

【監督】
犬童一心

【原作・脚本】
土橋章宏

【キャスト】
星野源、高橋一生、高畑充希、山内圭哉、正名僕蔵、ピエール瀧、飯尾和樹、和田聰宏、岡山天音、松岡広大、富田靖子、中村靖日、矢野聖人、鳥越壮真、斉藤暁、丘みどり、立川志らく、向井理、小沢征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博

【作品概要】
『超高速!参勤交代』シリーズで知られる土橋章宏が原作・脚本を手掛けた時代劇映画。監督には、樋口真嗣監督とともに大ヒット時代劇映画『のぼうの城』を手がけた犬童一心監督。映画主演は6年ぶり、また時代劇映画では本作が初主演となる星野源を筆頭に、高畑充希、高橋一生、濱田岳など数々の豪華キャストが集結。さらに劇中で描かれる「引っ越し唄」の振付・監修を、『のぼうの城』にて主演を務めた狂言師・野村萬斎が担当しています。

映画『引っ越し大名!』のあらすじとネタバレ


(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

姫路藩主・松平直矩のもとに「国替え」の命が下ります。

親藩・松平家は全国の要所となる土地を任されるが故に国替えが多く、「引っ越し大名」と呼ばれることも。

莫大な手間と人手、そして資金を要する藩の一大事に今回も大わらわになります。

国替え=引っ越しの差配をする「引っ越し奉行」の職に就く者を決めなければいけませんが、誰もこの難問に手を挙げようとはしません。

そんな中、藩の御刀番を務める武辺者の鷹村源右衛門が、幼馴染の書庫番・片桐春之介を推挙します。

思わぬ大命に逃げ出そうとする春之介ですが、いざとなればともに腹を切ろうと言って源右衛門が励まし支えます。

本の虫で様々な知識はもっている春之介も、引っ越しでは何をすればいいのかと途方にくれます。

やがて、前回の引っ越しを取り仕切った奉行の娘がいることを知ると、藁にもすがる思いで彼女を訪ねます。

そこにいたのは、幼い一人息子を一人で育てている於蘭という女性でした。

於蘭の父は病をおして引っ越し奉行の仕事を務めたものの、下級藩士であったために手柄を上司にとられてしまった過去がありました。

そのような過去から、一度は春之介の頼みを断る於蘭ですが、人に上下をつけず、正面から向き合う彼の態度に心を開きます。


(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

経費節減やリストラなどの無理難題を、自身が率先して行動することで進めていく春之介の姿に周りの藩士達もついていきます。

また毎日のように一緒に汗を流す中で、於蘭との仲も親密になっていきます。

春之介は藩がいつか国替えとともに加増される時には再び召し抱えるということ固く誓って、藩内のまじめな藩士たちに農民になることを頼み込んで回ることも続けました。

勘定頭・中西の助けもあり、引っ越しは順調に進んでいるように見えますが、その裏ではある策略が進んでいました。

以下、『引っ越し大名!』ネタバレ・結末の記載がございます。『引っ越し大名!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

元々今回の国替えは、直矩が幕府の有力者・柳沢吉保と揉めたことから端を発したものでした。

今回の引っ越しを失敗に終わらせ、直矩を失脚を企む吉保の命を受けた隠密と、密かに通じていた姫路藩家老・藤原が暗躍し始めます。

いよいよ新たな土地に直矩の一行が旅立ちます。互いの思いを伝えあった春之介と於蘭は晴れて夫婦になり、新たな家族として一行に付き添います。

そこに、藤原と通じていた隠密の一団が襲い掛かります。

動揺する一行ですが、一人この状況を嬉々として迎えうつ男がいました。源右衛門です。

天下泰平の世では振るうことができない剣術の腕を大いに振るうことができる敵襲に喜びを爆発させ、次々と相手を切り倒していきます。

また引っ越しの力仕事に備えて鍛え直し、逞しい武士となっていた藩士たちも、隠密の一団に互角以上の闘いを繰り広げます。

完全に予測を裏切られた敵は大混乱。さらに直矩から藩の宝でもある長槍を使うことを許され、まさに鬼に金棒の状態となった源右衛門に敵う者は居ませんでした。

敵襲を退けた一行は無事、新たな土地に渡ります。

それからも数度にわたる国替えの命をうけた直矩ですが、春之介の差配により毎回無事に国替えをこなしていきます。

そして数度目の国替えで加増が決定。かつての故郷・姫路に向かった春之介は、農民としてその地で暮らし続けたかつての同僚を迎えに行くのでした。

スポンサーリンク

映画『引っ越し大名!』の感想と評価


(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

天下泰平の世の中になった江戸時代の大名というのは実に事務的な面で苦労が多かったんだろうなということがよくわかる映画です。

武士の家計簿』や『超高速!参勤交代』『駆込み女と駆出し男』『殿、利息でござる!』などなど、現在の時代劇映画における「新感覚の等身大時代劇」の系譜に加わる新たな一本が『引っ越し!大名』です。

