Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2018/02/03
Update

映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』あらすじとキャスト一覧!

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』は2月23日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国順次公開!

わずか5館のスタートから、全米を虜にして、大ヒット。第90回アカデミー賞・脚本賞にもノミネートされた話題沸騰の映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』の作品情報


(C)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
The Big Sick

【監督】
マイケル・ショウォルター

【キャスト】
クメイル・ナンジアニ、ゾーイ・カザン、ホリー・ハンター、レイ・ロマノ、ボー・バーナム、エイディー・ブライアント、アディール・アクタル、アヌパム・カー

【作品概要】
パキスタン出身の男性コメディアンとアメリカ人女性のカップルが、文化の違いから巻き起こる数々のトラブルと騒動を愛と笑いで乗り越えた実話を、当事者のクメイル・ナンジアニ自身が脚本を書き、さらには主演を務めたコメディ作品。

2.クメイル・ナンジアニ(クメイル役)のプロフィール

参考映像:『セントラル・インテリジェンス』(2016)


1978年、パキスタン生まれ。18歳で米国シカゴに渡ります。スタンドアップ・コメディアンとしてキャリアをスタートさせ、現在は、俳優、コメディアン、脚本家として活躍しています。

米HBOのコメディドラマ『シリコンバレー』(14~17)の出演で広く知られるようになり、多数のコメディ映画に出演しています。

2007年にアメリカ人女性エミリー・V・ゴードンと結婚しますが、彼女との逸話が『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』のもとになっています

主な出演作は、ジャド・アパトー製作の『憧れのウェディング・ベル』(2012・未/ニコラス・ストーラー監督)、『SEXテープ』(2014/ジェイク・カスダン監督)、『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2』(2015/スティーブ・ピンク監督) など。

『ビッグ・シック』のマイケル・ショウォルター監督の『ドリスの恋愛妄想適齢期』(2015・未)や、『ウェディング・フィーバー ゲスな男女のハワイ旅行』(2016・未/ジェイク・シマンスキー監督)、『セントラル・インテリジェンス』(2016/ ローソン・マーシャル・サーバー監督)などのメジャー作出演が続いています。

アニメ映画『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』(2017/チャーリー・ビーン,ポール・フィッシャー,ボブ・ローガン監督)ではニンジャの一人の声を担当しました。

スポンサーリンク

3.ゾーイ・カザン(エミリー役)のプロフィール

参考映像:『恋するベーカリー』(2009)

1983年、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。俳優、戯曲家、脚本家。両親とも脚本家で、祖父は映画監督のエリア・カザン。祖母は劇作家のモリー・カザン。

イェール大学で演劇を専攻。大学卒業後の2006年秋、オフブロードウェイの舞台「ミス・ブロディの青春」で本格的な女優デビューを果たします。

2008年にはサム・メンデス監督の『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』に出演。2009年には映画『恋するベーカリー』(ナンシー・マイヤーズ監督)でメリル・ストリープの娘役を演じました。

『ルビー・スパークス』(2012/ジョナサン・デイトン、バレリー・ファリス監督)では、脚本、製作総指揮、ヒロイン役を務め、インディペンデント・スピリット賞脚本賞にノミネートされました。

その他の出演作に、『僕と彼女とオーソン・ウェルズ』(2008・未/リチャード・リンクレイター監督)、『ハッピーサンキューモアプリーズ ニューヨークの恋人たち』(2010/ ジョシュ・ラドナー監督)、『イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち』(14/ブリン・ヒル監督)などがあります。

5.制作総指揮を務めるジャド・アパトーとは?

参考映像:『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』(2015)

1967年、アメリカ、ニューヨーク州生まれ。

コメディハウスでエディ・マーフィーのスタンダップ・コメディを見たのをきっかけに、17歳でスタンダップ・コメディを始めます。周囲にはベン・スティラー、アダム・サンドラー、ジム・キャリーという天才たちがいました。

1994年の『ヘビーウェイト サマー・キャンプ奪還作戦』(未/スティーヴン・ブリル監督)で初めて映画脚本を担当。

制作総指揮を務めた青春コメディドラマ『フリークス学園』(1999~00)は、放送中は視聴率があがらず、一期で終わってしまいますが、徐々に人気があがり、今では世界中にファンのいる作品となっています。

近年では、『フリークス学園』に出演していたセス・ローゲン、ジェイソン・シーゲルを始め、ジョナ・ヒル、ポール・ラッドらとタッグを組み、“アパトー・ギャング”と呼ばれています。

監督、脚本、制作を務めた映画は、『40歳の童貞男』(2005)、『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』(2007)、『40歳からの家族ケーカク』(2012・未)、『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』(2015)など。

製作を務めた映画は、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007・未/グレッグ・モットーラ監督)、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011/ポール・フェイグ監督)、『はじまりのうた』(2013/ジョン・カーニー監督)、『俺たちポップスター』(2016/ アキバ・シェイファー、ヨーマ・タコンヌ監督)など。

HBOのTVシリーズ「GIRLS ガールズ」(2012~17)では、制作総指揮と脚本を務め、レナ・ダナムを抜擢し、大きな成功をおさめました。

その後、Netflixのドラマ『LOVE ラブ』 (2016年-)で企画・脚本・製作総指揮を担当。また、製作総指揮のドラマ『クラッシング』(2017)では、冴えない中年男たちが、夢を追いかけて奮闘する姿を描きました。

スポンサーリンク

5.マイケル・ショウォルター監督とは?

参考映像:Netflixオリジナルドラマ「LOVEラブ」シーズン1

1970年、アメリカ、ニュージャージー州生まれ。

監督と共同脚本を務めたサリー・フィールド主演の『ドリスの恋愛妄想適齢期』(2015・未)が、サウス・バイ・サウスウエスト映画祭で観客賞を受賞。他の監督作に、ジャド・アパトーが製作総指揮を務めるNetflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ「LOVE ラブ(シーズン1)」(2016)があります。

2001年公開映画のテレビドラマ版「ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目」(15)と「ウェット・ホット・アメリカン・サマー:あれから10年」(17)では、製作総指揮、企画、脚本、出演を務めています。

6.映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』のあらすじ


(C)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

駆け出しのコメディアン、クメイルはパキスタン出身。両親からは弁護士になれと迫られていますが、ウーバーの運転手をしながらシカゴのコメディクラブに出演しています。

ある夜、彼は、舞台を観に来ていた若い女性、エミリーと知り合います。彼女は心理学を学んでいる大学院生。二人はすぐに意気投合し、お互いに強く惹かれ合っていきますが、クメイルにはエミリーには言えない家庭の事情がありました。

厳格なイスラム教徒の両親は、クメイルの花嫁には同郷の娘しか認めようとせず、家族を大切にしているクメールは、エミリーに悪いと思いながらも、母親の言われるまま、何度も見合いをしていたのです。

ある日、エミリーが、そのたくさんの見合い写真を見てしまい、2人は破局を迎えてしまいます。

ところが数日後、エミリーの同級生から電話がかかり、エミリーが昏睡状態で入院している、病院に来て付き添ってもらえないかというのです。あわてて駆け付けるクメール。

翌朝、エミリーの両親も病院に到着しますが、娘からすべてを聞いていた両親は、クメイルに冷たい態度をとります。

クメイルは、気まずい雰囲気に耐えられず、「コメディ・フェスのオーディションがあるから行かなければ」と嘘をつきその場を逃れようとします。しかし父親のテリーは気分転換になるから自分も一緒に行くと言い出します。

仕方なくクメイルは、飛び入りで舞台に立ちますが、観客からは「ISISへ帰れ!」とひどく野次られてしまいます。すると母親のベスが立ち上がり、猛然と抗議を始めました。

この出来事をきっかけに、3人は徐々に打ち解けていきます。しかし、エミリーの病状は一向に回復せず、それどころか、日に日に悪化していきました。

未だ自分の未来は見えないけれど、コメディアンとして成功する夢を応援してくれたエミリーのためにもと、クメイルはステージに立ち続けます。

エミリーは目覚めてくれるのでしょうか? もし、二人の関係が元に戻れたとしても、クメイルの両親が二人の結婚を許してくれるとは思えません。この恋、一体どうなってしまうのでしょうか?!

7.まとめ


(C)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2017年夏、『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』は、全米でわずか5スクリーンでスタートしました。それが評判に評判を呼び、最終的には2600スクリーンまで拡大しての大ヒットとなります。

物語は、主演のクメイル・ナンジアニが実際に体験した実話で、それらはジャド・アパトー、バリー・メンデルという大物プロデューサーを「途方もない!」と驚かせるものでした。

脚本はクメイル・ナンジアニと、妻である、作家で脚本家のエミリー・V・ゴードンが共同で執筆。クロスカルチャーで試されるカップルの姿を描いています。

設定自体は異文化ギャップや、病気などシリアスともとれる題材ですが、それをコメディーにして、人々をハッピーに出来るのが、アメリカンコメディの面白さであり、奥深さです。

アメリカの観客の心をがっちり掴んだロマンチックコメディー!これを見逃すわけにはいきません!何がそれほど、彼らを虜にしたのか!?確かめないわけにはいきません!

注目の劇場公開は2018年2月23日(金)より、TOHOシネマズ日本橋ほか、全国順次ロードショーされます!

関連記事

コメディ映画

映画『相対性浪漫飛行』感想レビューと評価解説。坂田航監督がモテ期到来の大学生が経験する3つの愛をドタバタ喜劇として描く

映画『相対性浪漫飛行』が、池袋シネマ・ロサ劇場にて2022年1月15日(土)~21日(金)の1週間の限定公開! 三浪を経て、大学に合格した青木が、青春を謳歌しようとした末に、不思議なパラレルワールドに …

コメディ映画

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』のあらすじとキャスト紹介。福田雄一監督の演出とは?

週刊少年ジャンプで連載中の人気ギャグ漫画「銀魂」の実写版第2弾『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、8月17日(金)より全国公開! 前作に続き「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一が監督、原作に似すぎてい …

コメディ映画

映画『麻雀放浪記2020』ネタバレ感想と評価。斎藤工と白石和彌による風刺と皮肉

2019年4月5日より公開中の映画『麻雀放浪記2020』 超人気俳優・斎藤工の主演をはじめ、豪華キャスト陣の出演で大変話題になった白石和彌監督の映画『麻雀放浪記2020』。 賭博としての麻雀を描いた阿 …

コメディ映画

映画『カメラを止めるな!』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【上田慎一郎監督作品】

低予算ゾンビ映画を撮りに来た撮影クルーの現場に、本物のゾンビが襲い来る! 怒涛の展開と、視点の転換が新しい意欲作にして映画愛に溢れた傑作『カメラを止めるな!』を紹介します。 2018年12月5日(水) …

コメディ映画

映画『セルジオ&セルゲイ』あらすじネタバレと感想。実在のクリカレフをモデルにした異色のコメディ作品

映画『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』は、12月1日から新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。 “キューバと宇宙とNY”、映画の舞台は一見共通点がなさそうな3つの場所。 そこから境遇の違う3人のおっさ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学