本作では、本の虫といういかにも天下泰平の世の武士といえる星野源演じる片桐春之介が主人公です。現代的に言えば「草食系」な武士を星野源が好演しています。

一方で、この星野源を支える鷹村源右衛門と於蘭には高橋一生と高畑充希がキャスティングされています。濱田岳や小沢征悦、及川光博など西村まさ彦などのメインキャストがパブリックイメージの延長線上にあるようなキャラクターなのに対して、この二人は今までとは違った顔を見せてくれます。

鷹村は生まれてきた時代を間違えたと感じられるほどの武の男で、竹を割ったような性格の豪快な男です。クライマックスでは藩の宝ともいわれる長槍を豪快に振り回したりと、今までの高橋一生にはなかったマッチョなキャラクターです。

高畑充希演じる於蘭も一人息子を抱えるいわゆるシングルマザーで、馬術もこなす活発な女性。やがて晴之介と惹かれあうようになるのですが、何をするにも引っ込み思案の晴之介をぐいぐいとリードするキャラクターです。

周りのキャラクターが当て書きのようにはまっているぶん、この二人が演じるキャラクターの意外性がまた映画に楽しさを加えてくれます

まとめ


(C)2019「引っ越し大名!」製作委員会

頭を抱えながら、蓄えた知識を武器に難題に挑む姿は名探偵のような雰囲気を感じさせます。それこそ、星野源の金田一耕助があってもいいのかなとも思わせます。

天下泰平の世に実に人間臭い武士たちを描く新感覚の時代劇は最近のはやりですが、今作もその流れの一本です。

とびぬけて傑作と言うわけでありませんが、時代劇がハリウッドの西部劇のように今や稀少なジャンルとなり、こういう形で何とか存続している流れがある中で、流れを邪魔しないウェルメイドな作品になっています。

また、何よりも星野源の久しぶりの主演映画であり時代劇映画ということでも本作は貴重な作品になっています。




関連記事

コメディ映画

映画『アイアンスカイ2』ネタバレあらすじと感想。続編では第三帝国の逆襲を描き次作は火星へとユニバース化!?

月面からナチスが攻めてくる“あの映画”のまさかの続編が登場! 映画『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』は2019年7月12日(金)ロードショーです。 今度は実は地底人類だったヒトラーが恐竜に乗って攻め …

コメディ映画

映画『シコふんじゃった。』あらすじネタバレと感想レビュー。コメディとして大学生相撲部の青春を周防正行監督が描く

周防正行監督が描く相撲の世界 元シブガキ隊の本木雅弘が華麗なシコを踏む 『ファンシイダンス』(1989)で商業映画デビューした周防正行監督の2作目となる『シコふんじゃった。』。 廃部寸前の大学相撲部に …

コメディ映画

映画『ぐらんぶる』あらすじと感想評価レビュー。竜星涼×犬飼貴丈が演技力で魅せる青春グラフィティ

映画『ぐらんぶる』は、2020年8月7日(金)全国ロードショー! 映画『ぐらんぶる』は、井上堅二原作、吉岡公威作画の青春コメディ漫画『ぐらんぶる』を実写映画化したものです。 原作は、スキューバダイビン …

コメディ映画

映画『おとなの恋は、まわり道』あらすじと感想レビュー。キアヌ・リーブス&ウィノナ・ライダー大熱演の恋愛コメディ

映画『おとなの恋は、まわり道』 『ドラキュラ』『スキャナー・ダークリー』『50歳の恋愛白書』に続き、4度目の共演となるキアヌ・リーブスとウィノナ・ライダー。 その作品となるのが映画『おとなの恋は、まわ …

コメディ映画

映画『セルジオ&セルゲイ』あらすじネタバレと感想。実在のクリカレフをモデルにした異色のコメディ作品

映画『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』は、12月1日から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。 “キューバと宇宙とNY”、映画の舞台は一見共通点がなさそうな3つの場所。 そこから境遇の違う3人のおっさ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP